ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アワード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アワード」に関する情報が集まったページです。

「迫っているんだ 娘と過ごせる時間のタイムリミットが―」 医療現場の実話をもとにした「医療マンガ大賞」受賞作品が決定
審査員はこしのりょうさん、おかざき真里さんら。(2020/11/23)

優れたホテル:
「旅行業界のアカデミー賞」受賞した沖縄の7ホテルはどこ?
高品質なサービスと施設を備えた世界のホテルを表彰する「2020ワールドラグジュアリーアワード」。沖縄県にある7ホテルが受賞。(2020/11/21)

長州力の「飛ぶぞ」が「egg流行語大賞2020」で6位に! まさかの入賞に本人「それがどうしたの?」
ギャルたちのチョイスが光ってる。(2020/11/20)

89カ国から4000点以上の応募:
小畑健や津森千里が審査 コピックアワードを開催した製造会社が提示する「アートの可能性」
漫画家やイラストレーターに長年愛用されている彩色用画材・コピック。そのコピックの製造会社が、「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。(2020/11/19)

【意味知ってる?】ネット用語クイズ「ソロキャン」
新語・流行語大賞にノミネートされました。(2020/11/9)

「INDIE Live Expo Awards」受賞作品が決定 大賞は「Hades」、キャラクター賞に「Helltaker」など
悪魔っ子はやはり正義……!(2020/11/7)

【意味知ってる?】ネット用語クイズ「BLM運動」
新語・流行語大賞にノミネートされました。(2020/11/7)

新語・流行語大賞の候補に「Zoom映え」「テレワーク」 「PCR検査」などコロナ関連も多数
2020年の「新語・流行語大賞」の30候補が発表され、「Zoom映え」「テレワーク/ワーケーション」「AI越え」などが選出された。(2020/11/6)

トイレットペーパー型の川柳集、TOTOが発行
TOTOは、トイレットペーパーに印刷した川柳集「第16回トイレ川柳大賞」を11月10日に発売する。価格は350円(税込)。トイレットペーパーとしても使える。(2020/11/5)

「新語・流行語大賞2020」ノミネート30語を発表 新型コロナ関連の用語や「鬼滅の刃」「あつ森」「香水」ほか
新型コロナ関連の用語が多め。(2020/11/5)

「大丈夫ですか?」はダメ:
4年で詐欺5件見破った! コンビニの極意は元証券マンの経験
さまざまな手口で巧みに金をだまし取ろうとする特殊詐欺。詐欺の被害を開店から4年で5度も防ぎ、地元の警察署から表彰されたコンビニが福井市にある。なぜそんなに被害を防ぐことができたのか。(2020/11/2)

デザインの力:
2020年度グッドデザイン大賞は「世界初」の持ち運べる水再生処理プラント
日本デザイン振興会は、「2020年度グッドデザイン大賞」および「2020年度グッドデザイン特別賞各賞」を発表した。グッドデザイン大賞には、WOTAの自律分散型水循環システム「WOTA BOX」が選ばれた。(2020/11/2)

CAEニュース:
「MSC Nastran Excellence Award」第1位をボルボが獲得
エムエスシーソフトウェアは、同社の有限要素解析構造シミュレーションツール「MSC Nastran」を革新的な使用法で製品設計に適用した事例を表彰する、「MSC Nastran Excellence Award」の受賞企業を発表した。第1位はボルボが獲得した。(2020/10/30)

CAEニュース:
マルチマテリアル構造とトポロジー最適化で50%軽量化、日産が軽量化技術で受賞
Altair Engineering(アルテア)は、日産自動車 先端材料・プロセス研究所の超軽量ボディーサイドパネルを、「第8回 Altair Enlighten Award 軽量化構想部門」の受賞テクノロジーとして表彰した。(2020/10/22)

アートの力で課題解決を:
アナログ回帰のコピック 製造会社社長が描くグローバル戦略と「アワード開催の真の狙い」
漫画家やイラストレーターに長年にわたって愛用され続けている画材・コピック。製造会社のトゥーマーカープロダクツは「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。その狙いと、その先に描くグローバル戦略を聞いた。(2020/10/22)

妻が乳がん検査で精密検査に……医療漫画家が“自分ごと”に直面した漫画「当然知ってるつもりだったこと」にはっとさせられる
わかっていたつもりでも、いざ自分ごとになると……。「第2回医療マンガ大賞」公式サイト内で全編公開しています。(2020/10/19)

「鬼滅」作者の投稿作「過狩り狩り」紹介 「ジャンプ編集部がザワついたのをよく覚えてる」
「鬼滅の刃」の作者が、ジャンプの新人賞で2013年に佳作を取った投稿作品「過狩り狩り」。漫画賞の公式Twitterが紹介し、注目を集めている。(2020/10/19)

ダルビッシュ有、メジャーリーグ“日本人初の最多勝”で表彰 一家全員で在シカゴ日本国総領事の夕食会へ
妻の聖子さんとともに伝えています。(2020/10/16)

エッジコンピューティング:
AIエッジコンピューティングで害獣対策や渋滞対策、OKIがコンテスト開催
OKIは2020年9月29日、AIエッジの社会実装拡大に向けて「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト」を開催。共創パートナー19社によるソリューションの開発成果と、その内容の表彰を行った。(2020/10/8)

FAニュース:
「第7回 現場川柳」開催決定、前回大賞は「作業服 脱げぬ老後の 二千万」
産業用センサーメーカーのオプテックス・エフエーは“現場”にまつわる「現場川柳」の第7回開催を決定し、募集を開始した。(2020/10/7)

電子ブックレット(BUILT):
国交省から優良工事で局長表彰8件、優れたCIM活用法とCIMエキスパート育成法とは?
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、オートデスク主催のプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」で、中央復建コンサルタンツが優れたCIM活用法とCIMのエキスパート育成法について解説したセミナーです。(2020/9/14)

生死を分ける:
日本進出はいつ? 緊急時に命を救う「AI診断」 次世代ユニコーン「コルティ」の挑戦
デンマークに拠点を置くスタートアップ「Corti(コルティ)」が、注目されている。緊急度が高い「救急医療部門」向けにAIサービスを提供していて、将来ユニコーンになる可能性が高い企業に贈られる「Future Unicorn Award 2020」を受賞した。どんなサービスを提供しているのかというと……。(2020/9/4)

「次にくるマンガ大賞 2020」 第1位は『アンデッドアンラック』『僕の心のヤバイやつ』 全国書店でフェアを開催
うおおおおおおおお!!!(2020/8/19)

京都アニメーション大賞、当面の間開催休止に
原稿やアイデアが送られてきても提案は受けないとも明言しています。(2020/8/13)

全国約3500人から“神奈川の美少女”に栄冠! 「美少女図鑑アワード2020」グランプリは佐藤夕璃さんに決定
全国から5人の美少女が選出。(2020/8/6)

「JC・JK流行語大賞2020年上半期」コトバ部門1位は「◯◯しか勝たん」 アーティストはSNS活用が鍵
女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMF(東京都港区)は、2020年1月から6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」を発表した。同大賞は「JCJK調査隊」のメンバーのアンケートをもとに選考会を開催し、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて選出している。(2020/7/8)

世相を反映:
大賞は“名ばかりイクメン”への皮肉 第4回「オリックス 働くパパママ川柳」に5万4610句の応募
第4回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品が決定した。過去最多となる5万4610句の応募があった。大賞となったのは……。(2020/7/2)

デジタルツールだけじゃない:
コロナ禍こそのアナログ回帰!? 「デジタルネイティブ世代獲得」に挑む画材・コピック製造会社の「希少性」戦略
コピックは1987年にトゥーマーカープロダクツが開発し、現在358色にも及ぶ色数が展開されている画材だ。同社開催の「コピックアワード」は2019年はコシノジュンコ氏や20年は漫画家の小畑健氏などが審査員を務めている。アワード開催の意図やデジタルとの融合戦略などを聞いた。(2020/6/25)

灰色の紙に「白と黒で書くノート」をコクヨが発売 光と影をめっちゃキレイに描ける
コクヨデザインアワード2018で優秀賞を受賞し、商品化されることに。この発想はなかった!(2020/6/18)

ビヨンセ娘、8歳にしてアワードノミネートにネットがざわつく 「私は8歳のとき何していたっけ?」
末恐ろしい8歳児。(2020/6/17)

2020年サンリオキャラクター大賞、シナモロールが3度目の1位に ポチャッコは24年ぶりトップ3入り
今年も熱い戦いだった……!(2020/6/9)

Interop Tokyo 2020のBest of Show受賞製品が発表
オンライン開催中の「Interop Tokyo 2020」で2020年6月3日、優秀製品を表彰する「Best of Show Award」が発表された。Best of Show Awardは優秀展示製品を表彰する企画で、部門ごとにグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞が授与される。2020年はオンライン会議による審査が実施された。(2020/6/3)

第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live Vol.3:
前田建設のコロナ対策案を評するコンペ、ファイナリストは病床見守りIoTなどを提案
前田建設工業 ICI総合センターが主催した社会的な課題の解決を図れるアイデアを評価するコンペティション「第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live」で、アルコ・イーエックスやネーブルジャパン、アイデアクラウド、OLTAといったファイナリストが提案したアイデアを紹介する。(2020/6/3)

第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live Vol.2:
前田建設アワードの特別賞に、第3の新型コロナ検査法などが受賞
前田建設工業 ICI総合センターが主催した社会的な課題の解決が図れるアイデアを評価するコンペティション「第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live」で、特別賞に医療系ベンチャーのリンクバイオとITベンチャーのレスティルが選出された。(2020/6/2)

