ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

Facebookによるトランプ大統領の問題投稿を放置する決定に従業員が抗議運動
Twitterが非表示にしたのと同じトランプ大統領の問題投稿を放置するFacebookの決定に反対する従業員らがバーチャルな抗議運動を展開し、多数の従業員がTwitterで反対を表明している。(2020/6/2)

FacebookのザッカーバーグCEO、トランプ氏の問題投稿を非表示にしない理由を説明
Twitterが「暴力を賛美する」として非表示(クリックすれば表示される)にしたトランプ米大統領の投稿と同じものをFacebookとInstagramは放置していることについて、ザッカーバーグCEOが長文で説明した。この投稿はFacebookのポリシーには違反していないとしている。(2020/6/1)

Twitter、トランプ大統領のツイートを初非表示に 「暴力の賛美についてのルール違反」で
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初ラベルを付けた数日後、今度は初めて非表示にした。非表示になったのは暴徒化したミネアポリスのデモについての、暴徒化すれば軍による射撃の用意があるというツイートで、「個人または集団に向けた暴力をほのめかす脅迫」に当たるとみなされたようだ。(2020/5/29)

「ネットの発言と自由な未来を脅かす」 Twitter、トランプ大統領によるSNSを狙った大統領令を批判
Twitterがトランプ大統領に強く反発。(2020/5/29)

Twitterにラベルを付けられたトランプ大統領、SNS標的の大統領令に署名
Twitterに自分のツイートに警告ラベルを初めて付けられたトランプ大統領が、Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどの“ソーシャルメディアの巨人”の規制を強化する目的の大統領令に署名した。Communications Decency Actのセクション230による保護を剥奪しようというものだ。(2020/5/29)

TwitterのドーシーCEO、トランプ陣営からの従業員攻撃に「責任は私にある」とツイート
トランプ米大統領が自分のツイートにファクトチェックラベルを付けられたことで、同氏の選挙陣営がTwitterの従業員個人を攻撃したことを受け、ジャック・ドーシーCEOが「責任は私にあるのだから、従業員を巻き込まないでください」とツイートした。(2020/5/28)

トランプ大統領、自分のツイートにラベルを付けたTwitterを「閉鎖してやる」とツイート
ドナルド・トランプ米大統領が、自分のツイートにTwitterが初めて内容に問題があるというラベルを付けたことを受け、「保守派を沈黙させようとするソーシャルプラットフォームを規制するか閉鎖する」とツイートした。(2020/5/28)

進化するランサムウェア:
ハッカーがハリウッド系法律事務所からデータを盗取、身代金は約45億円 トランプ大統領にも揺さぶり
新型のランサムウェアを使うハッカーグループが、米国の大手法律事務所からデータを奪い去り、身代金として約45億円を要求している。ハッカーたちはお金を払わせるため、同法律事務所のデータの中にあったトランプ大統領の重大な秘密があったとして、トランプ大統領にも揺さぶりをかけ始めた。(2020/5/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「シリコンバレーは中国に屈する」 Google元会長のエリック・シュミットが声高に唱える“危機感”
トランプ大統領が中国の脅威を煽っているが、Googleのエリック・シュミット元会長も、AIの分野で中国への危機感を主張する。中国は人権を無視したデータ収集や企業への巨大投資によって、スマートシティ構想を加速。日本も含めて、研究開発を進めないと追い付けなくなる。(2020/5/28)

Twitter、トランプ米大統領のツイートに初めて信頼性関連のラベル追加
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初めてラベルを表示した。郵送投票は詐欺に繋がると主張するツイートに表示されるラベルをタップすると、それを否定する説明が表示される。(2020/5/27)

ビル・ゲイツ氏標的の“新型コロナ陰謀説” 米国人の3割が「信じる」 世論調査
ゲイツ氏をやり玉に挙げる根拠のない陰謀説を「正しい」と思う人は28%。与党共和党やトランプ大統領支持者では44%に上った。(2020/5/26)

米トランプ政権、Huawei製品調達禁止の大統領令を1年延長
米連邦政府は、昨年5月に発令したリスクのある海外企業の製品調達を米国企業に禁じる大統領令をさらに1年延長すると発表した。中国のHuaweiとZTEの通信製品を対象としたものだ。(2020/5/15)

