ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「魔境奇談」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「魔境奇談」に関する情報が集まったページです。

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゴールデンウィーク特集
大型連休イベントばっかり。(2009/5/1)

オンラインゲーム最新イベント情報:
今年最後の花見のチャンス?
まだまだ夜桜が楽しめます。(2009/4/14)

オンラインゲーム最新イベント情報:
今日の敵は明日の友?
総合得点の高かったチームが優勝です。(2009/3/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
最弱を決めます
マイナスが3つ以上ある人が対象です。(2009/3/17)

オンラインゲーム最新イベント情報:
K号作戦決行?
いよいよ明日に迫ったホワイトデー。「K子のホワイトデー作戦」なるものが開催される。K子……? とても人ごととは思えない。(2009/3/13)

オンラインゲーム最新イベント情報:
今回は特別な任務を与える
愛のこもったプレゼントを取り返すことができるか。(2009/3/10)

オンラインゲーム最新イベント情報:
非常事態に備えて
もし「守護霊」がいなくなったら勝利できますか?(2009/3/6)

オンラインゲーム最新イベント情報:
男だって純情です
そろそろホワイトデーの季節です。「スカッとゴルフ パンヤ」ではカップイン時に“純情”が手に入るようで?(2009/3/5)

「魔境奇談」「シールオンライン」「R.O.H.A.N」合同でオフラインイベントを開催
(2009/3/4)

オンラインゲーム最新イベント情報:
昇進の季節です
士官昇進の確率が2倍。戦力アップのチャンス。(2009/2/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
13日の金曜日といえば?
ホッケーマスクをかぶったあの人が、バレンタインなんて蹴散らしてくれます。(2009/2/12)

オンラインゲーム最新イベント情報:
13日の金曜日に、恐怖の鬼ごっこ
2月13日(金)に仮面に呪われたGMが登場する。あなたは逃げ切れるか?(2009/2/6)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ふれあいの時間
毎日特定の時間帯にGMと遊ぶことができます。(2009/1/30)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゲーマー川柳?
いろいろとコンテストが開催されるようです。あなたの作品も応募してみては?(2009/1/23)

オンラインゲーム最新イベント情報:
夫婦げんかに巻き込まれる
ささいな口論から大陸を巻き込む大戦争に発展……。(2009/1/21)

炎と呪縛を扱う新守護霊を実装――「魔境奇談」
(2009/1/14)

オンラインゲーム最新イベント情報:
1000万ものお年玉をゲットできるか
お年玉をめぐってGMと鬼ごっこ。(2009/1/9)

オンラインゲーム最新イベント情報:
紛れ込んでいるのは“スタッフ〜”?
ある合い言葉を使ってパーティーメンバーを募集。(2008/12/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
秘密の大賞を発表?
2008年ナンバーワンプレイヤーを決定します。秘密分野もあるようで……?(2008/12/18)

ユーザーの意見を運営・開発担当へ――「魔境奇談」に“御意見箱”導入
(2008/11/18)

「魔境奇談」完全開放&開始日決定
YNK JAPANは、カジュアルアクションゲーム「魔境奇談」の再始動日を発表した。ITmedia +D Games読者限定のプレゼントあり。(2008/11/14)

「魔境奇談」第2次クローズドβテスト開始――「御守り」システムなど新コンテンツスタート
(2008/10/31)

YNK JAPAN、「十二之天2」の日本国内ライセンス契約を締結
(2008/10/7)

YNK JAPANの新作は対戦型オンラインアクションゲーム! 「魔境奇談」を先行体験リポート
YNK JAPANの新作オンラインゲーム「魔境奇談」のクローズドβテストが10月1日から始まる。今回はクローズドβテストを前に、YNK JAPAN本社に突撃取材を敢行! プレイさせてもらって直接肌で感じた作品の魅力に迫る。(2008/9/29)

ITmedia +D Games枠で300名募集:
「魔境奇談」クローズドβテスターを募集開始
ワイエヌケージャパンは、カジュアルアクションオンラインゲーム「魔境奇談」のクローズドβテスト参加者募集を開始した。そこで、ITmedia +D Gamesでもβテスターを募集する。(2008/9/19)

国内サービスが近日スタート――「魔境奇談」
(2008/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。