ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アルゴンキン、ピースナウ、プトマヨ…… ゴスロリパンクブランドは本当にV系と共に衰退したのか?
衰退の理由は「ヴィジュアル系の人気が低下したから」?(2019/3/20)

Instagram内でショッピングが完結する「Checkout」β開始
Instagramが、ブランドの投稿内の商品をInstaramから離れずに購入できる新機能「Checkout」のクローズドβを米国で開始した。ユニクロ、Adidas、ZARAなどが参加している。(2019/3/20)

メルカリ、「写真検索機能」導入 写真に写った物と似た商品をAIが探してくれる
商品やブランドの名前が分からない物も探せます。(2019/3/18)

ユニットコム、Radeon RX 590を搭載したコスパ重視のゲーミングデスクトップ
ユニットコムは、“iiyama PC”ブランド製ゲーミングPCのラインアップにRadeon RX 590搭載モデルを追加した。(2019/3/18)

CRMの限界を超える:
サブスクリプションが解 初代バチェラーが語る、顧客との継続的な関係を築くブランディングとモノ作り
初代バチェラーとして知られる久保裕丈氏は現在、家具のサブスクリプション型レンタルサービスを手掛ける。顧客と継続的な関係を築くためにブランディングはどうあるべきか、久保氏がさわやかに語った。(2019/3/18)

PR:CP+2019でRAW現像、写真編集の魅力をアピールしたマウスコンピューター
よい写真を作るためには、処理性能の高いPCが必要――国産RAW現像ソフトメーカーやプロ写真家に、マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」の魅力を聞いた。(2019/3/15)

テクニクスのDJ向けアナログターンテーブルが11年ぶり復活 「SL-1200MK7」を5月発売
パナソニックがテクニクスブランドのアナログターンテーブル新製品「SL-1200MK7」を発表した。純粋なDJ向けターンテーブルは2007年に発売された「SL-1200MK6」以来11年ぶり。(2019/3/14)

ASUSから「ZenSIM」登場 IIJmioの音声SIMを独自ブランドで販売
ASUS JAPANが、IIJmioの音声SIMを発売。同社の直販限定で提供する。サービス開始記念のキャンペーンも実施する。(2019/3/8)

Google、“ローカルAI”構築用ワンボードコンピュータやカメラを「Coral」ブランドで発売
Googleが、クラウドではなくエッジでAI処理を行う“ローカルAI”構築のための5つのハードウェアを「Coral」ブランドで発表した。「Edge TPU」搭載のワンボードコンピュータやこのボードに接続できるカメラ、Raspberry PiでのAI処理を可能にするためのアクセラレータなどだ。(2019/3/7)

ディズニー傘下の動画やコンテンツが見放題、使い放題――「Disney DELUXE」始動 月額700円で3月26日スタート
ディズニー傘下の「ディズニー(Disney)」「ピクサー(Pixar)」「マーベル(Marvel)」「スターウォーズ(STAR WARS)」ブランドの動画やコンテンツが見放題、使い放題となる定額サービスが3月26日にスタート。認証や決済、販売促進面でNTTドコモがサポートする。【更新】(2019/3/7)

PR:PCにもっとこだわりたい人へ 「富士通品質」という回答
日本のユーザーにとって、安心して長く使い続けられるPCとはどういったものか。富士通クライアントコンピューティングの「FMV」ブランドは、その一つの答えを提示する。(2019/3/16)

Mouse、光学ドライブも装備したCore i3搭載15.6型ベーシックノート
マウスコンピューターは、「mouse」「MousePro」の両ブランドからCore i3搭載の15.6型ノートPCを発売する。(2019/3/6)

急成長した中韓勢:
パナソニック、敗北からの挑戦 メーカーで広がる「デザイン経営」とは
メーカーにおけるデザインの定義が変わりつつある。従来は製品の形や色を決めるものとして考えられてきたが近年、ブランド価値の創出やイノベーションを実現する力になると認識され、「デザイン経営」という言葉が注目され始めている。日本を代表する総合家電メーカー、パナソニックも同様で、デザインの拠点を昨年4月に京都に新設し、世界のメーカーとの競争に勝てる家電開発を目指している。(中山玲子)(2019/3/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1660 Tiカードの裏で、好調なRadeon RX 590/580/570
GeForce GTX 1660 Tiカードのラインアップが順調に増える中、売れ行きの面でRadeon RX 590/580/570の存在感が無視できなくなってきたと語るショップが複数あった。ブランドの壁って、もうない?(2019/3/4)

Amazon.com、機械学習採用のコピー品検出・削除ツールをブランドに与える「Project Zero」
Amazon.comが、ブランドコピー(偽ブランド品)撲滅を目指す「Project Zero」を米国で開始した。参加ブランドに機械学習ツールを無料で提供し、セルフサービスで自社ブランドのコピーをAmazonから削除させる。削除データはAmazonのツール強化に利用する。(2019/3/3)

「ビジネスを保つことが、とても難しい」 梨花、自身のブランドショップを全店舗閉店へ 決断にファンから悲しみの声
2012年に1号店がオープン。(2019/3/2)

牛角、フレッシュネスバーガー、かっぱ寿司でも「PayPay」が利用可能に
コロワイドは、同社が運営する全店舗へスマホ決済サービス「PayPay」を順次導入すると発表。「牛角」「フレッシュネスバーガー」「かっぱ寿司」など50ブランド・2485店舗を対象とする。一部のブランドでは「PayPay」で支払うとお得に食事を楽しめるキャンペーンを行う。(2019/3/1)

サードウェーブ、ビジネス向け新ブランド「THIRDWAVE Pro」を発表 第一弾製品を販売開始
サードウェーブは、法人向け製品の新ブランド「THIRDWAVE Pro」の発表を行った。(2019/3/1)

「ZOZO離れ」歯止め不透明……割引表示「軌道修正」も新たな離脱組
有名ブランドの撤退が相次いでいるZOZO(ゾゾ)が、原因となった割引キャンペーン制度の価格表示について軌道修正した。一連の“ゾゾ離れ”についても公式に言及、「出品点数は増えている」と強調したが、夕刊フジの取材では新たな「離脱組」も出ており、歯止めとなるかは不透明だ。(2019/3/1)

ゲームブランドのminoriがソフト制作を終了 新海誠「素敵なコンテンツをありがとう」
Twitterでは「minori」がトレンドに入り。(2019/2/28)

「BlackBerry KEY2」レッドモデル、限定100台で発売
FOXは、4月中旬に「BlackBerry KEY2」のRED EDITIONを限定100台で発売する。スペックは現行モデルと同様で、00から99のシリアルナンバーが入った「LORNA PASSONI」ブランドの高級レザー専用ケースを用意。付属のヘッドセットもRED EDITIONに合わせたカラーリングとなっており、予約開始は4月上旬を予定している。価格は8万9800円(税別)。(2019/2/27)

Spigen、Galaxy S10/S10+/S10e用ケースを発売 Amazonストアであわせ買いキャンペーンも
Spigenは、2月27日にGalaxy S10/S10+/S10e用ケースを公式ストア・Amazonストアで発売。デザインを損なわないクリアケースや薄型軽量ケースをはじめ、女性向けブランド「LA MANON」の新デザインケースも用意。Amazonストアであわせ買いキャンペーンも実施する。(2019/2/27)

“ZOZO離れ”報道に対し、ZOZOは「全体に与える影響は限定的」とコメント 割引価格非表示の新機能も追加
大手衣料ブランドがZOZOTOWNから撤退しているとの報道を受け、運営会社のZOZOは「影響は限定的」とコメントを発表した。(2019/2/26)

MWC19 Barcelona:
5台アウトカメラの「Nokia 9 PureView」、3月に699ドルで発売へ
Nokiaブランドを保有するHMD Globalが、5台のZEISSレンズカメラ搭載のAndroidスマートフォン「Nokia 9 PureView」を発表した。5台のカメラで同時に1枚の画像を撮影することで、高品質な画像を実現する。(2019/2/26)

スピン経済の歩き方:
やっぱり、前澤社長が悪いのか 「ZOZO離れ」の原因
「ZOZO離れ」が止まらない。有名ブランドが次々に離れている事態を受けて、「前澤社長の言動が悪い」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は、ちょっと違う見方をしていて……。(2019/2/26)

品質保証の本質とIoTの融合(1):
日本製造業の品質保証が抱える問題、解決の方向性を示す
2017年後半から検査不正問題や製造不良による事故の発生が相次ぎ、高品質をウリとする日本製造業ブランドを揺るがしかねない状況です。そこで本連載では、これまで日本製造業では品質保証をどう行ってきたのか、品質保証における問題は何かといった点に注目し、問題解決の方策について各種手法や最新技術の活用、組織マネジメント論の面から取り上げます。(2019/2/26)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

