ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HDMI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

High-Definition Multimedia Interface

手持ちのカメラを手軽に“Webカメラ化”できるHDMIーUSB変換アダプター
サンコーは、一眼レフカメラやビデオカメラなどを接続してWebカメラとして利用可能にする変換アダプター「SHDSLRVC」の販売を開始した。(2020/9/16)

アイ・オー、4K60p録画に対応したPCIe内蔵型のHDMIキャプチャーカード
アイ・オー・データ機器は、4K解像度での録画をサポートしたPCIe内蔵型HDMIキャプチャーカード「GV-4KHVR」を発売する。(2020/9/1)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」にHDMIキャプチャーカードを標準装備した配信向きモデルを追加
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズにAVerMedia製HDMIキャプチャーカードを標準装備したモデルを発表した。(2020/8/6)

エスケイネット、モバイル利用にも向くコンパクトなUSB外付けHDMIキャプチャーユニット
エスケイネットは、USB 2.0接続に対応したエントリークラスの外付け型HDMIキャプチャーユニット「MonsterX Lite」を発表した。(2020/8/5)

PoCから量産までの期間を短縮:
ソシオネクスト、HDMIモジュールを開発
ソシオネクストは、HDMIモジュール「cecTalker」を開発し、サンプル出荷を始めた。自社開発のHDMIコントローラチップを搭載しており、応用機器のコンセプト検証(PoC)から量産までの期間を短縮することができる。(2020/8/5)

「Cosmo Communicator with HDMI」レビュー サイズ感からQWERTYキーの使い勝手までを検証
英国のPlanet Computersが開発した「Cosmo Communicator with HDMI」は、本体にQWERTYキーボードを搭載する、日本語対応のAndroidスマートフォンだ。そこで今回はキーの入力方法や日本語入力の仕方について解説していこう。(2020/7/30)

テレビにつなぐだけの「電車でGO! PLUG&PLAY」、タイトーが再販 本体色をグレーに
タイトーは、テレビとHDMIケーブルで接続するだけで遊べるマスコン型のゲーム機「電車でGO! PLUG &PLAY」を12月に再販すると発表した。(2020/7/21)

セガ「アストロシティミニ」12月発売 アーケード筐体を6分の1サイズで再現、「バーチャファイター」など全36タイトルで遊べる
HDMIでテレビ出力可能。別売のゲームパッドも用意されています。(2020/7/8)

EIZO、HDMI映像の視認性を向上する保全業務向け映像補正ユニットを発表
EIZOが、カメラ撮影映像に補正処理を行える視認性向上システム「DuraVision EVS1VX」など2製品を発表した。(2020/7/7)

QWERTYキー付きスマホ「Cosmo Communicator」にHDMIケーブル付きモデルが登場
リンクスインターナショナルは、6月27日にスマートフォン「Cosmo Communicator with HDMI」を発売する。6型ディスプレイにAndroid 9.0を搭載し、デュアルSIMとeSIMに対応する。(2020/6/19)

5G通信の活用も想定?:
AWSが「AWS Elemental Link」を発売、3G-SDI/HDMI入力を「1分以内に」クラウドでライブ配信するボックス
AWSは「AWS Elemental Link」を一部リージョン向けに販売開始した。手のひらサイズの小型ボックスで、3G-SDI、HDMIで映像/音声を取り込み、AWSのサービスを使って放送品質のライブ動画配信が即座に行えるという。(2020/5/6)

センチュリー、HDMI入力対応の10.1型ディスプレイに新型番モデル
センチュリーは、HDMI接続対応の10.1型ディスプレイ「plus one HDMI」の新モデルを発表した。(2020/4/17)

EIZO、セキュリティ市場向けの17型スクエア液晶
EIZOは、各種セキュリティ機器との接続を想定した17型液晶ディスプレイを発表。HDMI接続に対応、フルHD映像の入力も可能だ。(2020/3/13)

これは仕事で使える!:
USB Type-CとHDMIで仕事もゲームにも大活躍なACアダプター「GENKI Dock」を試す
クラウドファンディングサイトでプロジェクトが進行中の「GENKI Dock」は、USB Type-CやHDMIの各端子を備えた小型なACアダプターだ。試作機を入手できたので、いろいろと試してみた。(2020/2/28)

PGA、iPhone/iPadの画面をテレビで楽しめる「HDMIミラーリングケーブル」を2月28日に発売
PGAは、2月28日からiPhone/iPad専用「HDMIミラーリングケーブル」を2発売する。端末とLightningコネクタで、ディスプレイとHDMIコネクタで接続すれば、最大1080pのHD画質で画面を表示できる。(2020/2/17)

モバイルディスプレイの道:
バッテリー内蔵の15.6型のサブディスプレイ「Xtendtouch XT1610F」はモバイラーの救世主となるか
PEPPER JOBSの「Xtendtouch XT1610F」は、タッチ操作に対応しペンが付属、USB Type-CとHDMI端子を備えるのに加え、大容量のバッテリーを内蔵した文字通り全部入りの15.6型モバイルディスプレイだ。その使い勝手をチェックした。(2020/2/17)

ソニー、8K液晶テレビを国内販売 85V型で200万円、HDMI入力は「次世代ゲーム機に対応」
ソニーが国内では同社初となる8Kテレビを発表した。米国などで2019年に発売した「Z9G」シリーズをベースに、日本の新4K8K衛星放送に対応するチューナーを搭載した。ソニーストアでの販売価格は200万円(税別)。(2020/2/7)

センチュリー、重量約730gのフルHD対応11.6型モバイル液晶ディスプレイ
センチュリーは、フルHD表示に対応した11.6型モバイル液晶ディスプレイ「11.6インチHDMIマルチモニター plus one full HD」を発売する。(2020/1/31)

アイ・オー、4K60p録画に対応したPCIe内蔵型のHDMIキャプチャーカード
アイ・オー・データ機器は、最大4K解像度にまで対応したPCIe内蔵型HDMIキャプチャーカード「GV-4K60/PCIE」を発表した。(2019/12/4)

モバイル液晶ディスプレイの道:
USB Type-CとHDMIをサポートした15.6型モバイル液晶ディスプレイ「Vinpok Split」を試す
クラウドファンディングを経て発売された「Vinpok Split」。15.6型で約635gという軽量ボディーのモバイル液晶ディスプレイをチェックした。(2019/12/3)

テレダイン quantumdata M41h、quantumdata M41d:
HDMIおよびDisplayPort対応のテスト機器
テレダイン・ジャパンは、プロトコルの機能テストからコンプライアンステストまで対応するテスト機器「quantumdata M41h」「quantumdata M41d」を発表した。HDMIおよびDisplayPortに対応する。(2019/11/13)

ゲームボーイ&アドバンス互換機「Analogue Pocket」発表 ゲームギアやネオポケに対応するオプションも
HDMIでディスプレイに出力できるドックも発売予定。(2019/10/18)

Facebook、テレビで動画チャットもできる「Portal TV」(149ドル)など、新デバイス発表
Facebookが昨年立ち上げた動画チャット端末「Portal」のラインアップを拡充し、テレビのHDMI端子に接続して大画面での動画チャットを可能にする「Portal TV」などの新製品を発表した。北米の他、欧州などで発売する。(2019/9/19)

Twelve South、HDMIやギガビットLANなどを増設できるMac用のType-C外付けハブ
フォーカルポイントは、米Twelve South製のUSB Type-C接続対応拡張アダプター「StayGo USB-C Hub」の取り扱いを開始した。(2019/8/16)

ベルキン、4タイプの映像入力を利用できるHDMI変換アダプター
ベルキンは、計4種類の映像入力端子を備えたHDMI変換アダプター「Multiport to HDMI Digital AV アダプタ」を発売する。(2019/8/15)

USBやHDMIなどの端子がLINE絵文字に 「家族への説明に便利」と好評
さまざまなインターフェースや映像入力端子を網羅。(2019/7/16)

テレダイン WavePulser 40iX:
インターコネクト試験/検証に対応するアナライザー
テレダイン・ジャパンは、4ポートの高速インターコネクトアナライザー「WavePulser 40iX」を発表した。PCI Express、HDMI、USB、SAS、SATAなどの高速シリアルプロトコル用の相互接続検証やケーブルの特性評価/解析を1台で提供する。(2019/6/28)

「Raspberry Pi 4」登場 4Kサポート、CPUも高速化で35ドルから
「Raspberry Pi 4 Model B」が発売された。米国での販売価格は先代と同じ35ドル(約3800円)から。type-DのHDMIデュアルポートで4K動画をサポートし、プロセッサは先代の3倍の性能。メモリ容量が1/2/4GBの3つのモデルがある。(2019/6/25)

日本航空電子工業 MX50、MX53シリーズ:
車載配線用HDMIコネクターのラインアップ拡充
日本航空電子工業は、車内配線用のHDMIコネクター「MX50」「MX53」シリーズに新製品を追加した。MX50シリーズには誤嵌合防止キーを設けた4種類を追加し、MX53シリーズではケーブル配索や固定方法の自由度を向上させた。(2019/6/3)

アイ・オー、ゲーム動画配信にも向くUSB外付けHDMIキャプチャーデバイス
アイ・オー・データ機器は、USB接続対応の外付け型HDMIキャプチャーデバイス「GV-US2C/HD」を発売する。(2019/5/22)

SilverStone、アナログD-Sub+HDMIの同時出力も可能なUSB Type-C外付けアダプターなど2製品
ディラックは、台湾SilverStone Technology製のUSB Type-C接続対応アダプター「EP16」など2製品の取り扱いを開始する。(2019/3/12)

センチュリーのポータブル液晶がUSBバスパワー非対応に仕様変更
センチュリーは2月27日、「11.6インチHDMIマルチモニター plus one full HD」(LCD-11600FHD2)の仕様変更を発表した。USBバスパワー非対応になって発売時期は3月中旬頃に延期された。(2019/2/28)

プリンストン、4K対応HDMI出力も使えるUSB Type-C外付け拡張ドック
プリンストンは、USB Type-C接続時対応した外付け型拡張ドック「USB Type-C ドッキングステーションミニ」を発売する。(2019/2/15)

グリーンハウス、4K対応の5ポートHDMI切り替え器
グリーンハウスは、5ポート搭載HDMIセレクター「GH-HSWH5-BK」の販売を開始する。(2019/2/4)

TUNEWEAR、HDMI出力なども使えるUSB Type-C外付け多機能ハブ
フォーカルポイントは、TUNEWEAR製のUSB Type-C接続対応外付け拡張ドック「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM3」の取り扱いを開始する。(2019/1/25)

サンワ、4K対応HDMIケーブルに長さ7m/9mのロングモデルを追加
サンワサプライは、4K対応HDMIケーブル計2製品の販売を開始する。(2019/1/21)

サンワ、USB Type-C映像出力をワイヤレス送信できる延長器
サンワサプライは、USB Type-C映像出力をワイヤレス化できるHDMIエクステンダー「VGA-EXWHD6C」を発売した。(2018/11/19)

CEATEC 2018:
8K時代のインタフェース「HDMI 2.1」対応チップ登場
ソシオネクストは2018年10月16〜19日の会期で開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2018」(シーテックジャパン2018/会場:千葉市・幕張メッセ)で、HDMIの最新仕様「HDMI 2.1」に対応した8K用映像処理/表示制御用チップ「HV5シリーズ」によるデモを公開した。(2018/10/17)

リモコンも使える3入力対応のHDMI切り替え器 税別999円
ドスパラは、3台の入力機器を接続できるHDMI切り替え器「DN-915476」の販売を開始した。(2018/9/14)

初の8Kチューナー、シャープが開発 HDMIケーブル4本で接続
12月に本放送が始まる新4K/8K衛星放送に対応する「8Kチューナー」の開発をシャープが表明した。録画に対応するかは「未定」(同社広報)。(2018/9/12)

スマホの画面をテレビに出力できるUSB HDMI変換アダプター
サンワサプライは、9月6日にスマートフォンの映像をテレビやディスプレイに出力できるフルHD対応のUSB HDMI変換アダプターを発売。1台でiPhone/iPadやmiracast対応Androidスマートフォン/タブレットに出力でき、iOS搭載機器ではアプリをインストールすることなく接続するだけで利用可能となっている。(2018/9/6)

サンコー、双方向型の4K対応HDMI切り替え器
サンコーは、2入力1出力または1出力2入力の利用に対応したHDMI切り替え器を発売する。(2018/9/3)

対応製品の登場も間近:
「HDMI 2.1」 8K対応や動的HDRなど新機能を振り返る
「HDMI 2.1」は、テストスペックの仕様書が2018年第2〜第3四半期に段階的に公開される予定であり、実際に製品が市場に出てくるのは間近だと考えられる。そこで、HDMI 2.1の特徴的な機能を振り返ってみたい。(2018/7/24)

センチュリー、USB接続でも利用できる10.1型液晶ディスプレイ
センチュリーは、HDMIおよびUSB 3.0接続に両対応した10.1型ポータブル液晶ディスプレイ「plus one USB3.0+HDMI」を発売する。(2018/7/4)

サイバーガジェットからディスクシステムっぽいHDMIセレクターが登場 ミニファミコンの下に置くのにぴったり!
懐ゲーが遊びたくなるゲームパッドと、クラシックミニFCを載せたくなるHDMIセレクターです。(2018/7/2)

東芝 TC959xXBG:
車載IVI向けのインタフェースブリッジIC
東芝デバイス&ストレージは、車載インフォテインメント(IVI)システム向けのインタフェースブリッジICとして、ディスプレイシステム用、カメラシステム用、HDMI搭載システム用の4種類を開発、サンプル出荷を開始する。(2018/6/19)

サンワ、LANポートとHDMI出力も備えたSurface向け多機能USBハブ
サンワサプライは、Microsoft Surface向けをうたった多機能USBハブ「USB-3HSS3S」を発売した。(2018/6/14)

Amazon、Alexaでテレビも操作できる「Fire TV Cube」を120ドルで発売へ
Amazon.comが、Fire TVとAmazon Echoを統合したような4K Ultra HDストリーミングプレーヤー「Fire TV Cube」を米国で120ドルで発売する。赤外線やHDMI CECでテレビやCATVチューナーを接続し、それぞれを音声で制御できる。(2018/6/8)

サンワ、HDMIとアナログD-Sub出力を備えたUSB Type-Cアダプター
サンワサプライは、USB Type-C接続対応の外付け型ディスプレイアダプター「400-HUB060PD」を発売する。(2018/4/26)

SAPPHIRE、4画面4K出力が可能なプロ仕様グラフィックスカード
アスクは、SAPPHIRE製の商業用途向けの高解像度表示対応グラフィックスカード「GPRO 8200 HDMI」の取り扱いを発表した。(2018/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。