ニュース
» 2011年06月17日 09時00分 公開

「脳波で会話」が当たり前になる?――「脳波で動くネコミミ」仕掛け人が語る、脳波デバイスの未来シッポもぜひ実用化してほしい(1/4 ページ)

日本人がまたよく分からないものを作ったぞ――。YouTubeに投稿された「脳波で動くネコミミ」の動画に、世界中のメディアが注目した。一体どんな人が作ったのか?

[池谷勇人,ITmedia]

 近い将来、僕らは言葉ではなく「脳」でコミュニケーションをとるようになるかもしれない。

 YouTubeに投稿された「脳波で動くネコミミ」の映像に、世界中のメディアから問い合わせが殺到した。女性の頭に装着されたネコミミは、装着者の脳波を読み取って、ピッと立ったり、逆にぺたっと垂れたりする。女性が気になる人とすれ違うと、それまで寝ていた耳がぴくっと反応する。男性が通り過ぎてしまうと、再び耳が垂れる。

「日本人がまたよく分からないものを作った」

「くだらないけど、実はすごい発明なんじゃないか?」

「どこで買えるのか教えてくれ」

 たちまち動画は全世界に広がり、「WIRED UK」をはじめ多くのメディアがこれを取り上げた。はじめてプロトタイプが出展された表参道のイベントでは、7日間でのべ100人以上がこの「脳波で動くネコミミ」を体験していった。

 一体、どういう人が作ったのだろう? 開発元であるニューロウェアのサイトには、次のようにある。


“ニューロウェア”は「Augmented Human Body(拡張身体)」をコンセプトに、脳波や生体センサーを用いたファッションアイテムやガジェットを開発するプロジェクトです。

第一弾 “necomimi” の他、さまざまなアイテムの企画・開発を行っていきます。


 どうやら作ったのは日本人のグループらしい。しかし公式サイトを見ても、どんな人が、どんな目的でこれを作ったのかはよく分からない。せっかくなので「触らせてもらえませんか?」と連絡してみたところ、快諾いただいた。

動画が取得できませんでした

 これまでは医療や研究の分野でしか使われてこなかった「脳波」や「生体センサー」を、もしもファッションやガジェットに生かしたらどうなるのだろうか? 脳波が当たり前に使われるようになったら、僕らのコミュニケーションはどう変わっていくのだろうか? 実際に「脳波で動くネコミミ」を体験させてもらいながら、「necomimi」の仕掛け人であるニューロウェアの3人にお話をうかがった(以後、敬称略)。


神谷俊隆さん。ニューロウェアプロジェクトを立ち上げている中心人物
なかのかなさん。「necomimi」のプランナーで、脳波で動くネコミミを作りたい、というアイデアはなかのさんによるもの
加賀谷友典さん。テクノロジーコンサルタントとして「necomimi」に関わる

世界中から問い合わせがあった

―― YouTubeの動画、拝見しました。公開から2カ月で、だいたい120万再生くらい?(6月15日現在は約150万再生)

神谷 いやあ、あんなに反響があるとは思ってなかった。動画の投稿日は3月になってますけど、最初の1カ月くらいは非公開にしてたので、実質3週間くらいで一気に伸びた形ですね。

―― 世界中から問い合わせがあったとか。

神谷 最初に紹介してくれたのはWIRED UKかな。そこから一気に広がりましたね。

なかの フランス、アメリカからの問い合わせが多かったですね。あとロシア。

神谷 ドイツのテレビとかもね。「出演してほしい」とか「送ってほしい」という問い合わせも多いんですけど、まだ「necomimi」自体が2つしかないからなかなか対応できなくて。

加賀谷 いま「necomimi」の問い合わせに対応するのが精一杯で、日々の仕事が進まないんですよ(笑)。

―― 問い合わせのほとんどはやっぱり海外からですか?

神谷 95パーセントくらいは海外ですね。ただ、3人ともそこまで英語が得意ではないので……。

なかの 返事を書くのが……(笑)。

―― ホントに予想外の反響だったんですね。

神谷 そもそもあの時点であんな大々的にアピールするつるもりはなかったんです。まずはプロジェクトを継続させるために、「こんなに人気があります」って証拠ビデオを撮りたかった。

なかの そうそうそう。

神谷 イベント(※)自体は全部で10日間あったんだけど、ウチは中3日をおやすみにしてたんだよね。前半の4日間で動画を撮って、その様子をさくっとまとめてYouTubeにあげて、3日間遊んでから戻ってきたら……。

なかの 盛り上がってた。「え!?」って。

※表参道ヒルズで4月29日から5月8日にかけ開催された「SmileBazar」というイベント。ここで「necomimi」のプロトタイプモデルが初出展された

神谷 びっくりしたね(笑)。ユーザーに体験してもらったのは、我々としても今回がはじめてだったんです。みんな本当に面白がってくれるのか、それとも「なんだこれ」で終わってしまうのか、やってみるまではまったく予想できなかった。

なかの でも試してもらったら、けっこう好反応で。

神谷 コンセプトムービーだけじゃなく、実際に体験してもらった動画をあげたのがよかったのかな。それで「あ、ホントに動いてるんだあれ」ってみんな思ってくれた。

動画が取得できませんでした

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  6. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」