ニュース
» 2011年02月18日 23時08分 公開

アーケードにも3Dの波が到来? 「AOU 2011」会場で気になったゲームは日々是遊戯

2月18日、19日の2日間、千葉県・幕張メッセにて開催されている「AOU 2011 アミューズメント・エキスポ」に行ってきました。

[池谷勇人,ITmedia]

裸眼立体視ゲームも登場

入場料は大人、中高生で1,000円(当日券)。会場は幕張メッセとなります

 各社の最新アミューズメントマシンが一堂に会する、アーケードゲームの展示見本市「AOU 2011 アミューズメント・エキスポ」が今年もスタートしました。開催期間は2月18日(金)、19日(土)の2日間。うち19日は一般公開日となっています。

 「新たなアミューズメントの創造」をテーマに開催された今回のAOUでは、セガ、KONAMI、バンダイナムコゲームス、タイトーなどをはじめ33社以上がブースを出展。「Let's GO ISLAND 3D」や「マキシマムヒート」といった立体視対応ゲームが注目を集める一方で、「鉄拳 TAG TOURNAMENT2」や「ドラゴンボール ZENKAIバトルロイヤル」「AQUAPAZZA」といった格闘ゲームの人気も目立ちました。今回はその中から、特に注目度が高かったタイトルを抜粋してご紹介します。

「Let's GO ISLAND 3D」(セガ)

 コミカルな演出と、巨大生物たちをマシンガンで撃ちまくる爽快感で好評を博した「Let's GO JUNGLE!」の続編にあたる作品。最大の特徴は筐体を一新し、メガネ不要の「裸眼3D」に対応したこと。舞台も前作のジャングルから一転、海に囲まれた美しい南国のリゾート地が舞台となり、美しく、迫力ある3D映像を存分に味わうことが可能となっています。

 気になる裸眼3Dの「見え具合」ですが、3Dメガネ方式に比べ、顔の位置合わせなどややデリケートな部分もあるものの、ちゃんと顔の位置を合わせればしっかり3Dに見えました。特にガンシューティングのようなジャンルは3Dとの相性がよく、3Dならではの演出、没入感にも期待できそうです。2011年夏稼働予定。

試遊台のほか「体験ゾーン」を設けて裸眼3Dをアピール。写真では伝わりませんが、ちゃんと3Dに見えていました

「マキシマムヒート」(バンダイナムコゲームス)

 こちらも3D立体視をウリにしたレースゲーム。ただしこちらは裸眼3Dではなく、バイザー型の3Dメガネを筐体前面に搭載。プレイする際は、バイザーをグイッと顔の前に引き下げることで迫力の3D映像が楽しめる仕組みとなっています。

 ゲーム内容はオーソドックスなレースゲームですが、開始前にプレイヤーの顔写真を取り込み、車体上部にアイコンで表示する要素などもあり、どちらかと言えばパーティゲーム向けのチューニングがされているように感じました。ちなみに挙動エンジンは同社の「湾岸ミッドナイト」シリーズのものを使用しているそう。

 3Dメガネを使用しているだけあって、立体映像の安定感はさすが。また筐体前面にある3Dボタンを押すことで、3Dの度合いを切り替えられる機能もユニークでした。もちろん3D映像が苦手な人は3Dを切ってプレイすることもできるのでご安心を。

アームで固定されたバイザーは、ある程度自由に動かすことが可能。個人的には、メガネよりも圧迫感がなく遊びやすく感じました

「鉄拳 TAG TOURNAMENT 2」(バンダイナムコゲームス)

 おなじみ「鉄拳」シリーズの最新作。タイトルにもあるとおり、本作では2対2のタッグバトル制を久々に採用。タッグバトル制の「鉄拳」としては、1999年の「鉄拳 TAG TOURNAMENT」から数えて、実に12年ぶりの復活ということになります。

ステージイベントでは、本作のプロデューサーを務める原田勝弘氏の姿も

 キャラクター数は前作「鉄拳6BR」の38人に加え、三島仁八をはじめとする過去作のキャラクターも参戦し、シリーズ過去最大の40人以上に。仲間と強力して放つ「ツープラトン」や、コンボの途中で仲間と交代し、さらに技をつなげていく「TAGコンボ」など、前作にもあったシステムは今作にも継承されているほか、さらにある条件を満たすと控えのキャラクターの攻撃力がアップする「レイジシステム」や、パートナーと強力して空中コンボをたたき込む「タッグアサルト」などの新システムも追加されており、タッグならではの戦術はさらに奥深く進化しているようです。

「ドラゴンボール ZENKAI バトルロイヤル」(バンダイナムコゲームス)

 最大4人同時対戦が可能な対戦格闘ゲーム。悟空やベジータといった「ドラゴンボール」のキャラクターたちが、生き残りをかけたバトルロイヤルを繰り広げます。

 「生存率2/4!! 力と知恵で勝ち残れ」というキャッチコピーのとおり、対戦で勝ち残れるのは上位2名だけ。ゲーム終了時、体力が少なかった2人が「敗北」扱いとなり、ゲームから脱落してしまいます。4人同時プレイということもあり、必然的に一対一のテクニックよりも、全体を見渡せる視野の広さや、総合的な立ち回りのうまさが求められそう。

 また本作では、「全国ネットワークバトルロイヤル」により、いつでも日本中のプレイヤーとオンライン対戦が可能とのこと。麻雀やクイズといったジャンルでは今やオンライン対戦が当たり前になりつつありますが、対戦格闘ゲームのオンライン対戦はおそらく本作が初。コンマ1秒以下のレスポンスが求められる対戦格闘ゲームで、どの程度の対戦クオリティを実現できるかも楽しみです。


その他のタイトル

 とてもすべてのタイトルは紹介しきれませんが、そのほか気になったタイトルについても写真でまとめてご紹介。

「AQUAPAZZA」(アクアプラス)
アクアプラスの人気キャラクターが総出演する2D対戦格闘ゲーム。すでにネットでは話題になっており、会場でも順番待ちの列が絶えませんでした
「ラブプラスアーケード」(KONAMI)
会場にはもちろん、2月24日より稼働開始予定の「ラブプラスアーケード」の姿も。相変わらず高い注目を集めていました
「PAC-MAN BATTLE ROYALE」(バンダイナムコゲームス)
4人同時対戦可能な「パックマン」。パワーエサをうまく使い、他のパックマンを食べることができれば勝利となります

「初音ミク Project DIVA アーケード」(セガ)
こちらも相変わらずの人気。すでに稼働中のタイトルであるにもかかわらず、常に人だかりができていました
「アニマロッタ」(KONAMI)
ビンゴなど3種類のゲームが楽しめる、ボール抽選型のメダルゲーム。PSPやスマートフォンなどのWi-Fi機器と連動し、筐体から離れた場所でもプレイできるのがユニーク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」