ニュース
» 2012年07月04日 15時29分 公開

餃子大好きは宇都宮市と浜松市だけじゃない 餃子のタレの黄金比率が知りたい!

しょう油とお酢の黄金比率は? 1人で何個食べる? というかそもそも君たち餃子好き? 好きだよね?

[ねとらぼ]

 しょう油とお酢の黄金比率は決着つかず! 全国の“餃子好き”の意識・実態における地域差や、全国的な共通点についてまとめた調査結果が発表され、餃子文化の地域差が明らかになった。

 これは、味の素冷凍食品が全国10都市に在住する“餃子好き”1000名を対象に、「餃子に関する調査」を実施し、Webサイト「楽しく食べよう。おうちギョーザ。」内にて公開したもの(今回はvol.2)。総務省の「家計調査」によれば、1世帯当たりの「餃子」に対する支出金額(2008年〜2010年、3年間の平均値)が最も多い都市は「宇都宮市」で、その1世帯当たりの支出金額は年間1万5026円と、全国平均6201円の2.4倍にものぼる。昨年、その宇都宮市を抜いた浜松市もこの調査では全国平均の2倍を上回る1万2556円と飛び抜けている。

画像

 宇都宮市と浜松市は有名だが、全国で見ると、次いで京都市、宮崎市、鹿児島市での消費も多いことが分かる。ちなみに、餃子の消費量が少ない都市は松山市、鳥取市、山形市、青森市、那覇市とのこと。

 味の素冷凍食品では、餃子消費量の多い5都市(宇都宮市、浜松市、京都市、宮崎市、鹿児島市)と、少ない5都市(松山市、鳥取市、山形市、青森市、那覇市)の1000名を対象に調査したところ、3人に1人は、「1度に10個以上」食べ、今までに食べたことがある餃子の最大数でも20個以上が3割を超える結果となった。

 ここでは「つけダレ」についても調べており、「餃子を食べる際に、『つけダレ』にもこだわりますか?」との問いに、62%が「『つけダレ』にこだわる」と回答。1位が「ラー油」(90%)、2位「しょう油」(85%)、3位「酢」(82%)と、定番の3種が並ぶ結果となった。そのほかとしては、「ポン酢」や「ゴマ油」「ゆず胡椒」にまじって、「タレをつけずにそのまま」といったワイルドな回答も得られた。少数派としては、「オリーブオイル」「ワインビネガー」「ハチミツ」「黒砂糖」で餃子を食べる人もいるとか。

 なお、いつも餃子を食べる際に気になる「つけダレ」の王道、「しょう油」と「酢」の黄金比率も探っている。「しょう油と酢の理想の比率」をたずねると、最も多かった回答が、「しょう油:酢=5:5」(18%)との結果が。同じく「しょう油:酢=7:3」(18%)、「しょう油:酢=3:7」(15%)とのこと。どれか1つが圧倒的支持を集めるには至らなかった。

画像

関連キーワード

調査 | 総務省


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  7. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/25/news028.jpg ダンボール箱になかなか入れない猫ちゃん、まさかの八つ当たりに「落ち着いて」 スネる姿がかわいいと話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」