YouTube、6月6日にバーチャル卒業式 レディガガやオバマ前大統領など豪華ゲストが祝福
Google傘下のYouTubeが、新型コロナウイルスの影響で卒業式が中止になった卒業生のために、6月6日にバーチャル卒業式「Dear Class of 2020」を開催する。オバマ前米大統領夫妻やレディ・ガガやBTSなどのアーティスト、人気YouTuberなどが卒業を祝ってくれる。(2020/5/6)

InstagramアカウントとFacebookページに“ロケーション”を表示 信頼性強化目的で米国から
Facebookが、11月の大統領選に向けて、同社サービスでの人心操作を防ぐ取り組みの一環として、米国のユーザーが目にするFacebookページとInstagramのアカウント名の下に投稿者のロケーション(国名など)を表示する。(2020/4/23)

自社への利益を求め:
2020年大統領選を巡るハイテク業界の献金動向
シリコンバレーの大富豪たちは、選挙献金や資金集めイベントの実施など、2020年の米国大統領選挙に向けて金銭的関心を示している。この動機は、自社や、自社が行う新興企業への投資に有益な政策を掲げる候補者を支持するためなどだ。(2020/4/2)

EU、「ロシアが新型コロナの偽情報を拡散」として警戒
EUは、ロシアが新型コロナウイルス感染症に関する偽情報を拡散させているとして警戒を強めている。一方、ロシアのペスコフ大統領報道官は、非難には根拠がないと反論した。(2020/3/30)

米政府の新型コロナスクリーニングサイト、Google系列のVerilyがまずカリフォルニア州で開設
米Alphabet傘下の医療企業Verilyが、3月16日からカリフォルニア州ベイエリアの住民向けに、新型コロナウイルスの感染検査を受けるためのトリアージ(選別)ツールの提供を開始すると発表した。トランプ米大統領が「Googleが来週全米で提供する」としていたものだ。(2020/3/16)

Googleさん:
トランプ大統領発表「Googleの新型コロナ感染症判別サイト」、本当はどこまでできるのか?
トランプ米大統領が「Googleが新型コロナのスクリーニングWebサイトを月曜にも公開する」と突然発表してGoogleさんはおおあわて。実は「聞いてない」状態だったようです。(2020/3/15)

トランプ米大統領、「Googleが新型コロナのスクリーニングサイトを作った」(実際にはAlphabetが開発中)
トランプ米大統領が新型コロナウイルス拡大を受け、国家非常事態を宣言した。同氏は「Googleが全米で使えるスクリーニングサイトを作った。感謝する」と語ったが、実際にはAlphabetの医療部門がベイエリアでのテストを準備中だ。(2020/3/14)

市場沈静化促すトランプ氏「金融危機ではない」 しかし市場は失望
 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は11日の国民向け演説で、新型コロナウイルス感染症の打撃を受ける労働者や中小企業向け支援を中心とした経済対策を早期に実施する方針を表明した。ただ、大規模な景気浮揚策となる給与税免除は、引き続き議会と協議すると述べるにとどめるなど、具体的な景気対策に欠け、市場の失望を招く形となった。取り引き時間中だった日経平均株価は大幅続落し、時間外取引で米長期金利も低下(債券価格は上昇)した。(2020/3/12)

新型コロナ感染拡大への景気対策〜トランプ大統領と安倍総理の大きな違い
リーダーはまず大方針を示すことが大事?(2020/3/12)

わずか2カ月の開発期間
米大統領選の前哨戦で集計トラブル 原因は投票アプリのテスト不足?
2020年2月3日のアイオワ州党員集会で、利用された投票数集計用アプリケーションで集計ミスが発生した。アプリケーションのテストが不足していたことが原因ではないかと複数の専門家は指摘する。(2020/3/6)

米大統領選に向けた民主党大会、アプリのバグで結果発表大幅遅れ
民主党の大統領候補を選ぶ初戦であるアイオワ州党員集会で初めて採用されたアプリの問題で、結果発表が大幅に遅れている。民主党はサイバー攻撃などによるものではないとしている。米メディアは、事前のテストが不十分だったと報じた。(2020/2/5)

米宇宙軍の正式ロゴがスター・トレック宇宙艦隊ロゴにそっくりと話題に
トランプ大統領が発表した新生米宇宙軍(Space Force)のロゴが「スター・トレック」シリーズの宇宙艦隊「スター・フリート」のロゴに似ていると話題になった。米宇宙軍は、デルタ記号は1942年に陸空軍で採用して以来の伝統的なデザインだと説明した。(2020/1/26)

KAMIYAMA Reports:
2020年の世界:投資テーマとイベント一覧
最大の注目イベントは、米国大統領選挙とそれに係わる政策論争で、市場の振れを増やすことになるだろう。しかし、長期投資の観点からは、選挙結果で世界経済のトレンドに大きな変化が起こるとは想定しない。(2020/1/16)

米政府のWebサイトが改ざん被害 トランプ大統領の加工画像などが掲載される
米国土安全保障省は、イランのサイバー攻撃によって重要インフラの混乱などが予想されると警告し、対策を促している。(2020/1/7)

トランプ米大統領の「イラン攻撃の議会への事前通告はツイートで十分」に批判高まる
ドナルド・トランプ米大統領が、連邦議会への事前通知なしにイラン司令官を殺害したことへの批判に対し、自分のアカウントでのツイートが通知代わりだとツイートした。イランへの攻撃を予告するようなツイートも連投しているが、Twitterは静観している。(2020/1/6)

トランプ大統領、15日に予定していた中国への“iPhone関税”発動を停止
ドナルド・トランプ米大統領が、12月15日の発動を予定していたスマートフォンやノートPCを対象とする中国への制裁関税を停止したとツイートした。貿易交渉で合意したため。9月に発動したスマートウオッチなどの関税も引き下げる。(2019/12/14)

「Apple News」が初の米大統領選民主党討論会共催者に
AppleがApple Newsとして、2020年米国大統領選挙の民主党候補者による民主党討論会の初の共催者になる。Twitterもディベートパートナーを務めるが、Facebookは不在だ。(2019/12/13)

「誕生日に、サプライズでオバマ大統領がきた」 YOSHIKI、とんでもないサプライズプレゼントをもらう
サプライズが過ぎる。(2019/11/22)

Facebook、2020年米大統領選に向けたフェイク情報対策などを多数発表
Facebookが、2020年の米大統領選に向けて、他国の政府による介入やフェイクニュース拡散を防ぐための対策を発表した。虚偽と判定されたコンテンツにはラベルで隠される。ただし、政治広告はファクトチェックの対象外なので、虚偽の広告でも放置される見通し。(2019/10/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルの“告げ口”でサムスンに危機? 貿易戦争を揺るがす一声
米アップルのクックCEOが、トランプ大統領に“告げ口”をしている。対中関税制裁でアップルは大きな影響を受けるが、競合の韓国・サムスンは対象にならないからだ。アップルとトランプの関係は深く、今後のサムスンのビジネスに影響を及ぼすかもしれない。(2019/10/17)

米中貿易摩擦の本質は何か? “気分”には影響しても、米経済のトレンドには影響せず 日興アセット神山氏
制裁関税などの交渉の行方ばかりがニュースとして注目されるが、そもそも何が米中の”摩擦”なのか。批判の対象は、中国の知的財産権保護の不十分さ、国営企業優遇による競争排除、補助金によるダンピング支援だ。米国は中国にこれらの問題の解決を要求してきたが、トランプ大統領は実際に追加関税というアクションを取ったところが新しい。(2019/10/15)

トランプ大統領、Twitchでストリーミング開始(ただしゲーム実況ではない)
ドナルド・トランプ米大統領がAmazon.com傘下のゲーム実況サービスTwitchに公式チャンネルを開設した。実況第一弾は、ミネアポリスでの支持者大会だった。(2019/10/11)

Adobe、ベネズエラの全アカウントを無効に 米政府の制裁に従い
米Adobe Systemsが、企業や個人に関わりなくベネズエラの全アカウントを10月28日以降無効にする。ベネズエラに対する資産凍結などを含む経済制裁を命じた大統領令に従うための措置。(2019/10/9)

イラン政府関連サイバー集団が米大統領選関係者の複数アカウント攻撃とMicrosoft
Microsoftが、イラン政府と関わりがあるとみられる集団がMicrosoftユーザーのアカウントを乗っ取ろうとしたと発表した。ターゲットは米大統領選関係者、米政府関係者、ジャーナリストなどだったとしている。(2019/10/7)

16歳の環境活動家グレタさん、トランプ大統領の皮肉にプロフィール変更で大人の対応
国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に温暖化対策について怒りを込めた演説をしたグレタ・トゥーンベリさんを「幸福な若い女の子」と皮肉ったドナルド・トランプ大統領のツイートを受け、グレタさんが自身のTwitterプロフィールを「明るく素晴らしい未来を夢見るとても幸福な若い女の子」に変更した。(2019/9/25)

