ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オークション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!オークション→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオークション関連の質問をチェック

乳がん啓発「ピンクリボンキャンペーン」でネイルアートをプロデュース ダレノガレ明美、おのののか、LiLiCoら12人が参加
手掛けたネイルはオークションに出品、収益は寄付。(2019/10/19)

保守サポートは受けられないことが一般的
「フリマサイト」で中古のネットワーク機器を買うのはありなのか?
オークションサイトやフリーマーケットサイトで中古のネットワーク機器を買うのは、ありかなしか。「グレーマーケット」と呼ばれるこうした販売チャネルを介した中古機器購入の利点と難点を紹介する。(2019/9/1)

「梅田ダンジョンのセーブポイント」を見守った「少年像」がオークションに
大事にしてくれることが条件。(2019/8/11)

「ホンダ RS1000 レーサー」は963万円で落札 18台の貴重なバイクが集まった「鈴鹿8耐オークション」結果発表
市場には滅多に出回らない貴重なバイクがずらり(2019/7/31)

エネルギー管理:
太陽光発電の抑制量を削減する新手法、EVの充電シフトをオークションで実現
早稲田大学および東京大学の研究グループが、需要家が所有する電気自動車(EV)を利用した新しいエネルギーマネジメント手法を開発。EVの充電機会を対象としたオークションの仕組みを利用することで、公平性などを確保しながら、太陽光発電の出力抑制量および電力コストの削減が可能になるという。(2019/7/30)

『CONTINUE』の読者プレゼント転売、オークション出品者を特定し厳正に対処したと報告
読者に抽選でプレゼントした「ラブライブ!」のサイン入りポスターがヤフオク!に出品されていました。(2019/7/23)

エネルギー管理:
再エネをオークション形式で“マッチング”、丸紅がプラットフォーム開発に参入
丸紅が再生可能エネルギーを売買するためのオークションプラットフォームを開発するリトアニアのスタートアップ企業と普通株転換権付融資拠出についての契約を締結。(2019/7/17)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年6月版:
オリンピックに便乗した攻撃が始まった
2019年6月のセキュリティクラスタは、「オリンピックのチケット抽選と攻撃」「サークルKサンクスのドメインを対象とした高額オークション」「政府の『e-Gov』Webサイトのhttps対応」の他、「入力をサーバに送信するIME」が話題となりました。(2019/7/16)

「サークルK・サンクス」公式サイトの中古ドメイン、約6000万円で落札される
「サークルK・サンクス」の公式サイトで使用されていた中古ドメイン「circleksunkus.jp」が、ネットオークションで約6000万円で落札された。開始価格は6000円だったが、18日間で1250件の入札があり、落札額は約1万倍まで膨れ上がった。悪用される可能性もあるため、動向が注目される。(2019/6/18)

盗品、現金、ウランまで……不適切出品後絶たないオークションサイト
御朱印が出品されるオークションサイトやフリマアプリは、気軽に個人間の売買ができるため利用者が多い。一方で、盗品や危険物、現金などの不適切なものが出品されたこともあり、業者側は対策に追われている。(2019/5/16)

ドイツの5Gオークション、各社譲らず長期化──独経済紙「終わりが見えない」
ドイツの5Gの利用事業者を決めるオークションで各参加社が譲らず、金額が釣り上がり長期化している。(2019/5/10)

ZOZO前澤社長はウォーホル作品のオークション出品でもうかる?
記録を調べてみました。(2019/5/7)

ブロックチェーンで美術品の所有権証明 東大発ベンチャーの技術、SBIのオークションで採用
オークションで落札された美術品に「ブロックチェーン証明書」を付け、作品の所有権の証明などを行うプロジェクトを、東大発ベンチャー企業のスタートバーンと、美術品オークションを手掛けるSBIアートオークションがスタートする。(2019/4/9)

釣魚のオークションサービス登場、ネットで不安や疑問の声 運営と厚生労働省の見解は
釣った魚を個人間で売買できる魚専門のオークションサービス。画期的である一方、「食品衛生面でトラブルが起きないか」など疑問の声が相次いでいます。(2019/2/16)

新車価格の約40倍だと!? 新型「GR スープラ」量産第1号車、オークションにて約2億3000万円で落札される
特別仕様の新型スープラが210万ドルで落札。(2019/1/22)

もうすぐ発表、新型「スープラ」 いくらになるかな? 量産初号機はチャリティーオークションに
「マジ初号機」を入手できるチャ〜ンス。いくらになるかは怖くて予想できませんが。(2019/1/7)

うぉぉ、い、1億円!? 幻の「赤いケンメリGT-R」出品 オートサロンの伝説車オークション、マジすごそう
なぜこんなに高いんだぁぁ。このほか、グループAの共石32GT-Rとか、やばい形の公道を走るF1とかも。(2019/1/7)

架空のスポーツカーを完全再現 人気ゲーム「GTA」シリーズの名車「バンシー」が海外オークションに登場、元ネタとなった「ダッジ・ヴァイパー」がベースに
海外オークションで700万円で落札されました。(2018/12/27)

フェラーリ絶対許さないマンと化した激おこフォードが作った「GT40」プロトタイプが米オークションに出品
フェラーリとフォード、因縁深い歴史を持つマシン。過去には7億円で落札されたことも。(2018/12/14)

持ち物現金化アプリ「CASH」で買い取った品のオークションサイト開設 100円スタート、企業向け
持ち物を即座に現金化できるサービス「CASH」で買い取ったファッションアイテムを販売するオークションサイトがオープン。中古品販売などを手掛ける企業向けだ。(2018/11/21)

AIが描いた絵画、4900万円で落札 予想額の40倍以上
AIが描いた絵画が著名オークション「クリスティーズ」で43万2500ドル(約4900万円)で落札された。予想額の40倍以上だ。(2018/10/26)

オークションに『ガラスの仮面』美内すずえ幼少期の絵日記の偽物出品 本人の指摘により取り下げられる
サイト内で公表・周知するとのこと。(2018/10/23)

転売者に損害賠償請求 「ゆるキャン」コラボのキャンプグッズメーカーが転売対応策発表
オークションサイトなどでは定価の2倍を超える価格で取引されていました。(2018/10/20)

「ポルシェ911」実車のパーツを使ったライティングデスクが美しすぎる 米オークション「サザビーズ」に出品
美しすぎて使えそうにない。(2018/10/14)

ヤフオク!のオークション出品、月額費無料に 11月12日から
プレミアム会員向けのオークション出品サービスは継続。(2018/10/12)

有料サービスで「申し訳なかった」 「ヤフオク!」が出品無料化に踏み切った理由
ヤフーが、有料会員でなくてもPCブラウザやスマホブラウザから「ヤフオク!」でオークション出品できるようにする。長い間有料会員向けサービスだったヤフオク!が、無料化に踏み切った理由を聞いた。(2018/10/12)

11月12日から:
「ヤフオク!」出品が月額無料に アプリ以外にも対象拡大
ヤフーは、ネットオークションサービス「ヤフオク!」について、月額費不要の無料会員も「オークション出品」を利用できるようにすると発表。11月12日から。(2018/10/12)

「ヤフオク!」出品が無料化 スマホアプリ以外でも
「ヤフオク!」で、無料会員がスマホアプリ以外でもオークション出品できるようになる。(2018/10/12)

今日のリサーチ:
フリマは10代、オークションは40代 シェアリングエコノミーサービス利用状況――MMDLabo調査
MMDLaboは、「シェアリングエコノミーサービスに関する調査」を実施しました。その結果、年代ごとに利用率の高いサービスが異なることが分かりました。(2018/8/30)

もうすぐ新学期だが……:
「夏休みの宿題は出品禁止」 文科省とメルカリ、ヤフー、楽天が合意
文科省が、フリマ・オークションサービスを提供する3社と、宿題代行行為の根絶を進めることで合意。3社は完成済みの宿題が取引されないよう、規制を強化していくという。(2018/8/29)

約54億円で落札 伝説の希少車「フェラーリ 250 GTO」オークション史上最高額を更新
米サザビーに出品されていました。(2018/8/27)

初見殺しの正面ドア仕様 愛嬌たっぷりの珍レトロミニ「BMWイセッタ300」が海外オークションに出品
絶滅危惧種の三角窓つき。(2018/8/17)

推定価格は50億円!? カーコレクターの聖杯「フェラーリ 250 GTO」が海外オークションに出品される
50億円欲しい!(2018/6/22)

バンダイ驚異のガンプラ「フミナ先輩」オークションで高騰 定価の3倍以上での取引も
発売前から「バンダイがまた恐ろしいものを発明してしまった」と話題でした。(2018/6/13)

「何のために焼香に行ったんですか?」 「西城秀樹さんお別れの会」記念品がオークションで高額転売
「大杉漣さんお別れの会」の記念品を転売した出品者が「西城秀樹さんお別れの会」の記念品を転売しているケースも。(2018/5/28)

『愛と誠』紛失原画落札、オークション運営元・まんだらけが声明 「問題になること自体に違和感」 講談社を批判
『愛と誠』の原画の1枚が「まんだらけオークション」に出品され400万円で落札され、講談社が「購入しないでほしい」と呼び掛けていた件について、まんだらけが声明を発表。講談社を厳しく批判している。(2018/5/21)

家に取りに来てくれる出品代行サービス「トリクル」開始
手持ちの不要な品を取りに来てもらい、オークションサイトなどに出品してもらって売却代金を受け取るサービス「トリクル」が正式スタートした。(2018/5/11)

漫画『愛と誠』の紛失原画がまんだらけのオークションに流出 講談社「購入しないで」
当該の原画は400万円で落札。紛失分はほかにもあり、オークションや漫画専門店などで見かけたら編集部に連絡してほしいと呼びかけています。(2018/5/11)

名作漫画『愛と誠』紛失原画がオークションに 講談社、買わないよう「お願い」
名作漫画『愛と誠』の原画の1枚がオークションサイトに出品され、400万円で落札されていたことを受け、講談社は5月10日、「原画は紛失したか盗まれたもの」だとし、購入しないよう「お願い」する告知を出した。(2018/5/11)

ニコニコ超会議2018:
うぉぉ出た! 「日比谷線03系」のレア部品っ!! 超鉄道ブースのおなじみ企画「鉄道部品オークション」、今回も熱かった
おまいらの本命はこれだったか。(2018/4/30)

コマースをエンゲージメントに:
ソーシャルライブコマース「Live Shop!」に“逆オークション”機能
Candeeは、同社が運営するソーシャルライブコマース「Live Shop!」に「逆オークション」機能を追加した。(2018/4/5)

「ヤフオク!」無料で「オークション出品」可能に スマホ限定、無料化は17年ぶり
「ヤフオク!」に、有料のプレミアム会員にならなくても、無料会員のままオークション形式で出品できる新機能。オークション出品は2001年に有料化しており、無料にするのは約17年ぶり。(2018/3/19)

フリマ・オークションサービスに『コロコロコミック』3月号多数出品 定価の2倍以上で売り切れも
来週にも次号が発売されますが……。(2018/3/6)

ミッキーのアートポスターやスター・ウォーズのサイン入りヘルメットなど31品 ディズニー、ヤフオク!で特別オークション開催
D23 Expo Japan 2018のプログラムの一環。(2018/2/23)

フリマアプリ、20代の5割が利用 一番人気は「メルカリ」 MM総研の調査
「20代の約5割がフリマアプリやオークションサイトを利用している」――MM総研は2月6日、フリマアプリ・オークションサイトの利用動向調査の結果を発表した。(2018/2/6)

ソニーが「aiboチャリティオークション」結果発表、落札金額の全額を生物多様性保全活動に
ソニーは12月20日、aiboチャリティオークションの結果を発表した。落札金額の全額1094万4551円をWWFジャパンに寄付する。(2017/12/20)

ソニー、顔が“金色”のアイボ11台をチャリティーオークション 生物多様性保全活動に寄付
ソニーが特別仕様の「aibo」11台を「ヤフオク!」に出品。落札金の全額を寄付する。(2017/12/5)

市販されていない「ミリメシ」ネットオークションに 陸自第1ヘリ団の准尉を懲戒免職
自衛隊が野外訓練の際に食べる缶詰などの「ミリメシ」などをネットオークションで販売したとして、50代の男性准尉が懲戒免職に。一方で、ネットオークションにはミリメシが今も数多く出品されている。(2017/12/5)

ガイドラインに明文化:
ヤフオク!、転売目的のチケットを出品禁止に
ヤフーがオークションサービス「ヤフオク!」のガイドラインを改訂。転売目的で入手したチケットの出品を禁止した。(2017/11/8)

Over the AI ―― AIの向こう側に(15):
心を組み込まれた人工知能 〜人間の心理を数式化したマッチング技術
「マッチング」と聞くと、合コンやお見合いなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、もちろん、それだけではありません。今回は、ゲーム理論、オークション理論、行動経済学を「マッチング技術」として解説します。実はこれらの技術は、“人間の心理を数式として組み込むこと”に成功していて、幅広い分野で成功事例がみられる、とても興味深く珍しいAI(人工知能)技術なのです。(2017/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。