第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live Vol.1:
前田建設主催のWebコンペの第1回テーマは「新型コロナ」、最優秀賞は発熱者の自動検出システムなど
前田建設工業 ICI総合センターが主催した社会的な課題の解決を図れるアイデアを評価するコンペティション「第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live」で、応募総数66件の中から、「VSコロナ部門」でフューチャースタンダードと五合が、「Withコロナ部門」ではシティーデジタルが、「Afterコロナ部門」でJSIC Research Groupが最優秀賞に輝いた。(2020/6/1)

ロボット:
「第9回ロボット大賞」の募集開始、前回は土石流予測システムが国土交通大臣賞受賞
国土交通省は、総務省や文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、日本機械工業連合会と共同で、第9回ロボット大賞の募集をスタートした。インフラ関連では、前回はドローンを用いた火山噴火時の土石流予測システムが国土交通大臣賞を受賞している。(2020/5/5)

「投票は大好きなキャラへのラブレター」 サンリオファンの一大イベント「キャラクター大賞」の魅力と、2020年の見どころをファンが語ります
年に1度の大イベント!(2020/4/30)

日本一のポッドキャスト、歴史を面白く伝える「COTEN RADIO」に決定
JAPAN PODCAST AWARDS 2019の大賞が決まった。(2020/4/10)

なんと全80種類 タニタさん、サンリオキャラクター大賞の候補キャラ全てを歩数計にしてしまう
1個の購入につき、キャラクター大賞に18票が投票されます。(2020/4/10)

キャリアニュース:
「見えぬバグ、IFで隠した、午前2時」、エンジニアあるあるの川柳コンテスト
レバテックが、ITエンジニアから募集した「エンジニア川柳」コンテストの大賞1句、優秀賞4句を発表した。川柳のテーマはエンジニアあるある。大賞には“見えぬバグ IFで隠した 午前2時”が選ばれた。(2020/4/9)

製造ITニュース:
製造現場の検知・予兆を高度化、AWSが機械学習ソリューション開発企業を表彰
機械学習ソリューションを開発するブレインズテクノロジーが「APN Competency Partner of the Year -Industrial Software-」を受賞。産業分野での功績を持つ企業に贈られる賞だ。(2020/4/7)

ベンチャーニュース:
AI圧縮や酸化ガリウム基板の製造、JEITAが新鋭ベンチャー8社を表彰
電子情報技術産業協会は「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業を発表した。AI圧縮技術のアラヤや酸化ガリウムの薄膜結晶成長技術のノベルクリスタルテクノロジーなど8社が受賞。(2020/3/31)

新型コロナで延期の「GDC 2020」、講演をオンラインで Microsoftは別途Mixerでゲーム開発者イベント
新型コロナウイルスの影響で開催が見送られたゲーム開発者会議「GDC 2020」で予定されていた講演の多くがオンラインで公開されることになった。GDCアワードはTwitchでライブ配信される。GDCに参加予定だったMicrosoftは別途MixerでXbox SeriesとProject xCloudに関するライブ配信を行う。(2020/3/11)

第15回「オタク川柳」結果発表! 大賞の“ネ申”に「人生は 山あり谷あり 沼もあり」
深い。(2020/2/28)

製造マネジメントニュース:
日本オープンイノベーション大賞で「知能ロボットコントローラ」が内閣総理大臣賞
内閣府は、国内のオープンイノベーションの模範的なプロジェクトを表彰する、「第2回日本オープンイノベーション大賞」の受賞者を発表した。内閣総理大臣賞は、MUJINらの「汎用的『知能ロボットコントローラ』の開発」が受賞した。(2020/2/28)

日本のポッドキャスト大賞を決めるJAPAN PODCAST AWARDS 2019、ノミネート20作品を発表
日本におけるポッドキャスト振興を目的としたJAPAN PODCAST AWARDSのノミネート作品が決まった。(2020/2/19)

Weekly Memo:
「全国中小企業クラウド実践大賞 全国大会」にみる3つのクラウド活用ポイント
クラウドサービスを有効活用する中小企業を表彰する「全国中小企業クラウド実践大賞 全国大会」が開催された。そこから中小企業におけるクラウドサービス活用のポイントを筆者なりに挙げた。(2020/2/17)

エンジニアの血肉となる書籍:
2019年を振り返ったおすすめの書籍「ITエンジニア本大賞2020」のベスト10が発表
「ITエンジニア本大賞2020」の技術書部門とビジネス書部門の各ベスト10が発表された。全国のITエンジニアが投票したおすすめ書籍の、投票数が多かった上位10冊ずつ。大賞は、プレゼン大会と最終投票イベントで決定する。(2020/1/24)

FAニュース:
「作業服、脱げぬ老後の、二千万」――第6回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2019年10〜12月にかけて募集していた「第6回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「作業服、脱げぬ老後の、二千万」が受賞した。(2020/1/24)

顧客満足度の高さで195カテゴリーの1038製品を選定:
アイティクラウドが「口コミで高評価だったIT製品やサービス」を発表
アイティクラウドは、「ITreview Grid Award 2020 Winter」を受賞した195カテゴリーの1038製品を発表した。10レビュー以上を集めた製品を対象に、カテゴリーごとに「Leader」と「High Performer」を選んだ。(2020/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。