ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デトロイト・メタル・シティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デトロイト・メタル・シティ」に関する情報が集まったページです。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が榮倉奈々×安田顕のW主演で実写映画化
次第にエスカレートしていく死にっぷり。(2017/5/25)

リスナー困惑! 松山ケンイチが杉田智和ラジオ「アニゲラ」次回ゲストに
どんな経緯で実現したんだ。(2016/2/13)

正統派からゆるふわ系まで!おすすめのバンド漫画10選
(2015/9/28)

ヤンマガ37・38合併号で『みんな!エスパーだよ!』『砂の栄冠』完結
巻頭カラーは『代紋TAKE2』『モンタージュ』などで知られる渡辺潤さんの新連載『クダンノゴトシ』。(2015/8/10)

本屋探訪記:二足のわらじ的ブックカフェ「Brown’s Books & Cafe」は下北沢にある
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は下北沢の「Brown's Books & Cafe」を紹介する。(2014/2/3)

Huluが東宝とコンテンツ・パートナーシップを締結——“セカチュー”や「ホームレス中学生」も
フールージャパンLLCが東宝とのコンテンツ・パートナーシップを発表した。9月21日から東宝の映画が「Hulu」で視聴できるようになる。(2013/9/19)

Huluで劇場版「セカチュー」「ハゲタカ」など視聴可能に 東宝と提携
オンライン動画サービス「Hulu」が東宝とコンテンツ・パートナーシップを締結。9月21日から同社の映画を配信する。(2013/9/19)

新ジャンル「デスボイス幼女」誕生 6歳の女の子が披露したパフォーマンスに全米震撼
のちのクラウザーさんである。(2013/6/27)

「8K」スーパーハイビジョンのショートムービー完成 NHKが世界初
スーパーハイビジョンよるショートムービー「美人の多い料理店」をNHKが完成させた。(2013/3/26)

カンヌで上映:
NHK、史上初のスーパーハイビジョンドラマ「美人の多い料理店」
NHKは、スーパーハイビジョン(8K)によるショートムービー「美人の多い料理店 Beauties A La Carte」を発表した。スーパーハイビジョンによるドラマ制作は世界初。(2013/3/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/9/3)

eBookJapanがヤングアニマル作品を続々追加――ポイント5倍キャンペーンも
電子書籍販売サイト「eBookJapan」でヤングアニマル作品の取り扱いが本格的に始まる。また、これに合わせて特設サイトやポイント5倍キャンペーンなども展開される。(2012/8/6)

ヨミコとフミの電書探検:
ヤングアニマルの人気コミックがGALAPAGOS STOREに続々追加 特別コンテンツも
「ふたりエッチ」「デトロイトメタルシティ」「アマガミ precious diary」など、ヤングアニマルの人気作品が電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」に続々登場。ふたりエッチの“特別コンテンツ”も用意されています。(2012/7/13)

震災後、アクセス数は2倍に。変わらぬ日常を伝え続ける、大分合同新聞の「ミニ事件簿」が読まれる理由
大分合同新聞と言えば、ネット上では、身の回りの小さな事件ばかりを扱う「ミニ事件簿」コーナーで有名だ。なぜ「ミニ事件簿」は人々に読まれるのか? 担当者に話をうかがった。(2012/1/6)

日々是遊戯:
「萌え」に疎い人が新作フィギュア商談会を取材したらこうなった
2月10日に秋葉原UDXで開催された、ホビーメーカー19社による合同商談会に、「萌え」をよく分かっていない筆者が行ってきました。(2010/2/15)

クラウザーさん、「ストリートファイターオンライン マウスジェネレーション」に襲来
(2009/2/12)

本山由樹子の新作劇場:
地獄のライヴへようこそ――「デトロイト・メタル・シティ」
人気漫画の破天荒極まりない世界観を見事に再現。素顔はナヨナヨの渋谷系ポップス青年が、ステージに立つと極悪メタルバンドのカリスマ・ボーカルへ。演じた松山ケンイチの怪演は必見!(2008/12/8)

