ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KONAMI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KONAMI」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「PCエンジン mini」は20年3月19日発売 「ときメモ」「桃鉄」など50タイトル収録
往年のゲーム機「PCエンジン」を復刻した「PCエンジン mini」が2020年3月19日に発売される。(2019/7/12)

「ときメモ」や「桃鉄」「超兄貴」も! PCエンジン mini、収録タイトル50作品を正式発表 2020年3月19日に発売へ
ときメモ収録ヤッター!(2019/7/12)

「eスポーツ」という言葉の違和感 理想的な“スポーツ”の形とは(前編)
スポーツ学を8年間学んでいた漫画家サダタロー氏が持つ、「eスポーツ」という言葉の違和感。スポーツとは何かを考えます。(2019/7/7)

等身大キャラと踊るリズムゲー「テトテ×コネクト」、音ゲー好きの記者が体験
等身大キャラと踊るリズムゲー「テトテ×コネクト」を体験してきた。(2019/6/20)

学校名背負って対戦 eスポーツで夏の野球大会 優勝者はプロリーグのドラフト候補に
「グランドに負けない、暑い夏のはじまり」――eスポーツの中高生向け大会「eBASEBALL全国中学高校生大会−共同通信デジタル杯−」がこの夏、開幕する。学校に所属する2人1組で参加。高校生・高等専門学校生の優勝チームは、プロ野球eスポーツリーグの「eドラフト会議」候補者になる。(2019/6/17)

「PCエンジン」の商標を、BIGLOBEが持ってるワケ
ゲーム機開発とは縁遠そうなBIGLOBEが、PCエンジンの商標を保有している。なぜだろうか?(2019/6/12)

コナミの名作「魂斗羅」にバカゲー感特盛りの新作 エイリアンやパンダ型サイボーグと共闘だ
9月26日に、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(Steam)向けに発売。(2019/6/12)

コナミが「PCエンジンミニ」発表! 「イース I・II」「悪魔城ドラキュラX」など収録
「カンタンセーブ機能」など搭載。(2019/6/12)

「PCエンジン mini」発表 往年の名機、手のひらサイズに
往年のゲーム機「PCエンジン」を手のひらサイズに縮小した「PCエンジン mini」発表。「イース I・II」をはじめとしたなつかしのゲームを収録する。(2019/6/12)

意外な関係:
NTT東がeスポーツ参入 社長直轄で異例のスピード事業化
NTT東日本が、対戦型ゲームで競い合う「eスポーツ」事業に本格参入した。eスポーツ事業は、昨年6月に就任した井上福造社長(63)の“鶴の一声”でスタート。社内に隠れた有力人材がいたことも幸いし、異例のスピードで事業化を実現した。“井上社長の野望”とは−。井上氏とゲーム事業との意外な関係に迫る。(2019/5/31)

モバクソ畑でつかまえて:
キャラも音楽も良いけど…… 「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING!」は音ゲー部分がひたすら虚無
ゲームの部分以外は高評価。(2019/6/2)

2019年のビデオゲームの殿堂に「ソリティア」や「スーパーマリオカート」
「コロッサル・ケーブ・アドベンチャー」「モータルコンバット」も。(2019/5/5)

平成の人気企業:
文系・理系の1位は? 2020年卒、就職人気ランキング
マイナビと日本経済新聞社は共同で、2020年卒学生を対象にした「就職企業人気ランキング」を実施し、上位100社を発表した。文系・理系の1位は……(2019/4/9)

DAZNと「ウイイレ」がコラボ J1前節に出場した選手がゲームにも 活躍に合わせて能力アップ
J1前節に出場した選手がモバイルゲーム「ウイニングイレブン 2019」内に登場。試合での活躍に合わせ、能力がアップした状態になるという。(2019/4/4)

「マリオ2」と「スターソルジャー」、Nintendo Switch Onlineに追加
「Nintendo Switch Online」で遊べるファミコンゲーム集に、10日から「スーパーマリオブラザーズ2」など3タイトルが追加。(2019/4/3)

モバクソ畑でつかまえて:
8年半の歴史に幕「戦国コレクション」の思い出と、大傑作だった“アニメ版”を振り返る
アニメ2期はまだですか……?(2019/4/3)

Appleが“ゲーム天国”「Apple Arcade」を2019年秋にスタート
3月25日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントでゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を2019年秋にスタートすると発表した。広告なしでオリジナルゲームがプレイできるとし、現在100タイトル以上のオリジナル作品を開発しているという。(2019/3/26)

Apple、ゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」発表 今秋スタート
(2019/3/26)

Googleさん:
無敵コマンド装備したGoogleのクラウドゲーム「Stadia」を率いる人々
Googleが年内スタートするゲームサービス「Stadia」を率いるのは、元Xboxの偉い人と「アサシンクリード」を手掛けた元EAの偉い人。コナミコマンドが刻印されたコントローラをひっさげて、どう勝負するのでしょう。(2019/3/24)

なにここ天国? “国宝級”のレア筐体も並ぶ、大阪・新世界の謎ゲーセン「ザリガニ」を君は知っているか
オープンの裏には「ゲーム好きだった父の思い」がありました。(2019/3/22)

「eスポーツ」が野球解説者を救う? 地上波生中継先細りで「パワプロ」巧者が重宝される時代!?
すごい時代がきたもんだ。プロ野球のテレビ生中継が地上波から消え、受難の時代の野球解説者を救うのは、なんと「パワプロ」?(2019/3/4)

一歩「裏ドラが乗るチャンスはあるんだ!」 『はじめの一歩』と麻雀リーグがコラボ、スポーツ7紙をジャック
ヴォルグ「弱気になるナ!! テンパってみせル! アガってみせル! 勝つのはボクだ!!」(2019/3/2)

コナミ、銀座の新拠点にeスポーツ用ホール開設 最新の音響・証明・配信設備を完備
11月竣工予定の「コナミクリエイティブセンター銀座」にて。eスポーツ関連の人材育成スクールも計画されています。(2019/3/2)

「ラブプラス」スマホ版、今春クローズドテスト 配信延期から約1年
スマホアプリ「ラブプラスEVERY」のクローズドテストが3〜4月に実施。iOS版のみ。(2019/2/6)

「ラブプラス EVERY」iOSでクローズドテスト実施決定 約1年の延長を経て選ばれしカレシにのみ姿を現す
クローズドテストの内容をSNSサービスやWebサイトなどで一般に開示することは禁止。(2019/2/6)

コナミとセガ、アミューズメント施設でQRコード決済を導入
コナミアミューズメントは、セガ・インタラクティブと共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスがQRコード決済へ対応すると発表した。第1弾として2019年春に「Alipay」「WeChat Pay」、2019年夏以降に「楽天ペイ(アプリ決済)」「d払い」「LINE Pay」「PayPay」といった国内サービスにも順次対応する。(2019/1/25)

ゲーセンでもコード決済 タイトー、セガ、コナミが相次いで導入へ
タイトー、コナミ、セガなどのアミューズメント施設で、スマートフォンを活用したコード決済サービスが導入される。(2019/1/25)

コナミとセガ、アーケードゲームにQRコード決済採用 Alipay・PayPay・LINE Payなどに対応
これまで交通系などの電子マネーが使えたところに、選択肢がさらに追加。(2019/1/25)

モバクソ畑でつかまえて:
サービス開始から1年もたず…… 「ときめきアイドル」終了を予感させた2つの“爆弾”
現在はオフライン版が配信中。(2019/1/22)

幻の「サイレントヒル」の“遊べる予告編”「P.T.」、ファンがPCゲーム「Unreal PT」としてリメイク
「サイレントヒル」そのものの中止に伴い配信終了したホラーゲームが、ファンの手で復活。(2019/1/8)

コナミのゲーム音楽がAmazonのサービスで配信開始 「メタルギア」「サイレントヒル」「幻想水滸伝」など
定額制音楽配信サービスで初の解禁。Amazon Music Unlimitedではアルバム117タイトル、prime musicでも30曲が聞けます。(2018/12/27)

埼玉で開催中「あそぶ!ゲーム展」のなつかしさがすごい 平成を彩ったなつかしデジタルゲームを遊べる学べる企画展
青春がよみがえる……!(2018/12/20)

「ときメモ」シリーズのスマホゲーム「ときめきアイドル」がサービス終了へ
グラディウスの続編が……。(2018/11/15)

