ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ナルト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナルト」に関する情報が集まったページです。

「NARUTO」タッグ再び……! アニメ「BORUTO-ボルト-」1月クールOPが「いきものがかり」に決定!!
12年ぶり……!(2020/11/21)

美少女コスプレイヤーと痛車の共演も 大阪・万博公園「EXPO痛車天国」写真まとめ第1弾 姫森ルーナ、初音ミク、玉藻の前など
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の痛車が増えてきましたね。(2020/11/22)

3歳児も楽しめたアニメ映画「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)」 子どもに見てほしい理由を全力で解説する
なぜ子どもに見てほしいのか、全力で解説。(2020/11/14)

Insta360、「NARUTO-ナルト- 疾風伝」コラボデザインを採用した360度カメラ
アスクは、Insta360ブランド製の360度撮影対応カメラ「Insta360 ONE X2」をベースにしたコラボデザインモデル2製品の取り扱いを発表した。(2020/11/5)

写輪眼もバッチリ再現! 田村淳、「ナルト」カカシ先生のハロウィーンコスを披露し「クオリティー高すぎ」と反響
長女はパパに「キュアフォンテーヌ」になってほしかった……かも?(2020/11/1)

かつてない社会現象「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」レビュー 本編の魅力をネタバレなしで紹介
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のかつてない社会現象をまとめると共に、本編の魅力をネタバレなしでお届けする。(2020/10/17)

デスストサントラ参加で話題 18歳の歌姫Au/Ra、ジブリから鬼滅まで人格や音楽性に影響与えたアニメ作品を語る
セカオワNakajinさんとのコラボも話題に。(2020/10/9)

【1億部突破を勝手に記念】『鬼滅の刃』はなぜここまで人々を引き付けたのか――ねとらぼ編集部&ライター座談会
やいのやいのトークしました。(2020/9/26)

「鬼滅の刃」1億部突破へ 10月2日最新22巻発売
 集英社は24日、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の単行本累計発行部数が、10月2日発売の最新22巻で1億部(電子版含む)を突破することを発表した。週刊少年ジャンプで連載された漫画では、鳥山明さんの人気作「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」などこれまでに少なくとも7作品が1億部の大台を突破しており、「鬼滅の刃」もそれらの“レジェンド作品”に名を連ねる。(2020/9/25)

古本コミック・書籍のサブスク「タダ本」、一般受け付けを開始 年額5800円で月15冊まで"無料"に
紙のコミック・書籍を毎月15冊までもらえるサブスクリプションサービス「タダ本」の一般申し込み受け付けが開始。中古書籍通販サイト「ネットオフ」で販売している110円以下の中古コミックと古本の約10万点以上が対象。費用は年間5800円(税別、送料別)。(2020/9/3)

売上1億円超えのオタクホスト「阿散井恋次」さんとオタク話をしたら完全にガチ勢だった回
オタク対談初のゲスト。思いっきり意気投合しました。(2020/8/23)

「絶対に核戦争はしないでもらいたい」 声優・井上和彦、被ばくした父の原爆体験記録を朗読
自身の体験を多くの人に知ってほしいとの思いから記録されたものを朗読。(2020/8/6)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本アニメは本当に「ガラパゴス」なのか――待ち受ける真の危機に迫る
日本アニメの「ガラパゴス化」が最近問題視されている。しかし筆者は本当の課題はそこに無いと指摘。世界的人気な日本アニメの本当の危機とは。(2020/8/3)

「めちゃくちゃ偏ってるな」 アニメキャラ約4万人の「誕生日ヒートマップ」を作ったら7月7日生まれだらけだった
2月30日や4月31日生まれのキャラがいるようです。(2020/7/28)

「天才か」「メンマ生える」 ラーメン丼を顔に張り付ける“眼鏡の人専用マスク”が「使いにくすぎる」と話題に
衝撃の見た目と高すぎるクオリティーに世界が驚愕。(2020/7/14)

Go AbekawaのGo Global!〜蔡樺編(前):
「紙モデル」は、完成したときの達成感がめっちゃ高いんです
父は反対でした。絶対ダメだと――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は、中国と日本でコンピュータサイエンスを学び、現在は日本でエンジニアとして活躍している蔡樺さんにお話を伺った。(2020/5/28)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏【中編】:
『鋼の錬金術師』監督が語る、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』ロングランヒットの訳
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランを続けている――。今回の中編ではアニメーション監督で本作の制作スタッフとも交流のある、アニメーター・アニメ演出家の入江泰浩氏に『羅小黒戦記』の魅力と、日本で人気が広がる過程について聞く。作画だけでなく「感動できる作品」になっていることに衝撃を受けたという。(2020/5/22)

ジャンプにあらわれた次代の怪物 SCP×ラブコメ×能力バトル『アンデッドアンラック』作者は人生2周目なのではないか説
ジャンプの新連載がめちゃくちゃ面白いので紹介します。(2020/5/25)

ホンダのバイクと出会った少女の物語『スーパーカブ』がTVアニメ化 第1弾PVとビジュアル解禁
初めて乗ったバイクのことを思い出すなぁ。(2020/5/11)

巣ごもりが続く連休に楽しめる「コミック」「映像」「音楽」の無料コンテンツ
新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、外出自粛が要請されている。その間、自宅で楽しく過ごせるように、多くの企業が一部のサービスを無料で提供している。今回は「コミック」「映像」「音楽」での無料コンテンツやサービスを紹介しよう。(2020/5/1)

バーチャル背景図鑑:
Web会議で使える「 #バーチャル背景 」配布がブームに 企業まとめ
企業や法人が配布しているバーチャル背景をまとめてみた。(2020/5/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Le Van Da編(後):
夢は、ベトナムの農業の価値を高めること
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も、日本で活躍中のダーさんにお話を伺う。アニメを好きな理由、仲間とのアプリ開発、日本人のエンジニアの特徴、そして将来の夢……ベトナムの真珠、輝く。(2020/4/14)

ジャンプアニメ「ワンピース」「ドラゴンボール」「ボーボボ」など80作品以上が無料公開へ 最新アニメも配信予定
ありがとう集英社!(2020/3/19)

再始動「デジモンアドベンチャー:」、太一役に三瓶由布子、デジモンの声は坂本千夏ら続投
野沢雅子がナレーションを担当。(2020/3/17)

佐藤流司の“喪黒福造”姿が公開! 舞台「笑ゥせぇるすまん」、赤い唇が不気味な最新ビジュアル
心の隙間埋められたい。(2020/3/9)

喪黒福造がまさかのイケメンに! 「笑ゥせぇるすまん」初の舞台化に期待と困惑の声
演出は舞台「パタリロ!」の小林顕作さん。(2020/2/21)

「鬼滅の刃」「ガルパン」「NARUTO」など痛車ずらり 米ニューヨークのオタクイベント「Anime NYC」に行ってきましたレポ
マンハッタン島に集まった痛車を見てきました。(2020/1/6)

こんなすごいの見ずに年が越せるか! 2010年代最後の冬コミ、初日のコスプレイヤーさんフォトレポート
此方も撮らねば不作法というもの……!(2019/12/29)

お団子やラーメンが女の子に トルコのアーティストが描く食べ物擬人化イラストがかわいい
おいしそうなので、ダイエット中は見ないでください。(2019/12/15)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

「ラーメンコロッケ」「らーめんからあげ」爆誕 とんかつ店・からあげ店×幸楽苑のコラボで生まれたメニューがヤバい
名前が強い。(2019/12/6)

マシリトが行く!【中編】:
「これさぁ、悪いんだけど、捨ててくれる?」――『ジャンプ』伝説の編集長が、数億円を費やした『ドラゴンボールのゲーム事業』を容赦なく“ボツ”にした真相
鳥山明氏の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』の担当編集者だったマシリトこと鳥嶋和彦氏はかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイに対して、数億円の予算を投じたゲーム開発をいったん中止させた。それはいったいなぜなのか。そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。“ボツ”にした経緯と真相をお届けする。(2019/12/5)

マシリトが行く!【前編】:
『ジャンプ』伝説の編集長が、『ドラゴンボール』のゲーム化で断ち切った「クソゲーを生む悪循環」
『ドラゴンボール』の担当編集者だったマシリトはかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイのプロデューサーに対して、数億円の予算を投じたそのゲーム開発をいったん中止させるという、強烈なダメ出しをした。ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。「クソゲーを生む悪循環」をいかにして断ち切ったのか?(2019/12/4)

古本もらい放題サービス「タダ本」 月額500円で毎月50冊まで中古コミックなど“無料”に
紙の中古本を月に最大50冊まで注文して手に入れられるサブスクリプションサービス「タダ本」が12月2日から始まった。費用は月額250円(税別、送料別)から。(2019/12/2)

アニメ映画「幸福路のチー」を何としてでも見てほしい「3つ」の理由 空想好きな少女時代と、30代になった私
台湾製アニメ映画「幸福路のチー」が素晴らしい映画だった。何としてでも見てほしい「3つ」の理由を、ここに挙げる。(2019/12/1)

Twitterで大人気「料理上手な大蛇丸」インタビュー 「自分が大蛇丸だと気付いたのは5年前」
木の葉を崩す勢いで大人気の「自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性」にインタビューしました。(2019/12/1)

女子高生×バイクの青春ラノベ『スーパーカブ』がアニメ化進行中! 主人公のキャラクターデザインも発表
アニメの監督は「BORUTO -ボルト-」の藤井俊郎さん。(2019/11/20)

「NARUTO走り」は本当に速いのか? 金メダリストが実際に走って検証 「腕のバランスが取れないので危ない」
夢があふれる企画です。(2019/11/5)

コンプレックスの太いマユ毛、整えようとして大変なことに……幼なじみがフォローしてくれる漫画に胸キュン
2人ともかわいいな!(2019/11/2)

米クランチロールが日本アニメの海外事情8〜9月を公開 高視聴率国にウルグアイ、ルーマニアなど
新作から定番作品までランキングはさまざま。(2019/11/2)

アニメーターが1日500人規模の海外アニメイベントに行ってみた ドイツのアニメファンに触れてみて
1日500人、3日間で1500人程度を動員するイベント「アニメフェスティバル・フライブルク」の様子をお届け。(2019/11/9)

ドワンゴから独立:
「持続可能なゲームメディア」の未来像とは 電ファミニコゲーマー・平編集長を直撃
ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」が運営元であるドワンゴから独立するというニュースは話題になった。日本でも指折りのゲーム報道媒体として親しまれてきた同サイトだが、Webメディアとしてどうマネタイズできるかを模索している。ゲームニュースの一線に身を置き続けてきた平信一氏に、描くメディアの未来像について直撃した。(2019/10/25)

今日のリサーチ:
アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。(2019/9/17)

待ってたってばよ!! 『NARUTO-ナルト-』が20周年、岸本先生描き下ろし記念イラストが公開
記念イベント「NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019」は10月5日、6日に開催。(2019/9/6)

バンダイナムコ、米Crunchyrollと提携 NARUTOのアニメ視聴者をゲームに誘導
バンダイナムコエンターテインメントが米Crunchyrollと提携。19年に「NARUTO」のブラウザゲームが米国で配信される際、Crunchyrollのプラットフォームから遊べるようにする。(2019/8/28)

夏に必要な栄養たっぷり:
緑色の麺は「7年越しの悲願」 幸楽苑とユーグレナが開発した「サステナ食」とは?
幸楽苑がユーグレナと共同開発のつけめんを発売。最大の特徴は緑色の麺。8月20日から期間限定で9月1日まで販売。期間中の売り上げ目標は15万食。(2019/8/19)

「SAO」「BLEACH」「ジョジョ」「ゆるキャン」など AbemaTVアニメ100作品1000時間超えの全話一挙放送実施
夏休みにこれはありがたい。(2019/7/14)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『AKIRA』悲願のハリウッド映画に! 日本作品の実写化が止まらない真相
『AKIRA』が17年越しでハリウッド実写化についに日の目。背景には日本アニメを取り巻く世界市場の変化がある。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/7/5)

福原遥がソロ歌手デビュー決定 デビュー曲はアニメ「BORUTO」のEDテーマに
さらに活躍の幅が広がっていきます。(2019/6/10)

新連載「この頃、セキュリティ界隈で」:
変わるパスワードの常識、変わらない実態
セキュリティニュースを追い続けている鈴木聖子さんによる、セキュリティ界隈のブリーフィング。第1回です。(2019/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。