ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アワード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アワード」に関する情報が集まったページです。

2021年の「インスタ流行語大賞」、3位「イカゲーム」、2位「東京卍リベンジャーズ」、1位は?
パスチャーは、トレンドを予測するメディアとして独自に選定した「インスタ流行語大賞」、流行に敏感な10〜20代女性に調査した「部門別インスタ流行語大賞」を発表した。(2021/11/28)

今年で3回目:
「禁止カード」「飛ぶぞ」「八尺様」 SNS流行語大賞2021、ノミネートワードが決定
ネットパトロールなどを手掛けるイー・ガーディアン(東京都港区)は「SNS流行語大賞2021」のノミネートワードを発表した。どんな傾向があったのか?(2021/11/17)

月間アクティブユーザーは10億人突破:
TikTok流行語大賞2021 「卒アルお父さん」「写り込みチャレンジ」などがノミネート
バイトダンスは、2021年にTikTokで流行したワード「TikTok流行語大賞2021」ノミネート30選を発表した。コロナ禍で世界の月間アクティブユーザーが10億人を突破したTikTok。どのようなワードがノミネートされているのか。(2021/11/9)

「INDIE Live Expo Awards 2021」受賞作品が決定 大賞は「Road 96」、インターネットを通じたゲーム体験賞に「Among Us」も
まだ遊んでいない人はぜひ!(2021/11/6)

「海のお掃除ロボ」アイデアコンテスト AI、スマホを活用
海や海岸を清掃するロボットのアイデアを競う「海のお掃除プラントロボット夢コンテスト」の最終審査会と表彰式が開かれた。海洋廃棄物による環境汚染について多くの人に関心を持ってもらうことが狙いで、8組がごみ回収ロボットのアイデアを披露した。(2021/11/5)

2021年新語・流行語大賞のノミネート語が発表 「ウマ娘」「うっせぇわ」「親ガチャ」など
五輪や感染症に関するワードも入っています。(2021/11/4)

デザインの力:
2021年度グッドデザイン大賞、オリィ研究所の「分身ロボットカフェ」に決定
日本デザイン振興会は「2021年度グッドデザイン賞大賞」記者発表会を開催し、最終プレゼンテーション審査に臨んだグッドデザイン大賞候補5件の中から「2021年度グッドデザイン大賞」(1件)を発表した。(2021/11/4)

デザインの力:
2021年度グッドデザイン賞は過去最多、分身ロボ「OriHime」や3D都市「PLATEAU」などが大賞候補に
日本デザイン振興会は「2021年度グッドデザイン賞」受賞記者発表会をオンラインで開催した。今回は、過去最多となる1608件がグッドデザイン賞を受賞。併せて、高い評価を受けた100件のプロダクトやサービスなどに贈られる「グッドデザイン・ベスト100」が決定した他、さらにその中から「グッドデザイン金賞」「グッドフォーカス賞」が選ばれた。(2021/10/21)

PS5が「グッドデザイン金賞」に デザインやメンテナンス性を評価
ソニーは20日、PS5が「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞したと発表した。(2021/10/20)

CEATEC 2021:
エイシングの「MST」がランダムフォレストの完全上位互換へ、CEATEC AWARD受賞
エイシングは、「CEATEC 2021 ONLINE」に出展した独自の軽量エッジAIアルゴリズム「MST(Memory Saving Tree)」が、「CEATEC AWARD 2021」の「スタートアップ・ユニバーシティ部門賞グランプリ」を受賞したと発表した。(2021/10/19)

次にくるマンガ大賞受賞『怪獣8号』が仏語版発売 パリでは「タイトル何て読むの?」と日本漫画ファンゆえの勘違いも
第1巻はフランス漫画史上最大の初版発行部数でスタート。(2021/10/13)

【Amazonタイムセール祭り】ワイン特集 金賞受賞ワインからお手頃価格のものまで、飲み比べセットがお買い得
飲んでみたいワインがたくさん!(2021/9/25)

川尻こだまの“ただれた生活”、フジテレビでショートアニメ化爆決定 「次にくるマンガ大賞」にランクインした個人の日記
おめでとうございます!(2021/9/10)

時代を捉えたあるある川柳:
「テレワーク 増えた時間と 腹の肉」 第1回Job川柳の受賞7作品を発表
ライボは「第1回Job川柳コンテスト」の最優秀大賞含む受賞7作品を発表した。大賞作品? 「働き方川柳部門」「転職川柳部門」を受賞した作品は?(2021/8/19)

CAEニュース:
自動車の軽量化やサステナビリティの実現に貢献するイノベーションを表彰
Altair Engineering(アルテア)は「第9回 Altair Enlighten Award」の受賞企業を発表した。今回、軽量化や二酸化炭素排出量、水とエネルギー消費量の削減、材料の再利用とリサイクルの促進に関する最も優れた成果が表彰された。(2021/8/19)

「メダルは食べられません」 組織委のユニークツイートが話題に
東京五輪・パラリンピック組織委員会が、表彰式でメダルをかむしぐさをする選手の写真とともに「メダルは食べられません」とTwitterに英語で投稿した冗談がネットや海外メディアでも話題となっている。(2021/8/3)

メカ設計メルマガ 編集後記:
東京五輪開催中にもう一度振り返っておきたい「みんなの●●プロジェクト」
違う視点で表彰式をご覧いただきたく。(2021/8/3)

AI音声認識の「おもしろ誤認識」を募集、大賞は5万円 過去作は「OK google 赤ちゃんの名前は何がいい?」「あなたにはまだ早いです」など
文字起こし活用推進協議会が、スマートスピーカーやスマートフォンの音声アシスタントによるユニークな誤認識エピソードを募集するコンテストを開催。8月1日から9月30日まで専用サイトで受け付ける。(2021/7/30)

未来につなげるモノづくり:
3Dプリンタだから実現できた東京五輪表彰台プロジェクトとその先【前編】
本来ゴミとして捨てられてしまう洗剤容器などの使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)表彰台。その製作プロジェクトの成功を支えた慶應義塾大学 環境情報学部 教授の田中浩也氏と、特任助教の湯浅亮平氏に表彰台製作の舞台裏と、その先に目指すものについて話を聞いた。(2021/7/27)

応募総数は108社:
「勇気ある経営大賞」グランプリに書店 なぜ?
東京商工会議所が「勇気ある経営大賞」を発表した。応募数108社から大賞に選ばれたのは、書店だった。大賞を勝ち取った書店の取り組みとは?(2021/7/21)

サードウェーブが「Intel Partner of the Year 2021」アジア太平洋/日本部門で表彰 記念モデルを発売
サードウェーブは、インテルとのビジネスパートナーとしての実績が高い企業に贈られる「Intel Partner of the Year 2021」のアジア太平洋/日本部門で表彰されたと発表した。(2021/7/9)

「女子学生が選ぶ2021年上半期トレンド大賞」1位は「コムドット」  下半期のトレンド予測1位は?
上半期トレンド大賞の1位は5人組YouTuberの「コムドット」で、下半期トレンド予測の1位は漫画『東京卍リベンジャーズ』だった。(2021/7/6)

上半期の食トレンド大賞は「マリトッツォ」 下半期の予測は?
2021年上半期の食トレンド大賞は、SNSを中心に話題になった「マリトッツォ」だった。下半期の予測は?(2021/6/28)

ハッシュタグ「10文字ホラー大賞」がTwitterで大盛況 「一部屋だけ異様に安い」「飼い猫の口元から触覚」
面白い作品がいっぱい。(2021/6/23)

独投稿数などをもとに選定:
2021年上半期「インスタ流行語大賞」 3位「骨格タイプ」、2位「お疲れサマンサ」、1位は?
マーケティング支援を手掛けるパスチャー(東京都港区)が「2021年上半期インスタ流行語大賞」を発表した。1位を獲得したのは?(2021/6/16)

デザインの力:
歩行をAI解析して健康に役立てる3Dカメラ搭載ロボットがデザインコンペで金賞
RDSは、イタリアの国際デザインコンペティション「A’Design Award&Competition 2020-2021」において、同社が開発を進めている「Gait Analysis Robot Medical Health Measurement System」が、メディカルデバイス・医療機器デザイン部門でゴールドを受賞したことを発表した。(2021/6/9)

シナモロールが2年連続で1位を獲得! サンリオが「2021年サンリオキャラクター大賞」の結果を発表
今年も犬キャラが強かった。(2021/6/8)

3Dプリンタニュース:
使用済みプラスチックが東京2020大会の表彰台に、製造は3Dプリンタで
東京2020組織委員会は、東京オリンピック・パラリンピックの表彰式で使用する表彰台、楽曲、衣装、メダルトレイを発表した。表彰台は“オリンピック・パラリンピック史上初の試み”として、消費者から回収した使用済みプラスチックを再生利用し、3Dプリンタで製作された。(2021/6/7)

サンリオキャラクターのぬいぐるみ風ネックポーチとヘアバンドがどーんと登場 身につけて応援できる「キャラクター大賞」グッズ第3弾
もこもこした質感がキュート!(2021/5/11)

デザインの力:
キヤノンの「PowerShot ZOOM」がiFデザインアワードのプロダクト分野で金賞獲得
キヤノンは、同社グループが手掛けた9つの製品が国際的デザイン賞「iFデザインアワード2021」を受賞したことを発表した。いずれも同アワードのプロダクト分野での受賞となり、そのうち「PowerShot ZOOM」は最高位に当たる金賞に選ばれた。(2021/4/27)

週末に「へえ」な話:
キリンVS. アサヒ 自宅の「あわ」を制するのは、どっちか
2021年上半期の流行語大賞は「あわ」ではないか。そう感じさせられるほど、キリンとアサヒがビールの「あわ」にこだわっているのだ。どういうことかというと……。(2021/4/24)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「TQMのカイゼンがDX推進のドライバになる」はあり得るか
TQM(総合的品質管理)の実践は、DX推進効果もあるのではないでしょうか。2019年にデミング賞大賞を受賞したトヨタ自動車九州のTQMの取組事例を例に、考察してみましょう。(2021/4/14)

「お二人とも痩せたんですね!」 上方漫才大賞の「かまいたち」、13年前の“ビッグサイズ”なショットに反響
大賞受賞おめでとうございます!(2021/4/11)

「2021年サンリオキャラクター大賞」投票がスタート 結果発表会は「マイナビ 東京ガールズコレクション」とコラボレーション
推しキャラに投票しよう!(2021/4/9)

好きな名前で“推し・担ネームプレート”が作れるアクリルバッジも! 「サンリオキャラクター大賞」グッズに懐かしのキャラクターが大集合
推しキャラのアイテムを集めたくなる。(2021/4/8)

第16回「オタク川柳」結果発表! 大賞は「経済の 柱となった 炭治郎」
今年は『鬼滅』な一句が大賞に!(2021/3/31)

上白石萌音&佐藤健の“恋つづ”が「TVerアワード2020」ドラマ大賞に 1年間の再生数は1878万回
最高なドラマだった。(2021/3/19)

デザインの力:
「コクヨデザインアワード2021」受賞作品が決定、国内外1401点の中から
コクヨは、働く/学ぶ/暮らすシーンで新しい価値を創出するプロダクトデザインを募集し、商品化を目指すコンペティション「コクヨデザインアワード2021」の最終審査を終え、グランプリおよび各賞の受賞作品を決定した。(2021/3/17)

富士ソフトの株主優待に「しいたけ詰め合わせ」があるって本当!? 担当者「品評会で6年連続金賞を受賞している自慢のしいたけを味わっていただきたい」
最高のしいたけ、食べてみたい!(2021/3/11)

Cocomi、「第7回カバーガール大賞」話題賞を受賞 メディア初登場となった『VOGUE JAPAN』表紙で話題に
メンズ部門では平野紫耀さんが2連覇。(2021/3/4)

総務大臣奨励賞に「シン・テレワークシステム」の登大遊さんら サイバーセキュリティ分野の功績を表彰
総務省はサイバーセキュリティ分野での功績を表彰する「総務大臣奨励賞」の受賞者に「シン・テレワークシステム」の開発で知られる情報処理推進機構(IPA)の登大遊サイバー技術研究室長を含む2人と1団体を選出したと発表した。(2021/2/26)

2021年も「サンリオキャラクター大賞」開催決定! かわいくて個性あふれる80キャラクターがエントリー
1位は誰の手に……?(2021/2/25)

「経済の 柱となった 炭治郎」 第16回「オタク川柳大賞」の一般投票がスタート
他にも「『え、オタクなの?』うっせぇうっせぇうっせぇわ」「部屋映り 上司に言われた『子供部屋?』」など秀逸な作品が多数。(2021/2/22)

産業動向:
ジョンソンコントロールズ、2021年のIoTブレイクスルーアワードに選出
ジョンソンコントロールズは「2021 IoTブレイクスルーアワード」で「IoTパートナーエコシステム・オブ・ザ・イヤー」に選出された。OpenBlueデジタル戦略を通じサスティナビリティを推進する。(2021/2/10)

FAニュース:
「社長来る!」 情報速度は 5G――第7回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2020年10〜12月にかけて募集していた「第7回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は社内の口コミの早さを表現した「『社長来る!』 情報速度は 5G」が受賞した。(2021/1/26)

マンガ大賞『ブルーピリオド』が2021年にテレビアニメ化 YOASOBIも過去のコラボで「大いに刺激をいただきました」
原作者・山口つばささんは「ワクワクして待っていただけたら嬉しい」。(2021/1/19)

PR:第1回「ebookjapanマンガ大賞」がユーザー投票受付中! ノミネート作からねとらぼ編集部の推しマンガを厳選してみた
ebookjapanが選ぶ「いま最もおすすめしたい20作品」。(2021/1/18)

「Ruby biz Grand prix 2020」表彰式レポート:
PR:「これからの日本と世界を変えるインパクト」を持った9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発された「Ruby言語」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2020」の表彰式が、2020年12月16日に開催された。23企業24事例の応募から、大賞2点、特別賞3点、そしてVertical Solution賞4点が選出された。(2021/1/15)

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

LiSA、「炎」でレコード大賞受賞 「わたしはわたしの責務を全うできれば」と新たな決意つづる
今日もいい日だっ!(2020/12/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。