ニュース
» 2010年11月11日 14時53分 公開

狗と蔑まされた男の実力は? 諸葛誕も参戦する「真・三國無双6」

三国志後期の武将が新規参入するPS3用タクティカルアクションゲーム「真・三國無双6」。今回は、ヴァリアブル攻撃と無双乱舞についても紹介する。

[ITmedia]
歴史とは異なるストーリーが楽しめるのも本作の醍醐味。今回発表された諸葛誕はどんな活躍をするのだろうか?

 先日発表会が催され、勢力として晋が追加したことで司馬師や司馬昭、鮑三娘、そして王元姫といった三国志後期の登場人物が新規参入してくることが判明したコーエーテクモゲームスのプレイステーション 3向けタクティカルアクションゲーム「真・三國無双6」の最新情報をお届けする。

 今回、新たに公開されたのは魏に仕えた諸葛誕。後に司馬昭の専横に対抗するとして十数万の兵を率いて反乱を起こしたとある諸葛誕は、本作でどのような活躍をするのか楽しみでならない。また、過去シリーズ作に登場した武将たちも装い新たになったビジュアルが公開されている。

ガチガチの堅物――諸葛誕公休

諸葛誕公休(ショカツタンコウキュウ)
勢力:晋
CV:桐本タク也(「タク」は「琢」のつくりの部分に斜め棒が入る)
諸葛一族の中では、諸葛亮が「龍」、諸葛瑾が「虎」にたとえられる中、「狗」と揶揄されていたが、堅実な努力により魏での評価は高かった。生真面目で、強い正義感を持っている。ただし視野が狭いため、大局を見ての行動は苦手。手に持つ武器が諸葛亮が持つ羽扇子に似ているがはたして?

気さくな闘将――夏侯淵妙才

夏侯淵妙才(カコウエンミョウサイ)
勢力:魏
CV:徳山靖彦
夏侯惇の従兄弟で、夏侯惇とともに曹操挙兵時から付き従い、軍の一翼を担った。急襲を得意とした名将であり、また、武芸においても弓術に秀でていた。仲間には優しく敵には厳しいという、裏表のはっきりした人物

憎めない皮肉屋――凌統公績

凌統公績(リョウトウコウセキ)
勢力:呉
CV:松野太紀
父である凌操とともに、孫呉に武将として仕えた。黄祖の軍との戦いの中で、敵軍にいた甘寧に父を殺され、以後、彼を仇として憎む。普段の立ち居振る舞いは皮肉っぽいものだが、忠孝の心は篤い。その心根が彼の武芸を支え、孫呉でも屈指の武将たらしめている

儚くも強き花――大喬

大喬(ダイキョウ)
勢力:呉
CV:嶋方淳子
喬玄の娘。孫策の妻となる。妹の小喬とともに、「二喬」と称された美女。争いを好まない優しい性格だが、孫策を支えたい一心で戦場に出るようになる

若き守り手――星彩

星彩(セイサイ)
勢力:蜀
CV:野田順子
張飛の娘。乱世の只中に生まれ、劉備軍の名だたる武将に囲まれて育ち、自らの意思で戦場に立つことを選んだ。劉備の息子、劉禅を守ることを使命とし、蜀漢の未来を担う。直情的な父に似ず、常に落ち着いていて感情に走らない少女

ヴァリアブル攻撃

 ヴァリアブル攻撃は、強力な効果を持つアクションで、現在使用している武器ごとに様々なアクションを行ったのち、プレイヤーキャラの使用武器が切り替わる。ヴァリアブル攻撃は通常攻撃やチャージ攻撃中にも発動できるので、通常攻撃からチャージ攻撃、さらにヴァリアブル攻撃へとつなげていく連続攻撃が可能となった。


無双乱舞

 無双乱舞は無双ゲージを消費することで発動できる各キャラ固有の強力な攻撃。シリーズでおなじみの攻撃だが、最新作では、キャラごとに2つの無双乱舞が使えるようになった。「○ボタン」で発動する通常の地上での乱舞と、「R1ボタン+○ボタン」で地上で発動する乱舞、または空中で「○ボタン」を押すことで行うもう一つの乱舞と、各キャラ2つの無双乱舞を使うことができる。

 無双乱舞中は無敵になるので、緊急回避としても使用できるのは従来どおり。無双ゲージが複数本ストックできるようになっており、緊急回避用に1本無双ゲージを残しつつ、余った無双ゲージを連続攻撃として活用したり、複数の無双乱舞を一気に使用したりと、状況に応じて戦略的に無双乱舞を使うことができるようになった。


「真・三國無双6」
対応機種プレイステーション 3
ジャンルタクティカルアクション
発売予定日2011年3月
価格(税込)7560円
(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」