ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「就職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!就職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で就職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

関連キーワード

大手日系老舗企業が人気:
難関大の就活生に人気の企業はどこ? 東大、京大、早慶などの20年卒に聞く
上位校向けの新卒採用支援サービス「レクミー」を運営するリーディングマークが、2020年卒就職人気企業ランキングを発表した。東大、京大、早慶など難関大学に通う学生が志望する企業はどこだったのか。(2019/4/18)

東大など上位大学生の就職人気企業ランキング コンサバ? 人気は「日系大手老舗」
大手志向。(2019/4/17)

安定志向:
今の気持ちを漢字一文字で 新入社員に聞く
今の気持ちを漢字一文字で表すとしたら何ですか? この春就職した新入社員に聞いたところ……。日本能率協会調べ。(2019/4/17)

ノルマのきつそうな会社は嫌:
20年卒学生はどんな会社で働きたい? 「やりたい仕事ができる」よりも……
マイナビが2020年卒業予定の学生に就職意識調査を実施した。「どんな会社で働きたいか」という項目では、これまで19年間トップだった「自分のやりたい仕事ができる会社」が2位に転落。1位になったのは……。(2019/4/15)

ひきこもり多い氷河期世代……「生活保護入り」阻止へ早期対応
10日の政府の経済財政諮問会議で、民間議員が提言した「就職氷河期世代」の集中支援。バブル崩壊後の景気悪化で新卒時に希望の職に就けないままフリーターや無職となった若者たちは既に30代半ばから40代半ばに達し、自宅にひきこもるケースも少なくない。政府は3年間の集中プログラムを通じて就職氷河期世代を正規就労に結びつけ、高齢期の生活保護入りを阻止したい考えだ。(2019/4/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「もう、諦めるしかない」 中高年化する就職氷河期世代を追い込む“負の連鎖”
40歳前後になった「就職氷河期」世代に対する支援に、国を挙げて取り組むことを安倍首相が表明した。しかし、就職時の不況や非正規雇用の拡大など、さまざまな社会的要因によって追い詰められた人たちの問題は根が深い。実効性のある支援ができるのか。(2019/4/12)

平均17.3社にエントリー:
20年卒の学生、積極的に就活開始 3月時点で6割以上が一次面接へ
マイナビが2020卒学生の就職活動状況に関する調査を発表した。学生の就活は3月中にどこまで進んだのか。(2019/4/11)

平成の人気企業:
文系・理系の1位は? 2020年卒、就職人気ランキング
マイナビと日本経済新聞社は共同で、2020年卒学生を対象にした「就職企業人気ランキング」を実施し、上位100社を発表した。文系・理系の1位は……(2019/4/9)

就活でも超人気! 「コンサル」とはどんな仕事なのか?
名前はよく聞くけれど。(2019/4/8)

「何もしないという激務をこなす上司のワンコがいます」 幸せな寝顔で部下(人間)を癒やすワンコ
熱烈にこちらへの就職を希望いたします。(2019/4/8)

20年卒就活人気企業トップは「味の素」 今年の傾向は
「安定志向」で人気とのこと。(2019/4/6)

理系人気加速:
2020年卒の内々定率、理系男子は15%以上 マイナビ調査
マイナビが2020年卒の就職内定率調査を発表した。3月末時点の内々定率は12.7%と、16卒の調査以来過去最高。(2019/4/5)

人気の理由は福利厚生:
味の素が初の1位に 2020年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就活情報サイト「みん就」が就職人気企業ランキングを発表。食品・飲料メーカーの人気が上がり、味の素が初の首位を獲得。理由は?(2019/4/5)

就活マニュアル化してる?:
就活の極意、面接は「論理性」と「情熱」のバランスを
就職活動で最も重要なのは「面接」です。なぜなら、最後は面接で終わるからです。エントリーシートやWEBテスト、グループディスカッションなど、さまざまな選考がありますが、企業によっては実施しないケースもあります。しかし、面接選考がない企業はほとんどないでしょう。(2019/4/5)

OB訪問という罠:
就活生暴行事件を生んだ真犯人
就職活動中の学生と個人的に会い、性的暴行を加えた一流企業社員が懲戒解雇されました。大学のキャリア支援の現場でも学生に注意喚起をしていますが、一方で事件を生む土壌も現在の就活システムには潜んでいるのです。(2019/4/4)

「靴ずれしてでもヒールを履くべき」って、おかしくない? 合わない靴を強制するオフィスマナーに疑問を投げかける「KuToo」はなぜ重要なのか
「就活のパンプス本当に無くして欲しい」という就活生の悲鳴に共感集まる。(2019/4/2)

UQコミュニケーションズ次期社長に菅隆志氏が内定 6月13日付で就任へ
UQコミュニケーションズの次期社長に菅隆志副社長が内定。6月13日に開催予定の定時株主総会と取締役会での決議をもって野坂章雄社長からバトンを引き継ぐ見通しだ。(2019/3/27)

自由な服装、自由なメイクで就職活動を―― 伊勢半の「顔採用、はじめます。」が生まれた理由
「スーツ」や「黒髪」がマナーとなった既存の就職活動に対するアンチテーゼ。(2019/3/30)

就活でのチェックポイント:
会社説明会で見える“企業の嫌な点” 「社会貢献ばかりをアピール」「やたらパッションを訴えてくる」との声も
3月に入り、会社説明会が始まりました。これから参加する学生も多いようです。会社説明会は、会社の事業内容やビジョンなどを知るのと同時に、職場や働く人たちの雰囲気を確認することができます。この際、企業の嫌な部分を見つけてしまうこともあるようです。昨年、就活をした学生に、会社説明会やOB・OG訪問で企業の嫌な点が見えたときのことを挙げてもらいました。(2019/3/22)

超売り手市場:
先輩の「就活は楽勝だった」は、本当か
人手不足倒産など圧倒的売り手市場が続く新卒学生の就活。各大学や大都市では合説(合同企業説明会)が行われ、たくさんの学生であふれかえる……はずですが、実際何が起こっているのでしょうか。大学のキャリア支援の場から見てみたいと思います。(2019/3/17)

PR:あなたのイメージは会う前から決まっている!? 就活のカギは「第0印象」! 内定をゲットするための身だしなみ術に迫る
20代男子の55%が写真を加工する時代、写真の加工にNGを出す採用担当者は86.9%。(2019/3/14)

少なくとも80万社は新卒採用実施:
就活成功の秘訣は「身近な」人脈の活用 プロが指南
「就活は情報戦」この言葉をよく耳にするのではないでしょうか。受験のように決められた試験日があるわけではなく、同じ問題が出るとはかぎらないのが就職活動。少なくとも80万社前後は新卒採用を行っていて、この膨大な企業数の中から自分にあった企業一社を選択するのは簡単なことではない。(2019/3/7)

モノづくり業界転職トレンド(6):
選考期間が短くなっている自動車業界の中途採用、なぜ?
急激に求人が増えている自動車業界で、中途採用者選考がスピードアップしている。わずか1日で内定が出るケースも出ている中、採用シーンでどのような変化が起きているのだろうか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/3/5)

“AI社員”にいつでもOB・OG訪問 JALがLINEでチャットbot公開
LINEトーク上で、就活生の質問や疑問に答えるAIチャットbotを日本航空が採用。NTTレゾナントのAI導入支援サービス「goo AI×DESIGN」を活用した。(2019/3/4)

「御社の犬!!」「お前も犬!!」「俺も犬!!!」 就活生だったときに作りかけた曲が頭から離れない中毒性と勢い
こんなの絶対笑う。(2019/3/4)

就活の疑問や悩みは“AI先輩社員”にLINEで相談――JAL、就活生向けAIチャットbotを試験導入
日本航空(JAL)は、新卒採用への応募を考える学生向けに、OBやOGと話すような自然な会話で就活相談ができるLINE用AIチャットbotの試験導入を開始。“AI先輩社員”がJALでの働き方や採用活動で気になることに、24時間いつでも答えてくれる。(2019/3/4)

文系・理系ともにトップは:
大学3年生に聞く、就職したい企業ランキング
2020年3月卒業予定の大学3年生は、どんなところで働きたいと考えているのだろうか。就職したい企業・業種ランキングを見ると……。リスクモンスター調べ。(2019/3/3)

地方平均は18万円:
就活費用は「平均16万円」と負担大 意外と想定できていない学生が多い……? 
就職活動支援サービス「サポーターズ」を運営するサポーターズは3月1日、就職活動に関する調査結果を発表。就活にかかった費用の総額は全国平均で16万1312円と、学生にとって大きな負担になっていることが明らかに。地方平均で18万2633円だった。(2019/3/1)

大手に絞りすぎ?:
3月から就活が本格的にスタート 企業の絞り過ぎて“持ち駒”ゼロの声も……
平成32年卒業予定の大学3年生らの就職活動が3月1日から本格的にスタートします。(2019/2/28)

就職みらい研究所発表:
止まらぬ新卒売り手市場、企業の半数強が「まだ充足せず」 『就職白書』調査
リクルートキャリアの研究所が『就職白書』を発表。企業の半数が採用数を「未充足」と回答。売り手市場で各社は採用方法の多様化を目指す。(2019/2/25)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

就活生と社会人つなぐアプリ「VISITS OB」 大手ゼネコン社員が悪用して逮捕された件にコメント
一部サービスの制限などの対応を発表。(2019/2/22)

「教育体制の充実」が人気の決め手:
新卒入社しても「後悔しない」企業、マッキンゼーやゴールドマン・サックスを抑えて1位だったのは……?
新卒で入社した社員が「こんなはずじゃなかった」と後悔せず、前向きに働ける企業は? 転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」が調査結果を発表。1位だったのは……?(2019/2/20)

リクルートスーツは「人生の衣装」 岡本夏美が就活生役に挑戦、その仕事観を聞いてみた
「賭ケグルイ」「Back Street Girls −ゴクドルズ−」などインパクトの強い役が続く中、今回は等身大の女の子に。(2019/2/19)

【就活】不採用通知はいつから「お祈りメール」と呼ばれるようになったのか
「ますますのご活躍をお祈りいたします」。(2019/2/15)

CADニュース:
無料で機械設計やCADを学べるエンジニアスクール「ZERO」を開講
ナカムラ工業図研は、無料で機械設計やCADを学べるエンジニアスクール「ZERO」を開校した。プロが考えた実践的なオリジナルカリキュラムを受講料・教材費なしで学べ、就職や転職のサポートも受けられる。(2019/2/8)

落とした単位を追悼する「単位のお墓」がワンフェスに登場 「今学期は死ぬなよ…」など弔いのコメント
就活より終活。(2019/2/7)

成長:
民間企業で働く大学生に聞く、その会社を選んだ理由は?
就職先を確定する際に、決め手になったことはなんですか? 民間企業への就職が確定している大学生に聞いたところ……。リクルートキャリア調べ。(2019/2/1)

リーディングマーク飯田代表に聞く:
「高学歴新卒」は本当に優秀? 活躍しているの?  識者が語る“リアル”
世間では「高学歴だからといって、仕事ができるとは限らない」などとやゆする声が散見される。企業が上位校学生への採用を重視することを批判的に捉える声もある。時として批判を集めてしまう上位校学生だが、実際はどんな能力を持っており、社会で活躍できているのか。“優秀層特化型”の就活サービスを手掛ける、リーディングマーク代表取締役の飯田悠司氏に意見を聞いた。(2019/2/1)

それぞれの印象は?:
学生が出会ったリクルーターたち 「志望度を下げるきっかけになった」
就職活動をしていくと突然、企業から「就活について、一度会って話をしませんか」と連絡が来ることがあります。(2019/1/31)

学歴よりも実務スキルが重要だが:
結婚や出産後、女性の再就職に学歴は影響するか?
結婚や出産後の女性の再就職に学歴が影響すると考える人は42%にのぼるが、全体としては「学歴よりも職務経験が重視される」と考える人が過半数だった。(2019/1/29)

就活の極意:
就活で苦労する学生の特徴とは? プロが指南
現在の大卒の就活市場は一般的に「売り手市場」と言われています。しかし、一部の学生を除きなかなか内定がもらえず苦労する学生が少なくないということです。そこで今回は、就職活動に苦労した学生の共通点をご紹介していきます。(2019/1/25)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(7):
工業高校出たら就職、辞めて自動車整備士学校と大学に、そしてメカ設計者へ
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBA のスタッフのインタビュー。4人目に登場いただくのは、テックスタッフとして活躍している椎谷達大氏。(2019/1/25)

フラットな社風が高評価:
社員が選ぶ「働きがいのある企業」、三井不動産など上位に 1位はやっぱり……?
社員が最も「働きがい」を感じられる企業は? 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が調査結果を発表。セールスフォース・ドットコムや三井不動産が上位に入った。1位は……?(2019/1/23)

「私服可」でもスーツで行くべき?:
「スタバでバイト」「手書きのES」は本当に有利? “就活都市伝説”の真偽を採用のプロに聞く
「スターバックスコーヒーでのアルバイト経験があると就職活動で有利になる」という説がささやかれるようになって久しい。「エントリーシートや履歴書を手書きすると、誠意が伝わって書類選考を通過しやすくなる」「体育会出身の学生は高評価」といったうわさも出回っている。これらの“都市伝説”は真実なのか。「リクナビ」の元編集局長の山崎淳氏に意見を聞いた。(2019/1/22)

「時代を映す鏡」:
来年卒の就活生も「銀行離れ」鮮明 人気の業界は?
学生の就職人気ランキングは「時代を映す鏡」といわれる。企業の業績不振や不祥事、採用減といったニュースが伝えられると、その企業や職種への就職を敬遠する学生が増え、ランキングが落ちるからだ。(2019/1/22)

就活マナーを気にする学生に「そんなマナー、私も知らない」 カッコいい課長の部下になりたい漫画
「今どきの若いモンは」に込められた愛。(2019/1/22)

根強い大企業志向:
日韓関係は緊迫化 それでも日本での就職を希望する韓国人学生が後を絶たないワケとは
いわゆる徴用工問題をめぐる韓国最高裁の判決や、韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射で、日韓関係はこれまでになく悪化している。にもかかわらず、韓国国内では日本での就職を希望する若者が後を絶たない。背景には韓国国内の就職難、そして人手不足に悩む日本企業の事情がある。(2019/1/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(49):
「初めての会社選び、どうすればいいの?」――就活でお悩みの学生の皆さんへ
「どの会社に入れば良いのだろうか」――就活生なら、誰もが悩むことだと思います。そこで、長期的な「キャリア」の視点で会社選びを考えます。(2019/1/16)

人手不足解消につながるか:
ASEANの優秀な学生を確保 インターンで就職喚起が奏功
東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の産業人材を育成する国のプログラムに注目が集まっている。進出した日系企業が協力し、現地大学に寄付講座を開設しインターンシップ(就業体験)などを通じ進出先への就職意欲を喚起したり、現地での新たな事業展開のきっかけにする企業が増えている。生産年齢人口の減少による構造的な人手不足に直面する日本企業は、改正出入国管理法の新在留資格が外国人受け入れの拡大につながると期待する一方、自ら海外に高度人材獲得の橋頭堡(きょうとうほ)づくりを始めている。(2019/1/9)

「絶対 頑張って欲しい!!」 小柳ルミ子、親戚のJ3「ザスパクサツ群馬」入り内定明かす
大喜びの小柳さん。(2019/1/6)

採用コストは増加傾向:
2018年、人材獲得した企業の76%は「中途社員」を正社員として採用 19年も人材ニーズが高まる見通し
就職情報サイトなどを運営するマイナビはこのほど、採用担当者を対象に実施した2018年の企業の人材ニーズに関する調査結果を発表。18年に人材を獲得をした企業のうち、75.6%は中途や第二新卒などの「中途社員」を正社員として採用していた。(2018/12/28)

日本の職場のいいところは?:
外国人に聞いた、日本で就職する際に苦労したことは? 英語話せるのに“アジア人”はダメなケースも……
日本に住む外国人向け総合メディアを運営するYOLO JAPANは12月25日、日本に住む外国人を対象に実施した労働環境に関する意識調査の結果を発表した。日本で仕事を探す際にハードルとなっていることは何か聞いたところ、多くの日本人は外国人とのコミュニケーションに不安を抱えている現状がうかがえた。(2018/12/25)

未来のホリエモンか、単なる“意識高い系”か:
「東大生起業ブーム」の虚実
東大生の間で起業がブーム。専門サークルも人気だがなぜか大企業への就職が大半。起業自体が目的化している側面もある。(2018/12/25)

就職先に“安定”を求める:
子どもに働いてほしい企業ランキング、1位は?
子どもに働いてほしい会社はどこですか? 大学4年(大学院2年を含む)で今年就職活動を終えた、または活動中の子どもを持つ保護者に聞いたところ……。マイナビ調べ。(2018/12/19)

似たり寄ったり:
企業も悩む?「就活生のエントリーシートの内容だけでは人物評価は難しい」
毎年、多くの就活生が苦戦するエントリーシート(ES)。平成31年卒業予定の学生の提出ピークは3月後半でしたが、32年卒学生からは早くも、ESがうまく書けないと悩む声を耳にするようになりました。インターンシップの事前選考で求められ、「なかなかうまく書けない」「ことごとく落ちた」という人のほか、3月以降の本選考でのES提出に向けて、準備を始めている学生も見られます。今のうちから試行錯誤を重ねて、本番では完璧に仕上げたいと考えているのでしょう。(2018/12/13)

残業しない20代が増えている:
「残業が多い業界」ランキング マスコミ・広告・建築を抜いて1位だったのは……?
転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」が、業界別の月間平均残業時間を発表。3位は「広告代理店・PRなど」、2位は「建設・土木・設備工事」だった。1位は……?(2018/11/27)

「色覚検査の攻略本」「本当は効かない色弱治療」はなぜ存在したのか 進学・就職制限を受けてきた「色弱」の歴史とこれから
カラーバリアフリーの取り組みを行う団体・CUDOに話を伺いました。(2018/11/30)

就活ルール見直し:
新卒一括採用、今後の行く末は?
中西宏明経団連会長が就活ルールに対して問題提起をしたことを契機に、長らく議論されてきたルールの見直しが始まった。これまで何か課題で、今後どう変わっていくのだろうか?(2018/11/16)

激変の新卒採用サバイバル:
日本企業で外国人留学生の採用が進まない真の理由
日本企業で外国人留学生の採用が進んでいない。日本独特の就活の慣習に外国人がなじめないほか、企業も高い日本語能力を求めたりネガティブなイメージを持つのが原因。(2018/11/6)

激変の新卒採用サバイバル:
超売り手市場なのに「事務職志望の女子学生」があぶれる理由
空前の売り手市場の中で7月の女子内定率が減少。銀行などで事務職採用が急減したのが原因。依然として事務職希望の女子大生が多いこともある。(2018/11/5)

LINEで女子高生AI「りんな」と通話可能に 恋愛相談や寝落ち通話に付き合ってもらえるぞ
ほかにも就活用のキャッチコピーを考えてもらえたり、雑談してもらえたり。(2018/10/31)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)

常見陽平のサラリーマン研究所:
SNSでニヤニヤしてしまう、「転身ポエム」を分析してみた
SNS上で「転身ポエム」をよく見かける。就職、転勤、転職などのタイミングで、その「想い」が劇的につづられているのだ。この転身ポエム……よーく読むと、その人の過去がいろいろ透けて見えてきて、とても味わい深いのだ。(2018/10/26)

「いまの就活ルールで困らない」は7割:
19年卒の学生、「内定先に入社したくない」人が増加 口コミなど見て不安に
19年卒の学生の10月1日時点での内定率は94.0%。だが、内定先に入社したくないという人が増えていた。社内報の送付や通信教育は入社意欲の向上につながらず、口コミなどを見て不安になる人がいることも分かった。(2018/10/25)

売り手市場を背景に:
19年3月卒の学生、就活費用は過去最低水準 「面接官が来ればいいのに」との声も
就活情報サイト「キャリタス就活2019」を運営するディスコは10月24日、2019年3月卒業予定の大学生と大学院生を対象に実施した就職活動にかかった費用に関する調査結果を発表。09年に調査を開始して以来の最低水準となった。(2018/10/24)

面接官はつらいよ:
学生から人気のない「圧迫面接」、実は2種類ある
就活では、新卒・中途を問わず面接が必ずあります。面接を受けるのは憂うつだと感じる人は少なくない……どころか嫌なものと思うのが普通です。一方面接をする側、面接官はどんな気持ちなのでしょうか?(2018/10/24)

内定辞退相次ぐ:
8割超の企業が18年度の新卒採用に「苦戦」 来年はどんな工夫が必要?
86.3%の企業が18年度の新卒採用に「厳しい」との印象を抱いていることが判明。内定辞退者が相次いだことが響いたという。今後はコスト増やインターン強化に取り組む企業が多かった。(2018/10/17)

日本で働けない外国人の無念背負う:
外国人材受け入れをもっと 法の壁に風穴開けた就職支援会社社長の執念
2019年に外国人材の受け入れ条件が緩和される。火付け役は外国人の就職支援のパイオニア企業の社長。日本で働けなかった外国人の無念を背負っての活動が実った。(2018/10/17)

大学生の7割、「就活日程ルールは必要」
企業は採用活動の日程ルールが廃止された場合、自社の影響をどのように考えているのだろうか。全国の主要企業を対象に聞いたところ……。ディスコ調べ。(2018/10/10)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2018(1):
豪雨の学生フォーミュラ2018で思った、「ここが変だよ! 日本の就活」
お待たせ! 恒例企画。車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」。2018年も楽しくレポートします! さて第1回はどの大学が登場するでしょうか。あと……、今の日本企業の新卒採用に、関がモノ申す!!(2018/10/10)

男性上司を求める傾向:
社会人と平成最後の内定者に聞いた「理想の上司」は?
人材サービスを手掛けるランスタッドがビジネスパーソンと2019年新卒入社予定の「平成最後の内定者」を対象に、理想の上司などについて調査を実施。働く現場の現実を知るビジネスパーソンとそうでない内定者が抱く理想には差があるようだ。(2018/10/2)

雇用ジャーナリスト海老原嗣生が斬る:
「就活ルール廃止」後も“新卒一括採用”がなくならない、これだけの理由
中西宏明経団連会長の発言で波紋を広げる「就活ルール」。だが経団連が「就活ルール」を廃止したとしても「新卒一括採用」がなくなることはない。現行の採用ルールができた経緯を振り返り、今後の就活の在り方を考える。(2018/10/3)

「自由な髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」 パンテーンの広告に「攻めてる」と反響
広告が話題に。(2018/9/28)

「エントリーシートを書く」だけが就活じゃない:
ハッカソンで実力を証明→経験者同様の好待遇で「PR TIMES」に新卒入社した23歳
自己分析して、履歴書を書いて、就活サイトに登録して、イベントに参加して……基本しぐさをこなすだけで就活はうまくいくのでしょうか?(2018/9/28)

今日のリサーチ:
就活生の9割が就活を通じて企業を好きもしくは嫌いになった経験あり――電通パブリックリレーションズ調べ
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、「採用版・魅力度ブランディングモデル」を基にした就職活動調査を実施しました。(2018/9/27)

キャリアニュース:
「地元から近ければ転勤もOK」が約35%――地域限定正社員に関する調査
就職支援サービス「ハタラクティブ」が「地域限定正社員」に関する意識調査の結果を発表した。転居を伴う転勤がない地域限定正社員として働きたいと70%以上が希望しつつ、地元から近い場所であれば転勤でも構わないと約35%が回答した。(2018/9/25)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
おもてなしと喜びのダンス、デリバリーサービスロボ「Relay」が目指すもの
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットとともに5000人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏がデリバリーサービスロボット「Relay(リレイ)」について紹介する。(2018/9/21)

ただ「自信ない人」も多数:
20年卒の大学生、約8割が「就活準備」を既に開始 人気の業界は……?
学情の調査によると、2020年卒の大学・大学院生の77.1%が就活準備を既に始めている。ただ、周囲と比較し、内定獲得の自信が持てないという人もいた。業界は食品やマスコミが人気だった。(2018/9/20)

「面接で 話弾むも 電話来ず」:
就活生が詠む「これからサラリーマン川柳」、「自己分析 出した結論 僕は誰?」など入選
第一生命保険が「これからサラリーマン川柳」の優秀作品を発表。同社の内々定者が就活の思い出を詠んだもので、「自己分析 出した結論 僕は誰?」などが選ばれた。(2018/9/18)

居心地が良すぎて退職:
退職者が「辞めたけど、良い会社だった」と感じる企業、2位はP&G 1位は……
退職者からの評価が高い会社は? 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が調査を行った結果、2位はP&Gだった。1位は……?(2018/9/18)

SNSにネガティブ情報書く人も:
就活で志望企業を嫌いになった学生は4割 「社員が偉そう」「オワハラ」はNG
就活を通じて、志望していた企業を嫌いになった学生は4割程度存在することが、企業広報戦略研究所の調査で判明。「社員の態度が傲慢(ごうまん)だった」などの体験談が出た。ネガティブな情報をSNSに書き込む人もいた。(2018/9/14)

「多重下請け+客先常駐+偽装請負」のコンボで業火に包まれるな:
IT業界の仕組みと偽装請負の闇を分かりやすく解説しよう
上流企業のエンジニアは、プログラミングを行わないって本当?――IT業界への就職/転職を考えている学生や若手エンジニアに贈る、エンジニアとして希望通りのスタイルで活躍するために知っておきたいIT業界の仕組みと慣習、そして自分に合ったIT企業の選び方。(2018/9/11)

大山聡の業界スコープ(9):
「就活」の在るべき姿を考える
経団連の「就活ルール」を巡る議論が起こっている。この議論は極めて興味深いもので、筆者としても「どうしても主張しておきたい」ことがある。単なる“就活”の問題だけではなく、日本の教育の在り方や企業の戦略も関わってくる話であり、今回はこのテーマについてさまざまな観点から考えてみたい。(2018/9/10)

マルチクラウド環境の経験も指標に
クラウド認定資格と実地経験、就職で決め手となるのは?
クラウドプロバイダーの認定資格は、IT担当者が基礎知識を培う有効な手段だ。しかし就職では認定資格よりも実地経験が重視されることが多い。キャリアの浅いIT担当者が実地経験を積む方法とは。(2018/9/4)