“ZOZO離れ”止まらず……今度は「ノースフェイス」撤退
衣料品通販サイト、ZOZOTOWNから大手ブランドの撤退が相次ぐなか、有名アウトドアブランド「ノースフェイス」が今月18日から出品を見合わせ、完全撤退に向けた準備に入っていることが分かった。(2019/2/25)

「情けなく、申し訳ない」:
ZOZOが初の減益 要因を検証してみた
インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が平成10年の会社設立以来初の減益となる。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。ツイッターで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、主力のネット通販サイト「ゾゾタウン」では出店を取りやめる“ゾゾ離れ”が顕在化。時代の寵児(ちょうじ)の足元は決して盤石ではない。(柳原一哉)(2019/2/25)

Y!mobileの「かんたんスマホ」が迷惑電話対策機能を追加 新色も3月7日発売
Y!mobileブランドで販売中のシニア向けスマートフォンに、迷惑電話対策機能が追加される。ソフトウェア更新を行えば追加料金なし(無料)で利用できる。3月7日には新色「シルバー」も追加する。(2019/2/21)

マウス、RTX 2060搭載デスクトップPCを各ブランドから発売
マウスコンピューターは、同社PCブランド「mouse」「DAIV」「G-Tune」からそれぞれGeForce RTX 2060搭載デスクトップPCの販売を開始する。(2019/2/21)

ZOZO初の減益へ ゾゾスーツのPB大誤算、アパレル各社離反も痛手
ZOZOが1998年の会社設立以来初の減益となる。「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。Twitterで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、出店を取りやめる“ZOZO離れ”が顕在化している。(2019/2/21)

今日のリサーチ:
企業のリアルイベント実施目的は「ブランドへの好意獲得」――GENEROSITY調べ
GENEROSITYは企業のリアルイベントに関するアンケート調査を実施しました。(2019/2/21)

バンダイ、AIカードゲーム「ゼノンザード」発表 HEROZと共同開発
バンダイがAIを活用したデジタルカードゲームのブランドを立ち上げた。第1弾として、スマートフォン向けアプリ「ゼノンザード」を発表。(2019/2/20)

SOLIDWORKS World 2019:
3D界のYouTubeを目指す――3DEXPERIENCE.WORKSが描くSOLIDWORKSの青写真
SOLIDWORKS World 2019では4つの発表を通じて、3DEXPERIENCEプラットフォームとの連携を深化させることを明らかにした。SOLIDWORKSブランドのCEO(最高経営責任者)であるジャン・パオロ・バッシ(Gian Paolo Bassi)氏は、SOLIDWORKSを3D市場におけるデファクトスタンダードとする青写真を描く。(2019/2/20)

製造マネジメントニュース:
ホンダが本田技研含めた体制変更、欧州では「電動化を機にブランド強化」
ホンダは2019年2月19日、東京都内で会見を開き、同年4月1日付の組織運営体制の変更と、四輪車の電動化に向けた生産体制の見直しについて発表した。(2019/2/20)

格安SIM業界初:
ユーザーからの“愛”でサブブランド対抗 mineo「アンバサダー制度」は吉か凶か
MVNO「mineo」を運営するケイ・オプティコムが2019年の事業戦略を発表。事業方針や契約数といった情報をコアユーザーに共有し、新サービスなどを一緒に考える「アンバサダー制度」を3月から開始するという。業界初の取り組みは、どのような成果をもたらすのだろうか。(2019/2/19)

IT管理者なら必ず押さえておきたい
「Windows 10 Enterprise」を理想の姿にする5つのカスタマイズ機能
システム管理者が「Windows 10」をカスタマイズするための5つの機能「カスタムログオン」「フィルターキー機能」「Shell Launcher」「ブランドではないブート」「統合書き込みフィルター(UWF)」について紹介する。(2019/2/16)

狙われる日本:
訪日外国人による「偽造クレカ」犯罪 その巧妙な手口とは……
インバウンド(訪日外国人客)による消費が増加する日本国内で、偽造クレジットカードで高級ブランド品などを購入する事件が相次いでいる。偽造対策が遅れている日本を外国人犯罪グループが標的にしており、摘発される外国人は急増。偽造カードの持ち込みやブランド品購入などの役割を細分化するなど、手口は巧妙化している。(2019/2/15)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク、NTTドコモの対抗馬は「ワイモバイル」で決まり――KDDIとUQモバイルはどんな戦略を練っていくのか
ソフトバンクが上場後初となる決算説明会を開催。「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドでドコモの料金値下げに対応する姿勢を示したが、これで難しいかじ取りを迫られるのがKDDIとUQコミュニケーションズだ。(2019/2/15)

