ニュース
» 2012年04月23日 19時48分 公開

な、なんだってー! 伝説の漫画「MMR」、金環日食とともに再始動

「プロジェクト・アマテラスによりMMRは復活する!」「な、なんだってー!」

[池谷勇人,ITmedia]

 伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」が復活する。4月23日にオープンした、講談社の新規プロジェクト「プロジェクト・アマテラス」の一環として発表されたもので、プロジェクトのページではMMRのリーダー・キバヤシが「MMRは5月21日、金環日食の日に復活する!!」と叫んでいる。な、なんだってーっ!?

 「MMR マガジンミステリー調査班(以下、MMR)」は、1990年から1999年にかけ、週刊少年マガジンに掲載された読み切りシリーズ。リーダーのキバヤシをはじめとするマガジンの編集者が実名で登場し、読者から寄せられた情報をもとに、UFOや心霊現象など様々な超常現象をルポタージュしていく。ネット上では「話は聞かせてもらったぞ! 人類は滅亡する!」や「な、なんだってー!」などのアスキーアートで有名な作品だ。

画像 作品は読んだことがなくても、このAAを見たことがある人は多いはず

 どこで、どのような形で作品が発表されるかなどは未定。復活プロジェクトの指揮を執る都丸尚史氏(MMR隊員・トマルとして作品にも登場)によれば、まずは5月21日よりプロジェクト・アマテラス上にて読者からの情報を募集し、それをもとに作品化を検討していくという。キバヤシをはじめオリジナルメンバーが再び集結するとしているが、すでに退社・独立しているメンバーもおり、まずは参加の了承を得るところから動いていくとのこと。

画像 MMRは5月21日、金環日食の日に復活する!

画像 復活プロジェクトの指揮を執る、トマルこと都丸尚史氏

 同日発表された「プロジェクト・アマテラス」は、講談社が運営するユーザー参加型のコンテンツ制作ソリューション。サイトには上記「MMR復活プロジェクト」をはじめ様々なプロジェクトが随時登録され、ユーザーはテキストや画像などを投稿することで各プロジェクトに参加することができる。「MMR」も元々読者参加の要素があったが、それをWeb上で行えるようにしたものと考えると分かりやすい。

 「MMR復活プロジェクト」以外では、京極夏彦の人気小説「京極堂」シリーズの“現代版”のアイデアを一般から募る「百鬼夜行 Next generation」や、小説コンテスト「ワルプルギス賞」など10以上のプロジェクトが現在進行中。今後は西尾維新「悲鳴伝」のキャラクターイメージをユーザーから募集するプロジェクトなども展開していく予定という。

 「プロジェクト・アマテラス」の詳細については別途、eBook USERにてリポートしているのでそちらを参照のこと。

画像 「プロジェクト・アマテラス」のトップページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響