ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お姉チャンバラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お姉チャンバラ」に関する情報が集まったページです。

TGS2014:
「お姉チャンバラ」試遊台が頭おかしいと話題に D3パブリッシャーは今日も通常営業です
通常営業……ですよね?(2014/9/18)

TGS2011:
日本マイクロソフトブースを一挙紹介。試遊台にはモンスタータイトルも勢揃い
昨年より規模を縮小した日本マイクロソフトブースが気になったので見に行ってきた。(2011/9/16)

週間ソフト販売ランキング:
春が来ております
ようやく市場も落ち着きを取り戻しつつあるようです。(2011/4/8)

ITmedia +D Gamesアクセスランキングから2008年を振り返る:
ダウンロードサービスというニューフロンティアを目指した2008年
今年もあとわずか。なにげに本年最後の更新となります(たぶん)。皆さんは短い冬休みを満喫されておりますか? それともお仕事でしょうか? 恒例のアクセスランキングで、2008年を振り返ってみたいと思います。(2008/12/29)

日々是遊戯:
待望のセカンドアルバムもリリース! あのグラビアアイドル「双葉理保」の出演作品数がいつの間にかすごいことに
「SIMPLE」シリーズファンにはおなじみかもしれないが、ディースリー・パブリッシャー作品の多くに出演している、グラビアアイドル“双葉理保”がこのたび、待望のセカンドアルバムをリリースすることとなった。(2008/11/14)

男子の夢が詰まってる?
何がランクインしてくるのか分からないもの。けっこう意外な記事が注目を集めていたりして驚かされます。さて、先週はどうだったのか? ポロリもあります。(2008/4/23)

「ポロリ」だけでなく最後はうるっ、と来る映画――「お姉チャンバラ THE MOVIE」
「お姉チャンバラ」を実写映画化した「お姉チャンバラ THE MOVIE」が4月26日より渋谷Q-AXシネマ、シネマート新宿ほかで公開される。これに先立って先行ロードショーが開催され、出演する乙黒えりさん、中村知世さんが舞台あいさつに立った。(2008/4/17)

「ダークセクター」レビュー:
銃を撃つのはもう飽きた!?――多彩な特殊能力が楽しい新感覚アクションが登場
SIMPLE 2000シリーズでその名を馳せるディースリー・パブリッシャーから、完全新作の3Dアクションゲームがリリースされた。ブーメランのような特殊武器を使った戦闘は、いったいどんな感じなのか、さっそく遊んでみました。(2008/4/15)

新連載をよろしくお願いします
先週の月曜から始まった「日々是遊戯」。ちょっとしたネタを毎日お届けするコーナーですが、始まった当初から好評のようでありがたいです。(2008/3/19)

咲の“絶対領域”がなくなる理由――「お姉チャンバラ」を作った男たち
「お姉チャンバラ」にはまだ秘密がある。「お姉チャンバラRevolution」を送り出した男たちは、次なる展開に動き出そうとしていた。まさか、妹のニーソにそんなワケがあったとは……。(2008/3/11)

右手が震える
先週のトップはぶっちぎりの「ジークジオン」。そして同じくバンダイナムコゲームスからは「千早カラー機」の記事がランクイン。そしてわたしは「アイマス」のおかげで、右手が震えるくらい痛くなっているわけです。(2008/3/5)

ストリートを走るファイターたち
ランキングで見事1位に輝いたのは「ストリートファイターIV」。そういえば、リュウやケンって漢字で表記するとなんて書くか分かります?(2008/2/27)

「お姉チャンバラRevolution」レビュー:
お姉チャンと一緒に、いい汗をかこー! Wiiらしい操作方法で大きく変わった「お姉チャンバラ」最新作が登場
綺麗なお姉チャンを操り、ゾンビたちをバッサバッサと切り倒していくアクションゲーム「お姉チャンバラ」が、Wiiで登場した。操作系を一新した本作、どんな感じで楽しめるのかさっそく体験してみました。(2008/2/22)

そして狩人に
先週は実働日が1日少なかったせいか、その前の週末に開催された「モンスターハンターポータブル 2nd G」関連記事もランクイン。1位は「ストリートファイターIV」でしたけどね。(2008/2/20)

圧倒的じゃないか、我が軍は
先週1週間のランキングの集計結果に目を落としたウチのギレン様が言いました――「圧倒的じゃないか、我が軍は」と。いえいえ、よく見てください。1位は「ポロリ」ですよ? (2008/2/13)

「ポロリもあります」――映画「お姉チャンバラ」製作発表記者会見
ディースリー・パブリッシャーから発売されている「お姉チャンバラ」が、実写映画としてスクリーンに登場。製作発表記者会見では、監督・出演者が壇上に並び、本作の魅力を語ってくれた。ポロリ……あるんですか?(2008/2/5)

今年のイベントスケジュールを考えてみる
2008年もスタートしたかと思ったらもう1月半ばを過ぎました。早いものです。ということで(?)、今年開催されるイベントについて、つらつらと見ていければと……。(2008/1/23)

脱いだ! 斬った! 踏んだ! 彩先生のアブナイ授業?――「お姉チャンバラRevolution」
2月7日に発売を予定しているWii用アクション「お姉チャンバラRevolution」が、ディースリー・パブリッシャーより発売される。今日は彩先生に、正しいゾンビの倒し方を色気たっぷりにご教授いただこう。(2008/1/17)

ITmedia +D Gamesアクセスランキングから2007年を振り返る:
じりじりと次世代機が幅をきかせ出した2007年
今年も残り少なくなりました。学生の方々は冬休みを満喫していますか? 社会人の方は冬のボーナスの使い道は決まりましたか? 恒例のアクセスランキングから、最後に1年を振り返ってみたいと思います。(2007/12/26)

リネージュIIさんは強かった
オンラインゲーム関連の記事がトップになるのも珍しい。家庭用ゲーム系の記事は瞬間的に、オンラインゲーム系はじんわりと稼ぐ傾向にあるのですが……。(2007/11/7)

お姉ちゃん、それは革新的すぎです――「お姉チャンバラ Revolution」
ディースリー・パブリッシャーが東京ゲームショウ2007で発表したWii用アクション「お姉チャンバラR(仮)」の正式タイトルが明かされた。本作もお姉ちゃんは、肌もあらわにゾンビを斬り捨て御免!(2007/10/31)

秋の夜長にせっせとアジトを築く
先週のトップ10ですから、そりゃ東京ゲームショウ関連が多いでしょうな。そんな中、2位に「アイマス」がランクインしていて、タイトルの底力を感じずにはいられません。(2007/10/3)

東京ゲームショウ2007:
Wii「お姉チャンバラR」(仮)発表――ディースリー・パブリッシャーブース
今年もあの露出度高いお姉ちゃんが帰ってきた! 「お姉チャンバラ」最新作をWiiで発表かつプレイアブル出展の快挙に。ステージから魅惑のポーズで誘い込み、「Dark Sector」で完膚なきまでに痛めつけられるのはいかが?(2007/9/22)

ディースリー・パブリッシャー、iモード公式サイト「D3Pモバイル」をオープン
ディースリー・パブリッシャーが総合エンタメサイト「D3Pモバイル」をオープン。D3Pモバイルでは、同社のゲームの最新情報や待受画像に加え、占いやキャラクター図鑑といったオリジナルコンテンツを配信する。(2007/4/16)

大久保麻梨子さんも大満足!? 大人のための「Xbox 360 presents 大人のゲームフェスタ」リポート
1月12日、秋葉原UDX内の「アキバ3Dシアター」にて18歳未満立ち入り禁止という一風変わった試遊イベント「Xbox 360 presents 大人のゲームフェスタ」が開催された。「大人のためのエンターテインメント」として用意されたZレーティングの数々、大久保麻梨子さんも参加したイベントの様子をお届けする。(2007/1/15)

「お姉チャンバラ」がEZweb向けに登場──「お姉チャンバラEZ」
ディースリー・パブリッシャーは、EZweb向けアプリ「お姉チャンバラEZ」の配信を開始した。525円の個別課金で、対応端末はBrew3.1以降。(2007/1/11)

「地球防衛軍3」レビュー:
今日から俺も地球のヒーロー!――超巨大生物と戦えるお手軽アクション
プレイステーション 2のSIMPLE2000シリーズとして人気を博した「地球防衛軍」シリーズが、Xbox 360に殴り込み! フルプライス版として生まれ変わった本作、どのように進化したのかを体験してみた。(2007/1/11)

Xbox 360「お姉チャンバラ vorteX 〜忌血を継ぐ者たち〜」インタビュー:
大スクープ? お姉ちゃんが水着を着る理由が今、明らかに……
2007年も「お姉チャンバラ」三昧ということで、レビューに続いてお姉チャンバラ制作チームのタムソフト、ディレクター兼デザイン担当の手塚俊介氏と企画担当の大橋俊郎氏にインタビュー。お姉チャンバラに隠された真実がついに明かされる?(2007/1/9)

ITmedia +D Games 2006 Access Top 30:
次世代機ではなくニンテンドーDSの年だった2006年
今年はニンテンドーDS Liteの発売で春を迎え、次世代機のそろい踏みでゲーム業界の地殻変動が話題となった年でした。皆様のゲームライフはいかがでしたか? 今年を振り返りつつ、年間トップ30を発表!(2006/12/27)

「お姉チャンバラ vorteX 〜忌血を継ぐ者たち〜」レビュー:
綺麗なバラの周りはゾンビだらけでした――“オトナ”だけが楽しめる要素が満載の骨太アクション
プレイステーション 2のSIMPLE2000シリーズとして発売され、コアな人気を集めていた「お姉チャンバラ」シリーズ。その最新作がなんとXbox 360で登場。低価格ソフトからフルプライスパッケージへと変わった本作、その完成度は?(2006/12/26)

Wiiの新しい操作方法を提案します
先週のトップもWiiかな? と思いきや、思い切り煩悩パワーが振り切って行きました。げに恐ろしきは悲しいまでの男のサガか?(2006/12/13)

贔屓したくなるのは男のサガです――「お姉チャンバラ」vs「地球防衛軍」
ディースリー・パブリッシャーが12月14日に発売を予定しているXbox 360用ソフト「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」と「地球防衛軍 3」の優劣をつけるべく、勝手に対決してもらいました。(2006/12/7)

おまえは今まで遊んだゲームの数を覚えているのか?
いきなり高圧的ですいません。でもこのセリフにピンと来た人は手を挙げて。そうです。先週はこのセリフに縁のある“あの”タイトルが、PS3を差し置いてブッチ切りました。(2006/11/2)

なぜお姉ちゃんの露出が高めなのか?――「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」
ハイデフになって斬った張った返り血浴びたと、なにかと話題の「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」の最新情報を掲載。今回は忌血の血族たる「ミザリー」と新要素について紹介しよう。ムービーも一部公開された。(2006/10/27)

「ゴッドハンド」レビュー:
殴って笑い、笑って殴る。これぞエンターテイメント
クローバースタジオの三上真司氏とグラスホッパー・マニファクチュアの高田雅史氏がコラボレーション。ハードなアクションとウエスタンスタイルの音楽が交錯する世界を、ひたすら脳天気で軽い兄チャンが駆け抜ける。(2006/10/6)

東京ゲームショウ2006:
SIMPLEシリーズ、フルプライズタイトルをバランス良く配置――ディースリー・パブリッシャーブース
SIMPLEシリーズの人気タイトル「地球防衛軍」、「お姉チャンバラ」の最新作を中心に、20タイトル近くをプレイアブルで出展。「お姉チャンバラ」の主人公・彩のコスプレをしたモデルの撮影会も行われた。(2006/9/24)

“暴走する血”を宿す妹「咲」登場――「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」
ハイデフクオリティへと進化を遂げたXbox 360用ソフト「お姉チャンバラvorteX〜忌血を継ぐ者たち〜」。第2報となる今回は、新キャラクターや大物ボスを紹介していく。(2006/9/1)

仲間がいるって素晴らしい――本当の“軍”になった「地球防衛軍X(仮)」
「THE お姉チャンバラ」に続き、SIMPLEシリーズの人気タイトルである「THE 地球防衛軍」の最新作も、Xbox 360で登場することが明らかになった。デザイン、世界観などが一新されたという、その内容とは?(2006/8/25)

あなたは18歳以上ですか?
戦うメイドさんこと「THE メイド服と機関銃」の続報記事がトップとなりましたが、注目は3位の「THE お姉チャンバラX」です。それはなぜかというと……。(2006/8/9)

姉チャンがハイデフに――より妖艶になった「お姉チャンバラ」がやって来る
暗殺を生業とする美貌の女剣士「彩」となり、大量のゾンビを斬って斬って斬りまくるアクションゲーム「お姉チャンバラX THE DEVIL EVOLUTION HUMAN(仮)」。「忌血」の宿命にもてあそばれる姉妹の物語は、ついに最終章へと突入する。(2006/7/29)

「THE 鑑識官〜緊急出動!事件現場にタッチせよ!〜」レビュー:
触って、はたいて事件に迫る――2800円で体験できる「鑑識官」の仕事
お手ごろ価格のうえに遊び心もいっぱいのSIMPLEシリーズに新しいスターが誕生した。元気で明るい女性鑑識官が現場に残された証拠から事件を解く推理アドベンチャー第2弾。ユニークな脇役陣がドラマを盛り上げる。(2006/5/29)

ディースリー・パブリッシャーが感謝をこめて「SIMPLEシリーズ Awards 2006」を開催
ディースリー・パブリッシャーが2005年度に発売した「SIMPLE シリーズ」の中から、ユーザーからの支持の高いタイトルに対して表彰する「SIMPLEシリーズ Awards 2006」が、2月21日に開催された。(2006/2/22)

Xbox Summit 2005:
岡本吉起氏の開発タイトルも明らかに――日本向けタイトルが続々発表された「Xbox Summit 2005」開催
マイクロソフトの次世代機Xbox360の日本市場戦略や、開発中のタイトルを紹介する「Xbox Summit 2005」が都内にて開催された。2005年末発売を予定しているハードだが、登壇者からのコメントには、ハードのみならず、ソフト開発も順調に進んでいるという様子がうかがえた。(2005/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。