ニュース
» 2010年12月27日 21時13分 公開

「エルシャダイ」に「マリオの秘密」――2010年の「日々是遊戯」人気記事TOP10は?日々是遊戯

今年もいろいろありました! ということで恒例の「日々是遊戯」年間TOP10を発表したいと思います。さて、今年の1位は……。

[池谷勇人,ITmedia]

1位のやつ、久々に見たけどやっぱり怖すぎでした

 早いもので、2010年も残すところあとわずかとなりました。通常のニュースでは取り上げない(取り上げられない)ような小ネタを、毎日1つ微妙にセレクトしてお届けする――というユルいコンセプトではじまったこの連載も、いつのまにか3年目に突入。今年も1年間、こんな連載にお付き合いいただき本当にありがとうございました。

 さて、ということで本日は、2010年の「日々是遊戯」を振り返る意味で、今年のアクセスランキングをお届けします。果たして今年アクセスを集めたのはどんな記事だったのか? 細かい前置きは抜きにして、さっそく発表してみましょう!

【10位】「そんな装備で大丈夫か?」の中の人が判明! あの「イイ声」の正体は……

 「ニコニコ動画」である日突然ブレイクし、ついにはネット流行語大賞の「金賞」にも輝いてしまった「エルシャダイ」。つい最近も、TGSで発表された、EDWINとのコラボジーンズが一瞬で売り切れるなど、その人気は相変わらずのようです。ところでゲームっていつ出るんでしたっけ……。


【9位】:もはや据え置き機は不要!? 東芝「REGZA」の「ポータブルズーム」機能が話題に

 「モンスターハンターポータブル 3rd」も発売され、ますます勢いを増しつつある最近のPSP。電車に乗っていても、最近はDSよりもPSPで遊んでいる人をよく見かける気がします。

 そんなPSPをもっと大画面で楽しめるようにしてくれる、東芝「REGZA」のポータブルズーム機能を紹介した記事が第10位。この記事がきっかけで、最新モデルの発表会に呼んでいただいたのもいい思い出です。


【8位】:難しいってレベルじゃねぇ! 業界騒然の問題作「上原テトリス」とは

 かのアレクセイ・パジトノフ氏もまさか、海を越えた東洋の島国でこんな「テトリス」が作られていたとは思わなかったでしょう。動画を見る際にはぜひ「!?」弾幕のご準備を。


【7位】:解けたら天才! フィンランドの数学者が作った「世界一難しい数独」

 その後Twitter経由で、自作の(!)解答補助ツールを送っていただいたりもしたんですが、結局いまだに解けてません。年末年始でもう一回挑戦してみようかなぁ……。


【6位】:「JRAが壊れた」と話題の競馬ゲーム「ジャパンワールドカップ」

 7位は先日「2」が公開されたばかりの、JRAの公式競馬ゲーム「ジャパンワールドカップ」の紹介記事。「2」になってもハリボテエレジーは相変わらずでした。


【5位】:「はぐれメタルが あらわれた!」そのとき人々がとった行動は……?

 突如現れたはぐれメタルに思わずにっこりしてしまう人々。ゲームってこんなにも人を笑顔にさせてくれるんだなぁ、というのをあらためて実感させてくれた動画でした。


【4位】:あなたが知らない(かもしれない)、マリオの恐るべき秘密10選

 海外ニュースサイトからの翻訳ということで、筆者も知らないような小ネタがちらほらと。個人的には「草むらと雲のドット絵は同じ」にビックリしました。当時の「容量との戦い」の過酷さを物語るエピソードです。

 また今年は「スーパーマリオブラザーズ」発売25周年ということで、記念サイトがオープンしたり、懐かしの「スーパーマリオコレクション」がWiiで復活したりと、様々な「マリオ」関連ニュースが業界を賑わせました。


【3位】:「FF13」がもしもドット絵だったら? 海外フォーラムに投稿された、超絶ディメイク画像あれこれ

 これは画像が良かったですね。最近では3Dの台頭で、純粋なドット絵のゲームはかなり少なくなってしまいましたが、やっぱり「ゲームと言えばドット絵」というイメージは今なお根強いみたいです。

 また海外ではここ1〜2年、こうした「ディメイク」の動きが盛り上がりつつあり、ダウンロードゲームなどを中心に、少しずつドット絵のゲームが増えてきているような気がします。


【2位】:「人間にはクリア不可能」と言われたシューティングゲーム、7年5カ月目にしてついに突破される

 ここまで来るともうもう、ゲームと人類の「戦い」ですよ。人生を削ってまでひとつの作品に打ち込んだプレイヤーと、飽きさせることなくその挑戦を真正面から受け止め続けたゲーム。どちらが欠けても、この名勝負は生まれませんでした。あらためて、この偉業を成し遂げたMON氏に拍手!


【1位】:すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ……「真・女神転生」の怖すぎるウワサは本当だった?

 そして堂々第1位に輝いたのは、スーパーファミコンの名作「真・女神転生」の怖すぎるウワサを検証した「すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ」でした。筆者も当時ウワサに聞いたことはありましたが、てっきり都市伝説の類だと思っていたので、実際に動画で見た時の衝撃はものすごかったです。

 まだ見ていない人はぜひ、部屋の電気を消して、ヘッドフォンのボリュームを上げてご覧下さい。これ、当時リアルタイムで遭遇してたらトラウマものだっただろうなぁ……。


 ――ということで、今年のTOP10はこんな感じになりました。来年も「日々是遊戯」を何卒、よろしくお願いいたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  8. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」