ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アバター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!アバター→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でアバター関連の質問をチェック

BIM:
BIMモデル内をゲームパッドで自由に動き回る、ダイスネクストの「Paraverse」
ダイスネクストとAREA35は、Revitで操作が要らない、ゲームパッドだけでBIMモデル内のアバターを動かして設計プランの確認や指摘事項を共有できるBIMビジュアライゼーションソフト「Paraverse」を開発した。ゲームエンジンのUnreal Engineをベースにしているため、BIMモデルは鮮明な質感で表示される。(2024/2/8)

「アバター」と同じ監督の作品はどれ? 3つの“有名作”から正解を選ぼう【映画クイズ】
監督名まで当てられたらすごい!(2024/2/1)

9200キロ先にアバター 2025年、見たことない世界示せるか
意思や感情を伝え合うコミュニケーションを進化させてきた人類の歴史。はるか遠の人が目の前に−。2025年大阪・関西万博では、近未来の技術が出現する。(2024/1/21)

企業や自治体の広報活動に利用可能:
日経グループのQUICK、AIアナウンサーが情報を読み上げる自動動画生成サービスを提供
QUICKは、生成AIを利用して動画を自動生成するサービス「QUICK Smart Brain(QSB)」を開始した。AIが生成するアバターが、アナウンサーのようにニュースや情報を読み上げる。(2024/1/19)

テレビドラマ「VRおじさんの初恋」 NHKで4月から放送 “バ美肉おじさん”の恋を描く
NHKは、テレビドラマ「VRおじさんの初恋」を4月から放送すると発表した。主人公の中年の独身男性がVR空間で制服姿の少女として過ごす中で、ある美少女アバターに恋をした姿を描くヒューマンドラマ。主演は俳優・野間口徹さん。(2024/1/10)

アバターで通える通信制高校が登場 文化祭もスポーツ大会もVRで
アオミネクストは9日、学校法人青叡舎学院の勇志国際高等学校に向け、アバターで通える通信制高校のシステムを構築したと発表した。勇志国際高等学校は「メタバース生」の募集を始めている。(2024/1/9)

Social Media Today:
AppleやMetaにも負けないAR 有料サブスクはさらなる成長の期待も――2024年のSNS大予測(Snapchat編)
財務的には一時困難な状況もあったSnapだが、ARグラスや3Dアバター、メッセージングなど、再浮上の可能性は十分にある。(2023/12/23)

アバターで旅ができる「ANA GranWhale」アプリ登場 仮想空間でマイル貯めて買い物も
ANAホールディングス傘下でメタバースなどの事業を手掛けるANA NEOは12月11日、バーチャル旅行が可能なプラットフォーム「ANA GranWhale」を発表した。ユーザー自身のアバターが仮想空間を歩けるため、まるで実際に旅行しているかのような体験が可能だという。ANAのマイルをためてアバターの服やデジタル商品の購入に充てることもできる。(2023/12/11)

KISS、ファイナルライブでILM製3Dアバターバンド化を発表
往年のロックバンドKISSは、今度こそ本当のファイナルライブの最後に、メンバーの3Dアバターによる演奏を披露、今後の活動はアバターで行うと発表した。アバターはジョージ・ルーカス氏が立ち上げたVFXスタジオILMが手掛ける。(2023/12/4)

「フォートナイト」リアルタイムイベントにエミネム登場 アバター姿で「Lose Yourself」「Godzilla」を熱唱
朝4時スタートのイベントにもかかわらず、日本からも多くのプレーヤーが視聴。(2023/12/3)

Innovative Tech:
アバターの“指の動き”からパスワードを盗む攻撃 VR内で働く人のキーボード操作に着目
米シカゴ大学に所属する研究者らは、同じVR空間で作業をしているアバターの指の動きから入力内容を復元する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/11/20)

筋のわずかな動き検知、アバター操作可能に NTT、重度身体障害者向け新技術
NTTは11月8日、重度身体障害者に残存しているわずかな筋の動きをメタバースへの操作命令につなげるための入力インタフェースを開発したと発表した。(2023/11/8)

