ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上方修正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上方修正」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で業績上方修正した上場企業186社の特徴
東京商工リサーチは9月18日、上場企業における「新型コロナウイルスによる業績上方修正」調査結果を発表した。業績を上方修正した上場企業は、全体の4.9%にあたる186社だった。7月以降の開示が7割を占め、コロナ禍の長期化が見込まれる中で、企業業績への影響も明暗が鮮明になってきた。(2020/9/18)

ミクシィの20年3月期、最終利益60%減も予想上回る業績 モンストの「鬼滅の刃」コラボなど貢献
ミクシィが2020年3月期通期の連結決算を発表。最終利益は前年同期比59.6%減の107億円となった。ただし、「モンスト」の他社IPとのコラボ企画が好調で、20年3月末に上方修正した業績予想をさらに上回る結果で着地した。(2020/5/18)

NEC、最終利益予想を過去最高の1000億円に上方修正 「Windows 7」サポート終了で社用PCの買い替え進む
NECが20年3月期の通期連結業績予想を上方修正。最終利益予想を過去最高の1000億円(従来予想比53.8%増)に引き上げた。米Microsoftが1月に「Windows 7」のサポートを終了した影響で、法人向けPCの買い替え需要が高まったため。(2020/5/8)

イメージセンサー生産への影響は軽微も:
新型コロナで2月の上方修正が打ち消しに、ソニー
ソニーは2020年3月27日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響によって、同年2月に公表した業績見通しの上方修正分が打ち消しになる見込みであると発表した。(2020/3/27)

ミクシィ、最終利益予想を2.4倍に上方修正 モンストのコラボ企画が好調
ミクシィが2020年3月期の通期連結業績予想を上方修正。モンストで実施した、他社IPとのコラボ企画による収益が好調に推移したためという。修正後の連結業績予想は、売上高が従来予想比7.8%増の1110億円、営業利益が同72.2%増の155億円、最終利益が同2.4倍の95億円。(2020/3/23)

ミクシィが業績予想を再び上方修正 「モンスト」コラボが好調
予想を据え置いていたモンスト売り上げが好調に推移。(2020/3/23)

「ケンタッキーフライドチキン」が好調 日本KFCが上方修正、営業益3倍に
日常利用のお得感と新商品の両面で訴求。(2020/2/12)

製造マネジメントニュース:
英国の2035年の新車販売規制は「決定事項ではない」、トヨタはHVの貢献度を強調
トヨタ自動車は2020年2月6日、東京都内で記者会見を開き、2019年度(2020年3月期)通期の業績見通しを上方修正すると発表した。(2020/2/7)

任天堂、20年3月期は増益に Switch好調で上方修正
任天堂が2020年3月期(19年4月〜20年3月)連結業績予想を上方修正。純利益が当初予想の1800億円から2100億円(前年比8.2%増)に増える見通し。(2020/1/30)

2020年はイメージセンサーなど急増:
2019年の前工程ファブ用製造投資を上方修正、SEMI
SEMIは2019年12月16日(米国時間)、半導体産業の前工程ファブ装置投資額予測を発表した。低調だったメモリ投資が同年下半期に急増していることから、前期比18%減とした前回予想値から上方修正し、同7%減に収まる566億米ドルになると予測している。また、2020年の通期予測も前回(2019年9月)の530億米ドルから、580億米ドルに上方修正した。(2019/12/19)

若者の4人に1人がスーツ買えず:
スーツを買えない若者たち レナウンが絶好調サブスク「着ルダケ」で就労を支援
レナウンが、展開するサブスクリプションサービス「着ルダケ」で新プロジェクトを開始する。同サービスは利用者目標を上方修正するほど絶好調。「Wear For The Future」と称し、サービスで使用されたスーツを寄付する。タッグを組むNPO法人「育て上げネット」によれば、就労を希望する若者の4人に1人がスーツを持っていないという。(2019/9/13)

カドカワ、「SEKIRO」の販売好調で業績予想を上方修正
発売10日で世界200万本。(2019/4/25)

Facebook、Instagramのパスワード平文保存件数を数万人から数百万人に修正
Facebookが3月に発表したサービスのパスワード平文保存の件数を“上方修正”した。当初「数万件」としていたInstagramのパスワードは「数百万件」だった。影響を受けた追加の数百万人にも通知するとしている。(2019/4/19)

UUUM、業績予想を上方修正 18年6〜11月期の売上、前年比1.8倍に
UUUMが2019年5月期通期の連結業績予想を上方修正。動画広告市場の成長が追い風となり、アドセンス事業と広告事業の収益が前年比73%増と好調だった。(2019/1/11)

建設業4業種の第2四半期決算から見る市況概要、ゼネコンが収益性改善
ヒューマンタッチ総研は独自に分析した「2019年3月期第2四半期決算から見る建設市場の動向」を公表した。ゼネコンは大林組が売上高・営業利益ともに過去最高益。鹿島建設、大成建設は通期の利益予想を上方修正し、全体的に収益性の改善が進んでいることが判明した。(2018/12/5)

中期目標も引き上げ:
「ザ・ノース・フェイス」人気のゴールドウイン、大幅上方修正 株価も好調
「THE NORTH FACE」などを展開するアパレルメーカー、ゴールドウインが19年3月期の通期業績予想を上方修正。純利益が従来予想比18.9%増となる63億円になる見込み。同ブランドなどが人気だった。中期経営計画の数値目標も引き上げる。(2018/11/6)

日本は約70万台に:
スズキ、19年3月期利益予想を増額 四輪・二輪販売を上方修正
スズキが19年3月期の連結営業利益を上方修正。前期比6.5%減の3500億円となる見通し。従来予想から100億円上乗せする。(2018/11/1)

製造マネジメントニュース:
2期連続の過去最高益見込むソニー、赤字のスマホは5Gまで我慢
ソニーは2019年3月期(2018年度)第2四半期の決算を発表。半導体事業とゲーム事業が好調で通期業績目標を上方修正し、2期連続の過去最高益となる見込みを示した。(2018/10/31)

PS4は1750万台予想:
ソニーが通期業績予想を上方修正、ゲーム好調で最高益へ
ソニーが19年3月期業績予想を上方修正。営業利益予想は前年比18.4%増の8700億円と過去最高を更新する見通し。(2018/10/30)

日本は5000台上乗せ:
ホンダ、今期の連結営業利益予想を上方修正 四輪販売計画は据え置き
ホンダは、2019年3月期の連結業績予想を上方修正した。営業利益は前期比5.2%減の7900億円の見通し。(2018/10/30)

1年で黒字転換へ:
幸楽苑、業績上方修正で「疑義」解消 コスト削減など奏功し危機脱却か
幸楽苑HDが19年3月期の通期連結業績を上方修正。純損益が、従来予想比4億6900万円増となる7億3900万円の黒字になる見込みという。味の変更やコスト削減が奏功し、上半期の業績が伸びたため。(2018/10/26)

ブランド転換済み店舗が好調:
ユニー・ファミマHDが年初来高値 純利益予想の上方修正を好感
ユニーファミマHDの株価が急騰。午前9時33分に前日比740高(+6.1%)の1万2940円を付け、年初来高値を更新。2018年3〜8月期の純利益予想を上方修正する点が好感された。(2018/10/5)

上半期だけで6社が倒産:
「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発
スシローGHDが、通期業績を上方修正すると発表。主力のすしのほか、スイーツ類が好調という。一方、地方では、大手の寡占や原価高騰の影響で倒産する企業が増えている(2018/8/8)

キリンビールは9年ぶり増収増益:
キリンHD、1〜6月事業益は4.3%減 ビール類販売計画は上方修正
キリンホールディングスの18年1〜6月期連結業績のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益が前年同期比4.3%減の860億円になった。(2018/8/7)

製造マネジメントニュース:
ソニーは通期業績を上方修正も、赤字続きのスマホ事業で画竜点睛を欠く
ソニーが2018年度第1四半期決算について説明。全体としては前年同期を上回り、通期業績も上方修正するなど好調に推移している。しかし、スマートフォンを手掛けるモバイルコミュニケーション分野については、業績予想を下方修正するとともに、さらなる下方修正の可能性も示唆するなど厳しい状況が浮き彫りになった。(2018/8/1)

円安も:
ソニー、ゲーム好調で売上計画を上方修正 スマホは不振で対策着手
ソニーは、19年3月期の売上高予想を前年比0.7%増の8兆6000億円(従来予想8兆3000億円)に上方修正した。(2018/7/31)

デジタル広告がけん引し、世界の総広告費6135億ドルへ
電通イージス・ネットワークが年2回発表している「世界の広告費成長率予測」によると、2018年の成長率は3.9%に上方修正され、総広告費は過去最高となる6135億ドルに達する見込み。成長著しいデジタル広告がけん引する格好で、そのシェア率も38.4%が見込まれ、初めてテレビ広告を抜く予測となっている。(2018/6/19)

IC Insightsが予測を上方修正:
2018年の半導体設備投資額、初めて1000億ドル超に
米国の調査会社であるIC Insightsは、2018年の半導体設備投資予測を上方修正し、前年から14%増加して初めて1000億米ドルを上回るとの見通しを示した。同社は2018年3月に、2018年の設備投資費は約8%増加すると予想していた。(2018/5/29)

引き合い強まる:
野菜高騰でキノコは堅調 ホクトが業績予想を上方修正
キノコの生産・販売などを行うホクト(東証1部)は5月8日、2018年3月期の業績予想を上方修正すると発表した。悪天候による野菜価格の高騰により、キノコ販売が堅調に推移した。(2018/5/8)

広告事業が好調:
UUUM、今期予想を上方修正 営業益が従来予想比1.5倍に
UUUMが、2018年5月期(17年6月〜18年5月)の通期業績予想を上方修正。広告事業が好調に推移したためという。今後は海外事業をさらに強化する方針だ。(2018/4/13)

海外は65%増益:
ファーストリテ、今期予想を上方修正 国内外でユニクロ事業好調
ファーストリテイリングは、2018年8月期の業績予想を上方修正すると発表した。(2018/4/12)

自然エネルギー:
既設水力を改修して発電量アップ、北陸電力が目標を上方修正
既設の水力発電所の改修による発電量の増強など、電源の低炭素化に取り組んでいる北陸電力。このほど、2025年度までに2.4億kWh/年拡大という目標をさらに上方修正した。(2018/4/3)

販売台数は下方修正:
日産自が通期純利益予想を上方修正、米税制改革で2076億円上積み
日産は、2018年3月期通期の連結純利益予想を前期比6.3%増の7050億円に上方修正した。(2018/2/8)

製造マネジメントニュース:
社内が戸惑うほどの「即断即決」を実践中、トヨタの収益改善活動
トヨタ自動車は2018年3月期(2017年度)の第3四半期(4〜12月)決算を発表した。前年同期比で増収増益となり、通期の業績も上方修正する。当期純利益は過去最高を更新する見通しだ。(2018/2/7)

四輪販売を上積み:
ホンダ、通期業績予想を上方修正 アジア四輪・二輪好調と円安で
ホンダは、18年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。(2018/2/2)

ソニー、営業利益予想を7200億円に上方修正 20年ぶり過去最高益
ソニーが2017年度通期の連結業績予想を発表し、営業利益予想を7200億円に上方修正。過去最高益の5257億円(1998年3月期)を上回る見通し。(2018/2/2)

任天堂、「Nintendo Switch」好調で売上高1兆円超へ 「スーパーマリオ オデッセイ」は全世界900万本突破
大幅な予想の上方修正が行われました。(2018/2/1)

任天堂、売上高1兆円超へ 「Switch」好調
任天堂が2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を1兆200億円に引き上げ。Nintendo Switchの販売が好調で、7年ぶりの大台に。(2018/1/31)

業績が大幅回復:
任天堂、7年ぶり売上高1兆円突破へ 「Switch」好調、通期1500万台に
任天堂は、2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が1兆200億円になる見通しだと発表した。(2018/1/31)

値上げで4割が他社へ:
ヤマトHD、今期業績予想を上方修正 Amazonも1月から値上げ
ヤマトホールディングスが18年3月期の業績予想を上方修正。(2018/1/30)

アプリが見通し上回る:
東映アニメ、再び大幅上方修正 「ドッカンバトル」など好調
東映アニメーションが2018年3月期の連結業績予想を上方修正。(2018/1/26)

製造マネジメントニュース:
トヨタが2018年3月期の見通しを上方修正、2期連続の減収減益を回避
トヨタ自動車は、2018年3月期第2四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比8.6%増の14兆1912億円、営業利益は同1.8%減の1兆965億円、当期純利益は同13.2%増の1兆713億円となった。販売面の影響や諸経費の増加から営業利益が減少した。(2017/11/8)

18年3月期は過去最高益見込む:
ソニー イメージセンサーなど好調で上方修正
ソニーは2017年10月31日、イメージセンサーや音楽、テレビ事業が好調なことを受けて、2018年3月期通期業績見通しを上方修正した。営業利益については過去最高となる6300億円を見込む。(2017/11/1)

「FGO」も貢献:
ソニーの4〜9月期、純利益8.1倍に PS4と半導体好調
ソニーの4〜9月期は純利益8.1倍の好決算。PS4と半導体事業のほか、「Fate/Grand Order」の好調も貢献した。通期の業績予想も上方修正。(2017/10/31)

Switchがヒット:
任天堂、今期業績を大幅に上方修正 経常益2倍に
任天堂が18年3月期通期の連結業績を大幅に上方修正。(2017/10/30)

2週間ぶりの更新:
任天堂、年初来高値を更新 時価総額トップ10入り
任天堂が年初来高値を更新。「ミニスーファミ」の好評や業績上方修正への思惑で買いが続いた。(2017/10/6)

売上高60億円増:
「Switch」好調 玩具卸ハピネットが大幅上方修正
玩具卸のハピネットが、2018年3月期第2四半期の連結業績予想を上方修正。「Nintendo Switch」の販売が好調なため。(2017/9/25)

5期連続の最高益:
好調のオープンハウス、最終益240億円に上方修正
オープンハウスが2017年9月期の連結業績予想を上方修正。(2017/9/19)

前年比11.5%増から17%増に:
2017年の世界半導体市場、WSTSが上方修正
世界半導体市場統計(WSTS)は、2017年第2四半期の半導体市場の実績値に基づき、2017年の同市場の予測を更新した。2016年比で11.5%増としていた見通しを、17%増に上方修正している。(2017/8/30)

円安が寄与:
トヨタ、利益予想を上方修正 北米の収益回復が課題
トヨタ自動車は、2018年3月期の連結営業利益を上方修正。想定為替レートを円安に見直したほか、原価改善活動の成果などを織り込んだ。収益で苦戦する北米は、新型「カムリ」で回復を狙う。(2017/8/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。