ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「戦国無双」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戦国無双」に関する情報が集まったページです。

カプコンとコーエーテクモの特許を巡る係争に判決 コーエーテクモ側が約1億4400万円支払いで決着
「過去作のディスクを併用すると新作で特典を得られる仕様」などの特許がコーエーテクモに侵害されたとして、カプコンが2014年に提起していた訴訟。(2019/9/11)

「まさか推しが磯野カツオになる日がくるとは」 舞台「サザエさん」カツオ役・荒牧慶彦にネットざわつく
カツオが10年後、荒牧慶彦になるとは誰が予想しただろうか。(2019/5/9)

「VR センス」、DOAの水着女子に“超接近”する新機能など アップデート情報を公開
コーエーテクモのVRゲーム筐体「VR SENSE」に搭載される新機能や今後のアップデート情報の詳細が公開。「DEAD OR ALIVE」で女の子に“超接近”する新機能などを搭載する。(2018/2/19)

ゲーセン向けVRに「三國無双」「進撃の巨人」投入 コーエーテクモの狙い
コーエテクモが開発する「VR センス」が12月21日から稼働。「三國無双」の他、「進撃の巨人」など人気作を投じ、ゲームセンターへの送客を狙う。(2017/12/19)

「諦めるのはまだ早い」 “THE オタク”から3年かけてイケメンになったコスプレイヤーの劇的変化に驚きの声
見た目がイケメンになると、心もイケメンに。(2017/9/17)

舞台「HATTORI半蔵III」の衣装が「戦国BASARA」「刀剣乱舞」に酷似? 運営が謝罪&DVD化中止を発表
SNSで「他作品の衣装に酷似している疑惑」が持ち上がっていました。(2017/3/11)

2.5次元フェス(仮)写真まとめ 「弱ペダ」「おそ松」「刀剣乱舞」――全27作品の舞台衣装、見せちゃいます
グッズも衣装展示も「刀剣乱舞」が頭ひとつ人気でした。(2016/12/3)

2.5次元舞台&ミュージカルの祭典「2.5次元フェス(仮)」開催決定! 幕張メッセに大体全部そろう
カッコカリまでが正式名称。(2016/11/2)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
人気うなぎ登り! 石田三成は豊臣家の学級委員長キャラ
滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。(2016/7/23)

「戦国無双」が「真田丸」とコラボ! 真田昌幸・幸村親子の戦いを大坂の陣まで描き切る
ドラマに提供されたものと同じ3Dマップを使用。(2016/7/14)

緑川が緑川で戦ってる! 「戦国無双」の明智光秀(CV.緑川光)の武器が“数珠丸恒次”(CV.緑川光)だった
グリリバ&グリリバ。(2016/2/19)

「ノラガミ」の舞台化決定、オリジナルストーリーで 夜ト役が雪音を構えるビジュアルも公開!
ティーザービジュアルが「デリバリーゴッド」感ゼロのカッコよさ!!(2015/11/17)

ミュージカル「ヘタリア」キャラクタービジュアルが公開に めっちゃクオリティ高いぞ!
衣装デザインは原作者・日丸屋秀和さんが担当。(2015/11/5)

東京ゲームショウ2015:
“Xperia風呂”現る 女性が入浴しながら防水アピール
東京ゲームショウ2015に“Xperia”風呂が出現。女性が風呂に入り、入浴中でもゲームができるXperiaの防水性能をアピールした。(2015/9/18)

再来年のNHK大河ドラマは柴咲コウさん主演「おんな城主 直虎」に決定! 男の名で家督を継いだ女性「井伊直虎」の物語
ゲーム「戦国無双」シリーズでも人気になった人物です。(2015/8/25)

戦国無双4の痛部屋登場 武将の台詞付きイラスト壁紙を56人から選べる
レオパレス21の「お部屋カスタマイズ」(2015/8/20)

コーエーテクモが上方修正 「ゼルダ無双」など好調、統合後最高業績に
コーエーテクモホールディングスの前期は統合後最高業績に。「ゼルダ無双」などが好調で、独自ツールの活用などコスト低減も実った。(2015/4/6)

「あぁ^〜クマタクに乗ると心がぴょんぴょんするんじゃぁ^〜」 熊本タクシーの公式Twitterが覚醒
初代担当がまさかの復活。(2015/1/29)

niconicoの冬アニメ配信タイトルが判明! 「シンデレラガールズ」「デュラララ2期」「東京喰種2期」「ユリ熊嵐」など計23作品
2015年の冬もニコニコでアニメ三昧!(2014/12/26)

TGS2014:
「妖怪ウォッチ」擬人化も! 「東京ゲームショウ」コスプレリポート
「妖怪ウォッチ」ジバニャン擬人化コスプレに、イスラエルからやってきた「ダンガンロンパ2」コスプレイヤーも。ゲームショウはコスプレも花盛り!(2014/9/21)

ロシアの夫婦レイヤーが「ゼルダ」で勝利 熱戦・熱演の「世界コスプレサミット」フォトリポート
今年も恒例の世界コスプレサミットが開催。懐かしの「リボンの騎士」から最新アニメまで、世界各国から気合の入ったコスプレイヤーによる演技が行われました。(2014/8/5)

「戦国無双」の刀剣を展示するイベント、備前長船刀剣博物館で開催
現存する戦国武将ゆかりの刀剣などもあわせて展示する。(2014/6/25)

JRA×戦国無双4がコラボ 武将と名馬で「ダービー無双」
織田信長&ディープインパクトなど、武将と名馬を駆ってミニレースゲームが遊べる。(2014/5/25)

TGS2012:
「真・北斗無双」「真・三國無双6 Empires」――無双尽くしのコーエーテクモゲームスブース
無双、無双、無双。(2012/9/20)

週間ゲームソフト販売ランキング:
PS3「鉄拳タッグトーナメント2」がトップ
TGS開幕していますが、週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/9/20)

開幕まであと1週間!――東京ゲームショウ2012、各社出展タイトル&イベント情報
あと1週間となったTGSに向けて、各社から出展タイトルやステージイベントの情報が続々と公開中です。そこで、現在までに発表となっているものについてまとめてみました。(2012/9/13)

週間ゲームソフト販売ランキング:
カノジョをお迎えに 「NEWラブプラス」がトップ
バレンタインに届いたプレゼント。2月13日〜19日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/2/24)

「ワンピース 海賊無双」プレス発表会:
「ワンピース 海賊無双」すでに50万の受注! オリラジ藤森さんやSDN48芹那さんも、応援に駆けつけた!
3月1日に発売される無双シリーズ最新作「ワンピース 海賊無双」のプレス発表イベントが開催! 藤森慎吾さんとハンコック姿のSDN48芹那さんも登場し、実機でのデモプレイも行われた。(2012/2/14)

「ポケモン+ノブナガの野望」完成発表会+体験リポート:
ついに詳細が明かされた「ポケモン+ノブナガの野望」 両社のトップが疑問に答える
発表直後、業界各所から「マジで?」の声が多数上がった新作タイトル「ポケモン+ノブナガの野望」の、詳細情報が明らかに! イベントには、コラボレーションした両社の社長に加え、ポケモン大好きアイドル南明奈さんも登場!(2012/1/20)

東京ゲームショウKOEI TECMOブースからステージイベントを配信
東京ゲームショウのコーテーテクモゲームスブースから、ステージイベントを配信する。「戦国無双3 Empires」スペシャルステージやラジオ番組「ネオロマ&無双」の限定復活などを予定。詳細なタイムテーブルは特設サイト(http://www.gamecity.ne.jp/tgs2011/gameshow_event.html)に掲載されている。配信は9月18日13時0分〜9月18日16時30分。(2011/9/16)

週間ゲームソフト販売ランキング:
夏休み終了
去りゆく夏の思い出。8月後半の追い上げをご覧ください。PS3「モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver.」がトップです。(2011/9/1)

コーエーテクモ「100万人の戦国無双」、GREEでβサービス
コーエーテクモゲームスの看板タイトル「戦国無双」がソーシャルゲームになり、GREEでβサービス開始。(2011/8/25)

週間ソフト販売ランキング:
Kinect、全世界で販売台数1000万台突破
ギネスに史上最速の販売を記録した家電製品として認定されている「Xbox 360 Kinect センサー」が販売台数1000万台を突破したそうです。(2011/3/10)

週間ソフト販売ランキング:
拡張版はひとつの戦略
2月7日〜2月13日の期間集計した週間ソフト販売ランキング。トップはPSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」でした。(2011/2/17)

週間ソフト販売ランキング:
3DS予約開始――3DS対応ソフトはどうですか?
1月13日発売のPSP「Another Century's Episode Portable」とPS3「アルカナハート3(限定版含む)」が新たにランクイン。(2011/1/21)

日々是遊戯:
ニンテンドー3DSのローンチタイトルは8本――これって多い? 少ない?
ニンテンドー3DSの公式サイトが更新され、本体と同時に発売される「ローンチタイトル」のラインアップが判明しました。でもこれ、ちょっと少なくない……?(2011/1/13)

明日からいち早くニンテンドー3DSを体験!――「NINTENDO WORLD 2011」出展タイトル、ステージイベント情報
ニンテンドー3DSがいち早く体験できる「NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会」がいよいよ明日から3日間、幕張メッセで開催される。そこで、出展タイトルやステージイベントのスケジュールなどをまとめてみた。(2011/1/7)

「信長の野望・天道 パワーアップキット」に小野坂昌也&竹本英史考案のオリジナル武将登場
タイアップダウンロードコンテンツ“小野坂昌也・竹本英史のネオロマ&無双”を配信開始。(2011/1/6)

ガラシャ、綾御前、福島正則のアクションって? 「戦国無双3 Z」、「戦国無双3 猛将伝」
コーエーテクモゲームスが2011年1月27日に発売を予定しているPS3「戦国無双3 Z」とWii「戦国無双3 猛将伝」にプレイアブルキャラクターとして登場する3人のアクションを紹介。(2010/11/26)

ニンテンドー3DS向けタイトルを各社が続々発表
9月29日のニンテンドー3DS発売日決定を受け、サードパーティ各社からも3DS向けタイトルが続々と発表されている。そこで、29日の「任天堂カンファレンス2010」で発表されたものとあわせ、現在までに届いた発売情報をスクリーンショットでまとめてみた。(2010/9/30)

Nintendo Conference 2010:
体験することでその価値を知る――任天堂カンファレンスで語られたこと
「持ち歩く、響き合う、毎日が新しい。」をコンセプトにしたニンテンドー3DSの発売日と価格が任天堂のカンファレンスで発表された。そのカンファレンスで何が語られたのか。(2010/9/29)

ねとらぼ:
龍馬や政宗が画面いっぱいに “歴史メールソフト”、ジャストシステムから
「いざ交わせ、現代の密書」――戦国時代や幕末の気分を味わえるメールソフトがジャストシステムから。龍馬や政宗などのイラストを画面いっぱいに表示。「出陣じゃ」「天誅」などせりふも発する。(2010/4/20)

蝶野、武藤が戦国武将になって大バトル!? 戦国時代を楽しめるイベント“戦国武将祭”開催決定!
コーエーは、3月6日(土)、7日(日)にイベント“戦国武将祭”を開催することを発表。ビッグゲストが多数登場する大規模なイベント、その発表会の模様をお届けする。(2010/1/8)

週間ソフト販売ランキング:
さすが、スーパーマリオブラザーズは強かった
CM見るとワクワクしますよね。(2009/12/10)

謎だった村雨城モードの詳細を公開――「戦国無双3」
コーエーは、12月3日に発売を予定しているWii用タクティカルアクションゲーム「戦国無双3」に収録される「村雨城モード」について明らかにした。(2009/10/30)

ディスプレイの画質に目覚めました:
PR:“歴女な乙女”が東京ゲームショウ2009で「FORIS FX2431TV」を体感!
ITmedia Newsで修行中の“乙女”記者がEIZOチャンネルにやってきた。最近はIT系のネタだけでなく、歴史モノも気になるという彼女が、東京ゲームショウ2009で真っ先にチェックしたお目当てのゲーム&ディスプレイとは!?(2009/10/19)

お前はもう死んでいる!――あの「北斗の拳」と「無双」シリーズが夢のコラボ「北斗無双」発表イベントリポート
コーエーはPS3/Xbox 360で2010年発売予定の「北斗無双」の発表イベントを行った。ゲームのシステムや映像、豪華声優陣の発表のほか、原作者によるトークセッションなど、驚きの連続だったイベントの様子をお伝えしていく。(2009/10/15)

「戦国無双3」発売日決定――Wii同梱版も数量限定で発売
コーエーのWii用タクティカルアクションゲーム「戦国無双3」が12月3日に発売されることに。Wii本体を同梱した「戦国無双3 with Wii(特製クラシックコントローラPRO同梱)」も登場。(2009/10/8)

TGS2009:
「東京ゲームショウ2009」閉幕――昨年にはわずかにおよばない18万5030人の入場者数を記録
幕張メッセで開催されていたTGSが9月27日閉幕した。ビジネスデイでは微増したものの、一般公開日では昨年ほどの動員におよばず、入場者数は昨年を下回る結果となった。(2009/9/27)

日々是遊戯:
TGS会場で、なぜか幸村や政宗の甲冑を見つけてしまいました
昨年に続いての出展となる、主催者企画「ゲーム科学博物館」。今年はなぜかブース内に本物の甲冑が……?(2009/9/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。