ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貯蓄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貯蓄」に関する情報が集まったページです。

FJネクストHD調べ:
単身者の“ふところ事情” 預貯金額の平均は約396万円、財布に入れる現金はいくら?
FJネクストホールディングス(東京都新宿区)が、首都圏でひとり暮らしをしている20〜30代の男女400人に、「ふところ事情」に関する調査を実施した。(2022/7/28)

職場のある先輩が言った「貯金は人生を豊かにできたであろう機会損失の総量」に注目 「まさにその通り」「貯金ないと不安」などさまざまな声
バランス良く購入と貯金をしたい。(2022/7/17)

金融大手が相次ぎ提携 資産運用を強化
「貯蓄から投資へ」の流れが加速する中、大手金融機関が相次いで資産運用事業の強化に乗り出している。(2022/7/13)

紀尾井町戦略研究所が1000人に調査:
資産所得倍増、6割が「不可能」 リスク恐れ投資も進まず
お金について考えることが好きな人は約8割――。そんな結果が、コンサルティング事業の紀尾井町戦略研究所(東京都千代田区)が行った「貯蓄や投資に関する意識調査」で判明した。(2022/7/7)

夏のボーナスの使い道 「買い物」や「貯蓄」を抑えた圧倒的1位は?
エアトリ(東京都港区)が「夏のボーナス」に関する調査を実施した。(2022/6/10)

2000人に聞く:
還暦を迎える人の貯蓄額、約4割が「500万円未満」 平均は?
プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険(PGF生命)が、今年還暦を迎える2000人を対象に、還暦に対する意識やライフスタイル、貯蓄額調査を実施した。(2022/6/8)

「呼吸すらファンサ」「貯金はあるんや…」 “限界オタク”のパワーワードがつまったLINEスタンプがつよつよでギラギラ
限界オタク同士のLINEに使いたい。(2022/6/6)

家計簿アプリのZaimが提供開始:
「私の貯金、普通より少ない?」 “みんなの貯金事情”が分かるサービスが登場
個人向け家計簿サービスを手がけるZaim(東京都港区)は、年代性別ごとに預貯金の平均額などを算出できる新サービス「みんなの貯金事情」の提供を開始した。コロナ禍後のユーザーの家計簿の統計データを基にしている。(2022/5/28)

みんなの銀行、金利0.10%に引上げ プレミアムユーザーには0.30%
みんなの銀行は5月23日、貯蓄預金の基準金利を従来の0.03%から0.10%に引き上げると発表した。さらに有料のプレミアムサービス利用者には、0.20%を上乗せして0.30%とする。(2022/5/23)

地元就職希望は6割超え:
「地元で働きたい」人を増やすには? 就活生から「給料」「結婚したい人がいる」の声
23卒の就活生が地元(Uターン含む)就職を希望する割合は62.6%だった。地元就職を希望する理由は「家族と過ごしたい」「貯金したい」など。就活生が考える地元就職希望者を増やすためのアイデアも紹介。(2022/5/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「年収1000万でも苦しい」……貯金100万円未満の「高所得貧乏」が“倍増”している理由
このところ「世帯年収が1000万円を超える高所得者の生活は、優雅なものではなくむしろ苦しい」という価値観が広がりを見せている。年収1000〜1200万円世帯における“高所得貧乏”の増加は顕著で、その伸び率は前年比で倍増している。(2022/5/6)

20〜30代に聞く:
女性の転職理由1位 東京「年収アップ」、大阪「ワークライフバランス」
キャリアデザインセンターが運営するWebマガジン「Woman type」は、東京および大阪に在住&勤務する20〜30代の女性を対象に仕事や金銭感覚について調査。転職理由や貯蓄額に地域差が見られた。(2022/4/28)

ライボ調べ:
貯金の平均額は1087万円 コロナ禍で増えた? 減った?
「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)は、「2022年 貯金実態調査」を実施し、「1000万円以上」貯金している人が31.7%を占め最多となった。(2022/4/25)

貯蓄4万円増:
社会人2年目の貯蓄は「62万円」、30歳での目標年収は?
2021年の春に就職した社会人2年生は、お金をどのくらい貯めているのだろうか。社会人1年目の生活で貯蓄した金額を聞いた。(2022/4/23)

アンズ&s調べ:
「現金1000万円があったらお金をかけたいこと」ランキング 趣味や住宅を抑えた1位は?
経営・マーケティング支援を行うアンズ&s(仙台市)は、現金1000万円あったらお金をかけたいことについて調査を行い、「貯金」と「投資」がそれぞれ4分の1を占めた。(2022/4/16)

キャッシュレス時代の貯金管理 「こどものおこづかい貯金」finbeeで提供開始
 貯金・決済サービスの運営などを行うネストエッグ(東京都千代田区)は、4月12日より自動貯金アプリ「finbee」(フィンビー)にて、小銭を使わずに貯金が管理できる「こどものおこづかい貯金」のパッケージ提供を開始した。(2022/4/16)

500人に聞いた:
宝くじで10億円が当たったらしたいこと、2位は「貯金・預金」 1位は?
宝くじで10億円が当たったらしたいことを聞いた。1位は「家・マンションを買う」、2位は「貯金・預金」だった。すぐに使うのではなく、貯蓄しようとする傾向が高い。(2022/3/27)

LINEリサーチ調べ:
新社会人が頑張りたいこと 2位は「貯金」、1位は?
LINEリサーチは、4月から就職する予定がある全国18〜24歳の新社会人男女に、「新生活に向けて考えていること」を調査した。新社会人が新生活で頑張りたいこと1位は「仕事」だった(2022/3/24)

世代別「お金事情」調査 25歳時の貯蓄額平均が一番多い世代は?
 松井証券は、全国の25歳(Z世代)、35歳(ミレニアル世代)、55歳(バブル世代)の600人を対象に「お金事情に関する実態調査」を世代別に実施した。その結果、25歳時の平均貯蓄額が一番多かったのはZ世代(5.9万円)で、一番少なかったのはバブル世代(4.1万円)ということが分かった。(2022/3/17)

貯蓄「0円」16.6%:
30〜40代のお小遣いは平均3万3265円、貯蓄額は?
SMBCコンシューマーファイナンスは、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2022」を実施。その結果、30〜40代の毎月の小遣いは平均3万3265円であること、前回調査(21年)から3073円増加したことが明らかになった。(2022/3/17)

女性のお金事情、コロナ禍で「貯蓄減」と「投資を増加」の二極化に
 フィデリティ投信(東京都港区)は、女性約1000人を対象に、お金の事情やウェルビーイング(生活の満足度や充実感)、経済的な自立などについて2021年に引き続き2回目の調査を実施した。その結果、コロナが引き続き経済的に苦しめる要因となっており、貯蓄を減らす女性が多かったことが分かった。(2022/3/11)

53万人以上に聞いた:
お金や資産を増やすためにしていること 50〜60代の3位は「宝くじを買う」、2位と1位は?
50〜60代がお金や資産を増やすためにすること、3位は「宝くじを買う」だった。1位は「節約」、2位は「貯金」という結果に。投資への関心も高まっており、取引率も上昇している。(2022/2/19)

お金事情を調査:
「小学生以下の子どもがいる家庭」に聞いた貯蓄額 2位は「1000万円以上」、1位は?
小学館は、未就学児〜小学生の子どもを持つ保護者に、「子育て世代のお金の実態と子どものマネー教育」について調査を行った。現在の貯蓄額を聞いたところ、最も多かった回答は「100万円以上200万円未満」だった。(2022/1/30)

貯蓄額は68万円:
20代のお小遣いの平均は? 現在の貯蓄に不安は7割
SMBCコンシューマーファイナンスは「20代の金銭感覚についての意識調査 2022」の集計結果を発表した。20代のお小遣いの平均月額は……。(2022/1/16)

3万円は多い? 少ない?:
子どものお年玉事情、64.7%が「貯蓄」 いくらもらっているのか?
シュアーイノベーションは、12歳までの子どもがいる30〜40代の男女を対象に「子どものお年玉に関する実態調査」を実施した。調査から見えてきた、いまどきの小学生のお年玉事情とは?(2022/1/14)

博報堂生活総合研究所の調査:
2022年にお金をかけたいことランキング 3位「貯金」、2位「外食」、1位は?
博報堂生活総合研究所、全国の20〜69歳男女3900人を対象に実施した調査を「2022年 生活気分」としてまとめ、2022年は「旅行」「外食」「貯金」にお金をかけたいとする結果を発表した。(2021/11/30)

車のための貯金「月に1万〜3万円未満」が最多 何に使う?
ナイルは、自家用車を持っている全国の男女に「車に関する諸費用の貯金額」の調査を実施した。車に関連する貯金をしている人は27.9%だった。貯金額は何に使っているのだろうか?(2021/11/5)

使い道2位は「旅行」:
冬のボーナスの使い道、8年連続で「貯金・預金」が1位 想定支給額は?
共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)は、「冬のボーナス」に関する調査を実施した。使い道は8年連続で「貯金・預金」が1位に。想定支給金額はいくらになるのか?(2021/10/29)

「300万円以下」は約5分の1:
2020年の年収、31.6%が「400万円以下」と回答 50代の不満率が高い結果に
ライボは、社会人男女を対象に「2021年 年収と貯金額調査」を実施した。2020年の年収を聞いたところ、回答者全体の31.6%が「年収400万円以下」と答えた。満足度は年代別で50代の不満率が最も高かい結果となった。その他、コロナ禍が貯金額に与えた影響も調査した。(2021/10/13)

15年かけて集めた200枚の500円玉 「10万円貯まる本」を完走した人がすごいと話題に
じっくり貯金を続ける努力がすごい。(2021/9/7)

預金すると、北島康介のプロチームを「推せる」 みんなの銀行「Cheer Box」、貯金額の1%相当額を支援金に
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のスマホ専業銀行、みんなの銀行は元競泳選手の北島康介氏がゼネラルマネージャーを務める「Tokyo Frog Kings」(TFK)とスポンサード契約を締結した。さらにユーザー向けに、TFKの支援を表明すれば、預金額の1%をみんなの銀行がTFKに資金支援するサービス「みんなのCheer Box」を開始した。(2021/9/6)

文鳥さんが1万円札を強奪→アジトへ逃走! 堂々とした犯行に「カツアゲや」「貯金するの?」の声
巣の材料にしたかったそうです(高級!)(2021/8/9)

コロナ禍前と比べ 投資や貯金額が「増えた」は10%
「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)は、「コロナ禍における金融の価値観調査」を実施した。新型コロナウィルス感染拡大前(2021年5月)と比べて、現在の金融資産商品への投資額および貯金額が「増えた」と約10%が回答したことが分かった。(2021/7/20)

6割がお金に対する考え方に変化アリ:
夏のボーナスの使い道「預貯金」が7割 平均額は?
「夏のボーナス・お金に関する調査」が発表された。預貯金にあてる人が多いようだ。年代が上がるにつれて、金額も増加していくことが分かった。21年の平均額はいくらだろうか?(2021/7/1)

老後資金が不安62% 貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最多に
お金に関する情報メディア「ゼニエモン」では会社員を対象に「現在の貯金状況や老後の生活資金に関するアンケート」を実施した。その結果、現在の貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最も多く、ひと月当たりの貯蓄額では「5万円〜10万円未満」が最多となった。(2021/6/25)

9行が利用するマネー管理アプリ「Wallet+」取り扱い貯蓄預金残高、400億円を突破
ふくおかフィナンシャルグループは子会社であるiBankマーケティング(福岡市)が運営する銀行公式アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」において、貯蓄預金の残高が400億円を突破したと発表した。(2021/6/22)

20年よりも割合増加:
60歳、4人に1人が「貯蓄額100万円未満」 貧困シニアと富裕層シニアで二極化
富裕層向けの老人ホームが建設されるなど、シニア=お金持ちの認識を持つ人は多いかもしれない。そんな考えをひっくり返す調査結果が出た。2021年に60歳を迎える4人に1人が「貯蓄額は100万円未満」と回答したのだ。一方で5000万円以上の貯蓄額はある人は増加している。今後、貧富の差が広がっていくのだろうか、その他の価値観も含めてみていこう。(2021/6/18)

電子マネーでの支給はどう思う:
初任給の使い道 3位は「自分へのプレゼント」、2位は「貯金」、1位は?
ペーパーロジックが4月26日に「新年度給与にまつわる実態調査」を実施した(2021/4/27)

回復続く経済における3つのリスク 財政、ワクチン、貯蓄率
コロナ禍を乗り切ったかに見える経済にはどんなリスクがあるのか。日興アセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト神山直樹氏は、財政、ワクチン、貯蓄率について、3つのリスクがあると言う。(2021/4/13)

何を考えているのか:
新社会人が「がんばりたいこと」ランキング 3位は「収入・資産を増やす」、2位は「貯金」、1位は?
職場に新人がやってくる時期になった。どんな気持ちでいるのだろうか。LINEリサーチが調査結果を発表した。(2021/4/2)

貯金額は「50万未満」が最多 資産を増やす行動の上位は?
15歳〜69歳の男女を対象にした「貯金」の実態と「資産形成」への意識、方法に関する調査。その結果、貯金をしている人は約7割、貯金額は「50万円未満」が最多になった。資産増加のアクションは?(2021/3/15)

20代の貯蓄額大幅増加 既婚者では70万円が126万円に
SMBCコンシューマー・ファイナンスの調査によると、20代の貯蓄額が、コロナ禍前の前回調査と比較して伸びていることが分かった。前回2019年12月の調査で平均53万円だった貯蓄額は、19万円増加して72万円となった。さらに既婚者では前回の70万円から126万円と大幅に増加した。(2021/1/14)

増加傾向:
10代の学生、預貯金はいくら? 大学生は19万6584円
現在、預貯金をしている人はどのくらいいるのか。15〜19歳の男女に聞いたところ……。(2020/11/21)

年収に対する貯蓄の割合、10%以下は“浪費家”認定 貯蓄家の割合は?
松井証券は、子どもと親のいる20〜60代男女800人を対象に、「老後資金に関する調査」をインターネットで実施した。(2020/11/14)

人生の悩み事ランキング、上位は「貯金がない」「老後が不安」「給料が低い」 お金と将来の切実な悩みがあふれる
みんなお金で悩んでいる……!(2020/11/2)

三井住友銀、ネットバンキング未利用者に手数料 紙通帳にも年550円 来年4月の新規口座から
三井住友銀行がペーパーレス化で新手数料。来年4月以降に新たに口座を開設する顧客が、ネットバンキング未設定かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満の場合、年1100円を貯金残高から差し引く。同月以降に新規口座で紙の通帳を利用する場合、年550円の手数料を取る。(2020/10/7)

40代男性は厳しい:
「預貯金0円」は13.7%、お金を持っていないのは?
大和ネクスト銀行は「貯蓄と投資に関する調査」を実施し、その結果を発表した。預貯金をどのくらい持っているか聞いたところ……。(2020/9/28)

ゆうちょ銀行で決済サービスを使った不正出金 「ドコモ口座」を含む6サービスで確認される 高市総務大臣が明らかに
NTTドコモの「ドコモ口座」を使った銀行預金の不正出金が話題となっている中、ゆうちょ銀行において同サービスを含む6つの決済サービスを使った貯金の不正出金が確認された。高市早苗総務大臣が記者会見で明らかにした。【追記】(2020/9/15)

“シニア向け”では売れぬシニア市場:
1960年生まれが自覚する精神年齢、平均48歳――最も嫌な還暦祝いは「赤いちゃんちゃんこ」
還暦の人の実感する精神年齢は48歳。「自分のことを若く感じる」シニア層が多い結果に。貯蓄額平均は3000万円超。(2020/8/17)

貯金の流れをカレンダーで可視化できる! 貯金アプリ「OsidOri」と「TimeTree」がサービス連携を開始
貯金の進捗が分かりやすくなる。(2020/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。