ニュース
» 2011年01月19日 05時40分 公開

「ファイナルファンタジー」シリーズ、そして「キングダムハーツ」の最新情報一挙公開!――SQAURE ENIX 1st Production Department Premiere(1/2 ページ)

長らく謎に包まれてきた、ファイナルファンタジーやキングダムハーツに関する数々の新情報が公開された。司会として、櫻井孝宏さんと鈴村健一さんも登場!

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 1月18日、スクウェア・エニックスは、新作情報の発表会「SQAURE ENIX 1st Production Department Premiere」を開催した。

 今回のイベントは、スクウェア・エニックス内で、去年の秋頃発足された「第一制作部」によって開発されたタイトルの発表イベントとなる。

 第一開発部は現在、キングダムハーツシリーズ最新作の「キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス」や、ディシディアファイナルファンタジーの最新作「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー」の開発を行っており、今後の動向に注目が集まっている。

 本記事では、イベントで公開された情報を、その様子とともにお届けする。

3DSにキングダムハーツが登場! その名は「キングダムハーツ3D ドリームドロップディスタンス」!

声優の櫻井孝宏さんと鈴村健一さん

 会場には、スクウェア・エニックスメンバーズ会員の中から抽選で選ばれたユーザーと、プレス関係者のみが来場していた。そんな中で、まず最初に登壇したのは、今回の司会を務める、声優の櫻井孝宏さんと鈴村健一さん。挨拶もそこそこに、早くも新情報の公開がスタートした。会場の照明が落とされ、巨大なスクリーンに映し出されたのは、以前から情報が発表されている「キングダム ハーツ」シリーズの最新作「キングダム ハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス」の最新プロモーション映像。

 映像には、前作で、主人公として登場した3人が協力して戦う姿が。協力プレイが可能なキングダムハーツとなるのだろうか?

 その終了とともに、櫻井さんたちに呼び込まれたのは、スクウェア・エニックス、第一制作部コーポレートエグゼクティブの橋本真司氏。


スクウェア・エニックス、第一制作部コーポレートエグゼクティブの橋本真司氏

 橋本氏は最初に、自身の所属する第一制作部についての説明をした後に「本日より、任天堂さんのバーチャルコンソールより、『ファイナルファンタジーV』の配信がスタートしました。そして明後日には、『キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス』が発売となります。是非皆様、よろしくお願い致します」と、同開発部の作品をアピールした。その抜け目のなさから、櫻井さんと鈴村さんが「さすが橋本名人ですね」とコメント。苦笑しつつ橋本氏は降壇となった。

 名人トークでひと盛り上がりしたところで、櫻井さんに呼び込まれた次のゲストは、スクウェア・エニックス「キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス」ディレクターである安江泰氏。

 本作について安江氏は「バースバイスリープは、キングダムハーツシリーズの、最も古いエピソードを描いた作品です。追加エピソードも、シリーズの今後を占うようなものを用意してあります。どうぞご期待ください」と、本作のアピール。そして、それに続けて、新たな情報の発表が行われた。

スクウェア・エニックス、第一制作部「キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス」ディレクターの、安江泰氏

 プロモーションビデオの上映の後、表示されたタイトルは「キングダムハーツ 3D ドリームドロップディスタンス」とあった。本邦初公開となる、シリーズ最新作の発表が行われたのだ(関連記事:3DS向け「キングダム ハーツ」最新作、正式タイトルが「KINGDOM HEARTS 3D [Dream Drop Distance]」に決定)。

 安江氏はまず、サブタイトルに含まれた、多くの意味についての説明をしてくれた。サブタイトルに含まれる単語は、3Dと、Dream(夢や希望) Drop(落ちる) Distance(距離や隔たり)の4つ。

 3Dは、本作が発売されるゲームハードである、ニンテンドー3DSから。遊び方、という面で見た場合、「Drop」は高い所から「飛び降りる」という意味を、また「Distance」は長い「距離」を超えるという意味を持っている、と安江氏は語った。それ以外にも、ストーリーに関わる様々な意味を持っているとの事。今は想像を膨らませて待つ事にしよう。

 その他にも、安江氏は本作のコンセプトについても触れ「今回、特に力を入れたのは“新しいキングダムハーツ”のアクションの形を作る、という事でした。突き抜けるようなスピード感を体験できるように、製作をしています」といった発言もあった。今後も「キングダムハーツ」シリーズからは目が離せそうもない。

先行体験版となる「ディシディアデュオデシム プロログス ファイナルファンタジー」が配信決定! 購入するとエアリスが復活する!? 

 続いて情報の発表されたタイトルは、「ディシディアデュオデシム ファイナルファンタジー」だ(関連記事:PSP向け「DISSIDIA duodecim prologus FINAL FANTASY」、1月18日より配信開始)。

 解説役として登場したのは、スクウェア・エニックスの「ディシディアデュオデシム ファイナルファンタジー」ディレクター、高橋光則氏。登場してすぐに、最新のプロモーションビデオが上映された。

スクウェア・エニックスの「ディシディアデュオデシム ファイナルファンタジー」ディレクター、高橋光則氏

 プロモーションビデオのムービー部分には、各シリーズキャラクターの、新たな技が多く映っていた。召喚獣を次々と召喚して戦うユウナや、新たな技を入手したとみられる皇帝の姿は圧巻で、期待がふくらむ。

 映像の最後には、バッツに向かって「久しぶりだな!」と呼びかける声がしたが、これはまさか「?」で次元の狭間へ落ち、「VIII」で召喚獣として登場したギルガメッシュが登場するかも……などと、想像する余地が多くある映像だった。

 そのものをお見せ出来なくて残念だが、これらの映像はすべて、1月27日には公式サイトにて、HD画質で公開される予定との事なので、もう少しだけお待ちいただきたい。

 興奮もさめやらぬ中、プロモーションビデオに続いて、新たに「ディシディアデュオデシム プロログス ファイナルファンタジー」が発表された。これは、1月19日から配信される、本編の先行配信版という位置づけになる作品。本編とは異なる、オリジナルのショートシナリオと、アーケードモードが収録されている旨を発表した。

 新たに加わったゲームシステムや、キャラクターはほぼ完全に収録されており、キャラクターカスタマイズのみ、固定となっている。価格は300円で、製品版へ移行した際には、特典としてサポートキャラクター「エアリス」が登場する。

 発表が終了すると、櫻井さんと鈴村さんは、口々に期待のコメントとともに高橋氏への賞賛の言葉を送った。それを受けての高橋氏は、非常に良い笑顔を浮かべていた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる