ニュース
» 2010年11月17日 14時23分 公開

加藤夏希さん、曙太郎さん、神田うのさんが軍服で登場!?――「コール オブ デューティ ブラックオプス」記者発表会

11月16日、「コール オブ デューティ ブラックオプス」の記者発表会が開催された。新要素についても改めて紹介する。

[蒼之スギウラ,ITmedia]

世界が認めたFPS――「コール オブ デューティ」とは?

 発売を2日前に控えた11月16日、ベルサール渋谷ファーストにて「コール オブ デューティ ブラックオプス」の記者発表会が開催された。

 「コール オブ デューティ」シリーズは、実在した戦争を舞台とするFPS(一人称視点シューティオング)ゲームの人気シリーズ。本シリーズにはいわゆる「ヒーロー」がいない。プレイヤーは戦場のいち兵士として戦い、リアルな戦場を駆けてゆく。主人公は複数存在しており、それぞれのストーリーを追うことで全体像が浮かび上がる、群像劇的な演出が特徴の作品だ。


 最新作である本作「コール オブ デューティ ブラックオプス」では、ベトナム戦争など、冷戦時に起きた紛争を中心に描かれる。

 イベントでは、音楽エンターテインメント専門チャンネルMTVで行われる「コール オブ デューティ サバイバル」に参戦する加藤夏希さんと曙太郎さん、そして、その応援に駆けつけた神田うのさんなど、多くのゲストが登場。さらに、開発者から直々に、本作の詳細な情報が公開された。本記事では、そんな見所満載なイベントの様子をお届けする。

開発者に聞く数多くの新要素、キーワードは「競争・カスタマイズ・作成」

スクウェア・エニックス代表取締役社長、和田洋一氏

 開幕の挨拶を務めたのは、スクウェア・エニックス代表取締役社長である和田洋一氏。

 和田氏は、まず簡単に挨拶をした後「このコール オブ デューティは、数多く発売された今年の弊社タイトルの中でも、目玉中の目玉タイトルです。世界的に高い評価を受け、現役にして既に伝説のタイトルとも言えるでしょう。前作から学んだ数多くのノウハウを活かし、数多くの改善をして、発売にこぎつけました。皆様どうかバンバン楽しんでください!」と、本作に対する期待と、深い思い入れを語った。


トレイアークのマルチプレイ・デザインディレクターDavid“Vahn”Vonderhaar氏

 その後に壇上に上がったのは、本作の開発元であるトレイアーク社より、マルチプレイ・デザインディレクターのDavid“Vahn”Vonderhaar氏。本作における新要素についてのプレゼンテーションを行った。

 登場して、すぐにDavid氏は「はじめまして、私の名前はデイビッドです」と、なんと日本語で挨拶。しかし直後に「ごめんなさい、日本語はしゃべれません」とユーモアたっぷりに言い放ち、来場者の笑いをとった。すぐに気をとりなおして、本作のプレゼンテーションをスタート。

 David氏は「競争・カスタマイズ・作成、その三つが、本作のマルチプレーヤーの開発、そして発展のカギとなります」と語り、まずは「競争」の要素であるオンラインプレイに関係する要素を、モード別に解説した。


トレーニングモード

 「トレーニングモード」は、新たにシリーズを始めようというプレイヤーが、より「競争」を楽しんでもらうために用意されたモード。オンラインのステータスに影響をあたえること無く、プレイすることが可能とのことだ。


クラス作成

 前作と同じく、キャラクターの見た目を自由に変更できるが、本作では、そのパターンがより多くなっている。チーム内の見た目を統一したりと、戦略的に利用することも可能だ。


キルストリーク

 「キルストリーク」とは、一人のプレイヤーが連続でキル(敵の殺害)に成功すると、その数に応じて、救助物資を要請したり、ヘリでの爆撃を要請したりできるシステムのこと。本作においては、多くの新たなキルストリークが用意されており、その中には、プレイヤーが操ることのできるものも存在する。

 写真は「CoDポイント」と呼ばれるゲーム内の通貨。これを集め、ることでキルストリークや、武器のカスタマイズが可能となる。


契約

 オンラインプレイ中に、指定された「契約」内容を満たすと、普通にオンライン対戦をした際に入手できる報酬よりも、高い額のポイントを入手できる。契約には全部で500種類以上あり、プレイの進行にあわせて解放されていく仕様だ。


賞金マッチ

 他のプレイヤーと、CoDポイントを使って、様々な特殊条件のもとで遊ぶ全く新しいモード。最初にピストルのみを持ち、近接攻撃で相手を倒さなければ銃弾の補充ができない「ワン イン ザ チャンバー」。クロスボウ・バリスティックナイフ・トマホークを使う対戦で、トマホークでキルされると得点を失う「スティックス アンド ストーンズ」。最初にはリボルバーを持ち、敵をキルする・されるごとに変化する20種類の武器を使い分けて戦う「ガン ゲーム」。全てのプレイヤーにランダムで武器が渡され、45秒ごとに武器が変化する「シャープ シューター」の、4つの対戦モードが存在する。

 さらに「カスタマイズ・作成」の面では、CoDポイントを利用した「フェイスペイント」と「エンブレム」、カムフラージュパターンの増加と、プレイヤーがよりアバターに親しみを持てるようになるであろういくつかの仕様を公開した。


多くの種類を持つフェイスペイント。中には、条件をそろえないと買えないものもある
フィールドに合わせて、武器自体をカムフラージュすることもできる

エンブレムは位置や色の変更も可能なので、プレイヤーそれぞれが、ユニークなエンブレムを作ることができる
プレイ履歴は常に保存されており、もう一度見たいゲームがあれば、もう一度見直すことができる

 途中でカメラアングルの変更が可能で、さらに、気に入った場面を「クリップ」として保存することも可能となっている。


 David氏は「ここで紹介した情報は、本作における新要素のほんの一部でしかありません、スタッフ一同、皆様がこのゲームを楽しんでいただけることを、心から願っております」と発言し、この場を締めくくった。

「コール オブ デューティ サバイバル」に挑戦する加藤夏希さん、曙太郎さん。応援役に神田うのさんが登場!

 ゲストパートに移って、まず登場したのは、女優の加藤夏希さんとプロレスラーの曙太郎さん。

 ふたりは、音楽エンターテインメント専門チャンネルMTVにて、本作を使用して行われるトーナメント戦「コール オブ デューティ サバイバル」に出場するとのこと。そして、その応援のために駆けつけてくれたのが、タレントの神田うのさんだった。

プロレスラーの曙太郎さん。戦場の鬼軍曹といった風体だ。本人曰く「砂漠ダンディー」のイメージでの服装とのこと

女優の加藤夏希さん。曙太郎さんとは打って変わって、セクシーなローライズ仕様

タレントの神田うのさん。ヘルメットや水筒、弾薬用のホルスターも付いた実戦仕様の軍服姿で登場

 それぞれが、本作の発売と、トーナメントに対しての意気込みを述べるのもそこそこに、3D対応テレビによる実機デモプレイが行われた。

全員が一様に驚きの声を上げていた実機デモプレイ

 加藤さんは「リアルなグラフィックの作品を、3Dでプレイすると、本当にそこに人がいるかのように見えちゃいますね」と発言。曙太郎さんにいたっては一言感嘆の声を上げた後、まじまじとでも画面を見つめてしまっていた。

 曙太郎さんがテレビを指差し「これ、貰えるの?」と司会に迫り、神田さんにたしなめられる、といったコントのようなやりとりを持って、本イベントの締めくくりとした。

「コール オブ デューティ ブラックオプス」
対象機種プレイステーション 3/Xbox 360/PC
ジャンルアクション
発売日字幕版: 2010年11月18日発売予定
吹き替え版: 2010年12月16日発売予定
価格(税込)プレイステーション 3/Xbox 360版: 7980円
PC版: オープンプライス
CERO審査予定
(c) 2010 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Black Ops is a trademark of Activision Publishing, Inc. All rights reserved. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」