ニュース
» 2011年02月03日 20時23分 公開

あの人気FPSにそっくりなフリーゲーム「Duty Calls」が公開に。その正体は……日々是遊戯

どこかで見たようなオープニングに、どこかで見たような画面構成……。どこからどう見ても「Call of Duty」そっくりな無料ゲームが海外で話題となっています。

[池谷勇人,ITmedia]

クリアまで遊べば納得

 全世界累計で数千万本を販売する、アクティビジョンの人気FPSシリーズ「Call of Duty」。そんな「Call of Duty」にそっくりな無料ゲームが公開され、話題を集めています。

 タイトルは「Call of Duty」をひっくり返して「Duty Calls」。さっそくダウンロードして遊んでみると、どこかで見たようなオープニングにはじまり、どこかで見たような画面構成、どこかで見たようなランクアップの表示と、とにかく「Call of Duty」にそっくり。ただ敵兵はただ突っ立っているだけでやる気ゼロ、味方の無線通信も大事なところは全部「Bla bla bla...(ぺちゃくちゃ、ホニャララみたいな意味)」で済ませてしまう適当っぷり。グラフィックはそこそこキレイですが、なんだこりゃ……?

オープニングからして「Call of Duty」そっくりです
マップはほぼ一本道。敵兵のやる気のない悲鳴がむなしい
敵を一体倒しただけでランクアップ。どんどん称号が長くなっていく……

 実は「なんだこりゃ」の答えはゲームをクリアすると明らかになります。「THE END」の文字が出てからしばらく待つと、続いて始まったのはなんと「BulletStorm」のトレーラー映像! なるほど、「Call of Duty」のパロディに見せかけておいて、その正体は「BulletStorm」のプロモーションだったんですね。確かに、あの退屈なゲーム画面の後で見せられる「BulletStorm」の映像はかなりのインパクトがあります。

 それにしても、まぎらわしいというか、手が込んでいるというか……。一応、公式サイトには「*Duty Calls is a parody.(「Duty Callsはパロディです」)」との断り書きがありますが、海外ならではのなかなか大胆なプロモーションと言えそうです。

 プレイ動画は以下から。適当に遊んでも5分あればクリアできるボリュームなので、興味がある人はぜひ実際にダウンロードして遊んでみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響