ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「野菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「野菜」に関する情報が集まったページです。

ナウシカのオームで野菜を栽培!? とれたて野菜を楽しめるめずらしいプランターが話題!
ここもじき腐海に沈む……?(2024/2/22)

オイシックス会長のSNS投稿 同社「極めて不適切」
有機野菜や無添加加工食品などの販売を手掛けている「オイシックス・ラ・大地」の藤田和芳会長が、自身のX(旧ツイッター)のアカウントで、東京電力福島第1原発の処理水について「放射能汚染水」と投稿したとして、同社は「多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまったことに対して深くお詫び申し上げます」と公式サイトを通じて謝罪した。(2024/2/16)

カボチャに化粧をしたら…… ディズニーに出てくるマダムのような雰囲気に「化粧が上手」「恋に落ちそう」
こんなにきれいな野菜、初めて見たよ……!(2024/2/15)

畑にミイラのような野菜、その正体は…… 衝撃の中身に「知りませんでした!」「農家の方々に感謝」と反響
大変な作業です。(2024/2/9)

本物と見間違えるほどリアル キュウリの立体的な刺しゅうに「どうして新鮮に見えるんだ」と称賛の声
間違えてサラダに入れちゃいそう。(2024/2/7)

「違う商品みたい」 人気野菜ジュースが“スタイリッシュ”→「ダサいけど分かりやすい」外観に激変した理由
デザイン変更が評判を呼んでいます。(2024/2/4)

1回で水菜15万円分が全滅…… 平均年齢26歳の若者農家、自然の厳しさを乗り超える姿に「負けないで」「リスペクトしかない」
野菜を育てる大変さが分かります。(2024/2/1)

生ごみを土に埋めて21日後…… 驚きの変化に国内外から反響「野菜や果物ができるって素晴らしい」「一石二鳥」
見習いたいです。(2024/1/28)

第8回 スマート工場EXPO:
落としても自分で拾う、内蔵カメラを持つ新型協働ロボットが野菜をカゴ詰め
安川電機は「第8回 スマート工場EXPO」において、「MOTOMAN NEXTシリーズ」の協働ロボットを参考出展し、野菜のカゴ詰めデモンストレーションを披露した。(2024/1/26)

冷凍庫や野菜室の中もスマホで確認できる冷蔵庫、日立が発売
日立グローバルライフソリューションズは18日、「冷蔵庫カメラ」の機能を拡大した670L容量の冷蔵庫「GXCC67V」を発表した。(2024/1/18)

愛娘に苦手な野菜を食べさせるパパの魔法とは? その方法に「可愛すぎ」など絶賛の声
パパの一言で娘も笑顔に(2024/1/21)

摂食障害公表の遠野なぎこ、ミニトマト1つ食べきれず苦戦 「逆流性食道炎が憎い」 “病のリアル”を吐露
「#もう疲れた」(2024/1/15)

「うれしすぎて家の野菜全部みじん切りにしてもうた」 便利な料理マシンを買った人のやらかしポストに反響
キッチン用の道具って、使ってると楽しくなってついやりすぎるんよ……。(2024/1/14)

朝食ブッフェにあったらうれしいメニュー 3位「目の前で作るオムレツ」、2位「種類豊富なサラダバー」、1位は?
朝食ブッフェにあったらうれしいメニューは何か。ホテル宿泊時にブッフェを選ぶ人の割合や、朝食ブッフェの魅力とともに調査した結果が明らかになった。(2024/1/13)

君は小松菜とほうれん草を区別できるか 葉物野菜の神経衰弱「マジで草。」が「草すぎるw」と話題
ペアにするだけでなく、名前も当てなければ札を取れないのがミソ。(2024/1/13)

180グラムの野菜を買ったと思ったのに…… 計量したら“予想外の事態”に「どうしたらそうなるの?」
全然……違う!(2024/1/7)

にしおかすみこ、野菜で作った“ド迫力作品”がもはや芸術 超絶技巧に驚がくの声「凄すぎませんか?」「プロの彫刻家」
人参とは思えない……!(2024/1/5)

Innovative Tech:
作りたてカレーが“すぐに”数日寝かした味に変わる? 食品を過去や未来の味に変える装置 明治大が開発
明治大学の宮下芳明教授は、飲食物の味を過去や未来の味に変化させる手法を提案した研究報告を発表した。主に未熟なトマトや作りたてのカレーの味を数日後の味に変えること、熟れたトマトや一晩置いたカレーの味を以前の味に戻すことが可能かを検証した。(2023/12/21)

なぜ「チキンライス」にはトマトやケチャップを使うの? 意外と知らない歴史を解説
イギリスから日本に伝わってきましたが……。(2023/12/21)

「ワインなんて開けたかな」と思ったら…… コルク栓そっくりな野菜の写真が「じわるw」「確かに似てる」と話題に
うっかり間違えそうです。(2023/12/19)

世界各国にチキンライスがある タイは「カオマンガイ」 マレーシアやシンガポールは?
日本では鶏肉・野菜・ご飯をケチャップやトマトソースで炒めたものが定番です。(2023/12/19)

サラダに「カエル混入」は新鮮な証し? ネット社会では相次ぐ寛容論
ファミリーレストランの全国チェーン「サイゼリヤ」が展開する関東の3店舗で10月、サラダに生きたカエルが混入していたことが明らかになった。レタスに付着したまま工場での検品をすり抜け、テーブルに並んだ可能性が高い。(2023/12/12)

水曜日に「へえ」な話:
渋谷駅にサラダ自販機を設置して、見えてきた「0.13%」の数字
京王井の頭線の渋谷駅に、サラダなどを販売する自販機が登場した。価格は1000円ほどするのに、なかなか好調のようで。ちょっと変わった自販機を設置したことで、どんなことが分かってきたのか。(2023/12/6)

金魚のフンで立派なチンゲンサイを無限収穫 誰でも作れる魔法の装置に「すげ〜!」「やってみようかな」
野菜を育てられるの!?(2023/12/3)

やよい軒、1日に必要な野菜の半分が摂れる「野菜とラムのジンギスカン定食」発売 ラム肉増量メニューも用意
12月5日発売です。(2023/12/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
AI翻訳が進化する中で、初歩から外国語を学ぶ
「彼は学生です」「私はサラダを食べます」「コーヒーに砂糖は入れないでください」などと外国語で独り言を言っています。(2023/11/29)

有無を言わさぬ存在感 正体不明のフィギュア「お野菜人間」が話題 強烈なインパクトに「えも言われぬ空気感」「目力が凄すぎる」の声
新種も次々と報告されています。(2023/11/22)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
手作りインクが彩る一点物の同人誌がすてき 紫キャベツやアボカドなどを使ったアーティスティックな一冊に興味津々
天然由来なのにネオンサインのような人工的な色味が面白いです。(2023/11/19)

神田正輝、旅サラダ欠席でトレンド入り 「かなり痩せちゃってた」「体調不良じゃないよね?」と心配の声
神田さん「きちんとメンテナンスをして、すぐ戻ります!」(2023/11/18)

直近1年間に購入したチルド総菜 2位は「サラダ」、1位は?
マイボイスコムは、チルド総菜に関する調査を実施。チルド総菜を購入する理由の1位は「調理せずすぐ食べられる」(73.9%)だった。(2023/11/9)

「神ファンサ……!」「食レポしちゃう?」 朝食中のウサギ、レタスをくわえていきなりのカメラアピールがすてき
ありがとうございます!!(2023/11/8)

サイゼリヤ、サラダに「カエル」混入で謝罪 「多大なるご心配とご迷惑を深くお詫び」
発生店舗は東京都の阿佐ヶ谷駅南口パール商店街店など3店舗。(2023/11/3)

「チャーハン・Wギョーザセット」が1040円→590円 幸楽苑、11月1日から「ディナーセット」を特別価格で販売
「シャキシャキ野菜炒めセット」は単品930円が490円になるなど、400円〜520円お得に! ありがたい。(2023/10/31)

「Quest 3があれば無限のトンカツが目の前に現れる」 シュール過ぎる“現実×バーチャル”映像に「思ったのと違うw」「笑った」
メインはキャベツだったか……。(2023/10/30)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
食べずに分かる! 写真1枚でAIが野菜のおいしさを判定
マクタアメニティは「CEATEC 2023」にて、スマートフォンなどで撮影した画像から野菜などの「おいしさ」を解析する技術を展示した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/10/30)

CEATEC AWARD 2023 デジタル大臣賞 受賞:
ミニトマト大の小型カメラで、ライブ映像を多拠点配信
ザクティは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、リアルタイム映像DX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューション「Xacti LIVE(ザクティライブ)」を展示した。「CEATEC AWARD 2023」でデジタル大臣賞を受賞した技術だ。(2023/10/24)

生産者の顔でレタスを包める「レタス保存用新聞」登場 陳列風景が完全にホラー
強烈なインパクトを残した藤原竜也バージョンの第2弾。(2023/10/19)

「紫いも」のシロノワールやクロネージュが登場! コメダが雑誌『レタスクラブ』と共同開発
パープルカラーの期間限定メニュー。(2023/10/18)

ローソン、“アレルギー表示”に誤りがあったとして「サラダチキン」を自主回収 記載にない「小麦、卵、乳成分」が混入していた
問題となった商品は、10月3日から10月14日17時まで販売された「大きなサラダチキン 柚子こしょう風味」。(2023/10/15)

【清野菜名】10月14日は29歳の誕生日 実写版「耳をすませば」月島雫や「今日から俺は!!」赤坂理子【2023年】
1994年10月14日生まれで愛知県出身。(2023/10/14)

やったー! ステーキガストの食べ放題が2900円から 10月27日に豪華2コース
両コースともにドリンクバーと、ライスやパンも食べられるサラダバーが付きます。(2023/10/10)

ねとめし:
「夫が中毒になった」「びっくりするくらい癖になる」 冷凍トマトで作る素麺ダレがうますぎると話題に
冷凍トマトのおかげでつゆが薄まらないのが最強にうまい。(2023/10/7)

猛暑の影響でクトゥルフみたいなトマトが誕生 名状しがたき姿に「産地(SAN値)がピンチ」の声
今夏は特に多かったのだそうで……。(2023/9/27)

スイカを切って約20日放置してみたら…… 真っ赤な果肉の“激変ぶり”が「キャベツみたい」と話題
赤いスイカが3日で真っ白に。(2023/9/24)

この画像に「きゅうり」が隠されています 探し絵クイズにチャレンジしよう! メロンだらけの宇宙空間にまぎれているよ
フワフワ〜。(2023/9/22)

野菜を刻む“トントン”音に“ピクッピクッ”と反応する猫 まるでダンスのような動きがかわいい【イスラエル】
気になっちゃうのかな〜。(2023/9/21)

妻考案のカクテル「オシャレガッパ」がビジュアルも名前も独創的 薄切りのキュウリがジンソーダを泳ぐ清涼感豊かな一杯
暑い日にすっきり飲めそう。(2023/9/11)

デパ地下で見つけたおいしそうなサラダ、お会計で仰天 量り売りあるあるな漫画に共感
デパ地下に行くと金銭感覚おかしくなるときがある。(2023/9/10)

開発に4年かかった「細いやつ」 じゃがりこ、6品目の定番商品を発売
カルビーは9月18日、「じゃがりこ」から新しい定番商品「じゃがりこ 細いやつ サラダ」を発売する。サラダ味はそのままに、スティックの太さを通常の75%に細くした。(2023/9/8)

農水省の偉い人、ちゃんと野菜を食べているの? 農産局長の野菜摂取量を検証したら驚きの結果に
日本人の平均は野菜が少し足りない状態の「ベジスコアC」。(2023/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。