ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲームアーカイブス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲームアーカイブス」に関する情報が集まったページです。

プレイステーション 2の修理受付が8月31日で終了 一時代を築いた名機
修理の申し込みは8月31日まで受け付け。機器の送付は9月7日まで必着となっています。(2018/8/31)

「センチメンタルグラフティ」20周年プロジェクトがいよいよ始動 声優陣がツイキャス出演
あなたに、会いたい…。(2018/8/3)

いったい何が始まるんです? 伝説の恋愛ゲーム「センチメンタルグラフティ」の20周年プロジェクトが突如始動
「あなたに、会いたい……」。(2018/1/23)

シリーズ復活おめでとう! 名作「絶体絶命都市」「絶体絶命都市2」がPS2アーカイブスに登場
一時は新作どころか旧作の配信さえ絶望視されていたシリーズでした。(2015/2/19)

1000人が見守った?:
伝説の格ゲー「エアガイツ」の世界大会(17年ぶり2回目)が開催! 全国から猛者集結
エアガイツ仮面、一体何者なんだ……。(2015/1/19)

「サガ」シリーズ×「佐賀」県のコラボ第2弾「ロマンシング佐賀2」開催決定 「サガ」25周年を記念して
あのダジャ……じゃなく最強のタッグが帰ってきた!(2014/12/15)

なつかしの「ポケステ」がVitaで復活
なつかしの「ポケステ」が復活。ポケステをVita上に再現したアプリの先行配信がスタートした。(2013/11/5)

テレビにつないで遊ぶ“据え置きVita”緊急発表 「PS Vita TV」9954円で11月14日発売
自宅のテレビがモニターに、操作はデュアルショック3で行う。※画像追加しました(2013/9/9)

日々是遊戯:
奇才か、それとも―― 飯野賢治さんの作品をあらためて振り返る
体を張って90年代のゲーム業界をリードした、偉大なクリエイターでした。(2013/2/22)

4Gamer.net、人気インタビュー記事をまとめてEPUB/MOBI電子書籍で無料公開
ゲーム業界のニュースを配信する人気サイト「4Gamer.net」が人気のインタビュー記事などをEPUB/MOBI形式で無料公開した。(2012/12/28)

PS Vita、アップデートで初代PSゲーム対応、ホーム画面はボタン操作可に
やっとPSPに追いつきました。(2012/8/28)

日々是遊戯:
「制作者もみんな実況するといいよね」――「ぷよぷよ」「ドシン」「かまいたち」の3人が「ゆめにっき」を実況して感じたこと
8月10日から13日にかけ配信された「SIRENシリーズ+人気ホラーゲーム一挙クリア81時間ぶっ通し! 実況」。人気の生主や実況主らがホラーゲームに挑戦する中、唯一「ゲームクリエイター」枠で参加した、米光一成氏、飯田和敏氏、麻野一哉氏の3人に、ゲーム実況についてどう見ているのか質問をぶつけてみた。(2012/8/20)

PS2アーカイブスが電撃発表! 第1弾は「SIREN」「バイオハザード CODE: Veronica完全版」など
PS3で過去のPS2ソフトが遊べるようになる。(2012/7/3)

E3 2012:
PS Vitaがゲームアーカイブス対応 今夏のアップデートで
ようやくPS Vitaで初代プレステのタイトルが遊べるようになる。今夏までの辛抱だ。(2012/6/5)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第20回:プレイヤー同士でいざ勝負! 対戦プレイはなぜ面白いのか?
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の20回目は、相手と戦うことで初めて起きる“ゲームを続けたくなる”仕組みについて。(2012/5/25)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第14回:これならサルでも遊べちゃう!? いつの間にかゲームがうまくなってしまうヒミツの仕掛け
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の14回目は、ゲームの腕がめきめきあがる仕組みを解明します。(2011/12/5)

App Town ゲーム:
iPhoneで遊べる「クロノ・トリガー」、12月に配信
スクウェア・エニックスが、12月にiOS版「クロノ・トリガー」を配信すると公式Facebookページでアナウンスしている。(2011/11/25)

日々是遊戯:
ペタンクやセパタクローは? 「いまだにゲーム化されていないスポーツ」を探してみた
今も昔も人気のあるジャンルのひとつがスポーツゲーム。では、いまだにゲーム化されていないスポーツってあるのでしょうか?(2011/4/19)

PS3に便利をプラス!:
PR:「セーブデータお預かり」でますます便利に! SCEスタッフに「PlayStation Plus」のこれからを聞いた
3月10日のアップデートで、新たに「セーブデータお預かり」機能が追加されたPlayStation Plus。その魅力と、これからの展望についてSCEスタッフにお話をうかがった。(2011/3/31)

「風雨来記」や「パカパカパッション」がアーカイブスで配信開始
(2011/3/25)

アーカイブスに「天外魔境II」「ヴァリスII」「ギャラガ ’88」など
(2011/3/9)

「ディシディア デュオデシム」のDLC・連動企画が続々公開
(2011/3/3)

おかげさまで「ゲームアーカイブス」国内配信600タイトル突破
PlayStation Storeにて提供されている「ゲームアーカイブス」の国内配信タイトル数が600タイトルを突破。(2011/2/23)

「ファーストクイーンIV」や「ロックマン4」がアーカイブスに登場
(2011/2/9)

「MARVEL VS. CAPCOM 2」が半額に――カプコン、「MARVEL VS. CAPCOM 3」発売記念キャンペーンをPS Storeで開催
いよいよ2月17日発売となる対戦格闘ゲーム「MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds」。その発売を記念して、PlayStation Storeにて前作「MARVEL VS. CAPCOM 2 New Age of Heroes」などの販売キャンペーンが実施される。(2011/2/9)

「スパロボ」3作や「初恋ばれんたいん」がアーカイブスで配信
(2011/1/26)

ペットは街も幸せにする――PS3/PSP向けシミュレーションゲーム「PET PET PET」1月26日配信開始
ペットショップを経営し、お客さんだけではなく街も幸せにしてしまうシミュレーションゲーム「PET PET PET」が1月26日配信に開始を開始する。(2011/1/26)

SRPG「スーパーロボット大戦」シリーズ生誕20周年を祝う
20周年記念プロジェクト第1弾は、PSP「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」とPlayStation Storeにおいて「スーパーロボット大戦」シリーズのゲームアーカイブスの発売に決定。(2011/1/13)

斬新すぎる2タイトル配信開始――「アートカミオン 双六伝」「麻雀占いフォルトゥーナ〜月の女神たち〜」
「デコトラ」日本一を目指す「アートカミオン 双六伝」と、麻雀と占いが合体した「麻雀占いフォルトゥーナ〜月の女神たち〜」がプレイステーションゲームアーカイブスに登場。(2010/12/22)

今度のアーカイブスは「あすか120%SP」「ヴァリス」「超兄貴」など
(2010/12/8)

「パラサイト・イヴ」「パラサイト・イヴII」がPS Store ゲームアーカイブスに登場
PSP「The 3rd Birthday」の発売も間近。シリーズの復習はいかがでしょうか?(2010/10/25)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「ファンタビジョン」も発売から早10年経ちました
連載第88回は「ファンタビジョン」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)。傷心旅行で熱海にやってきたゲイムマンさんは、カノジョとデート中の皆さんの姿を目にして「うらやましいなぁ」と感じ、さらに心を傷めるはめに。その傷を癒してくれたのは?(2010/8/13)

PS3がアップデートで「PlayStation Plus」に対応――フォトギャラリーも充実
SCEJは、PS3システムソフトウェアバージョン3.40へアップデートし、さまざまな特典を提供する定額制サービスパッケージPlayStation Plusなどに対応した。(2010/6/29)

PS時代の傑作RPGが甦る――「デュープリズム」PlayStation Storeにて配信開始
(2010/6/23)

定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」ってどういうもの?
PlayStation Network向け定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」が、2010年6月29日より全世界同時に提供開始される。(2010/6/16)

PlayStation Network、日本国内アカウント登録数500万達成
2006年11月のサービス開始から3年6カ月での快挙。達成を記念し、各種キャンペーンを6月3日より実施する。(2010/5/31)

日々是遊戯:
「FF」のクリスタルがオークションに出品中。即決価格は100万ドル!?
アメリカのオークションサイト「eBay」に、「ファイナルファンタジー」シリーズでおなじみの「クリスタル」が出品されているそうです。(2010/5/21)

名作「FFIX」がダウンロード版で蘇る――PS3/PSP版「FINAL FANTASY IX」PlayStation Storeで配信開始
(2010/5/20)

あの「いっき」が装いも新たにPS3に帰ってくる――「いっき おんらいん」発売決定
サン電子は、最大12人でオンライン対戦が可能な「いっき おんらいん」をPlayStation Storeで発売すると発表した。(2010/4/8)

Weekly Access Top10:
この日にかける!
エイプリルフールは、全力でネタで笑わせるかという日になったようです。(2010/4/7)

日々是遊戯:
きっかけはTwitter!? 「FF9」がゲームアーカイブスに登場するかも
スクウェア・エニックスの公式Twitterアカウント「SQEX_MEMBERS_JP」で「FF9」への意見を募集したところ――。(2010/3/30)

日々是遊戯:
ゲームデザイナー・桝田省治氏がTwitterで「俺屍2」の構想をつぶやき中
マーズの代表取締役社長であり、ゲームデザイナーの桝田省治氏がTwitterを開始し、話題となっています。(2010/2/1)

日々是遊戯:
お題は初代「FF」! みんなで同じゲームやろうぜ企画「れとろげーむのまち」が開催中
Twitterを使って、みんなで一斉に同じゲームをやったら面白いのでは――そんなアイデアからスタートした企画がこの「れとまち」。懐かしくも新しい、ちょっとユニークなイベントです。(2010/1/18)

今年もプレイステーションの日がやってきた!――「PlayStation Awards 2009」発表&授賞式
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、青山迎賓館にて国内でヒットしたタイトルを表彰する「PlayStation Awards 2009」を開催。3つのゴールドプライズと1つのプラチナプライズを発表した。(2009/12/4)

おかげさまで10周年――「ときめきメモリアル2」がアペンドディスクとともにゲームアーカイブスに登場
KONAMIは、PlayStation Storeにて配信されるゲームアーカイブスに「ときめきメモリアル2」が、追加アペンドディスクとともに配信されると発表した。(2009/11/25)

日々是遊戯:
これからPSP goを買う人に――PSP goで遊べるゲームってどれくらいあるの?
UMDを搭載せず、ソフトはすべてインターネットを通じてダウンロードして遊ぶことになるPSP go。ところでPSP goでダウンロードできるタイトルってどれくらいあるのかご存知ですか?(2009/11/17)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「でろーんでろでろ」って何?
連載第80回にして、初めてテクモのゲームを取り上げます。プレイステーション初期にヒット作を次々とリリースした同社ですが、実はプレイステーション第1弾は、「でろーんでろでろ」なるソフトだったのです。(2009/11/16)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「リアルサウンド 風のリグレット」の画面写真を作ってみた
連載第79回は、「リアルサウンド 風のリグレット」(ワープ)。“ゲーム界の風雲児”こと飯野賢治氏の作品です。最大の特徴は、ゲーム画面が一切なく、音だけでゲームが進行すること。でも、この記事まで画面写真がなかったら味気ないので、あえてこのゲームの画面写真を、想像で勝手に作ってみました。(2009/10/16)

TGS2009:
「守り」から「攻め」へと転じたPS陣営――SCEJカンファレンス詳報
値下げ、同梱版、新タイトル……。新発表が目白押しとなったSCEJカンファレンスの内容を詳しくお届けする。(2009/9/25)

TGS2009:
「グランツーリスモ5」や「FF XIII」などの注目タイトルが目白押し――SCEブース
PS3向けの大型タイトルに注目が集まるSCEブースだが、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」「勇者のくせになまいきだ:3D」など、PSP向けタイトルの充実ぶりも印象的だ。(2009/9/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。