ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アバター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!アバター→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でアバター関連の質問をチェック

関連キーワード

人工知能ニュース:
熟練職人の焼成技術を再現、ユーハイムが開発したバウムクーヘン用AIオーブン
ユーハイムは2020年11月30月、同社の熟練職人の技術を学習させた「世界初」のバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO(テオ)」を開発したと発表した。AIがバウムクーヘンの最適な焼き上がり具合を判定して、自動的に調理する。開発プロジェクトには遠隔操作ロボット(アバター)ロボティクスを用いた事業展開を行うavatarin(アバターイン)が参画している。(2020/12/1)

Innovative Tech:
リアルな眼球の動きをVRアバターで再現 Facebookが開発
VRアバターにさらにリアルさを追加できる「眼球の動き」。(2020/11/30)

仕組みは?:
新卒内定者500人がアバター姿で“バーチャル交流会” Zoomは使わず「あえて自社開発」、富士ソフトのこだわり
富士ソフトが2021年度の「新卒内定者交流会」をオンラインで開催。自社開発のバーチャル交流会ツールを活用し、内定者約500人、富士ソフトの社員約100人がアバター姿で参加した。その仕組みは。(2020/11/27)

「バーチャルメイド喫茶」誕生 「あっとほぉ〜むカフェ」が運営
メイド喫茶「あっとほぉ〜むカフェ」の運営元が、バーチャル空間にメイドカフェをオープン。メイドと利用者が互いにアバターを使い、仮想空間で会話やゲームなどを行う。(2020/11/20)

ピクシブ、バーチャル空間での即売会イベントを2021年1月30日に開催 サークル参加の申込を受付中
3Dアバターで交流できる夢の即売会。(2020/11/12)

他部署とも交流できる:
アバター100人が出勤できる OPSION、大規模仮想オフィスの提供開始
クラウドオフィス「RISA」を運営するOPSIONは、100人規模で利用できる仮想オフィスのサービスを開始すると発表した。(2020/11/10)

映画「鬼滅の刃」興行収入が157億円突破 「アバター」「崖の上のポニョ」超え歴代10位に
映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が157億円を突破。歴代の興行収入ランキングでは、2009年公開の「アバター」(156億円)、2008年公開の「崖の上のポニョ」(155億円)を超え、歴代10位となった(興行通信社調べ)。(2020/11/2)

建築×ロボット:
テレワーク化へ、建設現場用「アバターシステム」共同開発を開始
川田工業、芝浦工業大学工学部電気工学科宇宙ロボットシステム研究室安孫子聡子教授、川田テクノロジーズの三者は、建設現場の品質・出来形管理業務などの効率化、テレワーク化に向けたアバターシステムの共同開発を開始した。(2020/10/21)

ドリカム初のオンラインイベント「DOSCO prime ニコ生 P」開幕 吉田美和も出演、アバターが演奏
ドリカムがニコ生でオンラインイベント開催。本人が生出演してMCし、2人のアバターが楽曲をバーチャルステージで演奏する映像などを放送する。(2020/10/16)

渋谷のハロウィーン、今年のキーワードは「#StayVirtual」 区長は外出自粛呼び掛け
渋谷区とKDDIなどは今年のハロウィーンイベントをバーチャル空間で開催すると発表した。ユーザーは仮装したアバターでハロウィーンイベントに参加する。新型コロナウイルスの感染防止のため、区は期間中の外出自粛を呼び掛けている。(2020/10/2)

「鬼滅の刃メーカー」公開 自分だけの「鬼殺隊」や「鬼」が作れるアバター作成サービス
ぼくのかんがえたさいきょうの剣士。(2020/10/2)

遠隔で従業員が操作:
売り場でアバターが接客 伊藤園「日本茶の日」に合わせ新しい販促活動を実施
伊藤園は遠隔操作で動くアバターを活用した店頭での販促活動を実施する。10月1日の「日本茶の日」に合わせた企画で、売り場に人が立つことなく客と対話することができる。(2020/9/29)

LINE、自分や友人にそっくりな「アバター」が作れる機能を提供開始
プロフィールアイコンなどで使えます。(2020/9/26)

LINE、写真から自動生成できるアバター機能 SNSなどのアイコンに利用可
LINEがメッセージアプリ「LINE」でアバターを作れる機能の提供を始めた。スマートフォンのカメラで撮影した顔写真からアバターを自動生成できる。(2020/9/25)

ダンダンダンダダダダンダンダン……ホゥ! スティーヴ・アオキが「CAN'T UNDO THIS!!」由来のリミックスMV公開 ヌルヌル踊るアバターアオキがクセになる
90年代の懐メロに、EDMが出会った。(2020/9/18)

大阪万博前に「バーチャル大阪館」設置へ ネット上でVR体験
大阪府が、万博開催に向けた機運を盛り上げるためインターネット上でVR体験できる「バーチャル大阪館」を開設する方針を決めた。アバターを介して参加者同士が交流したり、観光資源を紹介したりする案が出ている。(2020/9/10)

空港係員がアバターに JALが「リモート案内」サービス
JALがアバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験をスタート。非接触・非対面でも高品質な接客を目指す。(2020/9/9)

リモートで:
非対面でも笑顔、羽田空港に“アバター案内人” JALとパナが実験
羽田空港で、JAL係員がリモートで案内する実験が始まる。ディスプレイ上のアバターを通して、搭乗客に出発ロビーなどを説明する。(2020/9/8)

Innovative Tech:
顔の表情をアバターに即時反映して表示する画面付きフルフェイスマスク 「デジタルカメン」誕生
装着している人の表情がディスプレイに反映される仕組みは世の中に受け入れれられるか。(2020/9/2)

VR空間に構築:
“仮想伊勢丹”誕生、「リアル百貨店の弱み」克服へ 社内起業した男の夢
伊勢丹が仮想空間のイベント「バーチャルマーケット4」で、アバター向けのファッションを販売。三越伊勢丹ホールディングスの仲田朝彦氏は「VR空間の仮想店舗は、現在のリアルな百貨店が抱える課題を解決してくれる」と力説する。(2020/8/28)

Innovative Tech:
車椅子がロボットと合体 遠隔操作でユーザーを助ける「SlideFusion」
ロボットをアバターで操作するが、車椅子利用者はいちいち指示を出す必要がない。(2020/8/19)

VR法人HIKKY:
社長が“VR出社”、社員からは「タメ語」 コロナ禍でも、コミュニケーションがうまくいく会社の秘訣
リモートワークが広がる中、VR法人HIKKYは“VR出社”を実践している。仮想のオフィスに分身キャラの自分(アバター)を出社させ、業務を執り行う。同社の舟越社長は「リアルでは起こり得ないような考え方が形成される」と力説する。その効果は……?(2020/8/18)

横浜スタジアムをバーチャル空間に再現 ファンのアバターが一緒に観戦 ベイスターズがコロナ対策
横浜スタジアムをバーチャル空間上に再現する取り組みを、横浜DeNAベイスターズとKDDIが行う。ファンはオリジナルのアバターを作成し、他のファンと一緒に観戦できる。コロナ禍の影響で球場への来場人数が制限される中で、自宅などから応援を楽しめるようにする。(2020/8/4)

スマートリテール:
曖昧な発話も読み取るAIアバター、外食産業にDXの波を起こせるか
Eggs 'n Things Japanは2020年7月27日、東京都内で記者会見を開催し、AIアバターが顧客との対話を通じて一般的なレジ業務を遂行する「AIアバターレジ」を、AIスタートアップのウェルヴィルと共同開発したと発表した。会見ではバッテリーレスのBluetoothタグ技術を活用したカスタマートラッキング技術なども紹介した。(2020/7/29)

AIアバターが“あいまい注文”を聞き取り 「○○のやつ」でもOK レストラン「Eggs 'n Things」で実験
レストランチェーン「Eggs 'n Things」が、AIを搭載した3Dアバターによる接客の実証実験を行う。主語のない注文やあいまいな言葉を使った注文にも対応できるという。(2020/7/27)

ツイキャス運営のモイ、音声SNS「パルミン」公開 2Dアバター同士で通話
ツイキャス運営のモイが、2Dアバターを介して音声通話ができるSNS「パルミン」をリリースした。コミュニケーションがとりやすくなるよう、顔出しせずに交流するサービスとして開発したという。(2020/6/4)

VR風俗サービス「X-Oasis」、クラウドファンディング開始 運営元「性のイメージを一変できる価値ある」
VR空間で、従業員と利用者がアバターの姿で疑似的な性的行為を行えるサービスのクラウドファンディングがスタートした。(2020/5/29)

HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が5G対応VR HMD「XRSPACE MOVA」披露
HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が立ち上げた新興企業XRSPACEが、5G対応のスタンドアロンVRヘッドセット「MOVA」と全身アバターで体験できるバーチャルワールド「MANOVA」を発表した。MOVAは599ドルで発売の予定だ。(2020/5/27)

ロボット開発ニュース:
ソニーとANAが遠隔操作ロボットで協業、人が物理的に作業できない場所で活用
ソニーグループのソニーAIとANAグループのavatarin(アバターイン)は2020年5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協業したことを発表した。(2020/5/12)

サンリオピューロランドが「SHOWROOM」アカウントを開設 5月9日にイースター限定ショーを生配信
ピューロランドグッズを身に付けたアバターやギフトも登場。(2020/5/8)

VR空間でeスポーツを観戦、バーチャル施設「V-RAGE」オープン
VR空間でeスポーツを観戦できるバーチャル施設「V-RAGE」のβ版が3月15日にオープンする。観戦者はアバターを使って来場し、他のユーザーとチャットもできる。(2020/3/10)

ドワンゴ、サブカル趣味の男女をつなぐ結婚相談所「Ncon」開設 アバター使ったオンライン婚活パーティーも
ドワンゴが、アニメやゲーム好きの男女を対象にした結婚相談所「Ncon」を開設。アバターを使ったオンライン婚活パーティーなどの実施も予定している。(2020/2/27)

ドコモ、5G活用「遠隔アバター案内」を成田空港で実施
NTTドコモは、2月3日から成田国際空港と「遠隔アバター案内」の実証実験を開始。成田空港第3ターミナルで、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて遠隔での有人案内を受けることができる。(2020/1/31)

リサイクルできる有機バッテリーを搭載 メルセデス、コンセプトカー「VISION AVTR」発表 映画「アバター」にインスパイア
カニのように横への移動も可能です。(2020/1/8)

Google、全身キャプチャと深層学習で3Dアバター生成 任意のシーン、照明に合わせレンダリング可能
既存の全身キャプチャシステムを改良し、ディープラーニング技術を投入することで、フォトリアリスティックな3Dアバターを実現する。(2019/11/21)

CEATEC2019会場レポート:
アバターで瞬間移動が可能に!?初出展のANA
ANAホールディングスは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に初出展し、同社が開発する普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」のデモンストレーションなどを行った。(2019/10/16)

「自分のリアルなアバター」作成できるサービス、ドコモが試験提供 40台のカメラで全身撮影
NTTドコモが、ユーザーが自分の全身をスキャンしたデータから、リアルなアバターを作成できるサービス「ポケットアバター」の試験提供を始める。(2019/10/3)

Facebook、「セカンドライフ」のようなVRワールド「Horizon」を「Oculus Quest」などで来年スタート
「Oculus Quest」と「Oculus Rift」で参加できるVRワールド「Facebook Horizon」が2020年にスタートする。「Second Life」のようにアバターを作ってVRワールドで友だちと話をしたりゲームをしたり、「マインクラフト」のように世界を構築したりできる。(2019/9/26)

サマーウォーズの仮想空間「OZ」を再現、3Dアバターで探検 ピクシブが企画
ピクシブとスタジオ地図が「サマーウォーズ」の仮想空間「OZ」を再現する企画を発表した。スマートフォンアプリ「VRoidモバイル」で、ユーザーは自作した3Dアバターを使ってOZの世界を体験できるという。(2019/7/4)

ソフトバンク、音楽フェスで5G体験イベント フジロック会場を再現したVR空間にアバターで入場、参加者同士で会話も
ソフトバンクはフジロックで一般客向けのプレ5Gサービスを提供すると発表した(2019/7/2)

スマホ1台でアバターまとってカラオケできる機能、生配信アプリ「Mirrativ」に実装 楽曲はJOYSOUND提供
でVtuberのようなトークができるバーチャル配信機能「エモモ」の拡張コンテンツ。(2019/5/24)

ディズニー、「スター・ウォーズ」新3部作「アバター2〜5」の公開年を発表 2021年から毎年交互に公開
マーベル作品も多数予定されています。(2019/5/8)

3Dアバター共通フォーマット推進「VRMコンソーシアム」設立 ドコモなど3キャリア、中国ビリビリも参加
VR向け3Dアバターのファイルフォーマット「VRM」を提唱・推進する企業連合「VRMコンソーシアム」が設立された。ドワンゴなど13社が発起人として昨年、設立計画を発表していた組織で、新たに、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、中国bilibiliなどが参加した。(2019/4/24)

アバターの見た目で人格が変わる? “VR版コミケ”に約13万人、バーチャルと現実を行き来する人々の可能性
VR空間で3Dアバターや3Dモデルを販売する「バーチャルマーケット」に注目が集まっている。3月に行われた同イベントには約13万人もの人が集まった。多くの人が“仮の姿”で集まる可能性とは。(2019/4/23)

5Gの本命は「エンタメ」? 実現には課題も ソフトバンクが「ヤフオクドーム」でアバター付き多視点VRの実証実験
ソフトバンクが、福岡ソフトバンクホークスが保有する「福岡ヤフオク!ドーム」において5Gを活用したアバター付き多視点VRの実証実験に成功。その模様がメディア関係者とホークス公式ファンクラブ会員に公開された。(2019/3/25)

リアル店舗のデジタル化:
EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客、NTTデータが実証実験開始
将来的な一坪デジタルストアの実現へ向けた実証実験を三井ショッピングパークららぽーと海老名で実施。(2019/3/15)

車内に3Dアバター出現、遠隔地の人と一緒にドライブ 日産とドコモ、5Gで走行実験
日産自動車とドコモは、遠隔地の人の3DアバターをARで車内に出現させ、車内の人と一緒にドライブする走行実験を始める。(2019/3/12)

3Dアバターが写真の顔にぴったりフィット
3Dアバターを写真上の顔に合成してくれる3D顔文字アプリ「Facemoji」を試した。(2019/2/21)

きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。おっさんなんだぜ。それで:
おじさんでも「美少女インスタ映え」 2019年はバーチャルでなりたい自分になれる「アバター元年」か
VTuberでもなく、ビジネス現場のVR利用でもない、“もう1つの人生”をアバターとして生きる人々。(2019/1/23)

VRゴーグル「HTC VIVE」にアイトラッキング付き新モデル PC不要の一体型「VIVE Cosmos」も発表に
VRアバターに自然な“まばたき”をさせることも可能に。(2019/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。