ニュース
» 2015年04月17日 11時42分 公開

8カ月バッテリーが持つ腕時計型デバイス「Withings Activite」発売 「今のウェアラブルはウェアラブルではない」

これまで日本では、一部の製品がECサイトなどでのみ販売されていた仏Withingsの製品ラインアップが、国内の大手量販店などで販売されるようになる。デザイン性に優れた腕時計型の「Withings Activite」なども正式に発売になった。

[すずまり,ITmedia]
Withings デザインの良さで日本でも愛好者が多いWithingsの製品

 フランスの大手スマートデバイスメーカー、Withings(ウィジングズ)が4月16日、

日本市場への本格進出を発表した。

Withings フランスのWithingsが製品説明会を開催

 Withingsは、2008年にセドリック・ハッチングズ氏とエリック・カレル氏によって設立された。現在は米国や欧州など、世界50カ国以上で製品を展開する、ヘルスケア機器業界ではメジャーな存在だ。同社の製品は、CESをはじめとする海外展示会での受賞歴も豊富で、スマートフォンとWi-Fi連携できる体重計をいち早くリリースするなどの実績がある。

 日本では5年前からWi-Fi体重計などが試験的に販売されていたが、今回はソフトバンクコマース&サービスと正式に代理店契約を締結。アップルストア、amazon.co.jp、一部家電量販店、SoftBank SELECTIONオンラインショップなどで、4月16日から販売を開始した。

 今回紹介された製品は、スイス製ダイヤルとサファイヤガラスを採用した、高級感が特徴のアクティビティトラッカー(活動量計)付き腕時計「Withings Activite(ウィジングズ・アクティビテ)」、Withings Activiteと同等の機能を持ちながら、リーズナブルかつポップに仕上げられた「Withings Activite Pop(ウィジングズ・アクティビテ・ポップ)」、自由な装着方法が選択できるアクティビティトラッカー「Withings Pulse 02(ウィジングズ・パルス・オーツー)」、体重、体脂肪率、BMI、室温、二酸化炭素濃度、心拍数が測定でき、スマートフォンと連携する体重計「Withings Smart Body Analyzer(ウィジングズ・スマート・ボディ・アナライザー)」、135度の視野角を持ち、モーションセンサーや音声センサー機能も有するHDカメラ「Withings Home(ウィジングズ・ホーム)」、誘眠効果のあるライトや音響、自動測定機能を備えた睡眠トラッカー「Withings Aura(ウィジングズ・オーラ)」の6点。

 このうち、「Withings Activite」のシルバー(61,000円)、「Withings Pulse 02」(13,800円)「Withings Home」(27,300円)、「Withings Smart Body Analyzer」(20,800円)はすぐに購入可能で、その他は5月中をめどに販売を開始するという(価格はいずれも税込みの実売予想価格)。

“アジアの主要な市場”である日本で認知を拡大させる

Withings APAC地域セールスマネージャのアントワン・ロビヤール氏

 冒頭、APAC地域セールスマネージャのアントワン・ロビヤール氏が登壇し、同社が長年コネクテッドデバイスを開発していることや、これまでの製品の歴史、デザインを大切にしており、すべてフランスで設計されていることなどを説明。近い将来、すべての人たちが自分の健康をしっかり管理すると思っており、スバートデバイスとアプリを作り、ユーザーが健康的でバランスのとれた生活ができるようにしたいとした上で「今後はアジアでの販売拡大を目標としているが、中でも日本は主要な市場。日本での販売は今回が初めてではないが、認知度はいまひとつだった。今回改めて正式に発売できることを嬉しく思う。今後日本で店舗数を拡大したい」と豊富を述べた。

Withings デザイン性、機能性、自由を大切に開発されているという
Withings これまでリリースされた製品の歴史

8カ月持続するバッテリー、デバイスそのものの美しさなどを強調

Withings ブランドマーケティングマネージャーのルーシー・ブロト氏

 続いて、ブランドマーケティングマネージャーのルーシー・ブロト氏が登壇し、個々の商品の特徴について説明した。

 最近はウェアラブルデバイスの中でも時計型に注目が集まっているが、同社の「Withings Activite」については、時計の国でもあるスイスで作られていること、5気圧 50メートル防水であること、8カ月は持続するというバッテリー持ちなど、デバイスそのものの美しさに性能が同居している点をアピール。最近のウェアラブルについては、「それはウェアラブルではないと思う。理由は2つある」として、今市場に出ている製品は毎日充電しなくてはいけないことや、TPOに合わせられるファッション性を備えていない点を指摘。Withingsはエレガントで魅力的なデバイスを設計したと自信を見せた。

Withings 国内で発売される製品コーナー
Withings 一見、活動量計機能があるようには見えない「Withings Activite」。歩数、高低差、消費カロリー、ランニング、距離などを測定。睡眠サイクルの記録も可能なほか、バイブレーションによる目覚まし機能も有する
Withings アントワン・ロビヤール氏の腕に巻かれた「Withings Activite」。スーツにも合うことが分かる
Withings アプリも日本語化されている
Withings アジアで製造されているという「Withings Activite Pop」(手前の3色)。歩数、消費カロリー、ランニング、距離、睡眠サイクルを測定する
Withings 中央のコアが外れるため、装着方法が変えられる「Withings Pulse 02」。歩数、高低差、消費カロリー、ランニング、総距離、睡眠サイクル、心拍を測定可能
Withings 室内を遠隔で見ることができる「Withings Home」。空気の質もモニタリングできる
Withings 「Withings Home」により、展示室の様子が映し出されていた
Withings 眠りの質を高めるための機能が盛り込まれた睡眠トラッカー「Withings Aura」。入眠時には赤い光で睡眠ホルモンのメラトニンを増やし、起床時には青い光でメラトニンを抑制するという。睡眠サイクルに合わせた目覚まし機能もある
Withings マットの下に専用のシートを敷いて利用。最大25センチまでのマットレスにも対応。基本はシングル用だが、オプションでもう1枚設置することもできるという
Withings 体重、体脂肪率、BMI、空気の質、心拍数が測定できる「Withings Smart Body Analyzer」

 時計型のデバイスとして現在最も注目を集めており、発売を間近に控える時計型のデバイス「Apple Watch」について両氏に伺ったところ、今回のローンチタイミングはまったくの偶然であり、ジャンルの異なる製品なので意識はしていないという。「我々は、ユーザーが新しいことを学ぶことなく、自然に、スマートに使える製品を開発しているところが大きく違う」(ロビヤール氏)、「むしろマーケットとしては注目が集まるのでいいことだと思っている」(ブロト氏)とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」