メカ設計ニュース:
産学連携で日本人体型の3Dアバターを開発、3Dデジタルで快適な衣類を設計
モリリンは、日本女子大学との産学連携で「平均体型アバターに関する研究」を開始する。平均体型の3Dアバターを開発し、3Dデジタル技術を活用して日本人の体型に合う快適な衣服の設計を目指す。(2023/10/18)

「ガンダムメタバース」一般アクセス開始 ライブや限定ガンプラの販売なども予定
アバターを作成してメタバース内で交流できます。(2023/10/12)

カシオ、VRChatで使えるバーチャルな「G-SHOCK」販売 「アバターが時計を着用する文化を浸透させる」
カシオ計算機は3日、VRプラットフォーム「VRChat」を運営する米VRChatと提携し、「G-SHOCK」の仮想店舗をオープンすると発表した。(2023/10/3)

MetaのザッカーバーグCEO、超リアルなアバターでメタバースを語る
AI研究者のレックス・フリードマン氏の人気ポッドキャストにMetaのマーク・ザッカーバーグCEOが登場。2人とも超リアルでリアルタイムで表情が変わる3Dアバターでの対談だ。(2023/10/2)

ビデオ会議で「ずんだもん」になれるChrome拡張 美少女にもなれる DiscordやGoogle meetに対応
シンガポールのHIGHBALLは、好きなアバターと声でビデオ通話できるChrome拡張「Vme!」の提供を始めた。基本利用料は無料で、チャットツール「Discord」や「Google meet」で利用可能。(2023/9/11)

Robloxの生成AIチャットbot「Roblox Assistant」で仮想世界構築
ゲーム作成・共有プラットフォーム「Roblox」は、プロンプト入力で仮想環境を生成できるAIチャットbot「Roblox Assistant」を発表した。また、アバターを写真とプロンプトで生成するAIツールも発表した。(2023/9/10)

SMBC、石黒浩教授のアバターベンチャーと協業
三井住友フィナンシャルグループは、石黒浩氏が設立したベンチャー企業・AVITAと、アバターやAI技術を活用した協業に向けた検討を始める。(2023/9/5)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberの著作権は誰のもの? “中の人”と“ママ”が知っておきたい、アバターの権利関係
VTuberの勢いが止まらない。さまざまな企業や個人が注目しているが、悪意を持った第三者がVTuberのアバターを勝手にグッズ化して販売した場合、“誰がどのような対応をすべき”だろうか? シティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士が解説する。(2023/8/28)

広瀬香美さん、ギネス記録達成 バーチャルマーケットで 「1時間でTwitterに投稿されたアバターのダンス動画数」
HIKKYが開催したVRイベント「バーチャルマーケット2023Summer」で広瀬香美さんらがギネス世界記録を達成した。認定されたのは「1時間でTwitterに投稿された振り付けされたダンスを踊るアバターのビデオの最多数」で、記録は665件。(2023/7/31)

InstagramとMessengerのビデオ通話、Metaアバターに代理させる機能
Metaは、InstagramとMessengerのビデオ通話でMetaアバターに実際の自分の代行をさせる機能を追加した。アバターをセルフィーから生成する機能をテスト中であることも発表した。(2023/7/12)

YouTube、なりすましアカウントやチャンネル対策でポリシー変更
YouTubeは「なりすましに関するポリシー」を更新すると発表した。人気チャンネルにアバターや名前を似せてなりすますなどの不正行為に対処する目的。8月21日に発効する。(2023/6/23)

ふとんの西川が導入した「アバター接客」とは何か
西川(東京都中央区)は、アバターによるリモート接客「睡眠アバターコンサルティング」のサービス提供を開始し、第1号のテスト店舗として「イトーヨーカドー武蔵境店」(東京都武蔵野市)に導入をした。(2023/6/14)

LINE、自分の顔写真から「AIアバター」を作れる機能 290円から
ユーザー自身の顔写真をもとにAIがさまざまなビジュアルイメージを生成する「AIセルフィー」をLINEが提供を始めた。(2023/5/29)

