コラム
» 2015年10月25日 11時00分 公開

対応アプリは増えたものの 3D Touchの使いどころに悩む

iPhone 6sとiPhone 6s Plusの最大の特徴の1つに上げられる、画面を押し込む新たな操作を実現した3D Touchですが、使いどころが限られ、つい今までと同じそうさをしてしまうことも多いのが現状です。

[園部修,ITmedia]
3D Touch

 iPhone 6s Plusを手にしてから約1カ月。あれこれ試した新機能の中でも、いまだにしっくりこないものの1つが「3D Touch」です。

 発売前の多くのレビュー記事で絶賛されていた3D Touchですが、当初から懸念していたのが、「その機能の存在に気付かない人がいるのではないか」という点です。これについては、「知らなくても今まで通りの操作をすればなんの問題もなく使える」と林信行氏から指摘をいただいていますが、知らなくても困らない機能が、今やタッチパネルの快適な操作に欠かせないマルチタッチの次の革新だといわれても、ちょっと実感がわきません。やはりPC用ソフトのキーボードショートカットのように、作業効率を上げるための隠し機能的な使い方が中心だからでしょう。

サードパーティー製アプリの3D Touchの用途

 対応アプリが増えてくれば少し評価は変わるかもしれない、と思っていましたが、iPhone 6sとiPhone 6s Plusが発売されて1カ月が経過した本稿執筆時点では、まだ3D Touchの使い方で面白いものや驚いたものには遭遇していません。

 3D Touchに対応するアプリがどのように3D Touchを使っているかは、大きく2つに分けられると思います。1つはクイックアクションと呼ばれる、アイコンを押し込んで、アプリ内のメニューの中にある機能(アプリを起動してから数回タッチが必要な機能)を直接呼び出すもの。もう1つが、PeekとPopと呼ばれる、アプリ内でのプレビュー機能に相当するものです。

 現状、いくつかの3D Touch対応をうたうアプリを試してきた中では、主にクイックアクションを活用しているものが多い印象です。例えばカメラアプリならビデオ撮影モードやインカメラを最初から起動したり、Safariならリーディングリストや新規タブを開いたりできます。Twitterなら新規ツイートやツイートの検索、Instagramでは、新規投稿のほかにアクティビティなどをすぐにチェックできたりもします。

 ただ、実はホーム画面からいきなり新規に投稿やメールを作る作業というのは、日常の中でそんなに頻繁にあることではありません。それよりも、メールを受信して返信したり、投稿を見て反応したりすることのほうが多く、その場合はすでにアプリが起動している状態なので、こうしたクイックアクションの必要性を感じるシーンは少ないのです。

 Yahoo! ブラウザーの「QRコード読み取り」や、ナビゲーションアプリの「自宅へ帰る」がすぐに呼び出せるあたりは、ちょっと「技あり」だと感じましたが、まだクイックアクションで「ああ、3D Touchはこういうことがやりたかったんだ」と感じるような用途には出会えていないのです。

 またクイックアクションは、アプリの並び替え操作と誤認識されやすい点はもう少し改善を望みたいポイント。新しいアプリをよくダウンロードするせいで、アプリの並べ替えやフォルダ分けをよくするのですが、3D Touch非対応機種の長押しの感覚でアイコンを押すとクイックアクションを呼び出そうとしてブルブル震える、といったことがよく起き、押しすぎないように注意を払ってアイコンに触れる必要があるのは個人的にはストレスです。

PeekとPopへの期待

 一方で、メールやInstagramに用意されているPeekとPopは、なかなか便利です。Instagramなら、タイムラインを眺めながら気になる写真や動画を強く押し込んでPeekし、さらに押し込むと全画面表示になり、フォローやいいねができます。メールの処理も、さっと見て不要なものは消したり、大切なものは未読に戻したりと、便利さを実感できました。ただ、対応するアプリはまだ少ないのが現状です。

 個人的には、ニュースアプリへの実装に期待をしています。写真とタイトルを中心に構成されているニュースアプリは、PeekとPopと相性が良いのではないでしょうか。「あとで読む」系のサービスと組み合わせると情報収集もはかどりそうです。

 さすがに登場からまだ1カ月しか経過していない今、3D Touchの最終評価を下すのは時期尚早だと思いますが、クイックアクション中心の機能ではさほど必要性を感じていないのも事実です。また、気付きにくい点も、発売当初はテレビCMなどで3D Touchを目にする機会がありましたが、最近は別の形の映像も多く、3D Touchを知らないまま使っている人も増えているのではないでしょうか。

 もう少し時間と工夫が必要な3D Touch機能、特にサードパーティーアプリベンダーのPeekとPopの活用が、普及の大きなポイントになるのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」