ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「九龍争覇」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「九龍争覇」に関する情報が集まったページです。

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゴールデンウィーク特集
大型連休イベントばっかり。(2009/5/1)

オンラインゲーム最新イベント情報:
あなたの実力はそんなもの?
出題される課題をクリアして、自分の力をアピールしてください。(2009/3/9)

最高位ダンジョン実装――「九龍争覇」12月末にアップデート
(2008/12/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
先輩ハンターから学べ
ハンターランクを越えたイベントを開催。(2008/12/10)

オンラインゲーム最新イベント情報:
7日間耐久戦
ぼくらに運営チームから挑戦状が届いた。(2008/10/31)

防具や上位ダンジョンを追加――「九龍争覇」大規模アップデート
(2008/9/12)

オンラインゲーム最新イベント情報:
パジャマパーティーに参加しませんか
必ずパジャマを着て参加してください。(2008/8/20)

オンラインゲーム最新イベント情報:
どんなコスチュームが理想的か
キャラクター名がそのままファッションブランドになります。(2008/8/12)

Gameleonコンテンツが「goo」に登場。「九龍争覇」からサービススタート
(2008/7/14)

「九龍争覇」、前後編に分かれたログインキャンペーン第2弾開催
(2008/7/14)

2門派、4マップを追加――「九龍争覇」大規模アップデート
(2008/6/26)

「九龍争覇」にログインするとアイテムプレゼント
(2008/6/20)

「九龍争覇」、新規門派「武當」と「魔教」を公開
(2008/6/18)

「九龍争覇」、GW企画イベント「子群美味乱舞」開催
(2008/4/25)

マップや新規門派追加――「九龍争覇」大規模アップデート
(2008/4/3)

ロックワークス、@niftyの会員向けに「Gameleon」を提供
(2008/3/27)

「九龍争覇」正式サービス開始――大型アップデートで新門派を実装
(2008/3/24)

「九龍争覇」日本限定イメージイラストを公開
(2008/3/14)

「GAMELEON」会員登録で「ライラの冒険 黄金の羅針盤」劇場鑑賞券が当たる
(2008/2/29)

明日正式サービス開始――「九龍争覇」
(2008/2/22)

「九龍争覇」2月23日よりサービス開始
(2008/2/1)

「十二ノ天」は日々進化する、対人戦がメインの“大人なゲーム”
約4カ月間のオープンβテストを経て、12月19日に正式サービスがスタートしたばかりの武侠MMORPG「十二ノ天」〜TweleveSky〜」は、ダークな世界観と曜日も時間も問わず繰り広げられる大規模戦闘が魅力の作品だ。本タイトルの魅力や今後のアップデートスケジュールなどをディレクターの村上隆行氏と広報担当である李哲鎮氏のお2人に聞いてきた。(2008/1/17)

ロックワークス、「Gameleon」の各ゲームサービスを一時停止
(2007/7/20)

「九龍争覇」チュートリアルキャラクターに、野水伊織さんを起用
(2007/6/27)

ロックワークス「九龍争覇」を開発スタジオで先行体験
(2007/6/8)

ロックワークスの2大新作タイトルが全面対決!?――「十二ノ天」&「九龍争覇」発表会
ロックワークスによる発表会において、新作MMORPG「十二ノ天」と「九龍争覇」が紹介された。発表会には両タイトルの応援団長に選ばれたお笑いコンビ「アメリカザニガニ」の2人も登場し、いつのまにかそれぞれが応援するタイトル同士が対決することに?(2007/4/9)

「九龍争覇」公式ティザーサイトが本日午後4時よりオープン
(2007/3/26)

「九龍争覇」の世界、そして門派をご紹介
(2007/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。