ニュース
» 2011年03月30日 17時33分 公開

ミリタリーゲームの「悪役」分布を表した世界地図が話題に。日本は……?日々是遊戯

海外サイトに掲載された「A World Map Of Video Game Villains(ビデオゲームの悪役国家世界地図)」という画像が面白かったので紹介します。

[池谷勇人,ITmedia]

もっとも多かったのは……?

 海外のニュースサイト「Complex.com」に掲載された、ミリタリーゲームにおける「悪役国家地図(A World Map Of Video Game Villains)」という画像が話題となっています。


 記事では過去10年に発売されたミリタリーゲーム20作を対象に、敵役として登場した国家とその回数を集計。地図上で色が塗られているところが、過去に「敵国」として登場したことがある国となっています。集計作品リストを見るとかぎり「メダル・オブ・オナー」や「SOCOM」など、わりと大きなシリーズが抜けているように見えますが、これはおそらく「現代戦」がテーマの作品のみに絞って集計しているためでしょう。

 数えてみたところ、もっとも「敵国」としての登場回数が多かったのはロシア、中国の2国で、それぞれ「Call of Duty 4: Modern Warfare」(ロシア/アフガニスタン)や「Army of Two: The 40th Day」(中国)など6つの作品に登場。次いで3位はアフガニスタンで、合計4作品という結果になっています。ちなみに日本はというと、「メダル・オブ・オナー ライジングサン」など第二次世界大戦を扱ったゲームでは何度か敵国として登場しているものの、今回のように「現代戦」がテーマの作品ではまだ一度も悪役にはなっていない模様。確かに、太平洋戦争当時ならまだしも、今の日本が世界を相手に戦う――という構図はちょっと考えにくいかもしれません。

 Complex.comの記事によれば、「FPSユーザーにとって第二次世界大戦は今や過去の出来事です。21世紀の開発者は日々、現実の世界情勢に照らし合わせながら『もっともらしい敵』の存在を模索しています」――とのこと。あくまで架空の現代戦とは言え、アメリカやヨーロッパが普段、どのあたりの国を驚異に感じているかが如実に反映された結果と言えるかもしれませんね。また、今回は北米やヨーロッパ開発のタイトルが中心となりましたが、例えば今後、中国やロシアが現代戦をテーマとしたゲームを発売したとしたら、どの国が「悪役」に設定されるのかもちょっと気になるところです。


関連キーワード

ゲーム | 地図 | 日々是遊戯 | FPS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」