ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「診断」に関する情報が集まったページです。

第1子妊娠中の藤井リナ、体重15キロ増量を報告 顔はシャープなままで「妊婦の不思議やで!」
食べ過ぎで妊婦糖尿とも診断。(2020/6/26)

製造ITニュース:
LPWAネットワークを用いた工場、ビル向けの振動診断パッケージ製品を提供
マクニカネットワークスは、LPWAネットワークを用いた、工場やビル向けの振動診断パッケージ製品の提供を開始した。LPWAネットワークを利用してデータを収集するため、従来は同様のソリューション導入時に必要だった構内配線が不要になる。(2020/6/24)

IoTセキュリティ:
IoT機器のセキュリティレベルを無償で診断、CCDSがイスラエル企業と提携
IoTセキュリティプラットフォームを展開するイスラエルのVDOO Connected Trustは、日本法人のビドゥジャパン株式会社の設立を発表。併せて、重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)と、日本国内の消費者向けデバイスのセキュリティを促進で提携することも明らかにした。(2020/6/23)

医療機器ニュース:
安価な材料のエコー下穿刺皮膚モデルを開発、商品化
東北大学、青森県産業技術センター、アピールは、超音波診断装置を用いて血管の状態を確認しながら針を刺す、エコー下穿刺の訓練用皮膚モデルを開発した。補助循環トレーニングモデル「AKS-HJ1」として製品化した。(2020/6/23)

医療機器ニュース:
AIによる医師支援プラットフォームの社会実装に向けたプロジェクトが開始
日本医師会、日本ユニシス、日立製作所、日本アイ・ビー・エムは、SIP第2期で採択された「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の構築および2022年の社会実装に向けたプロジェクトを開始した。(2020/6/22)

どんな支援が受けられる? 質問に答えるだけで診断する舞台芸術関係者向けサービス公開
コロナ禍で苦しんでいる舞台芸術関係者向けに、どんな支援が受けられる可能性があるかを、Q&A形式で確認できる自己診断チャートが公開。団体か個人か、公演主催者かどうかなどの質問に答えると、どんな支援が受けられる可能性があるかをガイドする。(2020/6/19)

ドローン:
ドローン橋梁点検手法「君津モデル」全国展開へ
アイネットは、君津市や木更津工業専門学校など4団体の連携パートナーと協力し、ドローンを活用する橋梁点検手法の実証実験を行った。従来の点検手法と比べると、点検の簡易化やデータのスピーディーな共有、AIによる高精度のひび割れ診断、コスト削減効果などが見込めることから、今後「君津モデル」として全国展開していく。(2020/6/19)

FAニュース:
軸受の異常検知装置、約7秒で小型ながら高度な診断ができる
NTNは、軸受の異常を検知する「NTNポータブル異常検知装置」を発表した。手のひらサイズで持ち運びや設置がしやすく、約7秒と短時間で高度な軸受診断ができるため、回転機械の定期チェックに有効だ。(2020/6/19)

製造マネジメントニュース:
自動設備点検ロボット活用による事業推進のため資本業務協定
荏原環境プラントは、ハイボットの第三者割当増資を引き受け、資本業務協定を締結した。共同開発の小型走行型ロボット「SQUID」の実証結果を踏まえ、ボイラ水管の点検、維持管理業務の効率化、高度な寿命予測診断などの点検サービスを提供する。(2020/6/16)

東大発AIベンチャーで約33億円着服 元役員を逮捕 「FX取引に使った」
医療画像の診断AIなどを手掛けるエルピクセルは6月10日、同社の元取締役が業務上横領の容疑で警視庁に逮捕されたと発表した。被害額は約33億5000万円で、容疑者は主にFX取引に使ったとしている。(2020/6/10)

AI:
奥村組が下水道管渠のAI損傷検出システムを開発
奥村組は、AIを用いた下水道管渠の損傷検出システムを開発した。国内の下水道管渠は、耐用年数が50年を経過するものが今後増加していくことに伴い、老朽化対策の要否を判断する詳細調査に対するニーズが高まっていくことが確実視されている。奥村組の開発した新システムは、詳細調査の一部をAIにより自動化することで、調査・診断を行う熟練技術者不足などの課題を解決すると期待されている。(2020/6/10)

東芝 TPD7107F:
車載ECU用MOSFETゲートドライバスイッチIPD
東芝デバイス&ストレージは、車載ECU用のMOSFETゲートドライバスイッチIPD「TPD7107F」の販売を開始した。昇圧回路を内蔵し、多数の保護機能、診断機能を備える。AEC-Q100適合品で、車載機器用途に適している。(2020/6/5)

共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す
共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。(2020/6/3)

医療機器ニュース:
AIを用いた新型コロナウイルス肺炎の診断支援技術開発をスタート
富士フイルムは、AIを用いて間質性肺炎の病変を定量化する技術を応用し、新型コロナウイルス肺炎患者の経過評価、治療効果の判定を支援する技術開発を開始した。まずは、神奈川県立循環器呼吸器病センターとの共同研究から始める。(2020/6/1)

NTTデータ、AIで大動脈瘤の画像診断を支援 2万7000人のCT画像を利用
NTTデータが、AI画像診断サービスを大動脈瘤の発見に活用する実証実験を岩手医科大学と共同で行うと発表した。2万7000人の患者のCT画像をAIに学習させ、大動脈瘤の検出能力を検証する。放射線科医による画像診断を補助するAIなどの開発を目指し、6月19日から2023年1月31日まで行う。(2020/5/29)

NTTデータ、AI画像診断でCOVID-19の診断支援 インドの病院で実験
NTTデータは、同社の出資先であるインドのスタートアップDeepTekと共同で、AIを搭載した画像診断支援サービスを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断に役立てる活動を始めた。インドの病院で始めた実証実験で、同サービスの有用性を検証するという。(2020/5/26)

太陽光:
太陽光発電所の収益性を高める、みんな電力がリパワリングサービスを提供
みんな電力が三井物産と協業し、太陽光発電所の能力診断や点検、売電を通じて発電所収益性を高めるリパワリングサービス「顔の見える発電所」を開始した。(2020/5/26)

今のAI技術はあくまでも「診断支援」
画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由
画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。(2020/5/26)

サプライチェーンを見直す:
製造拠点は「多様化すべき」 米MEMSファウンドリー
米国オレゴン州メドフォードを拠点とするハイテク企業Rogue Valley Microdevices(以下、Rogue Valley)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診断テストの開発が急がれる中、戦略的役割を果たすバイオメディカル企業で、米国に製造業を呼び戻す議論をけん引する存在でもある。(2020/5/21)

オーディオ、動画を1本のケーブルで:
PR:車載情報ネットワークをシンプルにする新規格「INICnet」とは
INICnetテクノロジを使うと、ハードウェアとソフトウェアを追加せずに複数のオーディオおよびビデオチャンネルを並列、高品質、低レイテンシで伝送できる。加えて、Ethernet/IPチャンネルによりOTA(Over The Air)を含むソフトウェアのダウンロードと診断を可能にする。さらに、車載ネットワークの他の部分とのシームレスな接続を可能にする。しかし、既に各種規格が混在する車載ネットワークに、なぜ新たなオープン規格が必要なのか――。INICnetを解説する。(2020/5/20)

富士フイルム、新型コロナ肺炎の診断サポートAI開発へ CT画像を自動解析
富士フイルムが、AIを活用して患者の経過観察や治療効果の判断を支援する技術を開発すると発表した。胸部のCT画像を自動解析し、肺炎による異常を識別する。(2020/5/19)

富士通、新薬開発の特許技術など4万件を無償開放 新型コロナ対策で
富士通は、新型コロナウイルス感染症対策として、同社が持つ特許権や実用新案権などを無償で開放すると発表した。同感染症の診断や予防に関する研究開発を促す。(2020/5/12)

セキュリティの課題は残るが:
パンデミック克服ではIoTが主導的役割を果たす
新型コロナウイルス(COVID-19)などの感染症を打ち負かす上で重要な役割を担っている技術の中でも、特にIoT(モノのインターネット)は、人類の“技術兵器”の重要な一部だといえる。例えば、コスト削減や、自動や遠隔での介護や診断、新たに利用可能になった患者データなどは、IoTがヘルスケア分野にもたらしたさまざまな変革の中のほんの数例として挙げられる。(2020/5/11)

院内システムに縛られず解析結果を確認可能に:
医用画像診断支援AIプラットフォーム事業を開始 エムスリーとNOBORI
エムスリーはNOBORIと事業提携契約を締結し、医用画像診断AIプラットフォーム事業を開始する。(2020/5/11)

医療機器ニュース:
大容量バッテリー搭載のポータブル超音波診断装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、本体サイズ362×390×56.5±5mmのポータブル超音波診断装置「Versana Active」を発売した。バッテリーを含めた重量は約5kg、画面サイズは15.6インチで、約50分間使用可能な大容量バッテリーを備える。(2020/5/11)

医療技術ニュース:
新型コロナへの感染抑制能を持つVHH抗体の取得に成功、北里大と花王
北里大学は2020年5月7日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能を有するVHH抗体の取得に成功したと発表した。この研究成果は、新型コロナウイルス感染症の治療薬や診断薬の開発につながることが期待されている。この取り組みは、北里大学 大村智記念研究所 ウイルス感染制御学I研究室 教授の片山和彦氏ら、Epsilon Molecular Engineering(以下、EME)、花王 安全性科学研究所の研究グループの共同研究によるものだ。(2020/5/11)

楽天、PCR検査キットの販売見合わせ 急遽方針転換
 楽天は30日、今月20日に法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットについて、「一時的に販売代理を見合わせる」と発表した。楽天のPCR検査キットをめぐっては、正しく診断できずに感染を拡大させる危険性があることなどから、医療関係者の団体や専門家から懸念の声が相次いでいた。(2020/4/30)

楽天、PCR検査キットを法人向けに販売 感染の判定はできない
楽天は、新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットを法人向けに発売する。医療行為には当らず、感染の有無を確定させる診断には使えない。(2020/4/21)

放射線医学におけるAI技術の進歩【後編】
AIの乳がん診断精度は“医師超え”へ それでも研究者が実用化に慎重な理由
AI技術を活用し、医師よりも高精度の乳がん診断の実現を目指すシステムの研究開発が盛んだ。ただし研究者は、こうしたシステムの市場投入には慎重を要するという見解を持つ。それはなぜなのか。(2020/4/21)

ソニーとエムスリー、新型コロナ対策で協業 画像診断AIの開発など
ソニーとエムスリーが新型コロナウイルス感染症対策で協業する。胸部CT検査画像の診断支援サービスや、画像診断支援AIの開発などを行う。(2020/4/16)

30万円の生活支援臨時給付金、自分は対象? 5つの質問でわかる「簡易診断」ツールを弁護士ドットコムが公開
中小企業向け・個人事業主向けの診断ツールも順次公開予定。(2020/4/16)

ソフトバンク、AI清掃ロボットと“清潔度”診断サービスを無償提供 医療や小売店などの生活インフラ支援で
ソフトバンクロボティクスは、AI清掃ロボット「Whiz」と、「施設清潔度診断サービス」を無償で提供すると発表した。清掃員や緊急事態宣言発令後も営業している施設での清掃を支援する。(2020/4/15)

Microsoft、AIで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を支援 21億円規模
Microsoftは「AI for Health」でCOVID-19対策に取り組む。データと知見、治療薬と診断法、リソース配分、正確な情報の発信、科学的研究の5つの分野で2000万ドルを投資して研究者を支援する。(2020/4/15)

端末トラブル時に“問題の切り分け”ができるハードウェア診断キット「Service Center 13 日本語版」
エクセルソフトは、米PC-Doctor製のハードウェア診断キット「Service Center 13 日本語版」の取り扱いを発表した。(2020/4/14)

放射線医学におけるAI技術の進歩【前編】
Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由
Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人間の診断によりも高い診断精度を示したと発表した。しかしこの研究は医学業界で賛否を呼んでいる。その理由は。(2020/4/13)

「自社で脆弱性診断」をかなえられる
「脆弱性診断をしたくてもできない」予算や専門家不足はどうすれば解消できる?
Webアプリケーションのセキュリティ対策はますます需要が高まっており、最近では提供側が「脆弱性診断実施の有無」を問われることも少なくない。客観的基準に即した説明体制を、限られた予算と人材の中で実現する方法とは。(2020/4/13)

医療機器ニュース:
心不全の早期診断方法の確立を目指し、協業を開始
GEヘルスケア・ジャパンとロシュ・ダイアグノスティックスは、心不全予防のための早期診断方法の確立に向け、協業を開始した。GLSとNT-proBNPを指標に加えることで、より詳細な心不全のリスク層別化と潜在的な心不全患者の発見を目指す。(2020/4/6)

MRI検査とAIでうつ病を判定 広島大などが開発
広島大などの研究グループが、MRI検査とAIを用いたうつ病判定技術を開発したと発表した。面接でのみ診断していたこれまでの手法と比べて客観的な方法で診断でき、新しい治療法開発につながることが期待される。(2020/4/2)

ケツメイシRYOJI、新型コロナウイルス陽性の診断 3月22日に発熱「療養に努めております」
3月30日にPCR検査を行い、31日に診断されたようです。(2020/4/1)

医療機器ニュース:
ボッシュが新型コロナの高速検査機、インフル含む呼吸器疾患も同時診断
Robert Bosch(ボッシュ)は2020年3月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けの高速検査機を発表した。(2020/3/30)

「背負うバリア」や国家レベルの色分け追跡システムなど:
新型コロナウイルスとの戦いで活躍する最新技術
新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で猛威を振るうなか、中国や米国では治療/診断支援および感染拡大を抑えるためにさまざまな最新技術の導入を進めている。今回、その一例を紹介する。(2020/3/27)

医療機器ニュース:
大腸がんの深達度を一般内視鏡画像のみでAI診断できる検出支援システム
モルフォは、千葉大学や千葉県がんセンターとの共同プロジェクトにおいて、大腸がんの深達度を一般の内視鏡画像のみでAI診断できる、高精度な検出支援システムを構築した。(2020/3/24)

AWS、新型コロナ診断法開発支援で2000万ドル(約22億円)のイニシアチブ立ち上げ
Amazon.com傘下のAWSが、新型コロナウイルスの診断ソリューション開発支援に2000万ドルを投じ、イニシアチブを立ち上げた。24時間以内に診断可能なシステムを目指す。参加者はAWSのインフラだけでなく、専門家の支援も受けられる。(2020/3/21)

医療機器ニュース:
画質、機能、経済性を兼ね備える、開業医向けの超音波診断装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、高画像、高画質、経済性を兼ね備えた汎用超音波画像診断装置「Versana Balance」を発売した。同時4音受信技術を活用し、従来の同クラスのエコー装置に比べて高フレームレートを可能にした。(2020/3/17)

パーソナルカラー診断で、似合う色だけじゃなく「質感」も分かるって知ってた? 好きな色を似合う色に変える「質感」の魔法を解説します
質感を知って、色とメイクをもっとたのしもう!(2020/3/16)

医療機器ニュース:
AIで大腸内視鏡画像を解析する、内視鏡画像診断支援ソフトウェアを発売
オリンパスは、大腸内視鏡画像をAIが解析し、内視鏡検査中にリアルタイムで病変が映っているかを推測する内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-EYE」を2020年5月下旬に発売する。(2020/3/16)

蓄電・発電機器:
蓄電池の状態を非破壊で診断、凸版印刷らが診断サービス
凸版印刷とIntegral Geometry Scienceは、蓄電池画像診断システムの機器販売と蓄電池の受託検査サービスを2020年2月から開始した。蓄電池内部の電流密度分布状態を破壊せずに可視化できる。(2020/3/9)

島津製作所、新型コロナ検査キット開発へ 診断時間6分の1に 3月中の実用化目指す
島津製作所が新型コロナウイルスへの感染の有無を判定する検査キットの開発を始めた。従来の6分の1の時間で結果が分かり、コスト削減にもつながる。3月中の実用化を目指す。(2020/3/5)

AIで認知症診断を支援 医療現場での実用化に向け、FRONTEOと共和薬品が協業
医薬品販売の共和薬品工業とAIベンチャーのFRONTEOが、AIを活用した認知症診断支援システムの実用化に向けて協業すると発表。医療現場での早期実用化を目指す。(2020/3/2)

まふまふ、自宅で倒れファンに衝撃 そらる「回復して帰ってきたら温かく迎え入れてあげて」
心原性の失神と診断。精密検査と数日間の休養を経て活動を再開予定。(2020/2/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。