映画「ザ・ハント」が銃乱射事件を受けて公開見送りへ エリートが市民を「狩る」風刺スリラー
トランプ大統領が批判したことで注目を集めていました。(2019/8/13)

トランプ大統領もここで見学 海自の艦艇見るなら横須賀基地! 護衛艦「はたかぜ」の艦艇公開に行ってきた
カッチョイイ艦砲から懐かしさを感じる備品まで盛りだくさん。(2019/8/13)

トランプ大統領、エルパソ乱射でインターネットとゲームを批判
ドナルド・トランプ米大統領が週末に発生した2件の銃乱射事件に関する会見で、エルパソの事件の容疑者がネットに人種差別的なマニフェストを投稿したことに触れ、「インターネットとソーシャルメディアの危険は無視できない」と語った。(2019/8/6)

次期Mac Proの輸入関税除外申請、トランプ大統領が却下とツイート
トランプ大統領は、輸入関税対象からMac Pro (2019) 用部品の除外を求めるAppleからの要請を却下した。(2019/7/29)

Huawei、北朝鮮の3Gネットワーク構築を秘密裏に支援か──Washington Post報道
Huaseiが北朝鮮の3Gネットワークの構築・運営を秘密裏に支援していたと、Washington Postが報じた。米国製部品を採用するHuaweiが米国の輸出規制に違反した可能性がある。トランプ大統領は「調査する」と語った。(2019/7/23)

トランプ大統領、ピーター・ティール氏指摘の“Googleの裏切り”を調査するとツイート
PayPal共同創業者でドナルド・トランプ米大統領を支持するピーター・ティール氏が、Googleが中国政府と協力しているのではないかと発言し、これを受けてトランプ氏が「Googleの裏切りについて調査しよう」とツイートした。(2019/7/17)

ビットコイン暴落 一時100万円近くに
一時150万円に迫ったビットコインだが、FRB議長の議会証言や米トランプ大統領の暗号通貨に対するツイートなどもあり、大きく下落した。(2019/7/16)

Twitter、トランプ大統領の「国に帰ったらどうか」ツイートを“ラベル付き非表示”にせず
ドナルド・トランプ米大統領が民主党の女性下院議員を指して「合衆国で政治に文句を言うなら国に帰って崩壊した政府を立て直して見本を見せるがいい」とツイートしたことが人種差別的だと問題になっているが、Twitterはこれを非表示にする計画はないとメディアに語った。(2019/7/16)

トランプ大統領、「Facebookの仮想通貨Libraは信頼できない」とツイート
Facebookが6月に発表した暗号通貨「Libra」について、ドナルド・トランプ米大統領が「信頼できない」とツイートした。Libraについては7月17日に米上下院がそれぞれ公聴会を開く予定だ。(2019/7/12)

石川温のスマホ業界新聞:
トランプ大統領がファーウェイの制裁措置を緩和――果たして、キャリアはP30シリーズの発売に踏み切るのか
「G20大阪サミット」に伴い、先日来日したトランプ大統領。会見で、ファーウェイに対する制裁を緩和する以降を表明した。米商務省によるHuaweiに対する事実上の禁輸措置に対する今後は予断を許さないが、一刻も早い解決が望まれる。(2019/7/12)

IIJ、Huaweiの新端末を発売 トランプ大統領の“規制緩和”発言など考慮
IIJは、中国Huawei製のスマートフォン「HUAWEI P30」「P30 lite」、タブレット端末「MediaPad M5 Lite」(8インチ)を発売した。米政府によるHuaweiへの禁輸措置を受けて販売を延期していた。(2019/7/2)

トランプ大統領、「米企業はHuaweiに製品を売っていい」──G20会見で
ドナルド・トランプ米大統領は6月29日、大阪で開催されたG20の記者会見で、「米国企業が中国Huaweiに製品を販売することを認めた」と語った。(2019/6/30)

Twitter、ルール違反でも公益のある著名人ツイートはラベル付きで残すように
トランプ大統領の個人攻撃的なツイートを削除しないことで批判されているTwitterが、今後はルール違反でもニュース性があり、公益になると判断したツイートはラベルを付けると発表した。ラベルをタップすると表示される。(2019/6/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。