SOLIDWORKS World 2019:
「xDesign」に続く、SOLIDWORKSブランド第2のxApp「xShape」登場
SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2019」において、Webブラウザベースの3次元設計環境「SOLIDWORKS xDesign」に続く、新たなxAppアプリケーションとして「SOLIDWORKS xShape」が発表された。その特長や狙いを解説する。(2019/2/13)

スマホ中心の金融を目指して――「auフィナンシャルホールディングス」4月発足 傘下企業のブランドは「au」に統一
スマホを中軸に据えた金融事業を展開すべく、KDDIが同事業を統括する中間持株会社を設立。傘下の関連会社は「au」を冠する社名に変更する(一部許認可取得後)。(2019/2/12)

モバイルバッテリーがPSEマーク必須に マークがあれば安心なのか
2月1日からモバイルバッテリーへのPSEマーク表示が義務化された。マークのある製品なら安心して使えるのだろうか。表示に必要な試験や検査について、モバイルバッテリーブランド「Anker」と「Cheero」に聞いてみた。(2019/2/12)

メルカリでApple製品を高く売るちょっとしたコツ
メルカリの取引ブランドランキングで上位に入るApple製品。できるだけ高く売るにはどうすればいい?(2019/2/8)

木造大スパン:
中大規模の木造建築市場に新ブランド「モクタス」で本格参入、東急建設
東急建設は2019年2月1日、今後拡大が見込まれる「中大規模木造建築市場」へ本格参入し、新ブランド「モクタス」を立ち上げた。新開発した8.19mスパンの木造中空間を創出する「連続斜め梁構法」などの木造建築技術を積極的に展開する。(2019/2/4)

「ソフトバンク」と「Y!mobile」 2ブランド併存戦略の“功罪”
ソフトバンクには「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドが併存している。同社は両ブランドの料金プラン設定などを変えることでより幅広いニーズに応えようとしているが、課題もある。両ブランドは、今後どうなるのだろうか。(2019/2/6)

「スープラ」が話題:
東京オートサロンに国内活性化のヒント カギは顧客目線の車造り
個性をとがらせた車が国内外の自動車イベントで存在感を発揮している。1月に開かれた改造車の祭典「東京オートサロン」は、スポーツカーブランドの競演も原動力となって、過去最多の来場者を獲得。米ミシガン州デトロイトで同月に開かれた北米国際自動車ショーでは、トヨタ自動車が17年ぶりに復活させたスポーツカー「スープラ」が話題を呼んだ。そこには、車ファンの裾野を広げるヒントが隠されている。(2019/2/6)

Y!mobileは2019年度上半期に分離プラン対応へ ソフトバンク宮内社長が言及
ソフトバンクが上場後初となる決算説明会を開催。同社の宮内謙社長が、ソフトバンクとY!mobileの両ブランドにおける「分離プラン」について言及した。(2019/2/5)

Spigen、ツートーンカラーが映えるiPhone XR/XS/XS Max用ケース「ジュープ」発売
Spigenの新ブランド「LA MANON」から、iPhone XR/XS/XS Max用の新型ケース「ジュープ」が登場する。TPU製の半透明インナーケースにポリカーボネート製のカバーを被せる二重構造で、ローズゴールドのラインをアクセントとしたツートーンカラーが映えるデザインに仕上がっている。(2019/2/5)

トランプ大統領も前向き:
「アメ車」救った中国市場 米産業界、摩擦緩和求め圧力
米国と中国が「貿易戦争」解消を目指す協議を進める中、米産業界から米政権に対して対立緩和を促す声が強まっている。米企業の成長を支えた対中貿易の低迷や、中国の景気減速への懸念が米株式市場を揺さぶる中、トランプ米大統領も「中国は合意を望んでいる」と協議進展に前向きだ。米国の製造業を代表する自動車メーカーの一部ブランドは中国販売のおかげで「存続の危機を脱した」とされ、米企業は中国との「切れぬ縁」を再確認している。(ワシントン 塩原永久)(2019/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。