ニュース
» 2011年02月28日 04時58分 公開

ゲームポットが放つ、純国産オンラインアクションゲーム――「メビウスオンライン」ついに発表! (1/3)

ゲームポットは2月26日、満を持して新作タイトル「メビウスオンライン」を発表! 野沢雅子さんや田中真弓さんもゲストとして登場したイベントの様子をお届けする。

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 ゲームポットは2月26日、東京の赤坂「Erebos」にて、同社の最新タイトルであるオンラインゲーム「メビウスオンライン」を発表した。

 本イベントでは「メビウスオンライン」の詳細な情報が発表されたほか、声優の野沢雅子さんや田中真弓さんをはじめとする、豪華なゲスト陣も登場。

 本記事では、ゲストを絡めたアトラクションも用意され、色々な意味で混沌にまみれたイベントの様子をあわせてお届けする。

見た目も、声も、戦う時代すらも自由! メビウスオンラインの“無限大”な自由度に迫る!

 今回会場となった、東京赤坂の「Erebos」は、イベントスペースも兼ねた構造となっており、非常に広い空間が提供されていた。

 発表会の幕が上がり、ゲームポット代表取締役社長の植田修平氏による開場挨拶が行われた。

 植田氏は「みなさんご存知のとおり、本日はニンテンドー3DSの発売日でございますが、こちらの発表に足を運んでいただきありがとうございます」とさらりと言ってのけ、会場の笑いをとる。「今回発表するメビウスオンラインは、弊社がこのタイトルのために立ち上げた開発会社である“クリックチョップ”制作による、純国産のオンラインゲームになります。日本から始まり、ゆくゆくは世界へのリリースを目指して、展開を進めていきます」と、自信にあふれるコメントを披露した。


ゲームポット代表取締役社長、植田修平氏
ゲームポットのプロデューサー、山本潤氏
ゲームポットの開発ディレクター、中島和俊氏


 植田氏の挨拶が終了すると、それに続いてゲームポットのプロデューサーである山本潤氏と、本作の開発を担当するスタジオ「クリックチョップ」の統括および本作の開発ディレクターを務めるゲームポットの中島和俊氏が登場。ゲームスステムを含む「メビウスオンライン」に関する詳細な情報が語られた。ゲームに関する簡単な情報は以下にまとめておいたので、参照していただきたい。

推奨スペックPCを購入すると、ふんどし装備の特典コードが付属する。「がれりあ」の4文字がまぶしい
ジャンル:チーム連携型オンラインアクション
プラットフォーム:Windows XP/VISTA/7
運営:ゲームポット
開発:ゲームポット ClickChopスタジオ

 詳細な必要スペックまでは公開されなかったが、サードウェーブのドスパラより、推奨スペックPCの発売が決定した。こちらを購入すると、限定装備の「がれりあ」ふんどしの特典コードが入手できる。

 まずは中島氏による、本作の開発コンセプトの解説が行われた。中島氏は「本作のテーマは“無限大の可能性”です。キャラクターメイキングはもちろん、それ以外の要素に関しても、非常に高い自由度を実現しています」と発言。

 スクリーンショットをご覧になれば分かるが、美少女キャラクターと劇画風キャラクターの混在といった、一般的にはミスマッチとされている組み合わせの絵もゲーム中には登場する。これが、中島氏の言う“可能性”なのだ。


 本作の舞台となるのは、時空を超えて、世界の安定を保つ活動をしている「養成機関」という組織。プレイヤーはそこに所属し、様々な世界や時代の、安定を乱す存在と戦う事になる。この設定が、見た目のミスマッチに、整合性を持たせている。

 現在用意されている世界は2種類。中世をイメージした建造物やモンスターが登場する「15XX年」と、現代に近い世界観の「20XX年」が存在する。

 各年代ごとに登場する兵種や武器が違い、プレイヤーはそれに合わせて、毎回自分の兵種と武器を変更して戦う事となる。

 山本氏はこの設定に関して「全く違う世界が、同じゲームの中に多数存在するという事が、本作の大きな魅力であると考えています。新たな時代やストーリー関しては、今後随時追加を行ってゆく予定ですので、是非ごp期待ください」とコメントした。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた