ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「映画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!映画→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で映画関連の質問をチェック

光るタイヤと自動走行 半世紀前(!)の幻コンセプトカー「Golden Sahara II」が再デビュー、何これすごい
もう映画な世界のカッコいいデザイン、そして「光るタイヤ」って何だぁぁぁ。(2019/3/22)

「実写映画お願いしたい」 のん、「この世界の片隅に」“すずさん”再現ショットにファンが感動再燃させる
よみがえる世界観。(2019/3/22)

「埼玉は埼玉らしくない」:
「翔んで埼玉」ロケ地の多くは北関東 その理由とは?
「ダサいたま」「海なし県」などと揶揄(やゆ)され、東京に劣等感を抱きがちな埼玉県を徹底的にいじった話題の映画「翔(と)んで埼玉」。2月22日の公開から1カ月近くになっても、観客動員数、興行収入ともに快進撃を続けている。ただ、「埼玉」という映画のタイトルに反して実際のロケ地は群馬、栃木、茨城の北関東3県など他県が多く、ネットでは「埼玉には埼玉らしい場所がない?」などと、さらなるいじりが拡散している。(さいたま総局次長 岡田浩明)(2019/3/22)

「あの花」「ここさけ」長井龍雪監督の新作アニメ映画「空の青さを知る人よ」、10月11日劇場公開
「超平和バスターズ」再集結、不思議で切ない四角関係描くラブストーリー。(2019/3/21)

【復旧済み】映画予約サービス「KINEZO」、メンテナンスでチケット販売を見合わせ
映画館で手書きチケットを発券しているという報告も。(2019/3/21)

「私の知ってる名古屋と違う」 スカイプロムナードからの夜景が映画と見間違う近未来感
現実というものを超越したような絶景。(2019/3/20)

「麻雀放浪記2020」:
批判覚悟の「ピエール瀧出演作」公開を好感? 東映の株価、社長の心配に反し上昇
3月20日の東京株式市場で東映の株価が上昇した。東映は同日、麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開する旨を発表。東映の多田憲之社長は「少々株価が落ちるかな」と危惧していたが、市場には好感されたようだ。(2019/3/20)

「シン・ゴジラ」爆音上映中止せず ピエール瀧出演も「誰もが楽しめるエンターテイメント」
3月29日に109シネマズ名古屋で開幕する「爆音映画祭」で上映予定の「シン・ゴジラ」は予定通り上映。麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者が出演しているが、「作品自体は誰もが楽しめるエンターテイメント作品であることから予定通り上映することにした」という。(2019/3/20)

白石監督「ホッとしている」:
東映、ピエール瀧出演「麻雀放浪記2020」ノーカットで公開へ 「作品無罪」で自粛ムードに屈さず
東映が、麻薬取締法違反(コカイン摂取)の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開すると発表。「ファンのためにならない」「作品に罪はない」という考えに基づいたという。東映の多田憲之社長、同作品の白石和彌監督が会見を開き、経緯や心境を語った。(2019/3/20)

『シティーハンター』の北条司、「エンジェルサイン」で初の実写映画総監督に挑戦
サイレントマンガオーディションから生まれた「愛のものがたり」描く。(2019/3/20)

『ふたりエッチ』が実写映画化! 主演は青山ひかる、4月と5月に2作連続で劇場公開
いやぁ映画って本当に素晴らしいものですね。(2019/3/20)

【復旧済み】映画予約サービス「KINEZO」がシステムトラブル 手書きのチケットでの対応も
ちょっとレアなチケットがもらえる。※追記あり(2019/3/19)

ピエール瀧容疑者逮捕の余波? 電気グルーヴCDがネットで高騰、メルカリなどで4倍超 販売自粛には賛否両論
コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された電気グルーヴのメンバーで、俳優のピエール瀧容疑者(51)。その衝撃は収まる気配がない。出演映画などの撮り直しをはじめ、電気グルーヴが所属するソニーミュージックレーベルズでは、CDや映像作品の出荷停止と店頭からの回収、デジタル配信の中止を発表した。瀧容疑者が登場するゲームも発売や配信を中止。だが、そこは絶大な人気を誇っていた人物。オークションサイトなどでは早くも奇妙な現象が起き始めている。(2019/3/19)

TOHOシネマズが映画鑑賞料金を値上げ 一般1800円 → 1900円に
ファーストデイやレディースデイは1200円に。(2019/3/18)

TOHOシネマズ値上げ 一般1800円→1900円に 人件費など負担増で
TOHOシネマズは、映画の鑑賞料金を6月1日から値上げすると発表した。一般は1800円→1900円に、シニアは1100円→1200円になる。学生や幼児、レイトショーの料金は変えない。人件費などのコスト増加を企業努力で吸収し切れなくなったためという。(2019/3/18)

オスカー狙うApple、映画配給に本腰
Appleは、Netflixを追いかけるようにアカデミー賞請負人を雇い入れ、映画配給を本格始動させている。(2019/3/18)

「翔んで埼玉」ロケ地は群馬など北関東 「埼玉は埼玉らしくない」
話題の映画「翔んで埼玉」。2月22日の公開から1カ月近くになっても、観客動員数、興行収入ともに快進撃を続けている。ただ、「埼玉」という映画のタイトルに反して実際のロケ地は群馬、栃木、茨城の北関東3県など他県が多く、ネットでは「埼玉には埼玉らしい場所がない?」などと、さらなるいじりが拡散している。(2019/3/18)

欠点は肯定的に捉えることで美しさになる――ティム・バートン監督が実写版「ダンボ」に込めた思いとは
ダンボとティム・バートンが"勇気の魔法"をかけてくれる映画。(2019/3/18)

開館53年の映画館「有楽町スバル座」、10月に閉館 施設の老朽化などのため
日本初の洋画ロードショー劇場「丸の内スバル座」を継承した、日本映画史と深く関わる施設でした。(2019/3/15)

「過去作の封印は過剰反応」相次ぐ自粛にクリエイターも苦言 ピエール瀧容疑者逮捕の余波
ピエール瀧容疑者の逮捕の余波が広がっている。相次ぐ自粛を受け、映画監督など作品をつくるクリエイターからも「過去作まで封印するようになるのは過剰反応だと思う」など批判の声が上がった。(2019/3/14)

大河ドラマにアナ雪2、CMも多数……ピエール瀧容疑者、損害賠償「100億円規模」か
麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者は、テクノバンド「電気グルーヴ」の活動に加え、俳優として数々の映画やドラマに出演、CMにも登場していた。今後公開を控える作品も多く、半端ない損害賠償が発生することは間違いない。(2019/3/14)

PR:ヒーロー映画「キャプテン・マーベル」のポスターがなぜか猫推し? 一体ニャにものなのか予想してみた
にゃ〜ん。(2019/3/14)

映画「プリキュア」完成披露、“キラやば”な盛り上がりに成瀬瑛美も興奮 梶裕貴「大きいお友達もこんにちはー!」
4人のミニ座談会の様子も掲載を予定しています。(2019/3/12)

ヤマカンこと山本寛監督、破産手続き開始決定 映画「薄暮」には影響ないと説明
債務の大部分は過去のアニメの制作費に関連するものとしています。(2019/3/11)

架空世界で「認証」を知る:
ジャック・バウアーは暴走しすぎ? 海外ドラマ「24」にみる政府機関のハッキング
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第11回のテーマは架空世界の「政府機関によるハッキング」について。(2019/3/9)

「カメ止め」きょう地上波初放送 「Twitterと圧倒的に高い親和性」
話題の映画「カメラを止めるな!」が3月8日夜に地上波初放送。Twitter Japanによると、映画公開後6カ月間の関連ツイート数は85万5623、想定インプレッションは2億強に上り、「Twitterが親和性が圧倒的に高かった」という。(2019/3/8)

キティさんがハリウッド進出 サンリオキャラも出演する映画が全世界で楽しめる
どんな作品になるの?(2019/3/6)

「シン・エヴァ劇場版特報」盗撮・ネット投稿した容疑者が書類送検 カラーが発表
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報(予告編)の映像が昨年7月、映画館で盗撮されネット公開された問題。容疑者が、今年2月に著作権法違反の容疑で書類送検されたとカラーが発表した。(2019/3/6)

おいやめろ 「クレしん」野原ひろしの“激クサ靴下”が全国の映画館を周遊
新作映画の公開を記念して。(2019/3/5)

友人「『アルマゲドン』見よう」私「どのアルマゲドンがいい?」友人「???」 困惑した友人にオススメしたいアルマゲドン映画ベスト5
「アルマゲドン映画」とかいう人類の叡智の結晶。(2019/3/6)

「泣くしか無いでしょこれ」 ポケモン映画最新作、ミュウツーの声優が市村正親に決定でファンの涙腺崩壊
石塚運昇さんもいるよ!(2019/3/1)

「大人のフリが上手な人が、大人なだけだよ」 「映画ドラえもん」の“ムーンビジュアル”が「心にしみる」「グッとくる」
キャラクターが紡ぐメッセージの意味や制作秘話とは。(2019/3/1)

アニメ映画「二ノ国」 追加キャストに宮野真守、津田健次郎、坂本真綾ら豪華声優陣が集結
レベルファイブの日野晃博さん「スペクタクルが詰まった映画になる」。(2019/2/28)

映画「翔んで埼玉」動員1位 地元・埼玉がトップ
埼玉県民が東京都民から迫害を受け、身を潜めて暮らす世界を描いた映画「翔(と)んで埼玉」が、週末(23、24日)の観客動員数(興行通信社調べ)で初登場1位となった。(2019/2/28)

少女は“エサ”のはずだった……人を殺すために生まれた化物が不死身の少女に出会って愛情を知る漫画に涙腺崩壊
無声映画のような世界観に引き込まれます。(2019/2/28)

「映画監督が認めた正確な色再現」を重視――ベンキュー4Kプロジェクターが日本上陸
BenQアジアパシフィックを統括するジェフリー・リアン社長のインタビューも実施。(2019/2/27)

「カメ止め」クレジット表記騒動、“原作者”と映画製作側が和解
「カメラを止めるな!」の“原作者”という和田亮一氏と、映画を製作したENBUゼミナールが、クレジット表記を巡って対立していたが、和解した。(2019/2/27)

映画「麻雀放浪記2020」“アンドロイド”ベッキーに続き、“白石組”ピエール瀧&音尾琢真のビジュアル解禁
雰囲気出まくり。(2019/2/27)

まるで映画のワンシーン! レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパーとの密着ショットが100万超いいねの大反響
パフォーマンスの動画もYouTubeで公開中。(2019/2/26)

未来を感じる……! SF映画のようなホログラムディスプレイ「Looking Glass」がクラウドファンディングを開始
3Dクリエイターのためのホログラムディスプレイ。(2019/2/26)

「埼玉県民でよかった」「もう少しディスられても」 映画「翔んで埼玉」、強烈な“埼玉ディス”も県内では大盛り上がり
埼玉県民のハートが強すぎる。(2019/2/26)

これには埼玉県民もニッコリ 映画「翔んで埼玉」、初週の動員数であの東京を上回る快挙
埼玉県におけるオープニングの興行収入はこれまでの記録を4倍以上上回る。(2019/2/25)

刀は映画やミュージカルのように逆手持ちでも斬れるのか? 居合道場の師範がスパーン!っと証明
恐ろしいまでの技と刀の切れ。(2019/2/25)

「アフレコ後は“生き抜いた感”があった」 石川由依と島崎信長が語る、映画「移動都市/モータル・エンジン」
お2人には、告知動画もお願いしちゃいました。(2019/2/25)

千葉県民歓喜! YOSHIKI、映画「翔んで埼玉」の“YOSHIKI大漁旗”に困惑からの「まーいいか」
千葉県民のソウルフレンドYOSHIKI様。(2019/2/22)

「この世界の片隅に」や実写映画「ジョジョの奇妙な冒険」、Amazon動画見放題で3月に配信
アニメシリーズでは「ワールドトリガー」や「FAIRY TAIL」が配信予定です。(2019/2/21)

架空世界で「認証」を知る:
認証と認可の違い、説明できる? 「勇者王ガオガイガー」で解説してみる
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第10回のテーマは架空世界の「認証と認可」について。(2019/2/21)

「HiGH&LOW」×『クローズ』『WORST』夢のクロスオーバー決定! 山田裕貴「自分の青春の漫画の世界の中で生きられると思うと最っ高に嬉しい」
クロスオーバー映画「HiGH&LOW THE WORST」公開。番長・村山役の山田裕貴さんも喜びのコメント。(2019/2/20)

ベッキー、体形くっきりなアンドロイド姿を公開 映画「麻雀放浪記2020」で一人二役
ノリノリでやったのかな。(2019/2/20)

「ハリウッドと銭湯のコラボ」ってなんだよ! 「この映画宣伝がすごい! 2018 〜勝手に日本宣伝アカデミー賞」イベントレポート
村上佳菜子もB‘zも銭湯も!? 愛あるカオスがもりだくさんな2018年の映画宣伝を振り返る。(2019/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。