ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アーティスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アーティスト」に関する情報が集まったページです。

猫のミュージシャン「むぎ(猫)」がメジャーデビュー アルバム「君に会いに」が発売&配信開始
天国から現世へ帰り、そして「君に会いに」。3月27日まで新宿でポップアップイベントも開催中。(2019/3/20)

白石監督「ホッとしている」:
東映、ピエール瀧出演「麻雀放浪記2020」ノーカットで公開へ 「作品無罪」で自粛ムードに屈さず
東映が、麻薬取締法違反(コカイン摂取)の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開すると発表。「ファンのためにならない」「作品に罪はない」という考えに基づいたという。東映の多田憲之社長、同作品の白石和彌監督が会見を開き、経緯や心境を語った。(2019/3/20)

「猫あるあるがつまってる」「フレディの顔が最高!」 フレディ・マーキュリーと猫のフィギュアコントが面白い
世界的アーティストも猫にはかなわない。(2019/3/20)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

石を積むアートが見とれてしまうすごさ 「ロックバランシング」とはなんなのか石積みアーティストに聞いた
理解できないほど絶妙なバランスで積み上げられた石が神秘的です。(2019/3/17)

「まさかの五家宝」「素晴らしい才能」 小学生の娘さんによる和菓子のパッケージの模写が味わい深い
いろいろセンスにあふれているアーティスト気質な娘さんです。(2019/3/5)

歌い手「そらる」インタビュー:
この10年間で“歌い手”という存在はどう変わったのか 歌い手「そらる」に聞く“歌ってみた”の可能性
10代・20代から圧倒的な支持を集める“歌い手”、そらるさんにインタビュー! 「歌い手を始めたきっかけ」「歌手との違い」「顔を隠す理由」など、徹底的に聞きました。(2019/3/6)

「お変わりなくカッコいい!!」 相川七瀬&清春、90年代彩ったロックスターの2ショットに青春時代がよみがえる
何年たっても格好良すぎる2人。(2019/2/24)

新型「GR スープラ」オフロード対応のSUV仕様……アリかも? って思わせる海外アーティストのコンセプトCGアートがすごい
こういうカスタムする人いそう。(2019/2/22)

タカアシガニを管楽器にして演奏するミュージシャンが目撃され話題に 演奏者「本物よりいい音が出る」
カニは楽器。(2019/2/18)

ロックスター大集合! HYDE、50歳の誕生日をYOSHIKIやDAIGOら豪華メンツが祝福
HYDEさんのバースデー凱旋ライブ後に集まったもよう。(2019/1/30)

NAMM 2019:
フレディ・マーキュリーそっくり歌手がAIでますますそっくりに?
クリムゾンテクノロジーが音声AI変換技術「リアチェンvoice for macOS」を展示していた。(2019/1/28)

「一緒に死んでくれないか」:
一度失った「歌声」 失語症乗り越えた バリトン歌手、原口隆一さん
ピアノの調べとともに響くバリトンの重厚な低音。背筋を張り、腕を広げ、前を見据えるまなざしには力がみなぎっている。(2019/1/25)

Spotifyアプリに「このアーティストの曲を再生しない」機能追加
Spotifyのモバイルアプリで、βテスター以外でも「このアーティストの曲を再生しない」設定が可能になっている。少なくともiOSアプリで確認できた。この機能でアーティストをブロックすると、そのアーティストの曲がプレイリストなどで再生されなくなる。(2019/1/23)

Spotify、嫌いなアーティストをブロックする機能をテスト中
Spotifyが、アーティストのプロフィールページのメニューに「このアーティストを再生しない」選択肢を追加するテストをiOSアプリで実施中だ。この選択肢でアーティストをブロックすると、プレイリストやラジオでそのアーティストの曲が再生されなくなる。(2019/1/22)

タワレコ渋谷リニューアル 洋楽フロア縮小、K-POPやアイドル拡張 「ネットで埋もれる」アーティスト紹介も
タワーレコードは、旗艦店のCDショップ「タワーレコード渋谷店」を1月19日にリニューアルする。洋楽を現在の3フロアから2フロアに統合する一方で、イベントスペースのキャパシティを倍増させるほか、K-POPやJ-POPを拡張する。(2019/1/11)

歌手のAI、「it’s a baby boy」と第2子男児の出産を報告 長女との写真も公開
年の終わりに幸せなニュース。(2018/12/29)

元歌手と判別できないレベルのAI歌声合成、名古屋工業大学と音声ベンチャーが開発
聴いてみればわかるが、人間の歌だ。上手い人は上手く、それなりの人はそれなりに。(2018/12/14)

アイドルというキャリア:
「毎日コツコツと努力を重ね、ついに見えてきた夢」 AKB48・岡田奈々の信念
小さいころから歌手になりたいと思っていた岡田奈々さんは、14歳でAKB48に入り、アイドルという仕事に就いた。プロとして働く中でさまざまな経験を積み、自らの生きがいや新たな夢を見いだしたという。(2018/12/12)

キズナアイ、中田ヤスタカとコラボ オリジナル楽曲制作開始
人気VTuberのキズナアイと、人気ミュージシャンの中田ヤスタカさんが、コラボ楽曲の制作を始めていることが12月11日に明らかになった。(2018/12/11)

ゴラムやヴェノムをスイカから削り出すフルーツカービングが魔法のよう 緑と赤のコントラストに注目
作者のイタリア人アーティスト(日本漫画愛好家)に話を聞きました。(2018/11/30)

みんな大好きミュシャがBunkamuraに集結 没後80年記念展示「みんなのミュシャ」
ミュシャに影響を受けたアーティストとして天野喜孝らの絵も展示!(2018/11/30)

これは幻じゃない! 相棒“シャブ山シャブ子”役で脚光浴びた江藤あやが歌手デビュー
そうか……シャブ山シャブ子なんて最初からいなかったんだ……。(2018/11/27)

「ブランドのパンフレットみたい」 福山雅治、オシャレアーティストの肖像に違和感なくなじむ眼鏡ショット
エゴン・シーレとバスキアに挟まれても見劣りしない福山さん。(2018/11/26)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

「かなり顔出てる」 “顔出しNG”のアーティスト・そらるが「ZIP!」に登場、朝から尊いと興奮の声
(30)要らなくない?(2018/11/15)

BTS落選、韓国からはTWICEのみ:
紅白出場歌手42組が決定 初出場に「純烈」ら6組
NHKは14日、大みそかに放送される第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手を発表した。紅白計42組が出場し、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組では「King&Prince(キング・アンド・プリンス)」「純烈」ら計6組が初出場。今月再始動した人気グループ「いきものがかり」が2年ぶり、松任谷由実さんが7年ぶりに紅白に復帰する。最多出場は、白組の五木ひろしさんで48回目。これとは別に特別企画枠で椎名林檎さんと宮本浩次さんが出場し、デュエット曲を歌う。(2018/11/15)

平成最後の「紅白歌合戦」出場歌手発表! あいみょん、King&Princeらが初出場決定 DA PUMPは16年ぶり
数年ぶりに出場果たすアーティストにも注目。(2018/11/14)

歌手・成田賢さんが肺炎で死去 「サイボーグ009」「電子戦隊デンジマン」主題歌など
「デンジマンを…009『誰がために』をありがとうございました…」。(2018/11/13)

iPhoneの読み上げ機能で作曲する天才音楽家登場 アレンジバージョンを作る野生の職人も集うネット音楽祭へ
頭の中で一生流れ続けるやつ。(2018/11/6)

黒いページを火であぶると読めるようになる 特殊仕様の『華氏451度』
仏アーティスト集団Super Terrainが作成しました。(2018/10/31)

「オペラ歌手」「すばらしい」 すてきな歌声で癒やしてくれるロバさんが目撃される
澄んだ歌声にウットリ。(2018/10/28)

講師陣・奨学金を強化:
東京藝大、19年度から授業料20%値上げ 標準額上回るも「優秀な芸術家育てる」
東京藝大が2019年度から学部、20年度から大学院の授業料を約20%値上げする。学費はともに、文科省が定める標準額を超える年間約64万円となる。講師陣や奨学金を拡充し、優秀な人材を育成する狙い。(2018/10/26)

TikTokが音楽配信「AWA」と提携 年内に500万曲利用可能に
音楽定額配信サービス「AWA」が動画共有アプリ「TikTok」と業務提携。TikTok内での楽曲利用など両サービスの連携を進める他、新人アーティストの発掘やオリジナル楽曲の制作にも取り組む。(2018/10/22)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

うぉぉマジで「U.S.A.」! 光岡さんすげぇ、古き良きアメ車風の“新型車”「ロックスター」を発売
NDロードスターが60年代のアメ車に大変身。【写真24枚】(2018/10/10)

「想像するだけで涙が出てくる」 ZOZO前澤社長、月周旅行への思い
ZOZOの前澤友作社長が、世界的なアーティストと共に月を周回する「#dearMoon」プロジェクトの記者会見を行い、記者からの質問に答えた。(2018/10/9)

ZOZO前澤社長、世界初の月旅行へ イーロン・マスクのSpaceX搭乗者に選ばれる
最大8人のアーティストと共に旅立つとのこと。(2018/9/18)

SpaceXで初の月周回旅行をするのはZOZOTOWNの前澤友作氏
SpaceXが2023年に計画している初の月周回旅行の乗客を発表した。ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長だ。同氏はすべての座席を買い占め、世界中のアーティストを招待するという。(2018/9/18)

なんて細かいペン画なんだ……! 英アーティストが描く高密度な風景画が圧倒されるすごさ
全体から漂う哀愁のような雰囲気も魅力になっています。(2018/9/16)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

フジロックのYouTube生配信、エレカシやサカナクションなど40組以上が登場
「フジロックフェスティバル'18」のパフォーマンスをYouTubeで生視聴できるアーティストが決まった。エレファントカシマシやサカナクションなど40組以上をライブ配信する。(2018/7/23)

うな重おいしそー! ……え、これCG!?  CGアーティストが放つ実写同然の作品に心が躍る土用丑の日
……ゴクリ。(2018/7/20)

フジロックフェスティバル'18、YouTubeで一部ライブ配信
公式YouTubeチャンネルにて、ライブ配信だけでなくアーティストのインタビューも。(2018/7/3)

ダークファンタジーのラスボス感ある……! 海外のアーティストが作った巨大な幽霊船が思わず息をのむかっこよさ
恐怖を感じる優美な“終末の方舟”に圧倒されよ!(2018/6/25)

「チョコ」「ジェシカ」など登場:
LINEに“動く”無料スタンプ120種追加 人気歌手とコラボの「BT21」も
「LINE」に動く無料スタンプが120種類追加される。公式キャラクターが80種類、韓国の人気歌手とコラボしたキャラクター「BT21」が40種類。動くスタンプを無料提供するのは同社初。(2018/6/22)

仮想通貨「エイコイン(AKoin)」:
米人気歌手エイコン、仮想通貨都市建設の構想を語る 目指すはリアル「ワカンダ」
米R&B人気歌手のエイコンは6月18日、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と仮想通貨はアフリカの救世主になるとして、自身が立ち上げを企画する仮想通貨「エイコイン(AKoin)」と仮想通貨都市建設の構想について語った。(2018/6/21)

なにこの豪華フェス感! 映画「音量を上げろタコ!」の楽曲アーティストがロック好きにはたまらない布陣
ある意味カオス。(2018/6/20)

「新しいことに挑戦」 横浜流星がアーティストデビュー! GReeeeNを手掛けるJINがプロデュース
横浜さんは「GReeeeN」の楽曲をベースにした映画「キセキ ―あの日のソビト―」に出演していました。(2018/6/16)

本格的な石窯がそこに! ピザ好き仏アーティスト、スポーツワゴンを「ピザ窯」に魔改造する暴挙に出る
もはや暴挙ってレベルじゃねーぞ!(2018/6/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。