ニュース
» 2011年03月30日 17時33分 公開

日々是遊戯:ミリタリーゲームの「悪役」分布を表した世界地図が話題に。日本は……?

海外サイトに掲載された「A World Map Of Video Game Villains(ビデオゲームの悪役国家世界地図)」という画像が面白かったので紹介します。

[池谷勇人,ITmedia]

もっとも多かったのは……?

 海外のニュースサイト「Complex.com」に掲載された、ミリタリーゲームにおける「悪役国家地図(A World Map Of Video Game Villains)」という画像が話題となっています。


 記事では過去10年に発売されたミリタリーゲーム20作を対象に、敵役として登場した国家とその回数を集計。地図上で色が塗られているところが、過去に「敵国」として登場したことがある国となっています。集計作品リストを見るとかぎり「メダル・オブ・オナー」や「SOCOM」など、わりと大きなシリーズが抜けているように見えますが、これはおそらく「現代戦」がテーマの作品のみに絞って集計しているためでしょう。

 数えてみたところ、もっとも「敵国」としての登場回数が多かったのはロシア、中国の2国で、それぞれ「Call of Duty 4: Modern Warfare」(ロシア/アフガニスタン)や「Army of Two: The 40th Day」(中国)など6つの作品に登場。次いで3位はアフガニスタンで、合計4作品という結果になっています。ちなみに日本はというと、「メダル・オブ・オナー ライジングサン」など第二次世界大戦を扱ったゲームでは何度か敵国として登場しているものの、今回のように「現代戦」がテーマの作品ではまだ一度も悪役にはなっていない模様。確かに、太平洋戦争当時ならまだしも、今の日本が世界を相手に戦う――という構図はちょっと考えにくいかもしれません。

 Complex.comの記事によれば、「FPSユーザーにとって第二次世界大戦は今や過去の出来事です。21世紀の開発者は日々、現実の世界情勢に照らし合わせながら『もっともらしい敵』の存在を模索しています」――とのこと。あくまで架空の現代戦とは言え、アメリカやヨーロッパが普段、どのあたりの国を驚異に感じているかが如実に反映された結果と言えるかもしれませんね。また、今回は北米やヨーロッパ開発のタイトルが中心となりましたが、例えば今後、中国やロシアが現代戦をテーマとしたゲームを発売したとしたら、どの国が「悪役」に設定されるのかもちょっと気になるところです。


関連キーワード

ゲーム | 地図 | 日々是遊戯 | FPS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン