ニュース
» 2011年01月27日 23時10分 公開

タッチスクリーン、カメラ、ジャイロセンサー……。ついに姿を現した、次世代携帯機「NGP」のスペックは?PlayStation Meeting 2011「Next Generation Portable」ハード編(1/2 ページ)

ソニー・コンピュータエンタテインメントが1月27日に発表した、次世代携帯機「Next Generation Portable(NGP)」。ここではハードウェア面に注目しつつ、その全貌に迫ってみる。

[池谷勇人,ITmedia]

まさに「全部入り」のモンスタースペック

 速報でもお伝えしたとおり、ソニー・コンピュータエンタテインメントは1月27日、都内にて「PlayStation Meeting 2011」を開催し、PSPの後継機にあたる次世代携帯型エンタテインメントシステム「Next Generation Portable(コードネーム/以下、NGP)」を発表した。発売日については、2011年末を皮切りに、順次各地域にて発売していく予定。また価格は未定とのこと(関連記事:日常の遊びを手の中に――次世代PSP「Next Generation Portable(仮称)」発表)。

 これまでユーザーの間では「PSP2」「PSP Phone」といった呼び名で様々な噂が飛び交っていたNGPだが、果たして実際にどんなハードに仕上がってきたのだろうか。ここではNGPのハードウェア部分にスポットを当て、その驚きのスペックについて見ていくことにする。

「PlayStation Meeting」の名前で発表会が行われるのはおよそ6年ぶり。大きな発表があるのではという緊張感から、来場者の間でも開演前からかなりピリピリした空気が漂っていた
NGPをプレゼンテーションを行った、CE代表取締役社長兼グループCEO・平井一夫氏

右アナログスティック、マルチタッチスクリーン、GPS……インタフェース類は貫禄の「全部入り」

 会場でプレゼンテーションを行った、SCE代表取締役社長兼グループCEOの平井一夫氏によれば、NGPのコンセプトは「ユーザーの日常すべてを遊びに変える」システムとのこと。

 本体デザインは従来のPSPシリーズを踏襲しつつ、より手に馴染みやすい「スーパーオーバルデザイン」を採用。外形寸法は約182.0mm×18.6mm×83.5mm(幅×高さ×奥行き/予定、最大突起部除く)と従来のPSP-3000(約169.4mm×18.6mm×71.4mm)よりもひと回り大きくなっており、これに伴いスクリーンサイズも4.3インチ→5インチへ、解像度も480×272ドット→960×544ドットと引き上げられている。単純にドット数で比較すれば既存のPSPシリーズの4倍であり、携帯機ながらもかなり迫力ある映像が楽しめそうだ。


会場で公開された、NGPのコンセプト映像。ゲームが現実世界に飛び出し、日常のすべてが「遊び」となった世界。NGPが目指すのはこういう世界だ

初公開されたNGPの実機。従来のPSPシリーズよりは縦横にひと回り大きくなっているが、それに伴いディスプレイサイズも大きくなっている

 インタフェース面では以前から要望の多かった「右アナログスティック」を新たに搭載。また、かねてから噂にのぼっていた「背面マルチタッチパッド(静電容量式)」が採用されているほか、前面ディスプレイも同じく静電容量式のマルチタッチスクリーンとなっており、「表」と「裏」からゲーム画面に「触れる」ことが可能。特に背面タッチパッドは、画面を手で隠すことなくアナログ操作が行えるという利点があり、従来のタッチスクリーンとはまた違った使い方に期待できそうだ。

 このほか、センサー類としてはPS MOVEと同じ6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)を内蔵しており、NGP本体を振ったり、傾けたりといった「モーション操作」にも対応。さらにカメラ(前面、背面の2カ所)、マイク、GPS、3軸電子コンパスと、およそ考えうるあらゆるセンサー、入力インタフェースが組み込まれた格好。これらのセンサー類が、実際のところどのように活用されていくのかは不明だが、これまで見たこともないようなゲームの登場に期待したい。

 なおメディアは従来のUMDではなく、フラッシュメモリベースの新型カードメディアを採用。UMDとの互換性はないものの、現在PS Storeにて販売されているダウンロード版PSPソフトについてはNGPでも継続してプレイ可能とのこと。NGPへの引き継ぎが可能という点で、今後はダウンロード版を選択する人が増えるかもしれない。


基本的なスタイルは従来のPSPシリーズと同様。ちなみにアナログスティックは、従来のような平たいアナログパッドではなく、きちんと高さのある「スティック」形状となっている

会場では実機によるデモンストレーションも――背面タッチパッドの使い方がユニーク

 平井氏による解説に続いて、会場ではSCE World Wide Stuidoの吉田氏による、NGP実機および開発中のソフトウェアを使った各機能のデモンストレーションも行われた。

 最初にプレイされたのは、今やSCEの看板タイトルになりつつある「アンチャーテッド」シリーズのNGP版。当然ながら、NGP用ゲームの実機映像は全世界初公開。

 左アナログスティックで主人公の移動、右アナログスティックで視点(照準)の操作、という基本インタフェースは変わっていないものの、行きたい場所をタッチするだけで自動的にそこへ移動したり、背面タッチパッドを交互にこすってロープを登ったりと、NGPならではの操作がいくつか追加されているのが見て取れた。またライフルのスコープを覗くシーンでは、NGP自体を動かすと、ジャイロセンサーによりスコープの視点も同じように移動。実際にスコープを覗いて狙いを付けているような臨場感があり、ジャイロスコープを非常にうまく活用しているように感じた。

開発中の「アンチャーテッド(仮)」を実際にプレイして見せる吉田氏。右アナログスティックの追加により、FPSやTPSは格段にプレイしやすくなった

背面パッドを上下にこすると、ロープを登ることが可能。「実際にロープを掴んで登っているような感覚です」と吉田氏

気付かれていない状態で敵をタッチすると、自動的に忍び寄っていき不意打ちを行うことが可能。ほかにもタッチ操作はいろいろな所で使われている

 続いて吉田氏がプレイしたのは、「Little Deviants(仮)」というゲーム。これはNGP向けに開発中のオリジナルタイトルで、地面を隆起させながら、不思議な生き物“Deviants”たちを転がしていくアクションゲームだそう。背面のタッチパッドに触れると、そこの部分の地面がニョキッと隆起。まるで裏側から画面を「押して」いるかのような表現がユニークな作品だ。

タッチパッドに触れると、そこの部分の地面が盛り上がる。磁石を使って、机の裏側から、表側のモノを動かしているような感覚が楽しい

表と裏から「はさむ」ようにタッチすると、“Deviants”をつまんで、ひっぱることが可能。指を離すと、“Deviants”は勢いよく転がっていく

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」