ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドリームエンターテイメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドリームエンターテイメント」に関する情報が集まったページです。

オンラインゲーム最新イベント情報:
スタート時にチャンスあり
時間に限りがあります。イベント開始直後ほどお得です。(2009/1/29)

ラストカオスに、新たなPvPエリア「砂漠のアリーナ」登場
(2008/12/11)

「神説セオス」オープンβテスト、9月26日より開始
(2008/9/22)

「神説セオス」クローズドβテスター枠を追加
(2008/9/1)

「神説セオス」クローズドβテスト概要決定
(2008/8/27)

「Theos Online」から「神説セオス」に――ドリームエンターテイメントが日本独占サービス契約を締結
(2008/8/22)

「ラストカオス」、タクティクスバトル2を開催
(2008/4/10)

30人に幸運が!!――ラストカオス、「幸運のカードキャンペーン」開催
(2007/9/5)

「ラストカオス」、スペシャルサーバーシステムを実装――大規模イベントも開催
(2007/6/14)

総額100万円相当の賞品をプレゼント――「ラストカオス」キャンペーン
(2007/5/25)

「ラストカオス」、ダンジョン「深淵の塔」に8階と9階を追加
(2007/5/24)

「ラストカオス」、豪華賞品が当たるデビューキャンペーン
(2007/4/2)

ラストカオス、新サーバ「シャロム」オープン――オープン記念キャンペーンも実施
(2007/3/1)

「ラストカオス」、ゲーム内をリポートする「突撃記者団」を募集
(2007/2/8)

NPCより指令。グランドモンスターを討伐せよ――「ラストカオス」ゲーム内イベント
(2007/1/29)

新ダンジョンと新モンスターの名前を募集します――「ラストカオス」
(2007/1/22)

ラストカオス、強力レイドモンスターを実装
(2006/12/14)

「ラストカオス」2006年を締めくくるキャンペーン
(2006/12/1)

「ラストカオス」、月見イベントを開催
(2006/10/19)

ラストカオス、「アイリスモール」で期間限定セットアイテムを2種類販売
(2006/9/28)

「ラストカオス」に能力アップの新アクセサリー追加
(2006/9/21)

お世話になっているあの人へ――「ラストカオス」、アイテムプレゼントシステムを実装
(2006/9/14)

「ラストカオス」で紹介キャンペーンをスタート
(2006/9/6)

ラストカオス「サードインパクト 混沌の時代」メインアップデートを実施
(2006/8/31)

ラストカオス、大型アップデート計画で二次職業専用の新スキルを実装
(2006/8/23)

ラストカオス、昆虫採集イベントを開催
(2006/7/27)

「ラストカオス」、カバーアイテムシステムをアップデート
(2006/7/26)

「ラストカオス」攻城戦を7月28日正式実装
(2006/7/20)

ラストカオス、テスト攻城戦を実施
(2006/6/27)

ラストカオス、日本代表応援イベントを開催
(2006/6/9)

ラストカオス、大規模アップデートで新ダンジョン「忘却の神殿」を実装
(2006/5/18)

ラストカオス、有料アイテム販売開始。ランキングシステムも導入
(2006/4/28)

ラストカオス、新ジョブ「ソーサラー」を追加
(2006/4/26)

ラストカオス、連続アップデート第1弾「新たな仲間たち」
(2006/4/19)

ラストカオス、大規模アップデート第1弾を開始
(2006/4/14)

新規キャラクターを成長させて賞金ゲット――「ラストカオス」
(2006/4/13)

AsobeBar、クローズドβテスト開始日を延期
(2006/4/12)

「Asobebar」、1次クローズドβ用クライアントダウンロードを開始
(2006/4/10)

ラストカオス、高レベル向けの新ダンジョンを実装
(2006/4/6)

「ラストカオス」、エピソード2「Chaos in the darkness」がスタート
(2006/3/2)

「LAST CHAOS」、日本オリジナル装備品を公開
(2006/2/24)

「LAST CHAOS」オープンβ開始、エピソード第1弾も同時に実装
(2006/2/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。