第7回:ハイスコア更新は常に命がけ! 「ボーナス獲得=ハイリスク」の法則なぜ、人はゲームにハマルのか?(2/3 ページ)

» 2011年02月23日 14時52分 公開
[鴫原盛之,ITmedia]

 以下のムービーは、同じくタイトーが1982年に発売したアーケード用アクションゲーム「アルペンスキー」です。本作では、コース上に得点が表示された場所を通過するとボーナスが獲得できる仕組みになっていますが、ボーナス地点があるのは決まって狭いスペースやツルツル滑って操作が難しくなるアイスバーンの近くだったりするので、一歩間違えれば木や岩にぶつかってミス(タイムロス)となる危険性が格段にアップします。さらに2面に進むと、コース上の旗を倒すとスコアがどんどん減点されていくという、これまた厳しいペナルティも存在するのです。

※「アルペンスキー」:プレイステーション2版「タイトーメモリーズ上巻」を使用
(C)TAITO CORP. 1978-2005

 同様の例として、1981年にテーカン(現:コーエーテクモゲームス)が発売した、同社の記念すべきビデオゲーム第1号作品であるシューティングゲーム「プレアデス」があります。本作は全4ステージ構成で、最終面だけは障害物および滑走路の左右で点滅するライトに触れないように自機をゴール地点まで動かすというルールになっています。

 ゴールにさえ到着できればどのルートを通っても構わないのですが、コース上の特定の地点(フラッグがあるところ)を通過すると得点が加算されるようになっていますので、スコアを稼ぐためにはやはり障害物と衝突するリスクとの勝負は避けられません。ちなみに、このステージでは自機に慣性が働くので、慌ててフラッグを取りに行こうとすると途中で急に止まることができなくなります。実際に遊んだことがある人ならお分かりになると思いますが、フラッグを取ったりゴール地点へ無事たどり着くためには意外にシビアな操作が要求されます(本当!)。

※「プレアデス」:プレイステーション2版「テクモヒットパレード」を使用
(C)TECMO, LTD. 2004

「ボーナス獲得=ハイリスク」の法則の応用例

 「狭いスペースにピンポイントで入り込むとボーナス得点がもらえる」というシステムをさらに応用した例をふたつ紹介しましょう。

 まず最初は、KONAMIが1986年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された「グラディウス」です。本作では、周囲の壁にぶつからないようにして特定の狭いスペースに入ると5000点のボーナスが入るようになっていますが、これまでに例として挙げたゲームと違ってボーナス得点があらかじめ明示されていません。よって、「わざわざ狭いスペースを通る意味なんか何もないでしょ!」と決め付けてしまったプレイヤーは何回遊んでもボーナスの存在にずっと気付けないことになります。

 一見何もない場所であっても、「狭い道を通過するとボーナス」というシステムを盛り込んだゲームを過去にいくつも遊んだ経験があるプレイヤーであれば、本作を初めて遊んだ際に「もしかして何かあるかも?」と直感が働いて、初プレイで隠しボーナスをいきなり発見したという人も少なからずいるのではないでしょうか? これもある意味、ゲームにおける一種の学習効果と言えるのかもしれませんね。

 なお、この「グラディウス」の例は以前にも当コラムで紹介した本、「ニンテンドーDSが売れる理由」(秀和システム)にも紹介されていますので、興味のある方はぜひご一読ください。


ファミコン版「グラディウス」では、狭いスペースに入ると隠しボーナスが入るアイデアを採用。もちろん、操作を誤るとミスになるリスクが伴うことはあらためて言うまでもない

(C)1986 KONAMI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」