TSUTAYA年間ゲームランキング、DS1位は「ドラクエV」
TSUTAYAのゲームソフト年間ランキングでは、DSトップが「ドラクエV」、Xbox 360トップが「テイルズ オブ ヴェスペリア」といった結果に。(2008/11/17)

東京ゲームショウ2008:
「TGS 2008」会場で見つけた、ちょっとユルめの小ネタ集(その2)
その1に続いて、TGS会場で見つけたユルめの小ネタをお届けします。その2では、破壊力抜群のスク水っ娘や、懐かしの「シュウォッチ」復刻版などを紹介。(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008 「ストリートファイターIV」ステージイベント:
実写映画化続報や長編アニメーションの発表! 大物アーティストとのタイアップも
カプコンブースの「ストリートファイターIV」のステージイベントでは、既に報じられていた実写映画化の続報が伝えられた。加えて、長編アニメーションの制作発表やゲーム内楽曲・テーマソングを人気アーティスト「EXILE」が行うことも発表された。(2008/10/11)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

漫画の実写映画化で重要なのは「雰囲気を壊さないこと」
「DEATH NOTE」や「20世紀少年」など、漫画原作の実写映画が話題になっている。実写映画では二次元から三次元へと表現の方法が変化するが、原作の雰囲気は壊さないでほしいという声が多く挙がった。ネットエイジア調べ。(2008/9/12)

Mobile&Movie 第321回:
デトロイト・メタル・シティ「よかった、番号変わってなかったんだ」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、人気コミックを映画化した「デトロイト・メタル・シティ」。本当はおしゃれな音楽が好きなのに、なぜかデスメタルバンドのカリスマボーカリストになってしまった主人公の“二重人格”ぶりが笑えます。(2008/9/5)

オンラインゲーム最新イベント情報:
クラウザーさん、「ダレットワールド」に降臨
“デス魂”、吹き込みます。(2008/8/21)

クラウザーさんが「残暑お見舞い申し上げます」――EZケータイPOSTに「デトロイト・メタル・シティ」
(2008/8/19)

+D Style 最新シネマ情報:
「デトロイト・メタル・シティ」
「なんて悪魔的なんだ!」と、松ケンの豹変ぶりに圧倒された映画「デトロイト・メタル・シティ」。原作コミックの過激な雰囲気をストレートに実写化し、最後まで笑いが止まらない。(2008/8/15)

日々是遊戯:
まさに悪魔のフィギュア! クラウザーさんが巨大ベアブリックに
この夏は映画化、アニメ化と大人気の「デトロイト・メタル・シティ」。ワンダーフェスティバル2008[夏]会場でも、巨大なクラウザーさんのベアブリックが限定販売され、注目を集めていた。(2008/8/6)

日々是遊戯:
あの“クラウザーさん”がダレットワールドをゲリラジャック中!?
単行本300万部突破、さらに映画、アニメDVD、ゲームと各方面で話題沸騰中の人気マンガ「デトロイト・メタル・シティ」。その主人公であり、デスメタルのカリスマとして圧倒的人気を集める「ヨハネ・クラウザーII世」が、なんとダレットワールドをジャック中らしい!(2008/7/15)

本山由樹子の新作劇場:
「デスノート」のスピンオフ作品――「L change the WorLd」
主人公のキラ以上に目立っていた天才探偵Lの最期の23日間を描いたサスペンス・アクション。通常版と3枚組のcomplete setの2種類で6月25日にDVD化!(2008/4/28)

書籍でも「オリコンランキング」 実売データを集計
書籍の実売部数に基づく販売ランキング「オリコンブックランキング」がスタートした。実売データを元にした全国規模の書籍販売ランキングは国内初としている。(2008/4/3)

日々是遊戯:
海洋堂の人気フィギュア「リボルテック」で一番売れたのは?
独自の間接構造を持ち、誰でも好きなポーズを自由に付けられる面白さで、一躍ヒット商品の座に躍り出た海洋堂の「リボルテック」シリーズ。これまでに50体以上が発売されている同シリーズだが、もっとも売れたのは意外にも……!?(2008/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。