ニュース

NHKに慣れていると衝撃的 AbemaTV「大相撲中継」の“民放感”ある編集にやられる人が続出中

格ゲーかな。

advertisement

 AbemaTVで放送されている大相撲中継の編集が、相撲ファンたちに衝撃を与えています。NHKの粛々とした中継とは対をなす強烈な編集に、従来の相撲感が覆される!

 AbemaTVでは2018年1月14日から、大相撲の生放送を開始しました。このなかで、幕内の取組は各力士の紹介映像が壮大なBGMとともに挟まれるのですが、その内容が格ゲーの攻略本のようなステータスグラフや、池上彰さんの選挙特番の政治家紹介文のようなあさっての方向にキレの良い紹介文となっています。

 例えば、千代大龍関なら「原液7割 水3割のカルピスを愛飲していたことがある。その当時は自分がCMに抜てきされると思っていた」、嘉風関なら「妻にプロポーズの言葉をなかなか言えず観覧車を3回も巡ってやっと切り出した」といった具合。

advertisement
ぜひ出演してほしい
エンドレス観覧者

 ステータスグラフでは、「力」「体力」「技」「速」の4つ+各力士独自のステータス1つがレーダーチャートで示され、その合計から「総合値」(最高ランクS)なるものも示されています。また、「得意技」という欄もあるのですが、「百裂張り手」(阿炎関)「爆風かち上げ」(高安関)など謎の必殺技が記されています。格ゲーかな。

左上のキャッチコピーにも注目
得意技「百裂張り手」。エドモンド本田かな?
「飯」が最大評価
“シークレットパワー”とは一体
寿司が好きなのでしょうか
謎の“ロジカルおっつけ”
ベジータ感ある得意技
「サッカーには興味がなかった」
ファイナルウェポンとかなにそれすごい

 また、実況と解説のほかゲストを放送席に呼んでおり、3月14日の放送ではタレント・グラビアアイドルの稲村亜美さんが招かれていました。

 これらあらゆる面でNHKによる従来の中継から懸け離れた“民放感”ある編集に、ネット上では「どっからの情報だよ」「妻よく待ったな」「なんじゃこのアピールw」といった声が寄せられています。今まで相撲にあまり興味が持てなかった人も、これなら楽しめるかもしれません。

(C)AbemaTV



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  6. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  7. 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  8. 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  9. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  10. 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる