ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中古」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中古」に関する情報が集まったページです。

古田雄介の週末アキバ速報:
アキバから3万円台〜7万円台までのグラフィックスカードが姿を消す
グラフィックスカードの品薄具合が先週よりもさらに進んだ。中古市場でもグラフィックスカードの買い取り強化が過熱している。(2021/2/20)

ゲオの音声SIM同時購入セール 中古iPhone 7/8が1円に
ゲオは、2月19日〜2月28日に「OCN モバイル ONE」「LINEモバイル」「Y!mobile」いずれかの音声SIMと同時購入で中古端末を特別価格で販売するセールを開催。iPhone 7/8は1円、iPhone XRは1万7100円(税込み)で提供する。(2021/2/19)

リクルート住まいカンパニー調べ:
山手線沿線 中古マンションの価格相場が安い駅ランキング
リクルート住まいカンパニーは「山手線沿線、中古マンション価格相場が安い駅ランキング 2021年版」のうち「シングル向け」と「カップル・ファミリー向け」の調査結果を発表した。(2021/2/16)

電気自動車:
駆動用バッテリーのリユースへ中古車事業者も参入、リーフの電池は鉄道設備に
電気自動車(EV)などの駆動用リチウムイオンバッテリーのリユースに向けた取り組みが活発化してきた。日産自動車と住友商事の共同出資会社であるフォーアールエナジーは、鉄道の踏切保安装置の電源に日産「リーフ」から取り出した再生バッテリーを試験導入する。また、中古車のインターネットオークションを手掛けるオークネットは投光器やライトなどLED製品を手掛けるMIRAI-LABOとともに、使用済みの駆動用バッテリーの再生、流通に取り組む。(2021/2/16)

あっ、首都圏で見た電車だ! 東急の中古電車が地方私鉄に重宝される理由
北は青森から南は熊本まで……。(2021/2/2)

月5000円から ネットで申し込める中古車サブスク「ニコニコダイレクト」開始
スマホ料金並み。軽ワゴンで月5000円から、月1万円のプリウスなども〜。(2021/2/2)

ムスビーの1月中古スマホランキング iPhone 8/7人気は変わらず
ムスビーは、2021年1月中古携帯/スマホランキングを発表。iPhone 8、iPhone 7、iPhone SE(第2世代)人気は変わらず。タブレットのランキングではiPad(第5世代)が1位を獲得した(2021/2/1)

ゲオ、中古iPhoneが全品10%オフになる「スマホセール」開催
ゲオは、1月30日〜2月7日に「スマホセール」を開催。中古iPhoneが全品10%オフになる他、一部対象の中古スマートフォンを割引価格で提供する。(2021/1/29)

月額2480円で20GB――「J:COM MOBILE」で新料金プラン 5GBと10GBも値下げ au認定中古iPhoneも投入
ジュピターテレコムが、MVNOサービス「J:COM MOBILE」向けの新料金プランを2月18日から提供する。1GBプランは月額980円で据え置きだが、5GBプランは月額2980円から1480円に、10GBプランは月額3980円から1980円に、20GBプランは月額4980円から2480円に値下げする。対応スマホとして、au認定の中古iPhoneや、Galaxy A21の販売も開始する。(2021/1/28)

楽天のフリマアプリ「ラクマ」、スマホ買い取りサービスを開始
楽天が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」は、スマートフォン買い取りサービス「ラクマ中古スマホ買取」を開始。オンライン本人確認システム「eKYC」などを活用して専門業者に依頼でき、手続きは全てアプリ内で完結する。(2021/1/25)

東京23区の「中古マンション価格相場が安い駅」ランキング 1位は?
「東京23区、中古マンション価格が安い駅ランキング 2021年版」。東京23区内かつ駅徒歩15分圏内にある中古マンションの価格相場を、シングル向け(専有面積20平米以上〜50平米未満)と、カップル・ファミリー向け(専有面積50平米以上〜80平米未満)に分けてランキング化。結果は?(2021/1/25)

ゲオ、中古iPhone 7を1円で購入できるキャンペーン 「OCN モバイル ONE」音声SIMセットで
ゲオは、1月22日から「OCN モバイル ONE」音声SIMとの同時購入で中古端末が特別価格になるキャンペーンを実施。iPhone 7(128GB)が1円、iPhone 8(64GB)が2200円(税込み)になる。(2021/1/22)

ゲオ、「UQ mobile」音声SIMセットで中古iPhone 7/8が1円に オンラインで
ゲオが、中古端末と「UQ mobile」音声SIMを同時購入し、条件を満たすと対象の中古端末が特別価格になるキャンペーンを開催。iPhone 8やiPhone 7が1円で購入できる。期間は1月19日から1月28日まで。(2021/1/19)

ゲオ、「UQ mobile」音声SIMとの同時購入で中古iPhone 7が1円に
ゲオは、中古端末と「UQ mobile」の音声SIMを同時購入すると対象4機種を特別価格で購入できるキャンペーンを開催。ラインアップは「iPhone 7(32GB/128GB)」「iPhone 8」「iPhone XR」で、価格は1円から。(2021/1/15)

オンライン帰省でタブレットがバカ売れ? 中古iPad対前年比2.6倍に
年末年始に向けて需要が大きく拡大したものの1つに、タブレット端末があるようだ。スマートフォンやタブレットなど携帯電話の買い取り、販売、レンタルを行う携帯市場によると、2020年12月の中古iPadの販売数は、前年の175台に対し451台と2.6倍に増加した。(2021/1/7)

住宅ビジネスフェア2020:
コロナ禍で新築と中古の住宅市場は低迷するも、リフォームのニーズは増加
LIFULL HOME'S総研は、コロナ禍における新築住宅と中古物件の市場動向を調査した。結果、新築と中古の住宅市場ともに、売上が低迷していることを明らかにした。一方、新型コロナウイルス感染症の影響で、住み替えしにくい状況から、居住性と機能性を向上する改修ニーズは高まっており、リフォームを検討するユーザーが増加していることも判明した。(2021/1/7)

製品動向:
3密を回避可能なセルフ内覧会を支援するアプリ、アドバンスト・メディア
アドバンスト・メディアは、内覧会で気になった箇所の指摘をアプリで行える「AmiVoice e-内覧」を開発した。AmiVoice e-内覧は、新築マンションや戸建て、中古物件など物件の種類や規模を問わず利用が可能で、アテンダーが同行する通常の内覧会だけでなく、3密を避けたい購入者がアテンダーを同行させず、物件の指摘箇所を内覧会の参加者自身で登録できるセルフ内覧会にも対応している。(2021/1/7)

Amazon.com、空輸用に中古ジェット11機をデルタ航空とウェストジェットから購入
Amazon.comが、デルタとウェストジェットから11機の旅客機を購入した。貨物用に改造し、現在リースで運営している「Amazon Air」ネットワークに追加していく計画だ。(2021/1/6)

ムスビー、中古スマホ2020年12月&年間ランキング発表 1位は「iPhone 8」
ムスビーは、2020年の年間と2020年12月の中古携帯/スマホランキングを発表。それぞれ1位は「iPhone 8」で、12月のAndroid機種別ランキング1位は「Xperia XZ1 SOV36」となった。(2021/1/5)

平均価格3185万円:
上昇幅は全国一! なぜ沖縄の中古マンションは高騰しているのか
りゅうぎん総合研究所は、沖縄県内の中古マンション価格を発表した。2020年10月の県内の価格(70平方メートル換算)は、08年10月比約2.1倍の3185万円に上昇。上昇幅は全国一だった。(2020/12/19)

「OCN モバイル ONE」の契約で中古iPhone 7が1円に ゲオがキャンペーン
ゲオは、中古のiPhone 7と「OCN モバイル ONE」の音声SIMを同時購入すると、通常価格2万1800円(税込み)の端末代を1円で販売。期間は12月18日〜25日まで。(2020/12/18)

コロナ禍で郊外に注目:
東京駅まで60分以内、「新築・中古の一戸建て価格相場が安い駅ランキング」 SUUMO調べ
リクルート住まいカンパニーが「東京駅まで60分以内、新築・中古の一戸建て価格相場が安い駅ランキング 2020年版」を発表した。どんな駅がランクインしたのか。(2020/12/17)

ゲオの2020年間中古スマホ販売・買取数量ランキング、総合1位は「iPhone 7」
ゲオが「2020年ゲオ年間中古スマートフォン販売・買取数量ランキング」を発表した。販売、買い取り共に総合1位は「iPhone 7」で、販売ではトップ10をiPhoneシリーズが独占した。(2020/12/14)

「バツグンのセンス!」「サンタさんも二度見」 神保町の古書店が作った“本のクリスマスツリー”が話題に
愛のあるナイスアイデア!(2020/12/13)

首都圏の中古住宅がバカ売れ! 爆発的な増加要因に「3つの特殊需要」
 首都圏の中古住宅がマンション、戸建てとも絶好調と言っていい水準で売れている。(2020/12/9)

恋人・配偶者からのプレゼント、「中古品でOK」は3割 メルカリ調査
恋人・配偶者からクリスマスプレゼントをもらう際、3割が中古品でもいいと回答――メルカリ総合研究所が12月9日、そんな調査結果を発表した。(2020/12/9)

M1 Macに押され、中古Intel MacBookに値下げの波 最大12万円値下げも
秋葉館が、中古MacBook Pro (13-inch) 2016〜2020を2万〜12万円値下げした。Appleの整備済み商品もIntel Macは価格が引き下げられている。(2020/12/5)

SIMフリーのiPhone 8や7が上位に ムスビーの11月中古スマホランキング
ムスビーは、2020年11月中古携帯/スマホランキングを発表。総合ランキングは上位7機種がSIMロックフリー版のiPhoneシリーズとなり、Androidランキングではauの「Xperia XZ1 SOV36」が1位となった。(2020/12/2)

ゲオストア、UQ mobileのMNP契約でiPhone 8(中古)を1円で販売
UQ mobileを販売しているゲオストアが、MNPでUQ mobileに申し込むと、格安で中古iPhoneを販売する施策を実施している。iPhone 8(中古)は1円、iPhone XR(中古)は550円(×36回)とする。オンライン限定の施策となる。(2020/11/27)

LINEモバイル、中古の「iPhone 8」「iPhone X」を発売
LINEモバイルは、11月25日に「Aグレード(美品)」の中古iPhone 8/iPhone Xを販売開始。一括価格はiPhone 8(64GB)が2万9800円(税別)、iPhone X(64GB)が5万2800円(税別)から。(2020/11/25)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
LINEで“濃い”関係づくり、売り上げ1.3倍に コメ兵が見据える中古品ビジネスの将来像
中古ブランド品売買のコメ兵は、オンラインとリアルの接客を組み合わせたサービスを強化している。コロナ禍では「LINE接客」を活用し、店員1人当たりの平均売り上げが1.3倍に伸びた。デジタル活用の目的は“非接触”だけではない。顧客との“濃い”関係づくりだ。(2020/11/25)

中古市場で最も大きな課題は「ネットワーク利用制限」 RMJ粟津理事長が提言
中古端末事業者向けに制定した「リユースモバイル事業者認証制度」で、日本テレホン、携帯市場、ソフマップ、ブックオフコーポレーションが認証を受けた。リユースモバイル・ジャパンの粟津理事長は、現在の中古市場で最も大きな課題はネットワーク利用制限だと言う。総務省に対して改善を求めていく。(2020/11/13)

ゲオの中古スマホ10月ランキング 買い取りで「iPhone 8」が伸びる
ゲオは、11月11日に「ゲオ中古スマートフォン10月月間ランキング」を発表。販売ランキングは3キャリアとも1位は引き続き「iPhone 7」で、買い取りランキングでは「iPhone 8」がランクアップ。(2020/11/12)

月額490円からの中古スマホレンタルサービス「みんなのスマホ」 iPhoneやiPadも
携帯市場は、中古スマホ・タブレットのサブスクリプションレンタルサービス「みんなのスマホ」を提供開始。月額490円(税別)からでSIMロックフリー端末のみ提供し、バッテリーは残量が良好なものを使用している。利用期間は最短30日。(2020/11/6)

「安い不人気旧車はやめときな」のワケ 中古車を探す新人ライダーに先輩が送るアドバイスとは
「安い不人気旧車はやめときな」と先輩ライダーが語る理由とは……?(2020/10/23)

製品動向:
設計事務所が事業性に基づいた「土地の価値」を診断する無料サービス開始
一級建築士事務所studio dodiciは、土地の本当の価値を診断する無料サービスを提供開始する。駐車場や中古ビルなどの土地の最大の価値を知りたい地主を対象とした無料診査や建築企画を行う。(2020/10/19)

霞が関もリサーチ コロナで中古車販売好調の裏側 
新型コロナウイルス禍の中、中古車市場が活況を呈している。(2020/10/12)

「iPhone 7」が1位、Androidは楽天の「OPPO A5 2020」が好調 ゲオの中古スマホ9月ランキング
ゲオは、10月9日に「ゲオ中古スマートフォン9月月間ランキング」を発表。販売・買取どちらも3キャリア全て1位は「iPhone 7」で、キャンペーン対象の「Galaxy A7」「AQUOS sense3 basic SHV48」が順位を上げている。(2020/10/9)

iPhoneシリーズがTOP10を独占 ムスビーの2020年9月中古スマホランキング
ウェイブダッシュが運営するフリーマーケットサイト「ムスビー」における2020年9月中古携帯/スマホランキングを発表した。総合ランキング上位3位は変わらずTOP10をiPhoneシリーズが独占し、AndroidランキングではNTTドコモの「Xperia 10 II SO-41A」が1位となった。(2020/10/5)

今日のリサーチ:
「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理を物語る変化も見られます。(2020/9/29)

中古スマホのガイドライン改定へ 状態の表示を義務化
中古スマホ販売事業者などでつくる業界団体が、中古スマホの品質表示についての統一基準を見直す。中古スマホ市場の活発化のため、分割払が終わっていない端末は「魅了」の表示を義務付ける他、バッテリーの劣化度合いの明示などを推奨する。(2020/9/29)

「KADOKAWA プライムデーセール」で人気のラノベが50%オフ 『ビブリア古書堂の事件手帖』『ニンジャスレイヤー』など
【10月2日12時更新】「KADOKAWA プライムデーセール」のラノベまとめ。(2020/9/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
コロナ対策? トヨタが非対面中古車ビジネス
トヨタがオンラインの中古車販売サイトを立ち上げた。実績のある安い中古車を入り口に、徐々に高価格な中古車へ広げていくとトヨタはいうが、筆者は中古車だけのはずはないと思っている。新車だって対象にしない理由はないし、実質的に新車に近いは新古車などはすぐに対象に入ってくるはずだからだ。(2020/9/14)

ゲオの中古スマホ8月ランキング 「iPhone 7」が1年以上1位を継続
ゲオは、9月9日に「ゲオ中古スマートフォン8月月間ランキング」を発表。販売は3キャリア全てで「iPhone 7」が1位で、auとソフトバンクは1年以上1位を継続しいている。買い取りでもiPhone 7が人気を集め、SIMロックフリーでは「OPPO A5 2020」が1位を継続。(2020/9/9)

将来は新車も?:
トヨタが「中古車のオンラインストア」開設 見積もりから契約までネットで完結
トヨタ自動車が、中古車をオンラインで注文できる「トヨタ中古車オンラインストア」をオープン。見積もりから契約までオンラインで提供する。(2020/9/8)

フワフワな子猫ちゃんがお出迎え カナダの古書店が童話の世界みたいで癒やされる
長居したくなりそうなお店です。(2020/9/7)

現状は「トゥーマッチ」? オートバックスが描く新事業プラットフォームの衝撃
オートバックスセブンは、IBM主催の「IBM think summit Japan 2020」で、中古車売買市場におけるC2Cプラットフォームの提供を発表した。同社が見据えるエコシステムの未来とは。(2020/9/7)

古本コミック・書籍のサブスク「タダ本」、一般受け付けを開始 年額5800円で月15冊まで"無料"に
紙のコミック・書籍を毎月15冊までもらえるサブスクリプションサービス「タダ本」の一般申し込み受け付けが開始。中古書籍通販サイト「ネットオフ」で販売している110円以下の中古コミックと古本の約10万点以上が対象。費用は年間5800円(税別、送料別)。(2020/9/3)

ドコモの「Xperia 10 II」がランクアップ ムスビーの8月中古スマホランキング
ムスビーは、2020年8月中古携帯/スマホランキングを発表。総合ランキング1位は国内版SIMロックフリーの「iPhone 8」、2位は国内版SIMロックフリーの「iPhone 7」で7月と変わらず。AndroidランキングではNTTドコモの「Xperia 10 II SO-41A」が順位を上げた。(2020/9/2)

iPhoneを安く手に入れる方法 iPhone SE/7、CPO/中古品の価格を比較した
iPhoneを安く手に入れるには、どんな方法があるかをまとめてみた。大手キャリアが扱うモデルから中古まで、2万円から4万円台で購入できるモデルを中心に調べた。サブブランドが扱うiPhone SE(第2世代)やiPhone 7、MVNOが扱うCPO品や中古品などが狙い目だ。(2020/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。