今日のリサーチ:
「ガクチカ」「お祈り」他、イマドキ就活生の流行語事情──マイナビ調べ
マイナビは、「2019年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」の結果を発表しました。(2018/8/24)

「面接に行く」は「御社する」:
就活生の流行語ランキング発表 「ガクチカ」「赤べこ」「神に近づく」の意味は?
18年に就職活動を行った学生の間で流行した“就活ワード”は?――マイナビ調べ。(2018/8/16)

今日のリサーチ:
2018年新卒の約6割が入社を後悔――レバレジーズ調べ
レバレジーズは、2018年に新卒入社した人を対象に、就職先に関する意識調査を実施しました。(2018/8/16)

デザイン・情報・メッセージ性が重要:
就活生に聞く「採用サイトが充実している企業」ランキング 1位は……?
2019年卒の学生が、就活中に「採用サイトが充実している」と感じた企業は?――ディスコ調べ。(2018/8/9)

心にもSuicaにもチャージなし:
就活川柳、「サークルの 副代表が 大発生」など入選 大賞に輝いた作品は……?
19年春の入社を目指す就活生の悲喜こもごもを詠んだ「就活川柳」。大賞に輝いた作品は……?(2018/8/8)

「任天堂から内定もらってた」「小学校で洋ゲーにハマった」 eスポーツ実況へ転身した元テレビ局アナウンサーに話を聞いた
決断の背景。(2018/8/4)

今日のリサーチ:
就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果を発表しました。(2018/7/13)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(45):
愛知編:やっぱり都会は便利だよね――岐阜から名古屋へIターンした新卒エンジニアの本音
名古屋は地元に比べて仕事の数も種類も豊富――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」、愛知編は名古屋のIT企業に就職し、社内恋愛&結婚もした若手エンジニアがお届けします。(2018/7/9)

「なんとなく」もNG:
「給与を高望み」「高圧的」――転職コンサルが見た「内定が取れない人」の特徴
転職コンサルタントが「転職は難しい」と感じる人の特徴は?――エン・ジャパン調べ。(2018/6/29)

今までの常識を覆す:
就活をやめてエストニアへ そこで私が確信した日本と世界のキャリア観の決定的な違い
普通なら就職活動真っ只中の期間である大学3年生の1月から大学4年生の6月までの約半年、就活を中断してエストニアに留学中の筑波大学4年生、齋藤侑里子さん。そんな彼女が現地で感じた、日本の就活への違和感、グローバルスタンダードなキャリアの築き方とは――。(2018/6/6)

実践的・フォロー充実の会社が人気:
就活生に聞く「インターンに行ってよかった企業」ランキング 1位は……?
インターンシップに参加した学生が「ためになった」と感じたのはどの企業?――ビズリーチ調べ(2018/5/30)

「結婚したくない」も約1割:
就活生の理想の働き方は「私生活優先」が8割 「ブラック企業」報道の影響受け
理想の働き方は仕事よりも「私生活優先」。就職情報大手ディスコが2019年春入社予定の学生に向けて実施した「就活生の職業観とライフスタイル調査」で、こんな職業観が明らかになった。(2018/5/30)

bitFlyer、競技プログラミングコンテスト開催 上位者には「内定確約パス」、年俸1200万円オファーも
bitFlyerが競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催すると発表した。本戦上位者には「内定確約パス」を贈り、最高年俸1200万円をオファー提示するという。(2018/5/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
就職活動に役立つ? Amazon Echoで「圧迫面接」を体験してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Echoで圧迫面接を疑似体験できるAlexaスキル「圧迫面接」を紹介する。(2018/5/22)

備えあれば憂いなし:
「超就職氷河期世代」よりも老後が心配な世代は?
他の世代に比べて老後の備えが出遅れている世代とは? 年代別可処分所得の変化を分析することで、それを導き出してみたいと思う。(2018/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。