ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雑誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!雑誌→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で雑誌関連の質問をチェック

オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
お見事。(2021/10/28)

週刊誌報道キターッ!! 山本高広、次々出てくる“関係者”に「誰だよ」「僕は芸人友達い〜ま〜せん!!」
芸人と声優の「二刀流職人芸」を宣言している山本さん。(2021/10/28)

上野樹里、水川あさみと戸田恵梨香の一部週刊誌報道への抗議に称賛 「私もつらい時期あったよ」「長澤まさみちゃんと仲悪いとか共演NGとかさ」
「違和感に疑問を持つことから始めてほしい」と受け取る側へのメッセージも。(2021/10/27)

水川あさみの事務所、週刊誌の“臆測記事”へ「しかるべき措置」 断固たる態度にネットでは「全面的に支持」
一部週刊誌が水川さんと戸田恵梨香さんの不仲を報道。(2021/10/27)

水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
Instagramで思いをつづっています。(2021/10/27)

UUUM鎌田社長、役員報酬10カ月間自主返納へ 不倫報道「おおむね事実」
UUUMは一部週刊誌による同社の鎌田和樹社長を巡る不倫報道に関して「おおむね事実であることを確認した」として、謝罪した。また、鎌田社長から10カ月間の役員報酬を自主返納する申し出があり、受理したことも併せて発表した。(2021/10/19)

Computer Weekly日本語版
RPAが適しているもの/適していないもの
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/10/15)

チューニングカー好き集合〜 雑誌OPTION主催の「W-Option JAMBOREE」、富士スピードウェイで開催 10月10日
すげーマシンいっぱい見られそう。(2021/10/7)

Computer Weekly日本語版
増加する“脱クラウド”、その残念な理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/10/1)

松田龍平、週刊誌に「厳重に抗議いたします」 違法薬物事犯の被告人と“親密な関係”と報道
該当人物と写った写真について弁明。(2021/9/28)

臼田あさ美、3歳娘と“親子共演” 育児雑誌『HugMug』でお家での過ごし方を語る
夫はロックバンド「OKAMOTO’S」のオカモトレイジさん。(2021/9/28)

「King Gnu」井口理、常田大希の雑誌表紙を迷コピーし反響 「そう来たか」「パクリポーズ面白すぎる」
小・中学校の幼なじみの2人。(2021/9/24)

女子卓球・伊藤美誠、美容雑誌できらめくメイクのモデルに変身 「えええええええええ!!!!!!」「すごく綺麗で素敵」
普段からファッションやメイクが好きだという伊藤選手。(2021/9/17)

Computer Weekly日本語版
コンテナ&マイクロサービスが最適解ではないこれだけの理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/9/17)

史上初の快挙:
創刊約60年『小説現代』が初の「完売」 要因は
講談社は、老舗小説雑誌『小説現代』9月号が「完売」したと発表した。創刊60年弱で初の快挙だという。(2021/9/14)

リブレのWeb雑誌「クロフネ」、連載作品での無断トレースに謝罪 当該作家の作品を配信停止
Webコミック「クロフネ」連載の『推しのアイドルはファンサ下手』で無断トレース、模倣などがあったとしています。(2021/9/8)

不満に感じる点は?:
洋服購入時、参考にするもの 2位は「InstagramなどのSNS」、1位は?
洋服を購入する際にどんなものを参考にしているのか。女性の41%、男性の25.4%がファッション雑誌やSNSを参考にしていることが分かった。(2021/9/7)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
“世界同時ヒット”は実現するのか 「MANGA Plus」が海外でウケている理由
2019年1月にスタートした、集英社の「MANGA Plus」が躍進している。雑誌に掲載されている漫画を、海外でも読めるようにしたわけだが、どのような特徴があるのか。「少年ジャンプ+」の副編集長に話を聞いた。(2021/9/6)

Computer Weekly日本語版
有害なVPNの見分け方――こんなVPNプロバイダーには気を付けろ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/9/6)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2021/9/3)

Computer Weekly日本語版
クラウドストレージコスト削減法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/8/23)

ワタミ「フライドチキン」で「ケンタッキー」に挑戦 30年生き残る外食企業の共通点
「外食産業60年史」という企画が雑誌「月刊食堂」で組まれている。約30年前の外食企業の経営者のインタビューがそのまま再録されていて、まるでタイムマーシンに乗った気分だ。(2021/8/22)

江戸のからくりロボットを組み立てられる! ミニ茶運び人形キットが付録の「大人の科学マガジン」発売
江戸時代の先端技術を搭載。洋装の着せかえもできてパワーアップ!(2021/8/20)

「ミニ茶運び人形」が付録の「大人の科学マガジン」復刻 今回は洋服も付く
学研プラスは19日、江戸時代のからくり人形「茶運び人形」の組み立てキットを付録にした科学雑誌「大人の科学マガジン ミニ茶運び人形」(2007年発行)の復刻を発表した。(2021/8/19)

週刊文春、週刊新潮が中づり広告終了へ
「週刊文春」と「週刊新潮」の編集部は17日、電車内の中づり広告を終了することを明らかにした。文春は8月26日発売号、新潮は9月末が最後となる。両誌は今後、デジタル事業の強化を図る。かつては通勤や通学の電車内で目を引く存在だった週刊誌の中づり広告だが、各誌がインターネットに力を入れる中、その存在感は薄まっている。(2021/8/18)

FAニュース:
多品種生産の自動化に対応、工具4000本の搬入と搬出ができる自動化システム
DMG森精機は、4000本大容量工具マガジンによる工具の搬入、搬出自動化システム「CTS」を開発した。ロボットが自動でマガジンや工作機械に工具を搬送し、これまで対応が難しかった多品種生産の自動化を可能にする。(2021/8/17)

「わんぱっくコミック」電子書籍で復刻 掲載作の単行本化も 昭和60年代の小学生向け雑誌
徳間書店は1985年から4年に渡り刊行した子ども向けまんが雑誌「わんぱっくコミック」と掲載作品の電子書籍化を発表した。8月中旬から毎月5点ずつ配信する。(2021/8/12)

Kindle Unlimitedで2カ月99円の「夏のキャンペーン」実施中 ベストセラーの書籍や雑誌、漫画が読み放題
申し込み期間は8月19日23時59分まで。(2021/8/5)

週刊「Honda NSX」17日創刊 来年生産終了する“国産スーパーカー”を8分の1サイズで
デアゴスティーニ・ジャパンはホンダの高級スポーツカー「NSX」の8分の1サイズ・ダイキャストモデルを作るマガジン「Honda NSX」を8月17日に創刊する。(2021/8/3)

小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表
“数千万も使い果たした”との報道に「悲しいです」(2021/8/3)

Computer Weekly日本語版
いまさら聞けないサーバレスの長所と短所
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/8/2)

「スタイル全然変わってない」 最上もが、出産後初の雑誌撮影で変わらぬ姿披露
産後2カ月目くらいに撮影。(2021/7/31)

菅首相が雑誌で「携帯料金は倍の負担減が可能」発言 武田総務大臣の受け止めは?
菅義偉内閣総理大臣が、雑誌で「携帯料金は倍の負担減が可能」という旨の発言を行った。7月30日に行われた武田良太総務大臣の記者会見では、記者からその発言に対する質問があった。(2021/7/30)

有村架純の所属事務所、週刊誌の“力士と交流”記事に強く抗議 「全くの事実無根」「法的措置を取る予定」
SNSでは明生関を気の毒に思う声も。(2021/7/27)

SNSでプラモ転売容認のホビー雑誌編集者、退職処分に 上司3人も降格 ホビージャパンが発表
自身のTwitterアカウントでプラモデルなどの買い占めや転売を容認する発言を行ったとして、ホビージャパンが雑誌「月刊ホビージャパン」の編集者を退職処分にしたと発表した。常務取締役など、監督者3人を降格させたことも明らかにした。(2021/7/26)

大坂なおみ「内気といって大会棄権して雑誌カバー」の批判に反論 米著名ジャーナリストとTwitterバトル
大坂選手「もっとマシな仕事をして」(2021/7/21)

Computer Weekly日本語版
RPAの正しい使い方
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/7/19)

雑誌「DIME」付録に「LEDリングライト」 ビデオ会議や動画配信で顔を明るく
「DIME」の付録に「LEDリングライトPREMIUM」。「テレワークのビデオ会議や動画配信など色々使える」という。価格は1280円(税込)。(2021/7/15)

IMALU、歯に衣着せぬ週刊誌記者に困惑 父・明石家さんまの財産について「私によこせって思いませんか? だと……笑」
さんまさんのテレビでの発言について意見を求められたとのこと。(2021/7/8)

Computer Weekly日本語版
自動化を導入しても業務が効率化しない理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/7/5)

山本裕典、3月ぶりにインスタ更新 ファンクラブ閉鎖理由を説明も、女性問題巡る週刊誌報道には触れず
2017年に引退し、2019年に復帰。(2021/7/1)

紆余曲折を経て「はじめの一歩」電子版“解禁” マガジン電子版でも連載へ
講談社は23日、「週刊少年マガジン」の看板連載「はじめの一歩」の電子版を発売すると発表した。週刊少年マガジン電子版でも31号以降にはじめの一歩を掲載する。(2021/6/23)

掲載中止にできる?:
社長のスキャンダルが週刊誌ネタに──企業が事前に対応すべきこととは?
当社の代表がスキャンダルを起こし、週刊誌に取り上げられることになりました。週刊誌から、掲載前に取材を受けることになりましたが、事実とは異なる内容まで報じられてしまうようです。どのような対応を取るべきでしょうか?(2021/6/23)

Computer Weekly日本語版
IBM、Microsoft、AWSの量子コンピューティングサービス
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/21)

エレンが異世界転生する「進撃の巨人」全面広告、新聞朝刊に 諫山先生の描き下ろし
週刊少年マガジン編集部は9日、「進撃の巨人」最終34巻の発売に合わせて朝日新聞の朝刊に全面広告を掲載した。作者の諫山創さんが描き下ろした。(2021/6/9)

「全巨人が泣いた」 長さ45.6mの超大型ビジョンで「進撃の巨人」スペシャル映像
週刊少年マガジン編集部は「進撃の巨人」最終34巻の発売を前にJR新宿駅でスペシャルムービー「感激の巨人」の放映を始めた。(2021/6/7)

Computer Weekly日本語版
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie 攻撃」の仕組みと緩和策
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/7)

プライム会員限定でKindle Unlimitedで3カ月99円のキャンペーン実施中 ベストセラーの書籍や雑誌、漫画が読み放題
申し込み期間は6月22日23時59分まで。(2021/6/3)

新庄剛志、脅迫DMさらし説教「人間として情けない!!」 週刊誌報道も早々にネタ扱いで“新庄伝説”に新たな1ページ
同日に温泉デートが報じられていました。(2021/6/1)

超高層住宅に抱く“幻想”:
曲がり角のタワマン、そろそろブームは終わるのか
先日、某週刊誌が東京都心に立地するタワーマンションが、欠陥住宅であるという記事を掲載した。その物件は都心の人気エリアに立地。業界のトップ企業が分譲し、2年前に建物が完成して入居もおおむね終わっていた。記事の内容からすると、相当な規模の補修工事が必要になりそうだ。(2021/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。