ニュース
» 2010年12月16日 15時23分 公開

「テイルズ オブ」シリーズ最新作がついに発表――その名も“揺ぎなき信念のRPG”「テイルズ オブ エクシリア」

12月15日、テイルズ オブシリーズ15周年タイトル「テイルズ オブ エクシリア」が発表された。代永翼さんや沢城みゆきさんなどのキャストのほか、多くの情報が公開された!

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 バンダイナムコゲームズは12月15日、東京台場にあるコルトーナ東京アルコバレーノにおいて、テイルズ オブシリーズ15周年記念タイトルである「テイルズ オブ エクシリア」の発表パーティーを開催した。

 今回の目玉である「テイルズ オブ エクシリア」の情報はもちろん、制作関係者による裏話トークも聞くこともできた、本イベントの様子を、細部までお届けする。

プレジデント級の豪華すぎる来賓たちが登場!

 レインボーブリッジと東京湾を一望できる、豪華なパーティー会場。各種ワインなどの酒類や料理も用意され、非常に豪奢な雰囲気に彩られていた。

 そんな中、最初に壇上に上がったのは、バンダイナムコゲームズ代表取締役社長である石川祝男氏。石川氏は本シリーズに対して「シリーズ最初の作品である『テイルズ オブ ファンタジア』が発売された当時、良いソフトだなとは思っていましたが、まさか15年も続くタイトルになるとは思っても見ませんでした。『テイルズ オブ』シリーズは、我々にとって大きな“柱”の一つです。今後も、『テイルズ オブ』シリーズを、20年、30年後まで続くタイトルに育てていきたいと思っております」と語り、祝辞とした。

会場には数多くの業界関係者や報道陣が集まり、「テイルズ オブ」シリーズがいかに注目されているかが伺えた。
バンダイナムコゲームズ代表取締役社長の石川祝男氏
ソニー・コンピュータエンタテインメント社長・河野弘氏

 続いて、ソニー・コンピュータエンタテインメント社長の河野弘氏が、来賓代表として挨拶。河野氏はまず、テイルズ オブシリーズとプレイステーションの歴史について触れ、「現在のゲーム業界には大きな変化が起きています。今は、ゲームがこれからカジュアル方面にシフトしていくのか、別の形で進化していくのかという分岐点ですので、こういった大きなタイトルを支え、育てることはとても重要だと考えています」と発言。

 さらに、先日行われた、PlayStation Awards 2010について河野氏は「テイルズ オブシリーズのファンの方々から、何も情報を開示していないにもかかわらず“次にPS3で出るテイルズ オブ”に期待を寄せている、という声が多く届きました」と、シリーズの人気がうかがえるエピソードを披露した。

バンダイナムコゲームズ、ゼネラルマネージャーの吉積信氏

 最後の登壇したのは、バンダイナムコゲームズ ゼネラルマネージャーの吉積信氏。吉積氏は簡単な挨拶の後「私にはテイルズ オブシリーズと同年齢の、15歳の娘が居るのですが、なんとその娘がもうJK(女子高生)ですよ!」と、会場の笑いを取り、続けて「先ほどお話のあったPlayStation Awardsですが、今回発表するテイルズ オブで、来年は壇上で表彰されようと思っています」と、本作への期待を語った。

これまでに無い、新しい“テイルズ オブ”とは!? 


 挨拶パートの後、小休止を挟んでついに「テイルズ オブ エクシリア」の発表が行われた。

 プロモーションのために登場したのは、過去にテイルズ オブシリーズの「デスティニー(PS2版)」や「グレイセス」のプロデュースを担当し、本作でもプロデューサーを務めるバンダイナムコゲームズの馬場英雄氏。


バンダイナムコゲームズ、本作プロデューサーの馬場英雄氏

 まず、タイトルとなった「XILLIA(エクシリア)」の意味について。「XILLIA」には「数えきれないほど大きな数(Xillion)」「未知なる冒険や世界(X)」「交わり(X)」といった、3つの意味が込められている、と馬場氏。さらに「人生には、数えきれないほどの出会いや、出来事があります。そういった意味を込めてのタイトルとなりました。テイルズシリーズは、略称にしますと“TO”の後にタイトルごとのアルファベットが付く形になっています。本作はXになるので、Xそのものにも意味を持たせています」と、細かな設定について語ってくれた。


 次に発表されたのは、シリーズごとに必ず決定されるジャンル名。本作は「揺ぎ無き信念のRPG」に決定された。その経緯に付いて馬場氏は「つい2日前まで決まっていなくて、議論末にようやく決まったものです」と前置きし「自ら行動する、恐怖を感じる相手にでも自分の意志を折らず、立ち向かう信念を表現しました」と説明した。



 続いて、世界観や、それを表現するグラフィックについての発表された。

 舞台となる「リーゼ・マクシア」は人・魔物・精霊が暮らしている世界。文明は「精霊術」と呼ばれる技術によって作り上げられ、本作においては「精霊と人間の共存」が描かれる、と発表された。

 「精霊」とは一体どんな存在で、その名を冠した「精霊術」とは、どういった技術なのか。精霊というキーワードが、どうストーリーに絡んでくるかはまだ不明だが、今後の情報に期待しよう。

 そして、それを表現するグラフィックは、ディフォルメの表現を突き詰めてきた、これまでのシリーズとは大きく変化した。馬場氏は「キャラクターやフィールドの表現は、テイルズならではの暖かさを残しつつ、リアリティのあるものに進化しました。PS3の能力を活かして、“存在感”のあるグラフィックを製作しています」と、本作の作り込み具合をアピールした。


 次は、シリーズが変わるごとに大きく進化する、戦闘システムについて。本作の戦闘システムは「ダブルレイド・リニアモーションバトル(DR-LMB)」と呼ばれ、馬場氏は「2人のキャラクターで協力して戦うシステムなのですが、ただ協力するだけではないんです」と気になる発言。まだあまり情報は公開できないようで、これもまた続報に期待しよう。

いのまたむつみさん&藤島康介さんによるダブル主人公!? キャストはなんと代永翼さんと沢城みゆきさん!

 そしてついに、主人公のビジュアルと、そのキャストが発表された。これまでテイルズ オブシリーズは、基本的にはキャラクターデザインを、いのまたむつみさん、藤島康介さんのいずれかが担当していた(例外:「テイルズ オブ レジェンディア」)。しかし今回はなんと、男主人公の「ジュード・マティス」を藤島さんが担当し、女主人公の「ミラ=マクスウェル」をいのまたさんが担当すると発表され、このサプライズに会場は非常に盛り上がった。


声優の、代永翼さん。イベントの際には演じたキャラクターをイメージした服装を着ているらしく、今回もどこかジュードに似た服装での登場となった

 同時にキャストも、ジュードを代永翼さん、ミラを沢城みゆきさんが担当と発表され、発表されると同時に、ゲストとして代永翼さんが登場した!

 代永さんは「僕自身、テイルズ オブシリーズは大好きで、常日頃から出たいなぁ、なんて思っていました。なので、話をもらった時はちょっと、嘘じゃない? とか、思ってしまいました」と語り、アフレコに立ち会った馬場氏は「ものすごく色々なことにこだわったので、だいぶ時間がかかりました。1ページがなかなか進まないこともありましたね」という裏話を披露してくれた。

 テイルズ オブシリーズには、オープニング映像を始めとして、多くのアニメーションが挿入される。続いては、そのアニメーション制作会社が発表となった。

 今回のアニメーション製作を担当するのは、これまでにも「テイルズ オブ シンフォニア」のOVAや、同社の「GOD EATER」のオープニングアニメーションを製作した「ufotable(ユーフォーテーブル)」。起用の理由を「15周年という区切りの年で、新しいものを作るにあたって、映像を“新しい切り口”で作ることのできるufotableさんにお願いしました」と説明した。


歌手の浜崎さんの起用に会場がどよめいた

 アニメーションといえば、オープニングアニメには主題歌が付くもの。今回も例外ではなく、主題歌を歌う歌手が発表された。そのアーティストはなんと、浜崎あゆみさん。思わぬ大物の名前が登場し、会場は一時騒然となった。

 そこからは浜崎さんのビデオメッセージが流され、その中で浜崎さんは、テーマソングについて「事前に資料をたくさん読んで、勉強させていただいて、私なりのメッセージを込めたつもりです。是非楽しみにしていてください」とコメントした。

 馬場氏は「テイルズ オブシリーズには、必ずテーマが込められています。同じように、浜崎さん歌にはすごく強くテーマが込められていて、それがすごく届くんです。ですから、もう浜崎さんしかいない! と思いまして」と発言、この決定に相当な自身を持っている様子だった。

来年も“テイルズ オブ”づくしの一年に! イベントやキャンペーンを多数発表!

 最後に、来年以降に開催されるイベントとキャンペーン、販売される書籍などについての発表が行われた。

今年も開催され、好評を博したテイルズ オブ フェスティバルが来年も、パシフィコ横浜で、5月28・29日に開催決定! 
“「テイルズ オブ」キャラクターレンタルキャンペーン”を開催! 詳細は不明だが、15周年を盛り上げる手段の一環のようだ
15周年記念としての書籍が2冊登場。公式設定資料集と、いのまたむつみさんのテイルズ オブシリーズ画集

 15周年記念ケーキを中心に、出演者全員が集まり、イベントは終了となった。本作の公式ホームページにて、本作の最新プロモーションムービーが公開されているので、そちらもご覧になっていただきたい。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」