ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「料理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!料理・グルメ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で料理・グルメ関連の質問をチェック

低温調理器「BONIQ」人気 SNSに肉料理、口コミで普及
欧米では静かなブームとなっている真空低温調理器。100度以下の温度を自在に扱える調理器として注目され、肉料理などで利用が進んでいる。(2019/3/22)

佐々木希、“秋田の星”藤あや子の手料理に「すったげんめがった…」 肩組み2ショットも公開
佐々木さん「秋田のおなごとして尊敬します」。(2019/3/18)

圧倒的不審者の工房:
自宅でおいしいパン作り → いつの間にかカーボンより硬い「パン包丁」が完成、抜群の切れ味を発揮
これが未来のお料理動画だ(大嘘)。(2019/3/16)

「パンに塗る柿ピー」爆誕! 柿の種入りピーナッツバターが新機軸すぎる
料理やアイスのトッピングにも。(2019/3/5)

ガリとわさびをお好みで:
和食料理人が考案 「くらバーガー」を食べて分かった商品開発の狙い
くら寿司がハンバーガーを開発した。3月1日から発売する。実際に食べてみながら商品開発の狙いを聞いた。(2019/3/1)

PR:渋谷「兆楽」に通しか知らない裏メニューが存在する? ドラマ「QUEEN」に出てきた中華料理店で注文してみた
ドラマで登場した裏メニュー……実在していたの?(2019/2/23)

ハイタイプが人気:
「こたつ」で乾杯……カフェや展望台に専用席に予約殺到
「こたつ席」を設けたカフェやレストラン、居酒屋などが話題になっている。JR大阪駅(大阪市北区)のビル内のカフェや、あべのハルカス(同市阿倍野区)の展望台に設置したところ、幅広い世代の人気を集め、予約でいっぱいという。席ではイルミネーションや都会の街並みを眺めながら、ホットドリンクや鍋料理が味わえ、「リラックスできる」などと好評だ。かつてはこたつを囲んでの家族だんらんがお茶の間の風物詩だったが、核家族化が進んでこたつそのものの生産も減少傾向にある。果たして、こたつが再び脚光を浴びることはあるか――。(高橋義春)(2019/2/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「なまはげ」居酒屋にお客が殺到! 秋田県内に“存在しない空間”の魅力とは
秋田県の郷土料理と「なまはげ」と触れ合える居酒屋にお客が殺到している。その再現度の高さから秋田県人以外も魅了している。大ヒットの秘密とは?(2019/2/5)

四川料理はどうして辛くなったのか
激辛好きにはたまらないけどね。(2019/2/3)

【Kindleセール】クックパッド監修の「クッキングパパ」人気レシピなど、講談社の料理本が200円均一
うまいぞっ!(2019/1/28)

SNSで人気の料理研究家・リュウジさんのレシピ本『バズレシピ 太らないおかず編』が重版決定
手軽でおいしそうなメニューがいっぱいです。(2019/1/25)

あの会社のこの商品:
ちょっとした工夫で“ホクホク”! 家庭用「焼き芋メーカー」の開発秘話
特定の料理づくりに特化した調理家電は便利な半面、汎用性に乏しく、買っても次第に使われなくなる恐れがある。しかし、工夫すれば日常使いできる汎用性を持たせることができ、ヒットにつなげることが可能だ。そのことを示したのがドウシシャの「焼き芋メーカー Bake Free」である。(2019/1/25)

手間いらず健康食材:
今年の食「サバ」 水煮缶ヒット、ブランド化も
平成最後の年を象徴する食はサバ――。平成30年の世相を反映した「今年の一皿」にサバが、家庭料理を代表する「食トレンド大賞」にサバ缶がそれぞれ選ばれた。ここ数年、魚の人気は熟成肉や鶏むね肉など、肉に押されがちだったが、魚食の良さが見直された年になった。(榊聡美)(2018/12/26)

「火にかけて2時間放置する」 → 「ひどいありさまだ」 ディスカバ「男気クッキング」あんまりな展開に笑いと涙
たき火はガスレンジのように自在に操れませんでした。(2018/12/21)

【10%への壁】独仏では複数の税率「当然」
12月に入ってクリスマスムードに包まれたベルリン北東部の美しい街、プレンツラウアーベルク。この界隈(かいわい)で90年近く営業を続ける屋台に観光客が行列を作っていた。目当ては、ケチャップとカレー粉で味付けされた名物料理「カレーソーセージ」。順番が回ってくると女性店員に尋ねられた。「店内で食べますか。それとも、持ち帰り?」(2018/12/17)

ドラえもんのひみつ道具「畑のレストラン」を丸い大根で再現 夢の料理に「完璧」「憧れが実現した」と絶賛の声
「映画ドラえもん のび太の日本誕生」に登場する「ジャイアンのカツ丼」を作っています。(2018/12/16)

アツアツふっくら蒸し料理生活の始まりや! 自宅肉まんが捗りそうな一人用卓上フードスチーマーが登場
おひとり様のぜいたく。(2018/12/14)

ねこモチーフがかわいい! キッチンツール「ねこのまな板シート」と「ねこのサンドイッチ型」が登場
料理やお弁当を楽しくかわいく演出してくれます。(2018/12/14)

「私の思考回路、本気で大丈夫か」 平愛梨、料理中に新たな“天然伝説”を生み出してしまう
あ……ありのまま 今起こったことを話すぜ!(2018/12/6)

窪田正孝の変身シーンだと? 女児向け特撮「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」にカリスマ料理研究家役で出演
トレンド入りする未来しか見えない。(2018/12/4)

発祥は関西:
ライスだけ注文「ソーライス」 阪急百貨店“伝説の大食堂”
母親は気軽にカレーライス、祖母はあっさりとざるそば、そして子供は旗が立つお子様ランチ――。昭和の時代、いつもよりおめかしをしてデパートにやってきた家族連れが、好みの料理を楽しんだ大食堂。関西は阪急百貨店がその草分けといわれ、全国的には姿を消しつつある現在も大丸京都店に雰囲気を味わえるレストランが残る。(2018/11/22)

料理人派遣で「交流の場と働き方」提供 グラアティアCEOが起業したキッカケ
グラアティアは、企業に料理人を派遣して、従業員が食事を囲みながらコミュニケーションを図る場を提供する。(2018/11/20)

銀座のマロニエゲートに「ペネロペカフェ」オープン ペネロペの世界観を堪能できる料理やドリンクを提供
ペネロペ誕生15周年!(2018/11/15)

住むほどに住民好みに 記念日にはサプライズも パナがAI住宅発売
パナソニックは2日、家の中の家電製品などがインターネットにつながり、人工知能(AI)が住人のライフスタイルを学習して暮らしをサポートする次世代住宅「カサート アーバン」を3日に発売すると発表した。モニターで気候に合わせた料理を提案してくれたり、家族の記念日には音楽や照明でサプライズ演出もしてくれる。(2018/11/5)

おいしいカレーを守る:
後継者不足で廃業する飲食店に「待った」 ゴーゴーカレーが事業承継に意欲
カレー専門店チェーンを運営するゴーゴーカレーグループがM&Aに注力。2017年に金沢市の老舗インド料理店「ホットハウス」の事業を引き継いだのを皮切りに、全国の飲食店に対しても事業承継を呼び掛けていく。(2018/11/2)

スマホで料理を事前注文 JR東、駅ナカで導入へ
JR東日本は、首都圏の駅ナカ施設で、客がスマートフォンから料理などを来店前に注文し、決済できるサービスを導入していく。(2018/10/22)

長崎料理をメインで提供:
「1000円超のすごいちゃんぽんを出す」 リンガーハットが明らかにした新業態店
リンガーハットが長崎料理を提供する新業態店である長崎卓袱浜勝銀座本店を東京・銀座にオープンする。長崎名物の卓袱(しっぽく)料理だけでなく、1000円超のちゃんぽんなども提供するという。(2018/10/18)

ピース綾部、渡米1カ月でアメリカンドリームゲットしていた Netflixの料理バトルショーに出演
綾部「アメリカの番組に出ている以上、世界デビューした事に変わりないので、最高でした」(2018/10/17)

「美味しすぎて感動した」「世界変わった」 おしゃべりクッキング紹介の“卵かけご飯”にネット民から絶賛の声
これはやったことない作り方だった。(2018/10/13)

送られてきた画像で「ない本」を作るTwitterアカウントがわくわくする ただの海水浴写真が壮大な本格SF小説に
道端に落ちた汚いフライパンの写真も、貧乏学生が成功していく料理小説……風の文庫カバーに変身。(2018/10/7)

ホテル龍名館で「おせちビュッフェ2019」開催 平成に大流行したあの食材を含むおせち料理が食べ放題
「平成」最後のお正月に「平成」を堪能するおせち誕生。(2018/10/5)

LINEで料理を注文、店で受け取る「LINEテイクアウト」 来春スタート
ユーザーが飲食店にLINEで料理を注文し、店まで受け取りに行く「テイクアウト」サービスが始まる。(2018/10/3)

1階はキッチン、2階に座席:
バス×食事の「レストランバス」はいかが? 東京でも出発進行
「移動中に食事ができる」と聞くだけで、なんだかワクワクしてしまうが、バスの中で本格的な料理を楽しむことができるサービスがスタートしている。高速バスなどを運営しているWILLERが2年前から始めていて……。(2018/9/23)

めっちゃわかる 「一人暮らしの料理スキルの理想と現実」イラストに共感しかない
手間を掛けないことが大事になっていくんだ……。(2018/9/21)

座って食べても高回転:
「いきなり!ステーキ」と「俺の」シリーズで、“脱・立ち食い”が進む背景
立ち食い形式で料理を提供することで「低単価、高回転」を実現していた「いきなり!ステーキ」や「俺の」シリーズで椅子席が増えている。なぜ方針転換があったのか。そして、椅子席で高回転は実現できるのか?(2018/9/12)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
徹底的に撮り比べ! 夏の5大カメラスマホ十番勝負(後編)
Xperiaのアウトカメラのデュアル化によって、2018年夏の主要なハイエンドスマートフォンは「デュアルカメラ(一部トリプルカメラ)」となった。ということで、2回に分けて撮り比べることにした。今回は後編として「料理」「人物」「ポートレート」「インカメラ」「夜景」の作例を見比べてみよう。(2018/9/7)

「いつもどんな料理作ってるの?」に答えたら馬鹿にされ…… あるあるな反応にもの申す漫画に共感集まる
名もなき料理も立派な料理!(2018/9/4)

【マンガ】「世界で最も長生きした動物」は、食卓にものぼる“あの生物”
スープ料理の材料。(2018/8/23)

おかゆを火にかけたまま忘れて放置しちゃった! → 謎のおいしそうな物体が偶然生まれる
外はパリパリ、中身はしっかりおかゆという、奇跡の料理が誕生。(2018/8/17)

まるでお店みたいな「くまのプーさん」メニューが作れる! ABCクッキングスタジオにかわいすぎるレッスンが登場
こんなん作れたらメッチャ自分を褒める。(2018/8/14)

「麻婆豆腐の様子が何かおかしい」 奥さんが手間暇かけて作ったサプライズ料理に「ステキ」「美味しそう」の声
見た目はただの冷奴、その中身は……!(2018/8/12)

お肉に見えるけど実はスイカ スイカをくん製にした料理がニューヨークで誕生
どんな味なんだろう。(2018/8/11)

「ペヤング」のソースがボトル入りで発売 カップ焼きそばに追いソース、家庭料理にも使える
8月27日から全国でも展開予定。(2018/8/9)

クックパッド、料理イベント予約サービス「クックパッド・ドゥ!」開始
クックパッドが料理イベントの検索や予約が行えるサービス「クックパッド・ドゥ!」の提供を始めた。ユーザーは開催日や目的ごとに料理教室やイベントを探して参加できる。(2018/8/8)

水曜インタビュー劇場(昆虫食劇場):
コオロギを食べ続けて、どんなことが分かってきたのか
コオロギやハチの幼虫などを食べる――。「虫を口の中に入れるなんて絶対に嫌」という人にはちょっと信じられないかもしれないが、昆虫を使っていかにおいしい料理をつくることができるのか、といったことを研究している人がいる。本人にインタビューした。(2018/8/8)

スシやアニメだけがクールジャパンじゃない:
日本の料理学校で外国人が「和食」より「洋菓子」を学ぶ深い訳
料理の名門「辻調」の製菓学校で洋菓子作りを学びに留学する外国人が増えている。日本の高い技術やビジネスモデルの習得が目的だが、法規制のため卒業後日本の洋菓子店で実務経験を積めないのが課題。(2018/8/3)

復旧には時間を要する:
キユーピー、缶入り「ミートソース」など販売休止 缶メーカーが豪雨で被災
キユーピーが、家庭用の缶入りパスタ用ソース・料理用ソース計5品目の製造・販売を休止。缶の製造を委託しているメーカーが西日本豪雨で被災したため。(2018/7/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
急成長する「伝説のすた丼屋」 模倣を難しくしている独自の調理法と秘伝のタレ
ボリューム満点の「すた丼」を提供する「伝説のすた丼屋」が急成長している。かつては学生街を中心に出店していたが、商業施設内やロードサイドにも進出するようになった。すた丼は見た目が豪快だが味は繊細で、模倣が難しい料理だ。独自のビジネスモデルとすた丼の調理方法に迫る。(2018/7/17)

英語には「中華料理店でよく見掛ける回転テーブル」を指す言葉がある
「アンティーク回転テーブル」なんてものも存在。(2018/7/12)

狙うはブランドの“若返り”:
キユーピーのマヨネーズを出す「穴」 3年かけて3つに増やす深い訳
キユーピーが一部のマヨネーズのキャップの穴を1つから3つに増やす。かける際の楽しさや料理の見栄えを良くすることで30〜40代にアピールする。(2018/7/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。