ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガンダム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ガンダム」に関する情報が集まったページです。

ロボット開発ニュース:
プロジェクト始動から5年、実物大「動くガンダム」の情報がついに解禁
ガンダム GLOBAL CHALLENGEとEvolving Gは、18mの実物大「動くガンダム」を展示する施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を横浜市の山下ふ頭にオープンすると発表した。(2020/1/24)

「動く実物大ガンダム」詳報 「RX-78-2」は現代の技術でどこまで再現できるのか
一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」が発表した「動く実物大ガンダム」。発表会で展示された1/30スケールモデルの写真とともに、実物大ガンダムの細部を見ていく。(2020/1/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「ガンダム大地に立ち、動く!!」、腰に支持台車を接続して
なるほど、そうきたか……。(2020/1/21)

実物大の“動くガンダム”を間近で見られる施設が横浜・山下ふ頭にオープン 2020年10月1日から約1年間
夢のプロジェクトの成果がついに……!(2020/1/20)

実物大の“動くガンダム”、横浜に現る 10月から一般公開
高さ18メートルの実物大ガンダムが、横浜・山下ふ頭で10月から一般公開すると発表した。公開期間は約1年間。国内外のロボット研究者、エンジニア、クリエイターらが設計・検証し、動く仕組みにする計画だ。(2020/1/20)

ガンダム×ハローキティのコラボアニメが完結 アムロとキティちゃんが分かり合う最終話「愛・戦士」公開
愛、いろいろな意味でふるえる愛。(2020/1/15)

「アムロ、刻が聴こえる……」 ガンダム宇宙世紀歴代作品の劇伴547曲がDL&サブスク配信開始
聴けば聴くほど名シーンの数々が浮かんでくる。(2020/1/9)

メカ設計メルマガ 編集後記:
モノづくり視点でも注目したい「ガンプラ」40周年プレミアムイヤー
あの「ガンプラ」が買えなかったことをずっと後悔しています……。(2020/1/7)

「佐々木望さんでありますように」 アニメ映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」特報映像公開にファンたちの声集う
ガンダムNTに続く「UC NexT 0100」第2弾、先行イベントも開催。(2020/1/1)

デザイナーのシド・ミードさん死去 「ブレードランナー」「ターンエーガンダム」などに携わる
ビジュアルフューチャリストとして活躍していました。(2019/12/31)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(10月編):中国限定ガンダムスマホ/冬商戦向けスマホが続々登場/楽天モバイルがMNOサービスを開始(暫定)
中国メーカーは、日本のキャラクターや映像作品とコラボレーションしたスマホをいくつか出してきました。しかし、ライセンスの都合上、日本では発売できません……。その1つが、OPPOの「Reno Ace GUNDAM Limited Edition」です。(2019/12/28)

「ガンダム Gのレコンギスタ」主演の石井マークが活動休止と退所発表 「適応障害」と診断
ファンからは応援のメッセージが多数寄せられています。(2019/12/27)

JAXAのガンプラ打ち上げ計画、東京五輪応援衛星が完成 ガンダムとシャアザクが宇宙からメッセージ
2020年春には富野由悠季監督書き下ろしのメッセージを、7月には東京五輪への応援メッセージを発信する予定。(2019/12/3)

今日書きたいことはこれくらい:
「ガチャポン戦士2 カプセル戦記」はなぜファミコンにおけるガンダムゲーの最高傑作なのか
「SDガンダム」という題材と、「シミュレーションの皮をかぶったアクションゲーム」というゲームシステムの相性の良さ。(2019/11/23)

ガンプラの首を落として三条河原に……! 歴史に詳しい小学生の尖った遊びが強烈なインパクト
斬られるほうが両手を腰に回されているなど、芸が細かい。(2019/11/19)

実物大ガンダムを動かすプロジェクト「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」、メイキング動画配信開始
18メートルの巨体、どう動かす?(2019/11/15)

ユニコーンガンダムの段ボール工作が信じがたいハイクオリティ 高校生が文化祭のため2年がかりで作り上げた力作
これが“可能性の獣”か……。(2019/11/13)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
見せてもらおうか、OPPOのガンダムスマホとやらを 「Reno Ace」から「GUNDAM Limited Edition」登場
日本で「Reno A」を発表したOPPOですが、中国ではハイエンドフォン「Reno Ace」が販売されています。このReno Aceにはガンダムとコラボした「GUNDAM Limited Edition」も登場。中国でもガンダム人気は高く、OPPOはそれに敬意を示してコラボモデルを用意しました。(2019/10/29)

機動合体ゴガンダム!? “ガンダムの部品型ガンダム”が合体してガンダムになるイラストが夢に出そう
ゴライオンかな? それともゴッドマーズかな?(お腹にアムローが入って、ろーくしーんがったーい)(2019/10/28)

「プラモ作るのが面倒になった」 斜め上の発想で作られたガンプラの「ジム」が衝撃的なかっこ良さ!
これはやりたくなる。(2019/10/27)

放送40周年の今年、ついにコラボ実現! 「機動戦士ガンダムマンチョコ」発売
「地球連邦軍」は東日本、「ジオン公国軍」は西日本での販売(2019/10/19)

JRAと「ガンダムSEED」がコラボ もはや当然のようにガンダムが馬に乗って走り回る
コラボ動画ではキラとアスランによる新録ナレーションが……これは熱いぜ!(2019/10/16)

ガンダム×OWNDAYSコラボのメガネケースが強烈なインパクト ガンダムの頭がパカパカ開いて6本のメガネを収納
ガンダムやザクをイメージしたメガネも販売。(2019/10/16)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バンダイの「動くザク」を取材しに行ったら完全に「分かってる人」が出てきて最終的に「分かってますねえ……」と意気投合しました
ザクを組み立てて動かせる「ZEONIC TECHNICS」について、ガンダムオタク丸出しで取材してきました。(2019/10/11)

「ガンダムvsハローキティ」、2020年3月に“春のファン祭り”開催 スペシャルゲストに古谷徹、両軍の勝利公約も決定
キティデザインのガンプラほし……。(2019/10/3)

「ザクII」を動かすプログラミング教材、20年3月発売 約10万円
「機動戦士ガンダム」の世界観を楽しみながらプログラミングを学べる教材「ZEONIC TECHNICS」が2020年3月に発売。価格は9万8890円(税込)。(2019/9/27)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、「ガンダム」と「シャア専用ザク」の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(2019/9/19)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ガンダム」と「シャア専用ザク」(シャアザク)の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(静岡支局 石原颯)(2019/9/18)

「こいつ、うまいぞ!」 自動販売機型ガンダム、秋葉原ラジオ会館に立つ
コラ・コーラ ボトラーズジャパンが「秋葉原ラジオ会館」に「自動販売機型ガンダム」を設置した。ボタンを押すとアムロやシャアの名セリフをもじったオリジナルボイスが流れる。(2019/9/10)

宇宙からアムロとシャアのメッセージが降る 東京五輪×ガンダムコラボに新企画
抽選で10人に、メッセージ動画がTwitterのDMで届きます。(2019/9/4)

こんなにうれしいことはない ガンダム好き焼肉屋から木彫りのハロがいなくなる→Twitterの力で無事帰艦
料理長のタムラさんも流される。(2019/8/29)

ガンダムとキティさんがチェスでバトル 「ガンダムvsハローキティ」のチェスデザイングッズが登場
どっちが強いかな?(2019/8/27)

「ガンダムに救われた」 歌手生活34年、森口博子の原点
歌手の森口博子(51)が、人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの主題歌を集めた新作アルバムを出した。幅広く活躍するが、もともとガンダムの主題歌を歌ってデビュー。苦労時代も「ガンダムが支えてくれた」。歌手生活34年、ガンダム愛を語る。(2019/8/23)

「これからの未来も魂の歌声届けます」 森口博子、「ガンダム」カバーアルバムが28年2カ月ぶりにTOP10入りの快挙
インターバル期間は女性アーティストで歴代1位。すげぇ。(2019/8/16)

ガンダム×JRAの新企画「診断のシャア」開始 シャアがオススメ馬券とモビルスーツ適性を教えてくれる
チャット形式の画面で、シャアが脈絡のないスタンプをはさみつつ診断します。(2019/8/9)

「ガンダム」公式YouTube開設、新シリーズ配信 「全世代に知ってもらえるよう」
「ガンダム」シリーズの公式YouTubeチャンネルがオープンした。アニメシリーズ最新作「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」を配信する他、過去のガンダムシリーズ作品から全300エピソード以上を随時配信する。(2019/8/5)

工場ニュース:
ガンプラ工場が新館を建設、小型AGVや“見える化”システムなども導入
BANDAI SPIRITSは、アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル(ガンプラ)などを生産する新工場「バンダイホビーセンター新館」を建設すると発表した。現在ガンプラを生産しているバンダイホビーセンター(静岡市葵区)の敷地内で同年12月に着工し、2020年秋以降に稼働を始める予定。(2019/8/5)

見せてもらおうか、歴史の重みとやらを 「機動戦士ガンダム」40周年記念オフィシャルブックが発売決定
ガンダムシリーズ40年の歴史がこの1冊に!(2019/8/3)

バンダイがガンプラ工場を増強、生産能力1.4倍に 背景に「GUNPLA」の海外人気
静岡のアナハイムが生産能力の増強に乗り出す。(2019/8/2)

バンダイがガンプラ新工場、生産能力を1.4倍に
BANDAI SPIRITSが「バンダイホビーセンター」の敷地内に新館を建設する。2020年秋までに稼働し、生産能力を現在の1.4倍に引き上げる。(2019/8/2)

ガンダムとジョージアの「コラボデザイン缶」第2弾投下へ 「ニュータイプ」がテーマの新商品も
バタシャム(リック・ドムのパイロット)をフィーチャーするとか、相変わらずラインアップの守備範囲が広い。(2019/8/1)

ガンダム公式ショップに赤と緑の「ザク麺」登場 宮内庁御用達「江戸玉川屋」とコラボした一品
ユニコーンガンダムをイメージしたうどんも。(2019/8/1)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハロが誤作動したら? スペースコロニーの行政とは?――ガンダム世界の“社会問題”を分析
スペースコロニーなどガンダム世界のSFが現実味を帯びてきた。例えばハロが誤動作したら誰が責任を取る? 社会科学の見地からリアルに分析。(2019/7/30)

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」2019年秋公開決定 キービジュアルも初公開
富野由悠季さん「本作は楽しく観ていただきたいのです」(2019/7/23)

「ハローキティ? そういえばハロと似て……」 ガンダムとキティちゃんのコラボアニメ「めぐりあい」編公開
アムロとキティ、かみあわない2人の会話に注目。(2019/7/9)

AbemaTVが「ガンダム」シリーズ11作品を毎週土日祝に無料放送 ガンダム40周年記念として
休日の楽しみが増えるー!(2019/6/19)

定価約10万円の「解体匠機 RX-93 νガンダム」予約開始 → 早くも「予約確保済み」として高額転売続出し物議
「転売屋の餌食」との意見も。(2019/6/14)

約2000パーツ彩色済みの全長37センチ「RX-93 νガンダム」 ABS樹脂や金属素材で“本物のメカ”を再現 税別9万3000円
「RX-93 νガンダム」を約2000パーツで再現した全長37センチのミニチュアモデル「METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム」。発売時期は12月で、価格は9万3000円(税別)。全国のホビーショップやオンラインストアなどで本日から予約を開始する。(2019/6/13)

東京おもちゃショー2019:
伝えたいのは「ガンダムの世界観」 ザクのプログラミング教材で学べるもの
バンダイが「東京おもちゃショー2019」でザクのプログラミング教材を展示。実際にザクが動くデモンストレーションを実施している。(2019/6/13)

「俺が宝塚記念だ」 コラボ企画「騎乗戦士ガンダムJRA」始動、宮野真守が特別ムービーをナビゲート
第60回宝塚記念と連動した「ハロガチャ宝塚記念00(ダブルオー)」も。「00」が「レイワ」とも読めるのがポイントです。(2019/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。