ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イギリス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イギリス」に関する情報が集まったページです。

“中身が透けて光る”スマホ「Nothing Phone」発売 6万3800円から
英国のデジタル機器メーカーNothing Technologyは8月10日、背面が透明なスマートフォン「Nothing Phone(1)」の日本での予約を開始する。発売日は8月19日。(2022/8/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
クラウドの半額? 「HCI」の効果にロイヤル・オペラ・ハウスが歓喜
英国の歌劇場ロイヤル・オペラ・ハウスは、システムのクラウドサービスへの全面移行をやめて、「HCI」を選んだ。理由は「運用コストの抑えやすさ」だ。その驚きのコスト抑制効果とは。(2022/8/9)

各業界が取り組むサステナビリティ【第2回】
サステナブルは苦難の道? 英国が踏み込む“根深い問題”とは?
各業界で温室効果ガス削減への動きが強まり、オフィスビルなど建物の運用に関してもエネルギー消費の効率化が注目されている。環境負荷低減に必要なのは何か。(2022/8/9)

全国ブロードバンド化を進める英国の構想【前編】
学校の「無線LAN」「ブロードバンド」整備に乗り出す英国の狙いとは?
英国政府は旧式の通信インフラを利用する農村部の学校に、高速で信頼性の高いインターネット回線を提供する取り組みを始めている。単に「ブロードバンド化」するだけでは終わらない、その取り組みの狙いは。(2022/8/8)

ランサムウェア身代金の支払い推奨に「ノー」【前編】
「ランサムウェア被害者は身代金を払って」と弁護士が推奨? その“謎”の理由
英国の情報セキュリティ機関は、ランサムウェア攻撃を受けた企業に身代金の支払いを推奨しないよう、弁護士の協力を得ることに注力している。その背景に何があるのか。(2022/8/8)

エンジニアが求め始めた「DEI」の正体【前編】
女性エンジニアがいない会社はあの「DEI」を軽視している
女性登用が進まないことは、以前から英国のIT企業の間で課題となってきた。その背景には「DEI」の不足があるとの声がある。そもそもDEIとは何なのか。その実情とは。(2022/8/6)

英国「セキュリティ教育認定制度」の実態【後編】
セキュリティ教育の「国が認めたハイレベル校」が教えていること
「セキュリティ教育の質が高い」と国が認めた教育機関は、どのようなセキュリティ教育を実施しているのか。英国NCSCの「CyberFirst Schools」「CyberFirst Colleges」の認定を受けた教育機関の取り組みを紹介する。(2022/8/5)

英国理容店Wicks Barbershopに見る中小企業のデジタル化【後編】
中小企業こそ「デジタル化」を今すぐ学ぶべき理由 “理容店の奇跡”から探る
専門家は「中堅・中小企業ほど、早くデジタル化について学ぶべきだ」と話す。その理由は何か。ITを味方に付けることでコロナ禍でも顧客とのつながりを維持した、英国の理容店Wicks Barbershopの取り組みから探る。(2022/8/4)

AI駆使して「攻撃者のように考える」 アタックサーフェス管理や脆弱性特定を自動化するセキュリティ製品群、英ダークトレースから
英国のサイバーセキュリティ企業のDarktraceの日本法人は、アタックサーフェス(サイバー攻撃の対象になり得る領域)管理や脆弱性特定をAIで自動化できる新製品「Darktrace PREVENT」の提供を8月1日から始める。(2022/7/29)

英国で進む「教育・研究機関向けネットワーク刷新」の中身【後編】
教育機関に「100Gbps光ファイバー網」提供の意味は? 英国非営利組織に聞く
英国の非営利組織Jiscが教育・研究機関向けに最大データ転送速度100Gbpsの光ファイバーネットワークを用意する。その目的とは何なのか。関係者に聞いた。(2022/7/25)

石川温のスマホ業界新聞:
バルミューダ臭漂う「Nothing Phone (1)」登場――「いまのスマホはつまらない」。発表会で抱いた「既視感」
イギリスのNothing Technologyが、スマートフォン「Nothing Phone (1)」を発表した。「いまのスマートフォンはつまらない」という文脈から生まれたというが、それを聞いた筆者はバルミューダの「BALMUDA Phone」の事を思い出していた。(2022/7/24)

Mobile Weekly Top10:
イギリス生まれの「Nothing Phone(1)」はどんなスマホ?
中国OnePlusの共同創業者が、イギリスで新たに立ちあげた「Nothing Technology」。その第2弾製品として、同社は初のスマートフォン「Nothing Phone(1)」を投入します。日本でも発売されることになりましたが、果たしてどんなスマホなのでしょうか……?(2022/7/23)

英国「セキュリティ教育認定制度」の実態【前編】
“すごいセキュリティ教育校”を認定する「CyberFirst Schools/Colleges」とは
質の高いセキュリティ教育を提供する教育機関を評価する認定制度が「CyberFirst Schools」「CyberFirst Colleges」だ。どのような認定制度なのか。運営する英国NCSCに、その詳細と意義を聞いた。(2022/7/22)

DAZN「権利獲得に至っていない」 サッカー、プレミアリーグ配信で明暗 SPOTV NOWとABEMAは配信へ
DAZNジャパンは21日、イングランドの「プレミアリーグ」について、来シーズンの放映権を現時点で獲得できていないと明らかにした。(2022/7/21)

英国理容店Wicks Barbershopに見る中小企業のデジタル化【前編】
理容店が「Square」で得た“決済だけじゃないメリット”とは?
英国の理容店Wicks Barbershopは決済サービス「Square」やその関連ツールを活用したことで、コロナ禍でも継続的に顧客との関係性を構築できた。同店が実施した“ある取り組み”とは。(2022/7/21)

「Apple Brompton Road」、7月28日英国にオープン プレイリスト、壁紙も公開
英国で39店舗目となるApple Storeがロンドン中心部に。(2022/7/19)

車両デザイン:
自動車技術を応用したエアモビリティの軽量キャビン、国際航空ショーで披露
Hyundai Motor(現代自動車、ヒョンデ)グループのSupernalは2022年7月18日、英国のファーンボロー国際航空ショーにおいて電動垂直離着陸機(eVTOL)のキャビンのコンセプトを発表した。(2022/7/19)

お隣の英国人が家に訪れ「庭で紅茶を飲もうとしたらどうも臭い匂いがあった」 丁寧な言葉の裏にある本音とは
紅茶の邪魔した罪は重い。(2022/7/18)

郵便物を運ぶ猫ちゃん、届けた先はまさかの……!? ドヤ顔でトイレの前に「ほらよ」と落とす姿がかわいい 【スコットランド】
郵便物を届ける猫です。(2022/7/17)

英国のハンプトン・コート宮殿を87分の1スケールのミニチュア模型で超精密に再現! 近所に住む人も「素晴らしい仕事」とびっくり
細部まで再現する情熱と努力がすごい。(2022/7/18)

海外医療技術トレンド(85):
ブレグジット後の英国で加速するポストコロナ時代のデータ駆動型保健医療改革
本連載第70回や第83回で、ポストコロナの時代における欧州連合(EU)のデータ駆動型健康戦略やデータ越境利用の共通ルールづくりを取り上げたが、Brexit(ブレグジット)後の英国は、どのように対応しているのだろうか。(2022/7/15)

「Nothing Phone (1)」正式発表 974個のミニLEDで背面が独創的に光る 6万9800円で国内販売へ
英国に拠点を置くNothing Technologyは、同社初のスマートフォン「Nothing Phone (1)」を発表した。国内でも8月に販売予定で、RAM 8GB、ストレージ256GBのモデルは6万9800円(英国では449ポンド)を予定している。(2022/7/13)

ソニーと任天堂に触発されてスマホデザインを変革 英国発「Nothing Phone (1)」誕生の背景
7月13日(日本時間)、Nothing初のスマホ「Nothing Phone (1)」がついに正式発表となった。日本でも6万9800円(税込み)にてWebサイトを通じて販売される。本製品の誕生背景をカール・ペイCEOが語った。(2022/7/13)

新ギミックの“光る半透明スマホ”「Nothing Phone (1)」、英国から日本上陸
Nothingは7月13日(日本時間)、新型スマホ「Nothing Phone (1)」を発表。Nothingは中国のスマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏が英国で立ち上げた新興企業。Nothing Phone (1)は背面がシースルーになっており、400を超える内部のパーツが見えるようになっている。(2022/7/13)

安倍氏銃撃事件、海外Twitterでも「Shinzo Abe」トレンド入り 各国主要メディアの報道は
安倍晋三元首相の銃撃事件を受け、米国や英国、インドなどでもTwitterトレンド上位に「Shinzo Abe」が入るなど注目を集めている。各国のネットニュースでも同事件はトップニュースとして報じられている。(2022/7/8)

安倍元首相が心肺停止 立憲や国民の党首ら「容態が心配」「絶対に許せない」など投稿 海外にも衝撃与える
アメリカやイギリスなど世界中のトレンドでも「Shinzo Abe」が上位に位置しています。(2022/7/8)

巨大スイレンの新種、英国の植物園が発見 直径3メートルで世界最大
177年前から存在していたものの、これまで別の種と思われていました。(2022/7/7)

DX/GXで長期的にはさらに成長:
半導体需要に「急ブレーキ」、供給不足の現状と今後
コアスタッフは2022年7月5日、半導体/電子部品の供給不足の現状と今後の展望に関する記者説明会を行った。説明会では同社社長の戸澤正紀氏のほか、英国の調査会社Omdiaのシニアコンサルティングディレクター、南川明氏も登壇。南川氏は、「この1カ月で急速にエレクトロニクスの消費が落ちてきている。半導体の需給バランスが急速に逆回転し始めようとしている」との見解を示した。(2022/7/7)

英語マニアによる「イギリス英語」VS「アメリカ英語」 アレクサとのコント動画がハイクオリティーすぎて勉強になる
Speak proper English!(ちゃんとした英語を話せ!)(2022/7/6)

半導体市場規模は前四半期比縮小:
22年Q1半導体メーカーランキング、首位SamsungがIntelとの差広げる
英国の調査会社Omdiaは2022年6月、2022年第1四半期(1〜3月)の半導体市場規模は1593億400万米ドルだったと発表した。2021年第4四半期(10〜12)月の1593億4700万米ドルから0.03%減と、わずかながら減少した。また、2022年第1四半期の半導体メーカー売上高ランキング(上位10社)も発表し、前四半期に比べ、1位のSamsung Electronicsと2位Intelの売り上げ差が拡大したという。(2022/7/5)

大胆でクリエイティブな仕掛けが構築できる:
Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 「ブランドいいね」の提供を開始。(2022/7/4)

英国で進む「教育・研究機関向けネットワーク刷新」の中身【前編】
100Gbps光ファイバー網を教育機関に 英国「教育ネットワーク刷新」の実態は?
英国の非営利組織Jiscが北アイルランドやイングラインド北西部で、教育・研究機関向けのネットワーク刷新を進めている。具体的に何をしているのか。(2022/7/4)

おうち時間を楽しくするアイデア「今日はサマータイムデーにしよう」 英国の夏を疑似体験する、家族の休日を描いた漫画がすてき
夏休みにやってみたい!(2022/7/1)

英国政府肝いりの「5G活用」の行方【後編】
Open RANとは? 英国政府「脱2G、3Gからの5G移行」の切り札
「5G」の普及に向けて、英国政府はさまざまな連携や組織の支援に注力している。国を挙げて高速通信のインフラを整えるべく、具体的には何に取り組んでいるのか。(2022/7/1)

鈴木紗理奈、2年半ぶりに息子が留学する英国へ 制服を着た後ろ姿公開「人生薔薇色っす」
息子愛が急加速してる。(2022/6/30)

南野拓実、「リヴァプール」サポーターに別れを告げる アンフィールドでの大歓声に感謝「一生忘れない」
南野選手「Sayonara, good bye. 」(2022/6/29)

木造化:
「渋谷マルイ」が木造化!2026年開業に向け英国の建築集団「Foster+Partners」が設計
渋谷マルイが2022年8月28日に閉店し、2026年に9階建ての木造商業施設へと生まれ変わる。設計のリードデザイナーは、ノーマン・フォスター氏が率いる「Foster+Partners」が担当し、最高水準の持続可能技術を採用して環境負荷を軽減したサステナブル施設とする。(2022/6/27)

円安加速、136円台に 背後に日本国債ショートの投資家の影
6月14日〜15日に米FRBが決定したFOMCでの0.75%利上げに続き、スイス、英国も利上げを決定。かたや日銀は超低金利政策を維持。ここにきて日本国債売り(ショート)を仕掛ける投資家も。日銀頼みの悪い円安加速への金融政策は通用しきれるか。(2022/6/27)

voco大阪セントラル:
IHGホテルズ&リゾーツ、大阪に日本初進出のプレミアムホテル「voco」 2023年開業
IHGホテルズ&リゾーツ(英国)は6月22日、「voco大阪セントラル」を2023年に開業すると発表した。(2022/6/23)

英国政府肝いりの「5G活用」の行方【前編】
「2G、3G終了のお知らせ」を英国政府が出した“本当の狙い”とは?
英国政府は「2G」「3G」といった古いモバイルネットワークから「5G」への刷新に力を入れている。自動運転やスマート農業といった新技術への応用につなげる目的もあるものの、無視できないもう一つの狙いがある。(2022/6/17)

一般参加者が果樹の開花情報を投稿
「気候変動で果実が不作」の謎をデータで解明するFruitWatchとは? 大学が挑戦
英国のレディング大学がOracleと開始したプロジェクト「FruitWatch」は、気候変動が果実の生産に影響を及ぼす仕組みを明らかにしようとしている。その具体的な内容は。(2022/6/15)

Innovative Tech:
AIが信号機を自律操作 交通渋滞の軽減を目指す 英国の研究チームが技術開発
英Aston Universityの研究チームは、交差点にあるライブカメラの映像で交通状況を監視し、深層学習モデルで適切な信号操作をリアルタイムに行う、ビジョンベースの完全自律型信号制御システムを開発した。(2022/6/13)

NHSの医療DXガイドライン【後編】
「成熟した医療DX」実現のために英国は何をしようとしているのか?
医療現場におけるデジタル成熟度の底上げを目指し、英国政府はNHSの予算制度を見直し、医療機関がIT化を進める際の資金調達プロセスをより明解にするための行動計画を提示している。その内容は。(2022/6/13)

【何これかっこいい!】英国発の新スクーター「スコマディ」が日本上陸 レトロスタイルだけどスポーティ、ギミックも満載
へぇぇ! ベスパやランブレッタみたいでちょっと違う、レトロスタイルでチューンドスクーターの雰囲気が漂う聞き慣れない125ccスクーターが日本上陸。早速乗ってみました!(2022/6/10)

Nothing初のスマートフォン「phone(1)」、7月13日0時に発表へ
Nothing Technologyが、7月13日0時に同社初のスマートフォン「phone(1)」を発表する。同社のWebサイトで発表会のライブ配信を行う。Nothingは、中国のスマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏が2020年に英国で立ち上げた新興企業。(2022/6/9)

Innovative Tech:
手書きスケッチをきれいな3D図面に自動変換するシステム 英国やフランスなどの研究チームが開発
英University College London 、フランスの研究機関Inria、Microsoft Research Asia、Adobe Researchによる研究チームは、フリーハンドで描いた形状をCAD(Computer-Aided-Design)コマンドに自動変換するスケッチベースのモデリングシステムを開発した。(2022/6/9)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第3回】
英国トップ大学は「なりすましメール」対策が“甘い”?
英国で評価ランキング上位にある大学は、なりすましメールにどう対処しているのか。Proofpointが公開した「DMARC」に関する調査結果を基に、実態を探る。(2022/6/8)

猫ちゃんと英国ゴールデンレトリバーがまどろむ穏やかなひととき くっついて毛づくろいする姿に愛を感じる
幸せいっぱい。(2022/6/6)

NHSの医療DXガイドライン【中編】
「医療DXの意欲があっても予算がない」問題を解決する「WPfW」とは?
英国では医療機関のIT化に向けた資金調達プロセスが複雑で、入札手順や財源が不明瞭なことがDXの阻害要因となっていた。改善に向けて英国NHSが公開した提言書「Who pays for what」(WPfW)とは、どのようなものか。(2022/6/6)

イギリス王子と米大統領の息子が恋に落ちる 人気BL小説の実写映画「Red, White & Royal Blue」主演キャストが発表
これまでで最も壮大なグローバルBL。(2022/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。