ニュース

「連休を手放しで喜べない」「ご飯中に次のご飯を考える」 母になってかかった切実な“病”に共感が集まる(1/2 ページ)

全部わかるけど、最後の5つ目が特に納得……!

advertisement

 育児や家事に追われるママの切実なあるあるネタ「母になってからかかってしまった病」がInstagramで反響を呼んでいます。投稿者は、Instagramで「背伸びせずに、暮らしを楽しむ方法」を発信している4歳児の母・びす子さん(@bisucoco1)です。

 「母になってからかかってしまった病」では全部で5つの“病”が挙げられています。


連休を手放しで喜べない病

 1つ目は「連休を手放しで喜べない病」。普段は保育園や幼稚園、あるいは学校にいる子どもが家で過ごすことになる連休は、保護者にとっては単純な休みにはなりません。「休みが休みじゃない」というキャプションがめちゃくちゃ切実……!

advertisement

ご飯を食べてる最中に次のご飯のことを考えてしまう病

 2つ目は「ご飯を食べてる最中に次のご飯のことを考えてしまう病」。平日も休日もほぼ関係ないこの“病”は特に多くの共感を呼んでいるようで、「もう一日中、ご飯のことしか考えてない気も」「朝起きて台所に立つと、さっきもここにいたよな、って感覚になります」「夕飯は毎日朝起きた瞬間から考えてます」と、さまざまなコメントが寄せられています。


夫のことは後回し病

子どもの頑張ってる姿に涙腺ゆるゆる病

 続く3つ目と4つ目は「夫のことは後回し病」「子どもの頑張ってる姿に涙腺ゆるゆる病」。「子どもの頑張ってる姿」についてはびす子さん自身が、昨年の運動会で他学年の演目で号泣したとのこと。コメントでも「子どもと全然関係ない学年の卒園式で入場で泣いて主任の先生を驚かせました(笑)」というエピソードが寄せられています。


Eテレ病

 そして最後の5つ目は「Eテレ病」。これについては「もはや説明不要」とされており、実際、日本で子育てをしている方のほとんどは共感できるのではないでしょうか。「Eテレ病がわかり過ぎます、今日はもぐらトンネルが脳内でエンドレス再生です」というコメントもまた多くの方に共感されそうですね。とってもありがたいけれど、親にもじわじわ侵食してくる存在、それがEテレ……!

 ほかにもコメントでは「私はいま第2子が4ヶ月なのですが、立ってると抱っこしなくても揺れてしまう、ゆらゆら病です」と、これまた多くの方の共感を呼びそうな“病”が挙げられています。

 びす子さんは4歳児を育てるかたわらでフリーランスの在宅ワーカーとしても活動中。育児ブログ「mamablo」や、在宅ワーカー体験談を無料発信するLINEの「おうちで働く主婦の部屋」などでは、保護者が楽になるさまざまなハウツーや情報が掲載されています。

advertisement

画像提供:びす子さん(@bisucoco1

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  4. 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  6. 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  7. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  9. 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」