ニュース
» 2011年01月11日 21時04分 公開

日々是遊戯:積み木? それともゲーム機? 北米でちょっと変わったゲーム機が登場

キューブ型のボディに液晶ディスプレイを搭載した、積み木のようなゲーム機が北米で発売されました。これは楽しそう!

[池谷勇人,ITmedia]

積み木の手触りをゲームに

 わずか35グラムのキューブ型ボディに、1.5インチ、128ドット×128ドットのフルカラーディスプレイ。一瞬「Appleの新製品?」と思いましたが、こう見えてもコレ、れっきとしたゲーム機なんだそうです。

 商品名は「Sifteo(シフティオ)」。正式発売はもう少し先になりますが、先日「先行販売プログラム」ということで公式サイトで予約を受け付けたところ、わずか1日で完売となってしまったのだとか。

 個々のキューブにはモーションセンサおよび接近感知センサーが搭載されており、キューブを傾けたり、キューブ同士を並べたり、積んだりすることで様々なゲームが遊べるのだそう。ゲームソフトはワイヤレス通信でPCから送信する仕組みで、今後オープン予定の「Sifteo app stor」から新しいゲームをダウンロードすることも可能になるとのことです。なるほど、確かにこれはゲーム機ですね……。

 実際に遊んでいる様子は以下の動画からどうぞ。キューブを並べると画面上のキャラクターが手をつないだり、キューブに書かれたアルファベットをつなげて英単語を作ったりと、Sifteoならではのユニークなプレイ映像は必見。キューブを手であれこれ触っている様子は、ゲームというより積み木遊びの発展型といった方が近いかもしれません。


 開発したのは、マサチューセッツ工科大学のDavid Merrill氏とJeevan Kalanithi氏。マージャンやドミノのような卓上ゲームの感触を、コンピュータゲームと組み合わせたら――という発想から「Sifteo」は生まれたのだそうです。

 現在、公式サイトで紹介されているゲームは「Chroma Shuffle」(パズルゲーム)、「Booker the Penguin」(迷路ゲーム)など6種類。公式サイトではゲームを開発してくれるサードパーティの募集も行っており、今後ラインアップについてはさらに強化されていくものと思われます。

 実際の商品には、専用キューブ3個のほか充電ドック、ACアダプタ、PCと接続するための無線リンクキット、1000ポイント分の「Sifteo app stor」専用電子マネーなどが同梱される予定。正式な発売は2011年秋、価格は150ドルを予定しているそうです。なお残念ながら、日本での展開については今のところ未定。



キューブのサイズは4.3センチ×4.3センチ×1.9センチ。大きさ的には、Wiiリモコンを薄く輪切りにした感じ――といったら伝わるでしょうか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた