ニュース

濃厚バターをそのままアイスにしたような味!? SNSで話題の赤城乳業「かじるバターアイス」を食べてみた

濃厚なバターを感じられますが、意外にも後味はスッキリ!

advertisement

 赤城乳業より「かじるバターアイス」が2月23日に発売され、SNSでは「濃厚なバターがとろけて美味すぎる」「すごいバター味」「バターよりもバター感」とさっそく話題になっています。アイスとバターの“ザ・高カロリー×高カロリー”の組み合わせなんて絶対おいしいに決まってる! うわさのバター味を確かめるべく、実際に食べてみました。

赤城乳業 かじるバターアイス

 パッケージは老舗のバターをイメージしたレトロかわいいデザインです。背景色は黄色、中央の牛を挟むように“赤城乳業”の文字が並んでいて、本当にこんなバターが売っていたような気がしてきます。

レトロデザインなパッケージ

 パッケージを開封すると、棒アイスが出てきました。クリーム色ですっごくかわいい。同社の定番商品「ガリガリ君」のようなフォルムで、大きさは縦8センチ、横5センチ、厚さ2センチほど。40歳代女性の筆者にしてみると、腹八分目というか血糖値八分目のちょうどいいサイズです。

advertisement
中身もかわいい

 一口かじってみると、おお、やわらかい。口内で冷たいアイスが溶けていく過程で、ミルクセーキのような甘みが現れ、溶かしバターの香りが鼻に抜けます。このバターが、めちゃくちゃ濃厚に感じられます。とはいえ、そのものをかじるのとは違い、舌にまとわりつく脂っぽさはありません。後味はスッキリ。塩がよく効いているのもあって、二口目もおいしいです。ちなみに北海道産の発酵バターが使われているのだとか。

おいしい

 こんなに濃厚ということは、カロリーがやばいんじゃないか……と、心配になります。恐る恐る表示を見ると140kcal。ハーゲンダッツのミニカップ(バニラ)が1個あたり244kcal、森永のチョコモナカジャンボが1個あたり303kcalなので、そこまで罪悪感をもつ必要はなさそうです。1個あたりの内容量が少ないせいもありますが、脂質もこれらの商品より少なめでした。だとすればなぜここまでバターの味がするのか、逆にちょっと怖いかもしれません。

思ったほどのカロリーではないみたい

 コタツに入って、紅茶を飲みながらぬくぬくと食べたら最高に幸せでしょう。ぜひ、ロングセラーになってほしいと思えるアイスなのでありました。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  5. 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  6. 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  7. 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  8. 藤田ニコル、23歳で約700万のメルセデス・ベンツGLBを購入 2000万円の予算に比べ「安く感じてる」
  9. オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?