緊張が走る中国・武漢で行われたe-sportsイベントグランドファイナルIEF2010(1/4 ページ)

一昨年の中国・武漢、昨年の韓国・水原に引き続き、今年も行われた中韓政府主催のe-sportsイベント「International E-sports Festival」に、日本代表選手団団長として行ってきました。試合会場となったのは、反日デモで話題になった武漢市……実際、そこらへんのところはどうだった?

» 2010年11月29日 09時30分 公開
[松井悠,ITmedia]

中国政府、韓国政府主催のe-sportsイベント「IEF」

 International E-sports Festival(IEF) は、中国、韓国政府が主催するe-sports(electronic sports:デジタルゲームを競技として捉えるカルチャー)イベントで、2005年に中韓政府共同で開催された「中韓電子競技ゲーム」から徐々に規模を拡大し、中国共産党青年団、中国文化部、国家体育総局など14の中央省庁と、韓国文化観光省、韓国e-sports協会によって運営されているイベントだ。2008年の開催地、中国・武漢に再び会場を戻し行われた本大会は、2010年の10月28日から30日の日程でStar Craft、War Craft III、Counter-Strike1.6などのe-sportsトーナメントが開催された。

 世界最大のe-sportsイベント「World Cyber Games」や、フランス・パリのディズニーランドでグランドファイナルが開催されたことで話題となった「ELECTRONIC SPORTS WORLD CUP」などとIEFの大きな違いは、運営の主体が企業ではなく、政府や地方自治体にあること。収益を求める企業主体のイベントとは異なり、青少年の育成や自治体間の交流、企業誘致といった内容が盛り込まれている。とはいうものの、e-sportsイベントはその中の花形。多くの人々がその試合を観戦しに集まっていた。

 実は、今年のIEFについては、先般の日中問題の兼ね合いもあり、招待されるかどうかギリギリまで分からない、という状況だった。そのため、正式に招待が決定したのが、開催の2週間ほど前であり、そのタイミングで参加が可能な日本選手を探すということで、実はかなりドタバタとしてしまっていた。なんとか全選手の渡航手配が終了したのは、実に開催1週間前のことだった。

 今回、日本代表選手が送り込まれたのはFPSの「Counter-Strike 1.6」、リアルタイムストラテジーの「War Craft III」の2種目、計7人。War Craft IIIは、昨年に引き続いて、nemuke(尾崎 大悟)、ENZA(千嵜 勇和)の両選手がIEF本部からの招待選手として指定され、Counter-Strikeは、昨年、一昨年と続けて参戦したbarusa(大田 健)がメンバーを務めるチームVae Victisが初出場となった。今回のVae Victisメンバーは、スケジュールの都合上、渡航できない正規メンバーに替わって他のプレイヤーが参入した急造チーム。試合まで間もない中で、どのように連携をまとめられるかが課題となっている。

 グランドファイナルに参加している国・地域は、中国、香港、韓国、シンガポール、フランス、ウクライナ、ロシア、ベトナム、マレーシア、ドイツ、スウェーデン、日本。昨年は13の国や地域が参加していたが今年は若干減少していた。というのも、開催期間となる10月30日前後は、他のe-sportsイベントと重なっていたため、参加選手がかぶってしまっていたという事情もあるそうだ。

 今回の日本選手リストは以下の通り。

写真左上からbarusa、soina、XrayN、starbucks。左下からnemuke、ENZA、Twist。彼らが手にしているのが「ZOWIE GEAR」のデバイスだ

Counter Strike 1.6

  • Vae Victis
  • barusa (大田 健)
  • starbucks (竹川 宗士)
  • sonia (古田 理央)
  • Twist (Alexander Kim)
  • XrayN (島木 皓平)

WarCraft III

  • nemuke (尾崎 大悟)
  • ENZA (千嵜 勇和)
協力:JESPA
デバイス提供:ZOWIE GEAR

 今回のIEF2010選手団は、PC用ゲーミングデバイス「ZOWIE GEAR」からマウスパッド、ヘッドセットの機材提供を受けている。この提供は選手に自社製品を使わせることを強制するわけではなく、あくまでも海外遠征におけるサポートを目的としている。そのため、試合中の使用義務も選手に課せられてはいないが、日本トップクラスのプレイヤーにとっては、世界で通用するゲーミングデバイスに触れる機会となったはずだ。

 それでは、早速イベントの内容を紹介していこう。

選手達が宿泊するホテルの入り口には、大きなバルーンと電光掲示板による「熱烈歓迎」の文字が
試合会場の天井に掲示された参加国の旗。後ろの旗は、主催、協賛団体のものだ

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  8. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  9. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
  10. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」