【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力
「moon」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた木村祥朗さん(Onion Games)の最新作がなぜシューティングなのか。「BLACK BIRD」開発のきっかけや、シューティングというジャンルの魅力について語ってもらいました。(2018/11/9)

「プレイステーション クラシック」内蔵ソフト全20本が判明! 「アークザラッド」「アーマード・コア」「女神異聞録ペルソナ」など
「アーマード・コア」だと……!(2018/10/29)

バンナム・コナミ・セガのアーケードゲーム共通ICカード「アミューズメントICカード」発売
バンダイ、コナミ、セガのアーケードゲーム用ICカードの仕様を統一した「アミューズメントICカード」の販売がスタート。1枚のカードで3社のゲームを横断的に遊べる。(2018/10/26)

「テロップは全て人力でした」 史上初の「パワプロ風野球中継」 実現の陰にあった3つの壁とパワプロ愛
プロ野球の試合中継をゲーム「実況パワフルプロ野球」風に配信し、大きな反響を呼んだAbemaTV。実現までにはさまざまな苦労が――プロデューサーの押目隆之介さんに話を聞いた。(2018/10/21)

異業種が熱視線 日本の「eスポーツ」はビジネスになるのか
日本国内でもにわかに盛り上がりを見せている「eスポーツ」。ゲーム業界だけでなく、芸能事務所やテレビ局、プロスポーツリーグなどが続々と市場参入を表明しているが、そこにどんな可能性があるのか。(2018/10/20)

最高かよ! 「東京ゲームショウ2018」をアゲアゲにしたコスプレイヤー&コンパニオンさんを全力で紹介
コスプレイヤーさんもコンパニオンさんもバッチこい! 160枚超で振り返るTGS2018。(2018/9/25)

鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
「キングダム ハーツ オーケストラ ワールドツアー」中の下村陽子さんを直撃しました。(2018/9/14)

「どうぶつの森」最新作、2019年にNintendo Switchで登場 秘書のしずえさんはスマブラ参戦
いろいろとやべえ。(2018/9/14)

「ラブプラス EVERY」が2度目の延期 配信時期は未定
8月に予定していたスマートフォン向けゲーム「ラブプラス EVERY」の配信が延期される。配信時期は未定。(2018/8/29)

「ラブプラス EVERY」8月予定だった配信が延期に
コナミは「より高い品質・魅力のある作品としてお客様にお届けするため」と説明。(2018/8/28)

「LA-MULANA 2」レビュー:
「LA-MULANA(ラ・ムラーナ)」というゲームのこと、1人のゲームライターの人生のこと
「LA-MULANA」と出会っていなかったら、多分今こうしてここにいることはなかったかもしれない、という話。(2018/8/17)

矢口君は私の事なんて全然見てない 「ハイスコアガール」5話 少女のから回る恋心
ハルオは小春にいっぱい謝らないといけないよ!(2018/8/11)

「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
初挑戦となったフル3DCG。そして、アニメの中にゲーム画面を組み込む難しさとは。(2018/8/10)

「任天堂から内定もらってた」「小学校で洋ゲーにハマった」 eスポーツ実況へ転身した元テレビ局アナウンサーに話を聞いた
決断の背景。(2018/8/4)

「スプラトゥーン2」使ったeスポーツ大会、NPBが開催 賞金はなし
NPBが2019年春にNintendo Switch用ゲームソフト「スプラトゥーン2」を使った12球団対抗のeスポーツ大会を開催すると発表した。NPBと各球団の選考で決定したeスポーツチームによる12球団対抗イベントで、参加者には一律で活動手当を支給し、賞金は設定しない。(2018/7/27)

自転車で2人でゲーセンにでかけたあの夏の日 アニメ「ハイスコアガール」2話
【ネタバレあり】PCエンジン派だった人、手ぇあげて。(2018/7/21)

プロ野球、eスポーツに参入 NBPとコナミ、「パワプロ・プロリーグ」開幕
プロ野球がeスポーツに本格参入。NBPとコナミが「パワプロ・プロリーグ」を開催。12球団のeスポーツ選手がパワプロシリーズで戦い、「日本シリーズ」で優勝者を決める。(2018/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。