ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Flash」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アドビシステムズ社が提供する、Webブラウザのプラグイン(Flash Player)上で動作するアニメーションまたはWebアプリケーションの実行環境、もしくはその開発環境。
Flash − @ITリッチクライアント用語辞典

-こちらもご覧ください-
質問!Flash→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でFlash関連の質問をチェック

「Flash Player」を含む3製品の脆弱性を修正、Adobe Systems
Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」「Adobe ColdFusion」「Adobe Campaign」のセキュリティアップデートを公開した。Adobe Flash Playerの脆弱(ぜいじゃく)性は、悪用されれば攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。(2019/6/12)

Adobe SystemsがAcrobatやFlash Playerなど複数製品のセキュリティアップデートを公開
Adobe AcrobatおよびAcrobat Reader、Flash Playerのセキュリティアップデートでは、多数の深刻な脆弱性が修正された。いずれも優先度は「2」と位置付けている。(2019/5/16)

さよならFlash、去らぬ脅威――FireEyeがFlashマルウェア分析ツールをオープンソース化
「Flashの提供終了後はセキュリティパッチが公開されなくなるため、脅威は増大する」とFireEyeは予想する。(2019/4/17)

さよならShockwave Player――Adobe Systemsが複数製品のセキュリティアップデートを公開
Adobe Systemsは、Adobe Flash PlayerやAdobe Acrobat Readerなど複数製品のセキュリティアップデートを公開した。またAdobe Shockwave Playerのサポートは同日の2019年4月9日で終了する。既にmacOS版は2017年3月で提供を終了しており、今回のWindows版でAdobe Shockwave Playerの提供は全て終了する。(2019/4/10)

「Yahoo!ジオシティーズ」終了 「貴重な資料消えた」──ネットから惜しむ声
ネット上では、「貴重なFlashを保管していたサイトが滅びてしまった」「資料が喪失した」など、サービス終了を惜しむ声が上がっている。(2019/4/1)

福田昭のストレージ通信(138) 半導体メモリ技術動向を総ざらい(1):
現行世代メモリと次世代メモリの違い
フラッシュメモリとその応用製品に関する世界最大のイベント「フラッシュメモリサミット(FMS:Flash Memory Summit)」。最近のFMS(2018年8月に開催)で公表された情報の1つに、半導体市場調査会社MKW Venture Consulting, LLCでアナリストを務めるMark Webb氏が「Annual Update on Emerging Memories」のタイトルで述べた、半導体メモリの技術動向に関する講演がある。その内容が興味深かったので、講演の概要をシリーズでお届けする。(2019/3/15)

PC版「アメーバピグ」終了へ 「Flash」使わずサービス提供するのが困難なため
「苦渋の決断」としています。(2019/3/12)

「アメーバピグ」PC版終了へ 「Flashから移行できず苦渋の決断」 開始から10年、ユーザーに悲しみ
Flashベースのコミュニティサービス「アメーバピグ」PC版が12月2日に終了する。Flashが2020年末に終了することを受け、Flashを使わないサービスの技術検証を重ねてきたが「別の技術で完全再現することが困難を極めた」とし、「苦渋の決断」ながら終了を決めたという。(2019/3/12)

Adobe FlashやAcrobat/Readerのアップデート公開 事前に公表の脆弱性も
AcrobatとReaderの脆弱性のうち1件については、外部の研究者によって事前に公表され、コンセプト実証コードも公開されていた。(2019/2/13)

福田昭のストレージ通信(130) 半導体メモリの勢力図(1):
DRAMとNANDフラッシュのベンダー別シェア
2018年に開催された「フラッシュメモリサミット」では、さまざまな講演が行われた。今回から始まるシリーズでは、半導体メモリ市場を分析した講演「Flash Market Update 2018」の内容を紹介する。(2019/1/10)

Adobe FlashとConnect、Digital Editionsのアップデート公開
Flashのアップデートはバグの修正のみ。ConnectとDigital Editionsではそれぞれ1件の脆弱性に対処した。(2019/1/9)

速度、大きさ、容量はどうなるのか
東芝メモリ、YMTC、SK Hynixが語る、NANDフラッシュメモリの最新テクノロジー
本稿ではNANDフラッシュメモリの新技術について解説する。東芝メモリの「XL-Flash」、Yangtze Memory Technologiesの「Xtacking」、SK Hynixの「4D NAND」を取り上げる。(2018/12/11)

Flash Playerの更新版が公開、未解決の脆弱性を突く攻撃が発生
メールの添付ファイルをクリックして開くと、Office文書に仕込まれたFlash Playerの脆弱性が悪用されて、任意のコードが実行される仕組みだった。(2018/12/6)

製造ITニュース:
HTML5ベースで描画速度が向上、BIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、BI(ビシネスインテリジェンス)ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.6.0」を、2018年12月6日に発売する。HTML5ベースで開発し、従来のFlashと比較して、描画パフォーマンスが向上した。(2018/11/27)

Adobe、Flash Player更新版を緊急公開 脆弱性に関する詳細を研究者が事前に公表
脆弱性に関する技術的詳細が既に公表されていることから、直ちにFlash Playerを最新バージョンに更新するよう促している。(2018/11/21)

Adobe、Flash Playerなどの更新版公開 Acrobat/Readerは優先度高
Windows版のAcrobatとReaderに存在する脆弱性は、既にコンセプト実証コードが公開されているという。(2018/11/14)

Google Chrome完全ガイド:
Google ChromeでFlash Playerを有効にしてコンテンツを再生する
Google ChromeではデフォルトでFlashコンテンツがブロックされ、再生(表示)されない仕様になっています。しかし設定を変更すると再生できるようになります。ブロックされている理由と設定手順、注意点を説明します。(2018/9/26)

Adobe、Flash PlayerとColdFusionの脆弱性を修正
AdobeがFlash PlayerとColdFusionのセキュリティアップデートを公開した。(2018/9/12)

「艦これ」Flash→HTML5に 大規模メンテスタート
「艦隊これくしょん-艦これ-」が54時間にわたる大規模メンテナンスに入った。FlashベースからHTML5ベースに移行することが目的。(2018/8/15)

Adobe、Acrobat/ReaderやFlashの脆弱性を修正
Acrobat/ReaderとFlash Player、Creative Cloud Desktop Application、Experience Managerのセキュリティアップデートが公開された。(2018/8/15)

AcrobatやReader、Flash Playerなどの脆弱性に対処、Adobeがアップデートを公開
AcrobatとReaderの更新版では100件余りの脆弱性に対処。Flash Playerの更新版では2件の脆弱性を修正した。(2018/7/11)

Flash Playerの脆弱性を突く攻撃発生、臨時アップデートで対処
脆弱性を突く攻撃の発生が確認されていることから、最優先で対応するよう呼び掛けている。(2018/6/8)

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性を修正
Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Application、及びConnectの脆弱性を修正するセキュリティアップデートが公開された。(2018/5/9)

Flash Playerの更新版公開、複数の深刻な脆弱性を修正
危険度「Critical」の脆弱性3件を含め、6件の脆弱性が修正された。(2018/4/11)

そういうサイトじゃねえからこれ! 名作Flash「こ〜こはど〜この箱庭じゃ?」TASという闇の深い競技が誕生
一瞬で闇に飲まれ忘れ去られる行太。(2018/3/19)

Flash Playerに深刻な脆弱性、更新版で対処
「Flash Player 29.0.0.113」では、2件の深刻な脆弱性を修正した。(2018/3/14)

福田昭のストレージ通信(92) STが語る車載用埋め込み不揮発性メモリ(5):
車載用の埋め込みフラッシュメモリ技術
今回は、大容量、具体的には車載用の埋め込み不揮発性メモリ技術を取り上げる。車載用の不揮発性メモリ技術は、1トランジスタのNORフラッシュ(1T NOR Flash)技術と、スプリットゲートフラッシュ技術に大別される。(2018/3/13)

Flashの脆弱性を仕込んだ不正Word文書見つかる 大量の迷惑メールを送る攻撃に利用
攻撃者は当初の標的型攻撃にわずかに手を加えただけで、静的な防御をかわしていたという。(2018/3/1)

Flash Playerの臨時アップデート公開、未解決だった脆弱性に対処
「Flash Player 28.0.0.161」では、標的型攻撃に利用されていた脆弱性を含め、2件の重大な脆弱性を修正した。(2018/2/7)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeでダウンロード先フォルダや通知/Flash/現在地の設定を変更する
Google Chromeを使っていると、Webサイトごとに通知やFlash Player、現在地取得といったコンテンツ関連の設定変更がしばしば必要になります。またファイルダウンロード時のフォルダを変えたくなることもあります。こうした設定変更の方法を説明します。(2018/2/5)

北朝鮮からの攻撃?:
Flash Playerに未解決の脆弱性、Windows狙う攻撃に利用
Adobeも未解決の脆弱性を突く標的型攻撃の発生を確認、修正のためのアップデートを2月5日の週にリリースすると予告した。(2018/2/2)

いま2018年ですよね? 名作Flashゲーム「艦砲射撃!」がなぜか突然アップデートされ「懐かしい!」「遊んでた!」と話題に
懐かしすぎる……!(2018/1/18)

Adobe、Flash Playerの脆弱性に対処 悪用されれば情報流出の恐れ
脆弱性を悪用されれば情報流出の恐れがあるとされ、緊急度は同社の3段階評価で中間の「重要」、優先度は「2」と位置付けている。(2018/1/10)

Adobe、Flash Playerのアップデート公開 リグレッションの脆弱性に対処
今回のリグレッション問題では、グローバル設定プリファレンスファイルが意図せずリセットされる可能性がある。(2017/12/13)

Flash PlayerやAcrobat、Readerなどのアップデート一挙公開 深刻な脆弱性に対処
AdobeはFlash PlayerやAcrobat、Reader、Photoshop CCなど多数の製品を対象とするセキュリティアップデートを公開し、多数の脆弱性を修正した。(2017/11/15)

Flash Playerの臨時アップデート公開、既にWindowsを狙った攻撃が発生
Windowsを狙った限定的な標的型攻撃が発生しているといい、最優先でアップデートを適用するよう促している。(2017/10/18)

データを暗号化し、デバイスもロックして身代金を要求:
Androidのユーザー補助サービスを悪用する初のランサムウェア「DoubleLocker」が登場
ESETは、Androidのユーザー補助サービスを悪用する初のランサムウェア「DoubleLocker」を発見した。偽のAdobe Flash Playerとして配布され、感染するとデータを暗号化してデバイスをロックし、ビットコインを要求する。(2017/10/17)

かーずSPのインターネット回顧録:
モナー、ギコ猫、しぃ…… 今となっては懐かしい、2ちゃんねるから生まれた「AA文化」をFlashで振り返る
5ちゃんねるになってもAA文化は不滅です!(2017/10/14)

個人情報大量流出のEquifax、今度は公式サイトに不正なリンク掲載
Equifaxの公式サイトのリンクをクリックすると、Flash Playerのインストール画面に見せかけた不正なページにリダイレクトされ、アドウェアをインストールさせる仕掛けになっていた。(2017/10/13)

「Firefox 56」公開、Android版はFlashのサポート終了
「Firefox 56」「Firefox ESR52.4」では多数の深刻な脆弱性に対処。Android版ではFlashのサポートが打ち切られた。(2017/10/2)

「Firefox 56」公開、スクリーンショット機能やAndroidでのFlashサポート終了など
「Firefox 56」は、表示しているWebページのスクリーンショットを手軽に保存・共有できる機能やタブを他の端末に送る機能などが追加された。「最高」2件を含む複数の脆弱性にも対処した。Android版ではFlashのサポートを終了した。(2017/10/2)

Adobe、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正
Flash Playerに加えて、RoboHelpとColdFusionのセキュリティアップデートもそれぞれ公開した。(2017/9/13)

ITは、いま:
「Flash」終了、何を思う? あるゲームクリエイターの視点
「懐かしい」「時間を忘れて遊んだ」――8月上旬にTwitterで注目を集めたのは、2000年代のFlashゲーム。いまもネットユーザーの記憶に残るほど一時代を築いた「Flash」だが、2020年末に終了する。当時のクリエイターが思うことは。(2017/9/5)

Mostly Harmless:
Flash亡き後、それを置き換える技術は?
Flashがなくなることが決まった今、それを置き換える技術はどのような進展を見せているのか。(2017/8/29)

Mostly Harmless:
Flashにとどめを刺したのは
かつてPC用Webブラウザの97%以上にインストールされていたFlashの栄枯盛衰を、その運命に決定打を与えたiPhoneの登場とともに振り返ってみます。(2017/8/24)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第11回】
一人情シスが“Windows Update放置PC”を守るための武器とは?
ウイルス対策ソフトでは防ぎきれないサイバー攻撃の1つが、「Java」や「Adobe Flash Player」などの脆弱性を突いた攻撃です。対策は最新版にアップデートして脆弱性をつぶすこと。一人情シスでもできる対策とは?(2017/8/22)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年7月版:
Flash Playerが廃止、影響は?
2017年7月のセキュリティクラスタでは、「Adobe Flash Player」が話題になりました。脆弱性によってユーザーが攻撃にさらされることが多く、2020年末に廃止されることが発表されて、ようやくかとほっとするツイート、さらには移行について考えるツイートが多数ありました。7月はあまり大きなセキュリティインシデントが発生せず、無事に米国の「Black Hat USA」「DEF CON 25」に遠征できた方が多かったようです。どちらもとても盛り上がったようでした。(2017/8/17)

「Intel Optane SSD」など新製品を紹介
「3D NAND」「NVMe」の流れ強まる Intel、東芝など発表のSSDはここが違う
2017年の「Flash Memory Summit」ではIntel、Micron、東芝が新しい3D NAND製品について発表した。Intelは新しいSSDフォームファクタや「Intel Optane SSD」の新オプションを発売する。(2017/8/17)

Flash Memory Summit 2017:
NANDフラッシュ、開発の視点はチップからソフトへ
米国シリコンバレーで開催された「Flash Memory Summit 2017」では、3D(3次元) NANDフラッシュメモリや、フラッシュストレージ向けの新しいソフトウェアなどに注目が集まった。(2017/8/16)

Adobe、Flashなどのセキュリティアップデート公開
Flashは、できるだけ早く最新バージョンに更新する必要がある。AcrobatとReaderでは計67件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。(2017/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。