東野幸治、美少女VTuberになる ノブコブ・吉村とYouTubeチャンネル開設
タレント・東野幸治さんが美少女VTuberになる。吉本興業のグループ会社が、5月29日にYouTubeチャンネル「東野・吉村のVTuberはじめました!」を開設。平成ノブシコブシの吉村崇さんと共に、美少女アバターを使ったリアクション芸などに挑戦する。(2023/5/29)

Z世代に訴求:
アダストリア、メタバースファッションを発売 リアルで販売している服を3Dアバター化
アダストリアが展開するWEBストア 「.st」(ドットエスティ)は、メタバースファッション第三弾として3Dアバターを発売する。同社のブランド「RAGEBLUE」(レイジブルー)で実際に販売しているアイテムをメタバース化。Z世代を中心とした若者層への訴求を図る。(2023/5/18)

イベントでの「あの人だれ?」を解決するカチューシャが便利そう アバター風のかわいいデザインに「素敵!」「全サークルにつけて欲しい」
すごく助かるやつだ。(2023/5/22)

NEC、「デジタルヒューマン協議会」設立 社会実装の加速目指す
NECは25日、AIと3D CGなどを組み合わせたAIアバター、デジタルヒューマンの社会実装を目指す「デジタルヒューマン協議会」を設立すると発表した。(2023/4/25)

メタバースの恋愛マッチングアプリ登場 男性のみ月額3900円 β版では2組が婚約
VR関連サービスを手掛けるFlamersは、恋愛マッチングアプリ「Memoria」のサービスを始めた。自分が設定したアバターを通して、ネット上の仮想空間で他プレイヤーと交流できる。利用料金として男性は月額3900円かかるが、女性は無料。(2023/4/20)

CADニュース:
繊維専門商社が3Dデジタル技術を活用したデジタル研究チームを発足
モリリンは、デジタル研究チーム「M3 LABO」を発足した。3D CADや3Dアバターをアパレルの企画、生産に活用し、商品開発の効率化や適正化によってDXを推進する。(2023/4/11)

LINE、3Dアバターアプリ「AlphaCrewz」公開 NFTでアイテム売買も
LINEが3Dアバターアプリ「AlphaCrewz」をβ公開。NFTウォレット「DOSI Wallet」を連携することで、アバターアイテムを購入したり、ユーザー同士でアイテムを売買したりできる。(2023/4/4)

rinna株式会社提供Webキャスト:
本人そっくりのAIアバターが自然にしゃべる、動画作成を変革する注目の新技術
自社の社員が出演するセミナーやイベントといった動画コンテンツが注目される一方、その撮影にかかる負荷が課題となっている。そこで活用したいのが、実在の人物の容姿・音声データを基にAIで動画を作成できるソリューションだ。(2023/3/28)

デジタル変革の旗手たち:
テクノロジーとお客さまの理解が進めば、出来ること、可能性もより広がっていく――J.フロントリテイリング 野村泰一氏
J.フロントリテイリングのチーフ・デジタル・デザイナーである野村泰一氏は、独自の人財育成プログラムでコア人財を育成しながら、同時にアバターロボットを現場でどのように使えばもっとも効果的か、その可能性を探っている。DXの実現に向けて走り始めたJFRの取り組みについて、ITmediaエグゼクティブのプロデューサーである浅井英二が話を聞いた。(2023/3/14)

レジ袋を撤廃:
実験店「グリーンローソン」は広がるのか アバターが「いらっしゃいませ!」
ローソンは実証実験店舗「グリーンローソン」で、食品ロスやプラスチックごみの削減、省人化、働き方の多様化などに向けた施策を実施。その中には、従来の“便利さ”を見直すことに踏み込んでいる施策もある。同社はグリーンローソンにどのような思いを込めているのか。(2023/3/3)

AI生成キャラのポーズを“棒人間アバター”で指定 「ControlNet」にVRを応用するユーザー登場
画像生成AIで出力するキャラクターのポーズを、“棒人間”姿のVRアバターで指定するチャレンジをした人がいる。ポーズ制御技術である「ControlNet」を活用している。ポーズの指定が「かなり楽」だという。(2023/2/22)

3Dアバターを生成できるプリ機、日本初登場 メタバース移行見据え
フリューが、3Dアバターを生成できるプリントシール機を3月のイベントで限定公開する。同様の取り組みは日本初という。NTTコミュニケーションズ、NTT QONOQと進めている共同事業「5Gプリイベント」の一環。生成したアバターはイベント会場の大型モニターに投影する。(2023/2/22)

「AIアバター」のペット版が登場 画像生成アプリ「AIピカソ」に新機能
AI Picassoが、画像生成アプリ「AIピカソ」の新機能として「AIペット」をリリースした。アプリで被写体の犬や猫の写真を読み込むと、特徴そのままの写実風のイラストを生成。さまざまな背景や着せ替えを楽しむことができる。(2023/2/20)

房野麻子「モバイル新時代」:
脳波をアバターのオーラで可視化 ドコモが取り組む、“1万人が集まれる”メタバース「MetaMe」とは何か
ドコモが力を入れているのがメタバースの新サービス「MetaMe(メタミー)」だ。MetaMeは「自分らしさを表現し、目的や価値観に応じて他者とつながることが可能になる『メタコミュニケーション』を体験するサービス」として、2月21日にベータ版の提供が開始される。(2023/2/20)

ホロライブメンバーが人気ゲーム「空気読み。」に登場!? コラボ問題やコラボアバターが追加されるぞ!
コラボするホロメンは「紫咲シオン」「桃鈴ねね」「尾丸ポルカ」の3人。(2023/2/17)

“気まぐれ”さが愛嬌:
鳥取県のAIアバター職員「YAKAMIHIME」は何者? 担当者に狙いを聞いた
鳥取県は「メタバース課」を立ち上げ、AIアバター職員「YAKAMIHIME」(やかみひめ)を採用。コロナ禍で落ち込んだ観光需要を回復する狙い。(2023/2/10)

大沢あかね、AIアバター化した“ハンサム”劇団ひとりに「は?」 自身も菜々緒っぽく変身
キレッキレな一言。(2023/2/8)

異世界アニメで見るヤツだ! 石田ひかり、AIアバター化で人ではない何かになる 姉・ゆり子は“おじさん化”
AIが困惑してしまう姉妹。(2023/2/8)

鳥取県が「メタバース課」立ち上げへ AI職員が年中無休で情報発信
鳥取県が県庁内に架空の部署「メタバース課」を設置する。職員第一号として、オリジナルのAI搭載アバター「八上姫」を導入する。(2023/2/2)

NEWS Weekly Top10:
話題のAIアバターで、“性転換”してみたら……
筆者は女性の友人に「もし男性だったら好きなタイプ」だと言われたことがあり、自分の顔が男性化したらけっこうなイケメンになるのではないか? と密かに自信を持っていた。(2023/1/30)

「松潤にしか見えない」「妻夫木聡みたい」 岡崎体育、AIアバターで“アイドル化”「俺めっちゃイケてたわ」
イケてる。(2023/1/27)

「AIいらすとや」のAIピカソ、今度はAIアバター機能 週600円で使い放題
「AIピカソ」は自分の複数の顔写真から写真風のイラストを生成するスマホアプリ「AIアバター」を公開した。(2023/1/27)

ロレアル、メタバース上でアバター用メークアップとヘアスタイルを提供
化粧品メーカーのロレアルは、メタバース向けゲーム・アバタープラットフォームの「レディ・プレーヤー・ミー」と、複数のブランドにおけるビューティパートナーシップを締結した。(2023/1/27)

やっぱりうり二つだったか! 辻希美が流行のAIアバターに絶叫、“ノー顔出し”の15歳長女と「これ激似!!!!」
母子そうなるのね。(2023/1/25)

「AIアバター」流行 顔写真アップで“似てるけど美しい自分”に会える 480円で試したリアル報告
「AIアバター」がSNSで話題。自分の顔写真を10〜20枚アップロードすると、AIが特徴を学習し、50枚以上のアバター画像(顔のイラスト)を生成してくれる有料のサービス。芸能人が試して結果を次々にSNSに投稿し、「似ている」などと話題(2023/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。