コラム
» 2016年11月01日 06時00分 公開

頭痛、目の疲れ 「VDT症候群」が引き起こす症状と対策

なんだか体がだるく、疲れ気味。肩こりや頭痛も気になる。健康体なのになぜかこのような症状が起きることがあります。そこに加えて、眼の疲れやかすみ目が起きていませんか? もしかしたら、VDT症候群かもしれません。

[石原亜香利,ITmedia]

 身体や眼の疲れが取れない、肩こりや頭痛がする、寝つきが悪く睡眠が浅い……多くの人が抱えているこうした症状は、近年患者数が急増しているといわれる「VDT症候群」が原因かもしれません。

VDT症候群の症状は?

 PCやスマホ、タブレットなど、ディスプレイを長時間使用することでさまざまな症状が起きる「VDT症候群」。果たして、その実態や実際の症状、予防・改善のポイントはどこにあるのでしょうか。今回は、VDT症候群の患者を診る、おだ整形外科クリニックの小田博院長に、VDT症候群について詳しく聞いてみました。

 おだ整形外科クリニックでVDT症候群と診断された患者さんには、次のような症状が多かったそうです。

おだ整形外科クリニック調べ(2012年7月〜2015年7月までに当院を受診しVDT症候群と診断された患者60人の調査結果)
  • 身体の疲れ(78.3%)
  • 眼の疲れ(70.0%)
  • ドライアイ(66.7%)
  • 肩こり(65.0%)
  • 頭痛(38.3%)
  • 腰痛(20.0%)
  • 抑うつ(16.7%)

 「当院は整形外科ですので、眼の症状より肩こりを訴えられる方が圧倒的に多いのですが、よく聞いてみると高率で眼の症状(眼の疲れ、ドライアイ)も伴っています」(小田院長)

 「また多くの方が、身体が疲れている、だるいといった症状を持たれています。眼や肩の不調から身体のだるさになり、悪化すると頭痛や腰痛になり、さらに不眠やうつ症状などの精神症状が出てきます。ここまでくると仕事を休まないといけなくなります。

 PC、スマホが手放せない時代ですので、このような患者さんは今後必ず増えるでしょう。業務効率が低下し、経済的にも影響を及ぼす可能性があり、世界的に早急な対策が必要です」

医師に聞くVDT症候群の実態

 小田院長によれば、ここ数年でVDT症候群の患者数が増えているといいます。

 「2012年7月から2015年7月までの3年間、当院(おだ整形外科クリニック)でVDT症候群と診断したのは60例でした。少ないように思えますが、2014年あたりから急に増えてきています。

 この1年くらいは、毎日1人はVDT症候群の患者さんがいます。多いと新患で2〜3人の方を診察します。クリニックに来院するまでに至らない軽症の方や、仕事が忙しくて休めない方などを含めると、潜在的にはとても多いのではないでしょうか」(小田院長)

 おだ整形外科クリニックで行われた調査は、20歳から75歳(平均45歳±1.6)までの男女を対象としたもの。男女の割合は、男性45%(25例)、女性55%(35例)でした。

 診断には「VDT症候群診断スコア」を使用し、合計スコアが22点満点中12点以上をVDT症候群と診断。60人のうち、VDTスコアの平均は14.6点だったそうです。

「VDT症候群診断スコア」の一例

すぐ実践できるVDT症候群の予防・改善法

 VDT症候群が、労働の環境衛生的に悪影響を及ぼしていることは厚生労働省も認めています。そこで、PC使用時間を制限することや、机や椅子高の角度、照明輝度の調整などの予防法を報告しています。

 しかし、実際の仕事環境からすれば、これらはあまり現実的ではないと小田院長。確かに、やろうと思っても、1人ではすぐにできるものではありません。そこで、VDT症候群のおすすめの予防法と改善法を教えてもらいました。

 「2012年から、耳うらのツボがVDT症候群に効果的であることを提唱してきました。実は耳のうらにはVDT症候群に関係する神経がたくさん走行しています。主に、眼の調節に働く「動眼神経」、肩こりに関係する「副神経」、全身の体調を整える「迷走神経」などです。これらは全てストレスを調節する副交感神経ですので、心身のリラクセーションにも関係しています。さらに、この耳うらの神経付近には、東洋医学的なツボも多く存在しています」

 「VDT症候群かなと思ったら、耳うらを温めたり、さすったり、軽くマッサージしてみてください。すっきりしてPC業務がはかどり、良い仕事に導いてくれるでしょう」

 PC、スマホなどを長時間操作中、肩こりやだるさ、眼の疲れなどを感じたら、1時間ごとに小休止を挟む、ストレッチをするなどの基本的な対策も必要ですが、ふとしたときに、「耳うら」を試してみると良さそうです。

取材協力

小田 博先生

医学博士、おだ整形外科クリニック院長、株式会社ディディトリニティーラボ代表

VDT症候群の治療法を研究し、耳ツボ療法、耳かけリラクゼーションギアEARHOOK、VDT用サプリメントDDTシリーズ、美軟骨アイ、水素フローラの開発ドクター。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる